« 2012年6月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年9月

2012年9月14日 (金)

《古書 西荻モンガ堂》  明日9/15オープンです!

古本市でおなじみの「モンガ堂」さんが、古本屋さんを始めます!

お店の名前は 《古書 西荻モンガ堂》

おめでとうございます!! パチパチ!!

古書 西荻モンガ堂  9月15日(土)  12:00オープン!!

http://d.hatena.ne.jp/mongabook/

■住所:東京都杉並区桃井4-5-3 ライオンズマンション102
■電話:03-6454-7684
■営業時間:12:00~21:00頃 定休日:水曜日

●オープニングイベント  保光敏将個展  『黒ネコト三羽ノ白カラス』
期間 9月15日(土)~10月2日(火) ※水曜日休み
*古書 西荻モンガ堂のロゴ・モンガトリをデザインをされた保光敏将さんの展覧会を開店イベントとして開催。

モンガ堂さんとは、われわれ《とみきち屋》も、《不忍ブックストリート一箱古本市》や《みちくさ市》、《コショコショ市》で、親しくさせていただいています。われわれよりも活動範囲はぐぐっと広く、あちらこちらの古本市に出店されるだけでなく、グループを組んでの出店も数多くされています。

そのうちに古本屋さんを始めたい、というお話は、ご本人からも周囲の関係者からも伺っていましたけれど、いっこうに始める様子がなくて、「モンガさん、お店見つかった?」と聞くと、「このあいだは遠くの物件を紹介されたんです」「どこですか?」「新潟です」なんて言ったりしていたから、もしかして「永遠の夢」として語っているだけで、本気じゃないのかも? なんて思ったこともありました。

思っただけでなく、ご本人に向かって「ホントに開くつもり、ないんじゃないのぉ?」なんて失礼なことを言ったり。そうするとモンガさんはちょっと恥ずかしそうな、困ったような顔をして「むにゃむにゃむにゃ」と何やら言い訳をされるのでした。

ところがどっこい!!

ご自宅の至近のところに開店決定。しかも、わが《とみきち屋》も貸し棚に本を並べさせていただくことも決定(していたらしい)。モンガさん、本気だったんですね~。

……なんて言ってますけど、実は私、モンガさんって、そうは見せないけれど、心の中には本に対する熱い思いを常に持ち、粘り強く自分の目指すところに向かっていくタイプの方だと感じています。淡々と書かれているブログの文章に、ふとモンガ・ロマンがあふれ出すことがあります。

日々、小さな絵の展覧会や写真展に足を運び、古本屋さんをのぞくことを楽しんでいるご様子から、若々しい心が伝わってきます。

そんなモンガさんが作り出す空間が、どんな色に染まっていくのか、とっても楽しみです。

年齢からいったら大先輩であるのに、ついつい口出しやらちょっかいやらを出さずにいられない、というところもモンガさんの魅力の一つ。

敷居は低いけど、志高い、《古書 西荻モンガ堂》の船出、おめでとうございます。

(モンガさんへ。番頭:風太郎がお世話になります。私、すぐには伺えませんけれど、そのうち遊びに行きますね。とりあえずはエールを南西のほうから送ります~~)

風太郎のブログに、モンガさんご紹介の記事を書いています。(こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年11月 »