« 2011年5月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月17日 (土)

「第12回鬼子母神通り みちくさ市」出店のお知らせ

明日、9月18日(日)に

「第12回 鬼子母神通り みちくさ市」が開催されます。

http://kmstreet.exblog.jp/

台風の影響でちょっとお天気が心配ですが。

万が一、雨が降ってしまいましたら、翌日に延期です。でも、きっと大丈夫。

<とみきち屋>出店いたします。

場所は、初めて参加したときと同じ「池田ビル大シャッター前」。

出品本の一部を、番頭・風太郎のブログでご紹介しております。

こちらです。

ラインナップを見ると、読みたいなと思う本がいろいろあります。

相変わらず店主、未読本オンパレードです。

皆様にも喜んでいただける1冊が見つかるかも!!

お誘い合わせのうえ、ぜひ起こしください。

名ばかり店主・とみきちも、番頭ともども、皆様のお越しをお待ちしております♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

『想い出の作家たち』 文藝春秋編

1990~93年にかけて「オール讀物」に連載された、元「文藝春秋」編集長の岡崎満義による作家の家族への聞き書きシリーズ。『想い出の作家たち1』(1993)、『想い出の作家たち2』(1994)を編纂して、文春文庫におさめられたもの。お値打ちの1冊です。

同じ回想でも、聞き書きは、家族自身が書き下ろしたものとは異なる良さがあると思う。書き下ろしとなると、書き手は、単にエピソードを書くだけでなく、それについての自身の評価、感想を書かなければならないという心境になると思う。そこで、父は、夫はこういう人であったとか、私にとってはこういう存在であったとか、ある種、評価的なまとめを書かざるを得なくなる。聞き書きとなると、家族はそうした“まとめ”から自由な立場にいることができる。思い出すままに出来事を語る。「そういえばこういうことがありましたね~」。語りっぱなしでよいのだ。エピソードをつなぎ合わせて読み物にするのは、聞き手(編集者)の仕事だからである。その出来事の意味合いを考えることから解放された家族が語るエピソードこそ、読者の知りたい初めての事実である可能性はきわめて高い。

「すばらしい夫でした」、「子どもに対する愛情に満ちた親父でした」。家族自身の筆でそんなふうにまとめられてしまったら、「そんなことないでしょう」と読者が突っ込むことはできない。しかし、聞き書きであれば、そうした陳腐な一行感想、一行のまとめを書いてもらわずとも、エピソードそのものから作家の雰囲気、体温、存在感を読者は感じることができる。それがすぐれた聞き書きの最大の強みである、と思うのだ。

家族が、その意味合いを総括せずに語る、ちょっとしたエピソード。それを丹念に拾い上げて、一つひとつの出来事を輝かせ、積み重ねて、具体の作家像を築き上げていく。それが、聞き書き&評伝の醍醐味であり、聞き手(編集者)の腕の見せ所。その意味で、本書は、家族から珠玉のような回想を引き出し、まとめ上げている。すぐれた仕事だと思う。

回想されるのは次の作家たち。

  1. 下母澤寛(明治25~昭和43年、76歳)  語り手:三男
  2. 江戸川乱歩(明治27~昭和40年、71歳) 語り手:長男
  3. 金子光晴(明治28~昭和50年、80歳)   語り手:長男
  4. 尾崎士郎(明治31~昭和39年、66歳)   語り手:夫人
  5. 今東光(明治31~昭和52年、79歳)    語り手:夫人
  6. 海音寺潮五郎(明治34~昭和52年、76歳) 語り手:次女
  7. 横溝正史(明治35~昭和56年、79歳)   語り手:夫人
  8. 山本周五郎(明治36~昭和42年、64歳) 語り手:次男
  9. 井上靖(明治40~平成3年、84歳)     語り手:夫人
  10. 新田次郎(明治45~昭和55年、68歳)   語り手:夫人
  11. 柴田錬三郎(大正6~昭和53年、61歳)  語り手:夫人
  12. 五味康祐(大正10~昭和55年、59歳)   語り手:夫人
  13. 立原正秋(大正15~昭和55年、64歳)   語り手:長女

続きを読む "『想い出の作家たち』 文藝春秋編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年10月 »