« 『実録・外道の条件』 『真説・外道の潮騒』 町田康 | トップページ | 映画 『チェチェンへ アレクサンドラの旅』 »

2008年12月31日 (水)

2008年に読んだ本。

今年も読書時間は減少の一途でした。とはいえ、すばらしい本に出会えました。マイベスト3を選ぼうと思いましたが、3冊に絞りきれず、4冊になりました。(順不同) 奇しくもどれをとっても、人間の生き様が見事に描写されていて、読む者の心に突き刺さるような手応えのある作品でした。

『岡本太郎の見た日本』(赤坂憲雄)。私の読書日記の記事はこちらです

『荒地の恋』(ねじめ正一)。私の読書日記の記事はこちらです

『シズコさん』(佐野洋子) 私の読書日記の記事はこちらです

『寡黙なる巨人』(多田富雄) 私の読書日記の記事はこちらです

|

« 『実録・外道の条件』 『真説・外道の潮騒』 町田康 | トップページ | 映画 『チェチェンへ アレクサンドラの旅』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21746/43588472

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年に読んだ本。:

« 『実録・外道の条件』 『真説・外道の潮騒』 町田康 | トップページ | 映画 『チェチェンへ アレクサンドラの旅』 »