« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月17日 (月)

『シリウスの道(上・下)』 藤原伊織

封印した過去の出来事、そしてある思いを抱えて生きる、無頼な広告マン、辰村祐介、38歳のハードボイルド小説。ヘビースモーカー、ワンルームマンションに一人住まい、上司にもへつらわず、酒をかっくらってそのまま寝るので、よれよれのスーツ、酒臭い息で出勤する。しかし、同僚たちから一目置かれる男。

続きを読む "『シリウスの道(上・下)』 藤原伊織"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『反省 私たちはなぜ失敗したのか?』 鈴木宗男・佐藤優

本としてはとても面白かったけれど、内容は、ぞっとするほど恐ろしい外務官僚の実態が描かれていました。マジですか?って感じ。鈴木宗男逮捕は、検察による国策捜査であったこと、鈴木宗男逮捕ありきで、佐藤優は逮捕されたのだ、というからくりを、検察とのやりとりを中心に書いたのが、佐藤優第一作の『国家の罠』でした。

その後、裁判は続いていますが、鈴木宗男は政界に復帰、佐藤優は今は「作家」という肩書きで活動しています。彼らは、過去の自らの間違い、認識の甘さを告白するとともに、外務省が損なった国益について厳しく糾弾しています。

続きを読む "『反省 私たちはなぜ失敗したのか?』 鈴木宗男・佐藤優"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »