« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月23日 (日)

『荒地の恋』 ねじめ正一

「荒地」という詩史に集った仲間は、加島祥造、疋田寛吉、三好豊一郎、鮎川信夫。そして、本書の主人公、北村太郎と、太郎がその妻明子と恋愛関係に陥る田村隆一。これら実在の人物をモデルに書かれた小説ですが、ふとした心の動き、生活感、それぞれの抱える割り切れない思い、人と人の結びつきの温かさやつらさを丁寧に書き込んだ、見事な小説です。すばらしいです。ぜひ一読をお勧めします!!

続きを読む "『荒地の恋』 ねじめ正一"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『証言 村上正邦 我、国に裏切られようとも』 魚住昭

魚住昭によるノンフィクションにしては、内容が薄いし、切り込み方が厳しくありません。それには理由があります。

はじめにの中で、魚住は、村上正邦のインタビューの意図等について、次のように書いています。

インタビューの結果を公表するにあたり、私は彼の言葉を生の形で伝えることに徹し、余計な論評は極力差し控えることにした。言わずもがなのことだろうが、私と村上さんの国家観はかなり違う。歴史や戦後政治に対する考え方にも相当な開きがある。

もし、私がその違いにこだわれば、村上さんの口は重くなり、日本の右派勢力の実態を知るという当初の目的を果たせなくなる。二人の間の考え方の違いは違いとして、まずは村上さんの根底にある心情と論理を正確に把握しよう、相手を批判する前に理解しなければ、何も始まらないだろうと思った。

(中略)

私は私の問いに対して村上さんが語った言葉のなかで重要だと判断したものだけを書いている。途中で登場する関係者の証言もしかりである。

その意味では、この本は、私が私なりに解釈した村上像を描いたものだ。本来なら決して交差しないはずの語り手と聞き手が、たまたま遭遇して生まれた火花のようなものだと言ってもいいだろう。

ここに、魚住昭という人のジャーナリスト魂の一端を見ることができるように思う。そして、ほぼ一年間にわたるロングインタビューのあいだ、人間村上正邦に対して魚住はおそらく好感をもったのだろうと思われる。

続きを読む "『証言 村上正邦 我、国に裏切られようとも』 魚住昭"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月20日 (木)

『反転 闇社会の守護神と呼ばれて』 田中森一

石橋産業手形詐欺事件で、2002年6月、東京地裁で懲役4年の実刑判決を下された田中は、東京高裁に控訴。それに対して東京高裁は2006年1月31日、一審の懲役4年を破棄し、懲役3年の判決を下した。本書は、現在、上告中の田中が書き下ろした、自身の半生を振り返った書である。同時に、日本のバブル期の総括になっているのが見事。

続きを読む "『反転 闇社会の守護神と呼ばれて』 田中森一"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

『さらば外務省! 私は小泉首相と売国官僚を許さない』 天木直人

ジャンル的には暴露本、といえましょうか。外務省の駐レバノン特命全権大使であった著者が、解雇といってもよい形で外務省を去ったあと、題名のとおりの気持ちをぶつけて書いた一冊です。呆れるほど弛緩しきった仕事ぶり、国益を考えず、外交の歴史も学ばず、省内出世だけしか考えないその生態、人間的にも、官僚としても、およそ腐っていると言ってもいいような外務官僚の生態が、怒りとともに明らかにされています。どこまで割り引いて読んだらいいのかわかりませんが、怒りを通り越して、背筋が寒くなるほどです。

続きを読む "『さらば外務省! 私は小泉首相と売国官僚を許さない』 天木直人"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

『村上春樹はくせになる』 清水良典

異色の村上春樹読本です。春樹本のヘビーな読者であればあるほど楽しめる、と思います。基本的に作品論兼作家論ですから、当然のことですがネタばれがあります。2007年現在の位置から彼の作品のすべてを見渡して論じているからです。好きな作品や、一つのテーマだけをピックアップしていません。作家としての村上春樹を意識しながら、(つまり作品だけを論じるのではなく、文壇や日本との距離の置き方なども視野に入れつつ)、作品の法則性や魅力を見つけ、さらには、未来の著者について期待を込めた予測までしています。

続きを読む "『村上春樹はくせになる』 清水良典"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『はい、泳げません』 高橋秀実

水が怖くてたまらない筆者が、約二年間、スイミングスクールに通って、クロールをマスターするようになるまでの努力の日々。なんとも滑稽で格好悪いけれど、本当に面白い。泳げない人には格好の応援歌です。

季刊誌「考える人」連載中からファンで、連載を楽しみにしていたものです。

続きを読む "『はい、泳げません』 高橋秀実"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

『その後のツレがうつになりまして。』 細川貂々

本作は、『ツレがうつになりまして。』と『イグアナの嫁』の続編、かつ、まとめバージョンです。ツレがうつになってしまって、さあ、どうしましょう、というお話の後日談。まさしく天災のようにうつ病が降ってきたとき、ツレと、ツレの妻である貂々は、うつ病というものについて全く何の知識も持ち合わせていなかったのです。さて、彼らは悩み、迷い続ける日々をとおして何を学んだのか、というお話。助け合い、手を取り合ってそのトンネルを二人で抜け出てきた、すてきなご夫婦の人生の一こまが描かれています。涙なくしては読めません。

続きを読む "『その後のツレがうつになりまして。』 細川貂々"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

『長きこの夜』 佐江衆一

老齢期の男性の心理を鋭く描写した短編集。短編としての完成度も高い、大人向けの作品です。自身の父親を介護した経験を綴った『黄落 (新潮文庫)』に比較すればフィクション度は高いものの、自身の体験をベースにしており、現実感あふれるフィクションとして読み応えがあります。

続きを読む "『長きこの夜』 佐江衆一"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »