« 2011年4月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年5月

2011年5月15日 (日)

とみきち屋の第10回みちくさ市 2011.5.8(番外編)

晴天に恵まれました、第10回みちくさ市。プレ開催を含め、7回目くらいの出店になるでしょうか。お約束どおりセンスゼロ、段ボール、せんべい缶、やる気のないPOP、100円ショップのかごといった店構えです。いつもの大家さんのガレージをお借りして、店を出させていただきました。

いつもお越しいただくお客様、出店者の方々とのやりとりや、とみきち屋から巣立っていった本たちのことは、番頭・風太郎からご報告申し上げるといたしまして(一箱古本市の後になりますから、たぶん秋風が吹く頃になるでしょうか・笑)、私からは、お約束どおり、番外編として、2つのご報告をば申し上げることにいたします。

題して、1.「南陀楼綾繁氏、驚きの暴言!!」事件、2.「はにかみ元高校生君とお話ししちゃった!!」事件、です。

さて、まいりましょう。

1.南陀楼綾繁氏、驚きの暴言!!」事件

南陀楼綾繁さんをもしご存じでなければ、古本市の世界ではちょっとモグリと思われちゃうかもしれません。『古本市のあるき方』の著者で、一箱古本市の創始者ですよ。そして、素人の古本好きな人たちをストリートに引っ張り出した張本人です。あ、そういえば、古書ほうろうのミカコさんの製作による「ミスター一箱古本市」の黄色のたすきは最近どうなったのでしょうか。

ま、それはおいておいて……。

不忍ブックストリートの最終イベントが午後にあるので、11時にはみちくさ市に行きますという予告があったので、今か今かとお待ちしていたところ、じゃじゃーん、御大登場! でも、我が店の前はするするするーと素通り。いつものこと、なり。本部に挨拶に行かれたのでありましょうね。

その後、戻ってこられたタイミングで、ちょっと離れたところにいた番頭も、つん堂さん(うちの番頭を心のお父さんと呼ぶ、超珍しい(笑)方です)も一緒になって、我が店の前の酸素が一気に薄くなる感じ。

そこで、あの一言が発せられたのでした。

「ああ、ちょうど守銭奴たちが揃っているじゃないか。そこに3人並んで。記念撮影するから」と。

守銭奴 しゅせんど SHUSENDO。。。

生まれてこのかたずっと貧乏暮らしをしておりますから、お金というのはないよりはあったほうがいいよね、と思わないこともありませんが、自分とは全く無縁の単語であると思い続けて約50年。驚きました。人生、長く生きてみるものです。

一箱古本市で、とみきち屋が、初日の売上金額1位、つん堂さんが2日目に1位だったことをたたえてくださったのでありましょうねえ。わかっていますって。「おめでとう。よかったね」と言いたい気持ちは山々だけど、ついついストレートを投げず、カーブやシュートを投げてしまうタイプなんですねえ。

お客さんとしての南陀楼さんは、とみきち屋をスルーして、ほとんど買ってくれません(買ってくれたのはたったの1回だけ)。そのことを飲み会などでねちねち言うと(笑)、「なんでこの二人は揃って僕をそんなにいじめるんだよ~」なんて言うんですよ。そりゃ、南陀楼さんが好きだからに決まってるじゃないですかねえ。わかんない人だなあ。これからも言い寄りますからね~。

というわけで、南陀楼さんとわれわれとみきち屋とは、これからもきっと屈折した愛情で結びつき続けることでありましょう。

さて、お待たせいたしました。次の事件の主人公ははにかみ君。

続きを読む "とみきち屋の第10回みちくさ市 2011.5.8(番外編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

みちくさ市御礼。

みちくさ市でした。暑すぎるほどの晴天。

にぎわいました。

先回、中止となっただけに、このお天気と人出はとても嬉しかったですね。

多数ご来店いただきまして、ありがとうございました♪

一箱古本市に続いて、開店前にお越しいただいたdozoさんをはじめ、連続でご来店&お買い上げいただいた多くのおなじみのお客さま。一箱ではお姿を見かけず、どうされたのかと勝手に心配していた、大のお得意様のHさん、既に高校生ではなくなったはにかみ「元」高校生くん、番頭の旧友・A氏。そして、同じ場所に出店されたく古書・カフェしゃまんべさん、古本なまねこさん、いつもお世話になるわめぞの皆さん、大家さん、商店会の皆さん。本当にありがとうございました。おかげさまで、楽しい休日を過ごさせていただきました。

心から感謝します♪

本日も、例によって、いろいろなエピソードがございましたです。

遅筆の風太郎のことですから、一箱古本市から始めるとなると、いつになるかわかりませんが、追々、お礼かたがたブログにご報告をぽつぽつとアップしていくことと思います。

もしも私が番外編を担当するとしたら……

・ナンダロウ氏、驚きの暴言(笑)

・はにかみ(元)高校生くんとのおしゃべり

でしょうか。また日を改めて書きますね。

とりいそぎ御礼のみで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

第10回みちくさ市のお知らせ。

またまた直前のお知らせで、まことに申し訳ありません。

      明日、5月8日(日) 11:00~16:00

第10回鬼子母神通りみちくさ市 に「とみきち屋」として出店いたします。

前回は、震災後の日程であった関係から開催が見合わされましたので、今年初めてのみちくさ市ですよ。

ぶらりぶらりとお散歩がてら、お出かけください。

公式ホームページはこちらです。→ http://kmstreet.exblog.jp/

とみきち屋出品本につきましては、例によって、番頭であります風太郎のブログでご紹介しております。お目通しくださいませ。 → http://ramble-in-books.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-2385.html

ちらりと見たところ、一箱古本市とは、全く違うラインナップのようです。

多くの皆様のお越しを心からお待ちしています♪

お声をかけてくださいね。

とみきち屋としても、久しぶりのみちくさ市を一日楽しませていただくつもりです。

寄る年波、私は紫外線と腰痛、番頭は腰痛と熱中症に注意、かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

「一箱古本市」御礼 そして 「いわきマルシェ」

4月30日、一箱古本市1日目が無事に終了し、とみきち屋も無事に一日を楽しく過ごさせていただきました。主催者、助っ人、お客様、出店者の皆々様、どうもありがとうございました。

根津教会は素敵なところです。午後、コンサートを開催されていたので、午前中の発声練習からずっと、音楽が聞こえていて、とても豊かな心安らぐひとときを、青空の下で過ごすことができました。

P1000395_3

P1000396_3

本を介して、多くの人と出会うことの楽しさは、格別です。今回は特に、番頭セレクションの90%は未読の店主である私、「楽しむ」ことだけを考えて参加しました。立ち寄ってくださる方、お買い上げくださる方のみならず、かかわってくださった方すべての方が、とみきち屋にかかわるまえよりも、1ミリでも1ミクロンでもいいから、元気になるか、楽しくなるか、してもらえたなら私も幸せ。そう思っていました。そう思っていましたけれど、実際には、書ききれないほどいろいろな方といろいろなお話をして、私自身がたくさんの元気と幸せな気持ちをいただきました。本当にありがとうございました♪

-----------------

今回は、「とみきち屋」としてではなく、1つ、特別な出会いだと思ったことがありました。それは、番頭・風太郎も書いていましたが、同じ場所に「いわきマルシェ」さんのコーナーがあったことです。

「がんばっぺ いわき」ののぼりと、頭につけた学芸会のようなPOP。いわきの農産物を売ろう、ということのようです。思わず、「いわきから来られたのですか?」と中心的な感じの女性にお声をかけたところ、そうではなくて、駒込大観音 浄土宗 光源寺の奥様、島田富士子さんでした。「光源寺隊」として、いわきの避難所に炊き出しの食料を届ける活動をしておられます。今回の「いわきマルシェ」も、その活動の一環だそうです。

