わめぞ

2016年5月21日 (土)

明日5月22日(日)は「第33回鬼子母神通り みちくさ市」です。

明5月22日(日)、「第33回鬼子母神通り みちくさ市」が開催されます。

いつもの場所に、いつもの<とみきち屋>として出店させていただきます。

詳細につきましては、お手数ですが番頭、風太郎のブログをご覧くださいませ~。

品切れ本、絶版本はいつものようにご用意しております(ようです)。

大きくこけるか、大ウケするか、出入りの激しいとみきち屋の特集ですが、今回は「文壇・文士(人)の世界」というミニ特集コーナーがございます。さてさて、結果はいかに(笑)。

暑くなりそうです。十分な暑さ対策をして、雑司ヶ谷にどうぞ足をお運びください。お待ちしております♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

第18回鬼子母神通り みちくさ市 参加のお知らせ

明日18日、とみきち屋は「第18回鬼子母神通りみちくさ市」 に出店いたします。

前夜のただいまざんざん降りですが、晴天の予報です。

今年最後の古本市参加です。

番頭、風太郎ともども、皆様のお越しをお待ちしております。

どうぞお運びくださいませ!!

詳細は、お手数ですが風太郎のブログをご覧ください。

いつものように出品本のご紹介等をさせていただいております。

(↓↓ 風太郎ブログURL。2つの記事に分かれています)

http://ramble-in-books.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-1e29.html

http://ramble-in-books.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-f857.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

「第12回鬼子母神通り みちくさ市」出店のお知らせ

明日、9月18日(日)に

「第12回 鬼子母神通り みちくさ市」が開催されます。

http://kmstreet.exblog.jp/

台風の影響でちょっとお天気が心配ですが。

万が一、雨が降ってしまいましたら、翌日に延期です。でも、きっと大丈夫。

<とみきち屋>出店いたします。

場所は、初めて参加したときと同じ「池田ビル大シャッター前」。

出品本の一部を、番頭・風太郎のブログでご紹介しております。

こちらです。

ラインナップを見ると、読みたいなと思う本がいろいろあります。

相変わらず店主、未読本オンパレードです。

皆様にも喜んでいただける1冊が見つかるかも!!

お誘い合わせのうえ、ぜひ起こしください。

名ばかり店主・とみきちも、番頭ともども、皆様のお越しをお待ちしております♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

とみきち屋の第10回みちくさ市 2011.5.8(番外編)

晴天に恵まれました、第10回みちくさ市。プレ開催を含め、7回目くらいの出店になるでしょうか。お約束どおりセンスゼロ、段ボール、せんべい缶、やる気のないPOP、100円ショップのかごといった店構えです。いつもの大家さんのガレージをお借りして、店を出させていただきました。

いつもお越しいただくお客様、出店者の方々とのやりとりや、とみきち屋から巣立っていった本たちのことは、番頭・風太郎からご報告申し上げるといたしまして(一箱古本市の後になりますから、たぶん秋風が吹く頃になるでしょうか・笑)、私からは、お約束どおり、番外編として、2つのご報告をば申し上げることにいたします。

題して、1.「南陀楼綾繁氏、驚きの暴言!!」事件、2.「はにかみ元高校生君とお話ししちゃった!!」事件、です。

さて、まいりましょう。

1.南陀楼綾繁氏、驚きの暴言!!」事件

南陀楼綾繁さんをもしご存じでなければ、古本市の世界ではちょっとモグリと思われちゃうかもしれません。『古本市のあるき方』の著者で、一箱古本市の創始者ですよ。そして、素人の古本好きな人たちをストリートに引っ張り出した張本人です。あ、そういえば、古書ほうろうのミカコさんの製作による「ミスター一箱古本市」の黄色のたすきは最近どうなったのでしょうか。

ま、それはおいておいて……。

不忍ブックストリートの最終イベントが午後にあるので、11時にはみちくさ市に行きますという予告があったので、今か今かとお待ちしていたところ、じゃじゃーん、御大登場! でも、我が店の前はするするするーと素通り。いつものこと、なり。本部に挨拶に行かれたのでありましょうね。

その後、戻ってこられたタイミングで、ちょっと離れたところにいた番頭も、つん堂さん(うちの番頭を心のお父さんと呼ぶ、超珍しい(笑)方です)も一緒になって、我が店の前の酸素が一気に薄くなる感じ。

そこで、あの一言が発せられたのでした。

「ああ、ちょうど守銭奴たちが揃っているじゃないか。そこに3人並んで。記念撮影するから」と。

守銭奴 しゅせんど SHUSENDO。。。

生まれてこのかたずっと貧乏暮らしをしておりますから、お金というのはないよりはあったほうがいいよね、と思わないこともありませんが、自分とは全く無縁の単語であると思い続けて約50年。驚きました。人生、長く生きてみるものです。

一箱古本市で、とみきち屋が、初日の売上金額1位、つん堂さんが2日目に1位だったことをたたえてくださったのでありましょうねえ。わかっていますって。「おめでとう。よかったね」と言いたい気持ちは山々だけど、ついついストレートを投げず、カーブやシュートを投げてしまうタイプなんですねえ。

お客さんとしての南陀楼さんは、とみきち屋をスルーして、ほとんど買ってくれません(買ってくれたのはたったの1回だけ)。そのことを飲み会などでねちねち言うと(笑)、「なんでこの二人は揃って僕をそんなにいじめるんだよ~」なんて言うんですよ。そりゃ、南陀楼さんが好きだからに決まってるじゃないですかねえ。わかんない人だなあ。これからも言い寄りますからね~。

というわけで、南陀楼さんとわれわれとみきち屋とは、これからもきっと屈折した愛情で結びつき続けることでありましょう。

さて、お待たせいたしました。次の事件の主人公ははにかみ君。

続きを読む "とみきち屋の第10回みちくさ市 2011.5.8(番外編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

みちくさ市御礼。

みちくさ市でした。暑すぎるほどの晴天。

にぎわいました。

先回、中止となっただけに、このお天気と人出はとても嬉しかったですね。

多数ご来店いただきまして、ありがとうございました♪

一箱古本市に続いて、開店前にお越しいただいたdozoさんをはじめ、連続でご来店&お買い上げいただいた多くのおなじみのお客さま。一箱ではお姿を見かけず、どうされたのかと勝手に心配していた、大のお得意様のHさん、既に高校生ではなくなったはにかみ「元」高校生くん、番頭の旧友・A氏。そして、同じ場所に出店されたく古書・カフェしゃまんべさん、古本なまねこさん、いつもお世話になるわめぞの皆さん、大家さん、商店会の皆さん。本当にありがとうございました。おかげさまで、楽しい休日を過ごさせていただきました。

心から感謝します♪

本日も、例によって、いろいろなエピソードがございましたです。

遅筆の風太郎のことですから、一箱古本市から始めるとなると、いつになるかわかりませんが、追々、お礼かたがたブログにご報告をぽつぽつとアップしていくことと思います。

もしも私が番外編を担当するとしたら……

・ナンダロウ氏、驚きの暴言(笑)

・はにかみ(元)高校生くんとのおしゃべり

でしょうか。また日を改めて書きますね。

とりいそぎ御礼のみで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

第10回みちくさ市のお知らせ。

またまた直前のお知らせで、まことに申し訳ありません。

      明日、5月8日(日) 11:00~16:00

第10回鬼子母神通りみちくさ市 に「とみきち屋」として出店いたします。

前回は、震災後の日程であった関係から開催が見合わされましたので、今年初めてのみちくさ市ですよ。

ぶらりぶらりとお散歩がてら、お出かけください。

公式ホームページはこちらです。→ http://kmstreet.exblog.jp/

とみきち屋出品本につきましては、例によって、番頭であります風太郎のブログでご紹介しております。お目通しくださいませ。 → http://ramble-in-books.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-2385.html

ちらりと見たところ、一箱古本市とは、全く違うラインナップのようです。

多くの皆様のお越しを心からお待ちしています♪

お声をかけてくださいね。

とみきち屋としても、久しぶりのみちくさ市を一日楽しませていただくつもりです。

寄る年波、私は紫外線と腰痛、番頭は腰痛と熱中症に注意、かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

みちくさ市御礼。

気持ちのよい好天に恵まれた三連休最終日、みちくさ市が無事に終わりました! とみきち屋出動はずいぶん久しぶりでしたが、おかげさまでとっても楽しい一日を過ごすことができました。足を運んでくださった皆様、わめぞの皆さん、商店会の皆さん、出店者のお仲間の皆さん、本当にありがとうございました!!

勝手を忘れて、恒例の展示写真を撮り忘れました! まあ、段ボールを並べ、重ね、100円ショップのプラスチックの入れ物と、ひしゃげたせんべい缶の組み合わせは、いつもどおり変わりませぬ。ねこのとみきちの看板(1年数ヶ月前の初登場から使い続けて、だいぶくたびれてきました)も、汚い手書きのPOPも、だらしなく物が積み上げられたバックヤードも、すべていつもどおり。

一日を通して、とてもたくさんのお客様にご来店いただき、たくさんお買い上げいただき、100冊を大きく超える冊数をお買い上げいただけたようです。詳しい報告は番頭・風太郎のブログでさせていただきますが、本当にありがとうございました。

風太郎のブログに書き込みをいただいていた方が、実は風太郎の高校時代の同級生の女性(つまりは私の先輩に当たる)であったという衝撃の真実もありました。一箱古本市、みちくさ市を通じてお近づきになった多くのお客様や店主の皆さんとも久しぶりにお会いできて、とっても懐かしくうれしかったです~。

インチキ売り子の私は、「こんにちは~」といろいろな方にご挨拶しているうちに一日が終わった感じ(笑)。既に皆様ご存じのとおり、なんといってもうちが売ってる本は、番頭が集めてきてセレクトし、特集を組み値付けをし、並べ方も考えているものであって、私はただ椅子に座り、「こんにちは~、どうぞ手に取ってご覧くださ~い」と言ってるだけなのであります。

いつもお買い上げいただく我が店の上得意様方も皆さんお立ち寄り&お買い上げくださいました。が、立ち寄ってくださってお顔を拝見できるだけで、なんだかほっとして嬉しくなります。今日はまた大量にお買い上げくださる新しいお客様も登場! Sさん、またぜひぜひお越しくださいね~。

はにかみ君もいつもどおりの美しい立ち居振る舞いと、おしゃれないでたちで登場。当店でもお買い上げ~。今日のお買い上げも、“はにかみ君セレクト”でした。とても嬉しい。我が店ばかりでなく、みちくさ市で最も若いおなじみさんだと思う。こういう若者が増えていったらいいのになぁ、と心から思う。

ほとんど親戚のおばさんの気持ちと化している私としては、作家の好みは? その作家のどういうところが好きなの? どんな読後感のものが好きなの? 文学以外に興味あるものはないの? 具体的にどんな本を探しているの? 将来は何になりたいの? このあいだ買っていってくれた本の感想とは? とめちゃめちゃたくさん質問が頭に浮かぶ(笑)。もし質問したら答えてくれるかなぁと考えるのだけれど、はたして十代の頃の自分はどうだったかなぁとふりかえってみると(ほとんど忘れているけど)、こんな性格の私でも、人前で大きな声で話しかけられたりするのはイヤだったかも、という気もする。かといって、どこかでこそこそ話すような関係でもないしね(笑)。というわけで、おじさま客向けの、図々しい&なれなれしいアプローチは自粛。でも、また来てくださいね。

モノンクル・ブックスの井上さんが、新調の春らしいブルーのコートを着て、これまたおしゃれなブルーの自転車にまたがって颯爽と登場。近況など少しおしゃべりをする。ひととおり回って戻ってこられて、あたたかいお茶の差し入れをいただく。ありがと~。「これからサンシャインに行きます」と、また自転車にまたがって春の道をこいでいかれました。またお会いしましょうね~。

お隣のくしゃまんべさんとは、古本市での出店についてのあれこれのおしゃべり、楽しかったです。王子駅そばのお店にもいつかお邪魔したいです。ブレスレット、とても素敵で心惹かれましたが、ちょっと自粛しました。

いつも親しくしてくださっている親愛なる古本つながりの皆さま、ここでお一人ずつお名前を挙げることはいたしませんが、お会いできて、お話しできて、しあわせでした。

詳しいご報告は(いつになるかわかりませんが)、番頭・風太郎から申し上げます。名ばかり店長=インチキ売り子からは、とりいそぎの御礼&ご報告でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

3月22日(祝)は鬼子母神通りみちくさ市へ!!

お知らせが遅れてしまいました。

3月22日(月・祝)、もう明日ですね、とみきち屋はみちくさ市に出店いたします!!

お誘い合わせのうえ、ぜひお越しくださいませ~!!

みちくさ市の全貌をお知りになりたい方は、こちらのお知らせをご覧ください。

手書き地図がプリントアウトできるようになっています。

とみきち屋の出店場所は、14、「花結び」となり個人宅駐車場です。

上記手書き地図とあわせてお持ちになると、どこに何というお店が出店しているか、照らし合わせていただけます。

とみきち屋の出品本は、いつもどおり、100%、番頭の風太郎がセレクトしております。

特集をやると申しておりまして(これもいつものことですが、ほとんどコケる・笑)、そのセレクト本を見たら、私の読んだことがある本が少ないだけでなく、知らない本もずらり。本についてのご質問は、風太郎にお願いいたします。

一部ご紹介しておりますので、風太郎ブログをご覧くださいませ。

昨日から今朝方にかけて、大荒れに荒れたお天気でしたが、今日はまたずいぶん穏やかな春の一日。明日もこのようなお天気になりますように。

鬼子母神では手創り市が開催されています。あわせてお楽しみくださいね。

ブログを読んでくださっている方、どうぞお声をおかけください。お買い上げいただかなくても、ね。多くの皆様にお目にかかれるのを楽しみにしております♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

第3回みちくさ市が終わりました。

第3回鬼子母神通り みちくさ市が無事に終了いたしました~。

足を運んでくださった皆様、主催・共催の皆様、そして、参加者の皆様、このたびも楽しく過ごさせていただきました。ありがとうございます。心から感謝しております!

