« 2006年6月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月28日 (月)

『地下鉄のザジ』 レーモン・クノー

地下鉄のザジ
地下鉄のザジ
posted with 簡単リンクくん at 2006. 8.28
レーモン・クノー著 / 生田 耕作訳
中央公論新社 (1999.4)
通常2-3日以内に発送します。

本書を、読んだことのない人にわかるように紹介するのは、たいへんな難行苦行です。とりあえず客観的な事柄を幾つかお伝えすると……。

著者レーモン・クノー(Raimond Queneau)について(本書の訳者、生田耕作によるあとがきより)

1903年、ル・アーヴル生まれ。大学では哲学を専攻。シュルレアリスム運動に参加(1924~30年)。銀行員、商店員、ジャーナリストなどの職を経て、大出版社ガリマール書店の編集顧問となり(1941年)、今日に至る。セリーヌ、ジョイスの影響を受けて、作品の中で言語的実験を試み、現代フランス文壇で最も前衛的な作家の一人に見られている。

と書かれているのが1974年なので、現在はどういうことになっているかわからない。しかし、我が家にある文庫は1992年の19版なので、売れている本、読まれている本であると言えるだろう。

続きを読む "『地下鉄のザジ』 レーモン・クノー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

『我が愛する詩人の伝記』 室生犀星

我が愛する詩人の伝記
室生 犀星著
中央公論社 (1967)
この本は現在お取り扱いできません。

伝記というよりは、室生犀星がかかわりのあった詩人たち(すべて故人)の回想を『婦人公論』に連載したもの。その詩人たちとは、北原白秋、高村光太郎、萩原朔太郎、釈迢空、堀辰雄、立原道造、津村信夫、山村暮鳥、百田宗治、千家元麿、島崎藤村である。

続きを読む "『我が愛する詩人の伝記』 室生犀星"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

『文体練習』 レーモン・クノー

文体練習
文体練習
posted with 簡単リンクくん at 2006. 8. 4
レーモン・クノー著 / 朝比奈 弘治訳
朝日出版社 (1996.10)
通常2-3日以内に発送します。

下手な読み物よりも百倍面白いこと請け合いです。400字詰め原稿用紙一枚にも満たない長さの、つまらないある出来事が「メモ」として最初に提示される。そのメモの内容が98通りものスタイルで書き換えられて一冊を成している本なのである。それだけといえばそれだけだが、そのしつこさ、エスプリ、教養の広さは横綱級。言葉遊びのおもしろさが存分に楽しめます。どのページを開いてもくすくす笑えます。反芻して楽しめます。翻訳がまたすばらしい。ある意味では新しい創作でもある、挑戦的な翻訳です。

続きを読む "『文体練習』 レーモン・クノー"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

『ツレがうつになりまして。』 細川貂々

ツレがうつになりまして。
細川 貂々著
幻冬舎 (2006.3)
この本は現在お取り扱いできません。

漫画家、細川貂々(♀)の実話漫画。しみじみ、むふむふ、じわーっときます。人が他人とともに生きていくことの難しさを考えさせられます。自分は家族に何を期待するのか、自分は家族にとって何なのか。家族とは、夫婦とは。夫って何? 妻である自分って何? そんなことがいちどきに問われる出来事を書いた本、それが「ツレ(夫)がうつになりまして。」なのでございます。おすすめです。

続きを読む "『ツレがうつになりまして。』 細川貂々"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年9月 »