P1000392

実は、私が仕事でお世話になっているマーケティングの勉強グループのメンバーに、いわき湯本の「旅館こいと」さんがいます。女将と支配人がそのグループに参加しています。私も旅館こいとに仲間と一緒に遊びに行き、あんこう鍋、常磐ハワイアンセンターを楽しんだこともあります。

旅館の建物はほとんど無事ですが、震災後、ライフラインがとまり、原発問題もあり、風評被害も起きました。いわき市に、物が何も届かない状態になりました。車が入ってこなくなったのです。コンビニはすべて閉店しました。

「旅館こいと」自身も避難を勧められました。しかし、「ここを守る」と決めた支配人が、覚悟を決めて旅館に泊まり込み、旅館にあった食材の炊き出しをしたり、人助けをしたりしていたら、少しずつ人が集まり、従業員も自発的に戻ってきて、多方面からの支援も集まり、避難所のようになりました。地震に怯えている周囲の子どもたちに楽しいひとときをと思って、全国の勉強仲間にブログで支援を呼びかけたら、子ども用のDVDがどっさり送られてきて、映画鑑賞会を開くことができ、近所の子どもたちに笑顔が戻りました。

震災後だいぶ日にちがたってから日帰り温泉を再開したときは、「生き返った!」と喜ぶ方が多かったそうです。皆さん、心身ともに緊張し続け、疲れ果てていたのですね。嬉しくて一緒に泣いたそうです。

今では、原発の復旧のために働く人の宿泊を引き受けています。お給料がちゃんと払えないような状況でも、スタッフのみんなが「がんばっぺ」といって、明るく働いています。何もかも足りないなかで、女将も、支配人も、調理場に入り、食事をつくったりしています。

そんな「旅館こいと」を応援している全国の多くの勉強仲間たちは、自発的にそれぞれができる支援をしています。そんな様子をブログ等を通して見ていたので、思わず「いわきマルシェ」の方に声をかけてしまいました。

「いわきマルシェ」の活動の様子は、かんからかんのかあん さんのブログでご覧いただくことができます。

 http://kankarakan.jugem.jp/?eid=1054

翌日、光源寺さんの奥様からメールとお電話で伺ったのは、いわきの避難所の過酷さ、そして、現在展開されている支援活動のご負担の大きさでした。

既にできることは150%やり続けていると思われる「旅館こいと」ですから、友人として私は、これ以上の負担を強いることになるようなことを望むつもりはありません。でも、こうして支援しようと思っている東京の人たちといわきの人の心がつながり、地元で助け合いの具体的なネットワークが広がるためには、やはり中心になって動く人と拠点が地元に欲しい。そうおっしゃる光源寺さんの奥様のお気持ちは痛いほどわかります。

私が「がんばっぺ」ののぼりを立てた「いわきマルシェ」さんと同じ場所に出店することになったのは、偶然とは思えません。自分が具体的にできることはなくても、心を、糸をつなぐお手伝いはできるかもしれない。そう思って、「旅館こいと」に「いわきマルシェ」さんの件で相談の連絡をしました。あとは、具体的に動く方たちが直接話をしていただけたら、と願うばかりです。

いわきマルシェは、5月3日もオープンします。場所は、次の2カ所です。ぜひ足をお運びください。そして、よかったらお声をかけてみてください。

◎5/3火祝11-16時→2ヶ所

◆旧安田邸◆ 

(千代田線「千駄木駅」1番出口より7分、団子坂上信号を右折、
日暮里駅より谷中銀座抜けて15分)

 ※和洋折衷建築は必見!4/30-5/5 安田家の五月飾り公開中!

文京区千駄木5-20-18 Tel 03-3822-2699
 http://www.national-trust.or.jp/properties/y-tei/y-tei.html#komaike2

◆貸はらっぱ「音地(おんぢ)」◆

(日暮里駅西口より5分、朝倉彫塑館通り 旧谷中学校隣)
 台東区谷中7-17-6
 http://ondi.exblog.jp/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年9月 »