« 「本の島」をめぐる対話vol.3 堀江敏幸vs吉増剛造(3)@青山ブックセンター本店(2012.5.26) | トップページ | 『仕事も勉強も遊びもあきらめない! 夢をかなえる時間術。』 月沢李歌子 »

2012年6月11日 (月)

「本の島」をめぐる対話vol.3 堀江敏幸vs吉増剛造(4)@青山ブックセンター本店(2012.5.26)

◆卓球と対話

『おぱらばん』の中の表題作「おぱらばん」では、卓球が出てくるね~、と吉増さん。堀江さんが中学、高校と卓球をやっていたことは私も知っていたが、吉増さんも「僕もそこそこできるんだよ」と。

その後、有名な日本選手の名前が出たり、カットマンなのか、ドライブマンなのか、といった、比喩ではなく卓球そのものの話が出るところが面白いのです。(仕込みじゃないんですよね~)

吉増さん 「僕はシェイクハンドでラケットを持つので、バックハンドの球を打つときは裏側で打つことになるでしょう。そのたびにどうしてこのフォームで球がうまく打てるのかと思って、ときめくんですよ」

堀江さん (やや間をおいて)「ときめきますね!!」

こういう会話をその場で聞ける喜び。吉増さんの「ときめき」という表現が、堀江さんのアンテナにしっかりキャッチされた様子でした。

堀江さん 「僕は試合でのラリーが好きなんです。試合中にいつも、このラリーが終わることなく永遠に続いたらしあわせだと思っていました。仲間からは、勝とうとしないと非難されて、まったく理解されませんでしたが」

「対話は卓球と同じです。相手がかけてきたスピンと同じ回転で打ち返したらラリーになりません。それと同じで、対話も相手の打ってきた球を見極めて、こちらはまた違うスピンやドライブをかけて打ち返す。そうすることによって、ときめきのあるラリーが続きます。」

堀江作品は、始まりも終わりもわからないまま、読者は作品中の人物とともに、あるプロセスを体験するほかない、というようなものが多い。風の吹くまま、足の向くまま。何かの偶然で出会った言葉、物、場所、名前に有機的な反応を起こした主人公が、次の行動を起こしていく。同じようにまた別のきっかけが次の出来事につながっていく。

決まり事はない。同じ回転で球を打ち返さないのだから、毎回違う球を打ち合うのだから。だから成り立つのがラリーなのである。

しかも、堀江さんの好きなのは練習中のラリーではなく、一打一打にギリギリの判断を迫られる試合中のラリーである。一瞬で相手の動作、音、視線、球の速さやコースを見極めて、次の自分の行動を決める。頭で考えた瞬間にからだが動いていなければいけない。その繰り返し。どこかに向かおうとするのではなく、あくまでもその瞬間の対応の連続。

ラリーの果てにたどり着く場所がどこなのか。誰もわからない。確かなのは、球を受け、打つ一瞬に感じるときめきだけなのかもしれない。ラリーが終わればジ・エンド。試合は終わるのだ。

吉増さんとの対話も一つのラリー。「相性がいいと思います」と堀江さん。プレイヤーが楽しんでいるラリーは見る(聞く)者の感動と共感を誘う。

同じスピンをかけて打ち返したら対話が成り立たないと言って、作品の中で、対話の中でときめきを感じてラリーを続ける堀江さんが好きだ。

■□■

次回は、吉増さんと吉本隆明について書きたいと思います。が、十分に理解できていないかもしれないので、「うまく整理できれば」という条件付きといたします。

|

« 「本の島」をめぐる対話vol.3 堀江敏幸vs吉増剛造(3)@青山ブックセンター本店(2012.5.26) | トップページ | 『仕事も勉強も遊びもあきらめない! 夢をかなえる時間術。』 月沢李歌子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21746/54931655

この記事へのトラックバック一覧です: 「本の島」をめぐる対話vol.3 堀江敏幸vs吉増剛造(4)@青山ブックセンター本店(2012.5.26):

« 「本の島」をめぐる対話vol.3 堀江敏幸vs吉増剛造(3)@青山ブックセンター本店(2012.5.26) | トップページ | 『仕事も勉強も遊びもあきらめない! 夢をかなえる時間術。』 月沢李歌子 »