« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月 9日 (月)

『眼中の人』 小島政二郎

1995年に岩波文庫の新刊として発刊。「文学修業の途上に出会った芥川竜之介・菊池寛らつねに眼中にあって忘れられない人を生々と描いた大正文壇史」として紹介されている。しかし、扉を開くと、目次があり、タイトルの下に小さく「長編小説」と銘打たれている。小島の複雑な思いが現われているようだ。最初は1942年、三田文学部より2円で発行されている。(こちら)久世光彦の『美の死』より、本書の紹介の一部を引く。

「眼中の人」は、小島政二郎が私の生まれた昭和十年に「改造」に載せた小文をもとにして、七年後の十七年に上梓されたもので、若い日の小島政二郎と、芥川龍之介、菊池寛の三人の交遊をエッセー風に書いた小説だった。小島政二郎という人は、昭和十年代から戦後にかけて、「緑の騎士」「新妻鏡」「三百六十五夜」のような大衆小説で売った人だが、もともとは純文学を志していた。けれど芥川が大正文学の旗手としてもてはやされ、菊池寛がいち早く「恩讐の彼方に」や「藤十郎の恋」といった大衆時代小説で売り出したのにも後れをとり、どっち付かずでボヤボヤしていたのが、大正の中ごろから昭和のはじめにかけてのころだった。つまり、小島政二郎は〈口惜しい人〉だったのである。

少し長くなったが、こういう人と作品であるという位置づけは、非常に的確であると思う。

続きを読む "『眼中の人』 小島政二郎"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

『メルヘン誕生 向田邦子をさがして』 高島俊男

本についての本を続けて二冊読んだら、偶然にも双方に本書が取り上げられていた。読むしかないでしょう。

一冊は、向田邦子といえばこの人、と誰もが頭に浮かべる久世光彦の『美の死』。その書評タイトルは『これ一冊でいい』である。

向田邦子の言葉と文章についての本は、これ一冊あればいい。そして、もうこれ以上なくていいと思う。なぜかというと、この人の言うことは、これまで向田邦子について書かれた多くの文章と違って、冷静すぎるほど冷静で、どこにも感傷的な賛嘆や憧れがないからだ。いままでの大方の文章は、向田邦子の人格や作品や、その生涯までを、まず全的に肯定するところから始まっている。つまり、これは〈鑑賞〉とはおよそ矛盾する〈感傷〉の立場ということだ。したがって、ここで向田邦子の人間と、文芸の混同という困ったことが起こる。それを峻別しているのが、高島俊男の『メルヘン誕生』(いそっぷ社)である。

と久世は冒頭に述べている。

続きを読む "『メルヘン誕生 向田邦子をさがして』 高島俊男"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »