« 『顰蹙文学カフェ』 高橋源一郎・山田詠美 | トップページ | 「秋も一箱古本市」に出店します。そして今日は下見に。 »

2008年9月12日 (金)

大阪の専門図書館についてお知らせです

当日記で何度かお知らせしておりました、財団法人大阪社会運動協会(社運協)についての続報です。

大阪の社会史・労働史の一次資料を一般公開していた大阪府労働情報総合プラザが、橋下府知事の方針により閉鎖が決定し、また、プラザ社運協資料室への補助金が全額カットされました。

しかし、職員の方たちは、このような決意で、エル・ライブラリーとして、新しいスタートを切りました。

30年をかけて収集した45000冊の図書と47000件の新聞・雑誌、数万点に及ぶ労働組合や企業・団体の内部資料・一次資料を次世代に引き継ぐことを社会的歴史的使命と考え、今後も図書館運営を続ける決意を固めています。また、大阪府が行政の役割を放棄して廃棄しようとした資料25000冊についても当協会が引き取り(大阪府からの寄託)、一般公開に供する所存です。

そのあたりの事情は詳しく、こちらのHPに掲載されています。

そして、エル・ライブラリー運営のために、図書館運営を支援する会員を募集しています。ぜひご一読ください。

◆会員資格 18歳以上で、エル・ライブラリーの趣旨に賛同し会費を納入していただける方。

◆年会費  学生 3000円/1口
        一般会員 5000円/1口
        維持会員 20000円/1口
        特別維持会員 100000円/1口
      ※会員種別は金額の違いだけで、サービス内容は同じです。

◆会費振込み先 郵便口座 00990-9-194176
           口座名義は「エル・ライブラリー会」です。
        (ご連絡いただきましたら振込み用紙を郵送します)

◆有効期限 お申し込みの月から一年間。2008年11月末日までにお申し込みの方の有効期限は2009年12月末とします。

◆会員特典 ・週1回、労働情報を掲載したメールマガジン発行(電子メールを利用されない方には月1回郵送)
        ・年1回、エル・ライブラリーの活動報告を郵送
        ・郵送による貸出(貴重品や逐次刊行物の最新刊など貸出不可のものあり) 
       ・書庫内入室利用可
       ・資料相談・調査相談に応じます(調査代行はいたしません)
       ・複写料金の割引
       ・『大阪社会労働運動史』の割引販売、
       ・大阪社会運動協会が行う講座などイベントへの割引または無料招待
 ◆利用規程 ・利用は完全予約制
         ・閲覧無料
         ・貸出とレファレンスサービス(資料相談)対象は会員のみ
         ・コピー代金 1枚20円(会員10円)、郵送1枚50円(会員20円)
          ・開館時間 10:00-17:00
         土・日・祝日、年末年始は休館。その他、臨時休館あり。
      会員の時間外利用についてはご相談ください。

詳しいご案内をお送りしますので、メール
shaunkyo@topaz.ocn.ne.jp
またはお電話でお問い合わせください。 

財団法人大阪社会運動協会
〒540-0031

大阪市中央区北浜東3-14 府立労働センター(エルおおさか)4階
電話06-6947-1210 Fax 06-6946-2607
HP:http://www2.ocn.ne.jp/~shaunkyo/

※皆様からいただいた個人情報はイベントや刊行物発行のお知らせ、図書館業務以外には使用しません。

|

« 『顰蹙文学カフェ』 高橋源一郎・山田詠美 | トップページ | 「秋も一箱古本市」に出店します。そして今日は下見に。 »

コメント

いつも応援してくださってありがとうございます。
なんとか貴重な資料を守り抜き、広く一般公開を続けていけるよう、頑張りますのでこれからもよろしくお願いします。

投稿: ピピ | 2008年9月13日 (土) 08:08

>ピピさん

新しいスタートに向けて頑張ってくださいね! 

つい最近読んだ多田富雄さんの『寡黙なる巨人』の中に、こういう一節がありました。少し長いですが……

「私には、麻痺が起こってからわかったことがあった。自分では気づいていなかったが、脳梗塞の発作のずっと前から、私には衰弱の兆候があったのだ。自分では健康だと信じていたが、本当はそうではなかった。(中略)何よりも生きているという実感があっただろうか。元気だというだけで、生命そのものは衰弱していた。毎日の予定に忙殺され、そんなことは忘れていただけだ。発作はその延長線上にあった。
 それが死線を越えた今では、生きることに精いっぱいだ。もとの体には戻らないが、毎日のリハビリ訓練を待つ心がある。体は回復しないが、生命は回復しているという思いが私にはある。」

脳梗塞の前の自分と、その後の自分は違う人間だ。脳梗塞後に、自分の中に、鈍重ではあるが、生命力の強い巨人が生まれつつある。それを「寡黙なる巨人」と筆者は名付けています。

生まれ変わったエル・ライブラリーが、新たな命を得て羽ばたきますように!


投稿: とみきち | 2008年9月13日 (土) 13:10

ありがとうございます!
今度の図書館はとても小さくて閲覧コーナーがほとんどありません。今までの利用者の方が来られたらびっくりされると思います。
身体(施設)は元通りにはなりませんが、生まれ変わって寡黙な巨人になれるよう、頑張ります!

投稿: ピピ | 2008年9月14日 (日) 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪の専門図書館についてお知らせです:

« 『顰蹙文学カフェ』 高橋源一郎・山田詠美 | トップページ | 「秋も一箱古本市」に出店します。そして今日は下見に。 »