« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

大阪の図書館の問題がテレビで。

廃止の決まった大阪府労働情報総合プラザについて、明7月31日、夕方6:16からの読売テレビ「ニュース・スクランブル」でプラザ廃止問題が取上げられるそうです。読売テレビというのは、関西のテレビなのでしょうか? 東京では見られないのかな?

ブログを転記します。(サイトはこちら)

プラザが読売テレビで報道されます

 明日、31日(木)夕方6:16からの読売テレビ「ニュース・スクランブル」でプラザ廃止問題が取上げられます。

 プラザは廃止されますが、新しい図書館構想は既に着々と準備中です。ご利用の皆様にはいろいろご不便をおかけしますが、10月中旬には本館4階にエル・ライブラリー(仮称)を立ち上げるべく、全力を傾注します。運営資金ゼロからの出発で、前途は多難ですが、スタッフ一同知恵を絞って頑張ります。


 明日の「ニュース・スクランブル」では大阪社会運動資料センターの珍しい資料が映像で紹介される予定です。


 読売テレビ 「ニュース・スクランブル」18:16-19:00
当初、図書館の本はすべて「廃棄」という案が作成されていましたが、焚書は免れたわけですね。それだけでもとりあえず一安心です。しかし! 運営資金はゼロだそうです。茨の道ですが、頑張っていただきたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

大阪の労働情報総合プラザ廃止決定

このブログでも何度か言及してきました、大阪府の労働情報総合プラザの廃止が決定したそうです。(こちら

たいへん残念です。蓄積された書籍類は、当初の予定どおり廃棄されるのでしょうか。

労働プラザ内にある図書館の設置にむけての運動が、今後、展開されるとのことです。そこで働いている友人たちも含めて、今後の行方を見守りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

『風花』 川上弘美

唐沢知子についての当時の陰口に、のゆりは加わらなかった。ひとの悪口を言う女って、色っぽくないよな。真人が言っていた言葉だ。たしか、中学生のころ、その言葉を聞いた。わたし、ひとの悪口は、絶対に言わないようにしよう。のゆりは当時ひそかに決心したのだった。

でも、悪口を言う女って、ほんとうは、色っぽいんじゃないかな。

このごろ、のゆりは真人の言葉に、そんなふうに反論したくなる。たとえば里美。決断力に満ちていて。才能もあって。きっとお酒の席なんかでは、機知に富んだ悪口を言えるに違いない。いやな上司や無能は同僚の悪口を、卓哉と言いあって楽しげに笑う里美の顔を、のゆりは想像してみる。

続きを読む "『風花』 川上弘美"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『てのひらの闇』『残り火―てのひらの闇Ⅱ』 藤原伊織

『名残り火』は、『てのひらの闇』の続編ではあるものの、独立した一つのハードボイルド小説です。文句なく面白いです。藤原伊織の小説はどれも好きだけれど、このシリーズは傑作、と言えるでしょう。『名残り日』を読んでから、『てのひらの闇』をすぐさま再読してしまいました。

続きを読む "『てのひらの闇』『残り火―てのひらの闇Ⅱ』 藤原伊織"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『めぐらし屋』 堀江敏幸

堀江敏幸は、リアリティと幻想が違和感なく同居している作品を書く才能にあふれていると思う。何の意味があるのかと思えるような、ごくごく日常的なディテールへのこだわりと、話全体を覆うリアリティの欠如とのバランスこそが、彼の作品の最大の特徴だろうと思う。それだからこそ、現実に疲れた中年の我々は(笑)、彼の作品を読んで、オアシスを見つけたかのような安堵感にしばし浸れるのだろう。

続きを読む "『めぐらし屋』 堀江敏幸"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »