« 『昭和の読書』 荒川洋治 (幻戯書房) 2011年 | トップページ

2018年5月17日 (木)

『狂喜の読み屋』 『読んで、訳して、語り合う。 都甲幸治対談集』 都甲幸治

『狂喜の読み屋 (散文の時間)』 都甲幸治 株式会社共和国 editorial republica co., ltd. 2014年

『読んで、訳して、語り合う。 都甲幸治対談集』 株式会社廣済堂 2015年

この2冊を続けて読了。二冊とも「小説を読むのは楽しいね~」の気分満載で、ああ、本が読みたい、読みたい、あれもこれも読みたい! という気持ちに火を付けていただきました。ありがたいやら、ありがた迷惑やら(笑)。

都甲さんの文章が躍動するときは、常に都甲さん本人の切実さが伴っているときである。ご自身で「人と話すことが大好き」と書かれているが、書かれたものでも、対談でも、読んでいると、本当にそうなんだろうなぁと感じる。基本的には「俺、俺」の人ではなく、共感を求める精神の持ち主じゃないかと思うのだが、「ここだ」と思うポイントになると、時に暴走する。そこがとても面白いし、ああ、この人、信用できる、という感じがする。お名前もまったく知らず、たまたまネットで駒場で開催される堀江敏幸を対象にした文学インタヴューの聞き手、ということで、興味をもって読んでみた。そうしたら、まあ、なんというか、あれ~、こういう水先案内人の方が登場していたとは! と驚き、かつ、喜んでいる次第なのである。

都甲さんについても書きたいし、この2冊の紹介もしたい。何をどう書くか迷う。『読んで、訳して』のほうでは、対談相手の魅力がたっぷりあらわれているし、現在の海外文学の様子もよくわかる。また、村上春樹論も楽しいし、おまけに、星野智幸という希有な小説家のすごさの片鱗を知ることができたのも大収穫。いしいしんじの予想以上の常人離れしたすごさ、堀江さんの(やはり、と思ったけれど)他の人にはない魅力、学生時代の仲間であった芥川賞作家の小野正嗣(寡聞にしてその存在すら知らなかった……)。

それから、翻訳ってこういうものだよね、という話から、小説は本来、こういうふうに楽しんで読むべきものだよね、とか、うん、そうそう、そうそう、と膝を乗り出したくなるような内容がわんさか詰まっていて、何か一つを紹介すると、これら2冊の本が持つ魅力のバランスを崩してしまいそうで、「いや、それだけじゃなくて」と次から次へと引用したくなりそうだ。

どうしたものか。。。

もう少し考えてから追記しようと思う。

その間に、駒場で6月4日に行なわれる飯田橋文学会主催の<現代作家アーカイヴ>「文学インタヴュー 第15回」は、まだ受付期間中ですよ~。

http://iibungaku.com/news/15.php

こちらのサイトから転載させていただきまーす。

飯田橋文学会、UTCP(東京大学大学院総合文化研究科附属共生のための国際哲学研究センター西原育英文化事業団助成プロジェクト)、科学研究費基盤B「世界文学の時代におけるフィクションの役割に関する総合的研究」の共催により、2018年6月4日に小説家の堀江敏幸氏をお迎えして〈現代作家アーカイヴ〉文学インタヴュー第15回の公開収録を行います。

開催日時:2018年6月4日(月)18:00~20:00(17:30開場)
語り手::堀江敏幸(小説家、早稲田大学教授)
聞き手::都甲幸治(翻訳家、早稲田大学教授)
会場::東京大学駒場キャンパス21KOMCEE East 2階 K214教室
事前申込制(先着順) 定員:90名(無料)
申込方法:下記申込画面よりお申し込みください。
https://goo.gl/forms/goABTqILLRfFp8jp2
申込受付:5月11日9時から6月3日9時まで

申込に関する問い合わせ先:takeda@boz.c.u-tokyo.ac.jp

※定員に達し次第締切

※申込完了のご案内がお手元に届くまで時間をいただくことがございます。急ぎご確認いただきたい方は、問い合わせ先メールアドレスにご連絡ください。

作家自選の代表作
『雪沼とその周辺』(2003:新潮文庫)
『魔法の石板』(2003:青土社)
『河岸忘日抄』(2005:新潮文庫)

本イベントは、現代作家アーカイブ構築のためのインタヴュー収録を公開で行うものです。当日の模様は撮影され、映像はインターネット等で公開される予定です。映像に関する権利はすべて飯田橋文学会に帰属し、個人の映像の削除等のご依頼にはお答えできません。また、当日の質疑応答の時間は限られているため、 質問の数を制限させていただく可能性がございます。以上ご了承のうえ、参加をお申し込みください。

で、聞き手が都甲幸治さん、ということで、話を戻します。(つづく)

|

« 『昭和の読書』 荒川洋治 (幻戯書房) 2011年 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21746/66730612

この記事へのトラックバック一覧です: 『狂喜の読み屋』 『読んで、訳して、語り合う。 都甲幸治対談集』 都甲幸治:

« 『昭和の読書』 荒川洋治 (幻戯書房) 2011年 | トップページ