« 2012年11月 | トップページ | 2013年2月 »

2012年12月

2012年12月15日 (土)

『象が踏んでも 回送電車Ⅳ』 堀江敏幸

『象が踏んでも 回送電車Ⅳ』 堀江敏幸著

エッセイ集の第4集。

タイトルの「象が踏んでも」は、珍しいことに、散文ではなく、詩である。日本の文学は散文に偏り過ぎで、詩の扱いが不当なほど軽い、というのは荒川洋治が常に主張していることだが、そういう風潮のなか、作家が詩を書いて発表するのは怖い作業なのではないか、と想像できる。詩人を標榜している人であれば詩を書くのは当然だけれど、「文学=散文」という了解がこれだけ広まっている日本において、「詩人」以外の人が詩を発表するとき、そこにはどんな力学が働いているのだろうか。そんなことを考えてしまった。

さて、「象が踏んでも」というフレーズからほぼ自動的に思い起こすのは、「アーム筆入れ」である。昭和40年代だったと思うが、テレビCMで「象が踏んでも壊れないアーム筆入れ」というキャッチコピーはかなり強烈だった。実際に象が踏んでいたシーンがあったかなかったか、そこはちょっと自信がないのだが、私とほぼ同世代の著者が、この詩をものしたときに、そのキャッチコピーが頭にあったであろうことは、かなりの確率であり得ることだと思う。

「アーム筆入れ」と言われても、ピンとこない方がほとんどであろう。ネットを調べてみると、ちゃんと見つかるのだから嬉しくなる。こちらをご覧あれ。

そして、詩は左側のページから始まる。1ページめくると、やはり……。2ページ目の2行目、「十二本の命が入った筆入れのほうである」。

象というきわめて具体的な重量感のある存在がつむぎ出す、現実的な(と感じられる)世界の広がり。形容詞、副詞、目的補語、主語などがつむぎ出す非現実的な(という自由を与えられた)言葉の世界。

何が現実で、何が非現実なのか、そのあわいを描き出し、自在にその二つの世界を行き交うとき、ルールは書き手が決めている。

 

続きを読む "『象が踏んでも 回送電車Ⅳ』 堀江敏幸"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年2月 »