« 2011年12月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年3月

2012年3月26日 (月)

【Exhibition “From Hand to Hand”message of 11.3.2011】 のお知らせ

日本のイラストレーターの有志の方たちが、世界の仲間に声をかけて、展覧会を開催します。

題して、「手から手へ 11、3、2011 震災後のメッセージ」展。

サイトは、こちらからご覧になれます。(こちら

スロヴァキア在住の絵本画家、降矢なな が発起人となり、企画したものです。

サイトは、日本語、スロヴァキア語、英語でお読みいただけます。

少し長くなりますが、サイトからこの企画の趣旨をコピーしてご紹介します。

2011年3月11日、この日を境に日本は一変しました。
M9の強大な地震。それにより発生した大津波による東日本の太平洋沿岸地域の壊滅的な被害。さらに追い討ちをかけるように“福島第一原発”が大事故を起こしました。放射能は大気中、海洋へと漏れ出し、今もなお事故終息には程遠い状況です。
津波被災地の復興と放射能汚染地域の除染は、日本にとってできるだけ早く解決すべき課題です。しかし、原発事故後時間が経てば経つほど、放射能汚染の除染 の困難さが、普通の日本人の目にも明らかになってきました。子どもは放射線の影響を大人より強く受けます。子どもを持ったお母さんや若い女性の不安は甚大 です。

このような状況の中、アートに何か手助けができるでしょうか。生きることで精一杯の人々にとって、アートなど役立たずでしかないのでしょうか。アートに何ができるのか…。

日本のイラストレーター有志が、世界の仲間たちに声をかけて、この展覧会を企画しました。テーマは「震災そして原発事故後の世界から私たちの未来を考える」。
参加者は、日本から28人、スロヴァキア13人、イタリア3人、オランダ4人、そしてベルギー4人。参加者一人ひとりが、この現実を見据え、メッセージを込めた作品を展示します。

今この時、私たちアーチストができることのひとつ。
私たちの発するメッセージが観客の方々に届き、それが人々の手から手へと伝わり世界に広がっていくことを願い、この展覧会に「手から手へ」展と名づけました。

この展覧会の第一回巡回展は2012年3月から始まります。
多くの方々が会場へ足を運んでくれますように!。

降矢奈々
「手から手へ」展主催者代表

第1回の展示についてのお知らせは、サイト上では英語のみですね。

We would like to invite you to
the opening of the exhibition 
on March 28, 2012 at 4 pm
in the BIB Gallery
The exhibition continues until April 28, 2012
The exhibition premises at No. 41 Panska Street
in Bratislava are open
from 10 am to 6 pm
every day except Monday

Under the auspices of:
The Embassy of Japan in the Slovak Republic

The exhibition is organised with
the cooperation of Slovak Post

詳細は未定ですが、来年は日本でも展示を巡回させたい、ということです。

今後、新しい情報が入り次第、お知らせしたいと思います。ぜひご関心をお寄せください。

------

この企画代表者である「降矢なな」は、私の中学時代からの友人。現在、スロヴァキア在住で創作活動を続けています。

3.11直後から、海外のニュースをウオッチするなか、心配して連絡をくれました。日本の報道は信用できない。原発についてはこういう情報があるよ、といったことを。彼女は、外から日本を見て、ずっと心をいためていたのですね。日本のニュースを海の向こうから眺めながら、何ができるのだろうかと考えた末の行動だと思います。少し時間が経ってから、「こういう展示を始めることにした」と連絡をくれました。

第1回、ボローニャでの展示の詳細がなかなか決まらなかったようで、私もちょくちょくサイトをチェックしていたのですが、気付いたときにはそちらはすでに終わっていました。

スロヴァキアのブラスチラヴァでの展示は、3月28日~4月28日まで。オープニングはもうすぐです。お近くの方はお立ち寄りください。

(おなじ記事を雑記帳にも掲載しています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年5月 »