シルバーウイーク二日目の日曜日。当初心配された台風も海の彼方に遠ざかり(晴―リーにもお礼を申し上げておきました)、秋晴れとなりました。また、ちょっと行きすぎ? というくらいでしたね。おかげで、日向のお店の方々はやはりなかなか厳しかったご様子。われわれ年寄り組は建物に守っていただいたおかげで無事でした。

お店は、代わり映えせず、こんな感じで出しました。

Photo Photo_2

鬼子母神境内で手創り市が開催されていたこともあったのでしょう、人通りが絶えませんでした。インチキ売り子の押し売りもそれほどせずとも(笑)、たくさんお買い上げいただき、楽しく店番をしておりました。お得意様もお越しくださり、また、何度かお買い上げいただきながら言葉を交わすのは初めての方もあり。「ありがとうございました!」と本を手渡す瞬間が好きです。この本は、この方のもとに行く運命だったのか~、とご縁を感じるのです。

「最近ちょうどこの手の本を読んでいるところなので、ブログを拝見していたら出されるということだったので」と言ってくださる方もあれば、「先週、ちょうど買ってしまったんですよ。値段はもっと高かった」と残念がる方もあり。こういうタイミングこそ、ご縁ですよね。

詳しいご報告は、いつものように番頭がゆっくりとブログに書かせていただくことと思います。が、ただいまエネルギーがエンプティになった様子ですので、私から取り急ぎお礼を申し上げる次第です!

空想書店書肆紅屋さん、モノンクル・ブックスさんとご一緒で、楽しゅうございました。また、お目にかかれますよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

第3回みちくさ市に参加します!

とみきち屋として、またまた、みちくさ市に参加します。どうぞよろしく~!!

まずは、告知をコピーしますね。

”商店街が、一日だけの古本街!”

第3回 鬼子母神通り みちくさ市


▼開催日

2009年9月20日(日) 10:00頃〜16:00

雨天の場合、翌日21日(月・祝日)に順延(この日が雨の場合は中止)


▼参加者募集

9月1日(火) 21:00スタート


※当日は、鬼子母神堂境内にて手創り市も開催されております。こちらも併せてお楽しみください(21日に順延の場合は開催なし)。

http://www.tezukuriichi.com/


▼会場

雑司が谷・鬼子母神通り

東京都豊島区雑司が谷2丁目・鬼子母神通り周辺

Google地図 >> http://tinyurl.com/6xmc4y

主催/鬼子母神通り商店睦会  協賛/わめぞ http://d.hatena.ne.jp/wamezo/

続きを読む "第3回みちくさ市に参加します!"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

3.11 ごあいさつ とみきち屋 や行:やなせたかし や行:吉増剛造 わめぞ エクスマ テーマ:「本の島」 テーマ:ドストエフスキイ テーマ:井上光晴 テーマ:古本 テーマ:吉行淳之介 テーマ:向田邦子 テーマ:国木田独歩 テーマ:夏目漱石 テーマ:外務省 テーマ:室生犀星 テーマ:尾崎放哉 テーマ:岡本太郎 テーマ:岸信介 テーマ:幸田文 テーマ:村上春樹 テーマ:村上正邦 テーマ:柳兼子 テーマ:検察 テーマ:水泳 テーマ:渡邉恒雄 テーマ:矢田津世子 テーマ:石川啄木 テーマ:種田山頭火 テーマ:翻訳 テーマ:芥川龍之介 テーマ:萩原朔太郎 テーマ:読書 テーマ:野中広務 テーマ:香月泰男 一箱古本市 作家 古典芸能 古本 実用書 展覧会 岩波書店編集部編 文化・芸術 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 洋画(ロードショー) 演劇 絵本 翻訳物 良かった本 著者名(た行): 都甲幸治 著者(あ行)あさのあつこ 著者(あ行)いしいしんじ 著者(あ行)上原隆 著者(あ行)上田紀行 著者(あ行)上野千鶴子 著者(あ行)乙一 著者(あ行)井上夢人 著者(あ行)井上荒野 著者(あ行)井上香織 著者(あ行)伊井直行 著者(あ行)内澤旬子 著者(あ行)内田樹 著者(あ行)大崎善生 著者(あ行)大森望 著者(あ行)大野純 著者(あ行)天木直人 著者(あ行)奥田英朗 著者(あ行)安藤哲也 著者(あ行)小川洋子 著者(あ行)小熊英二 著者(あ行)小田光雄 著者(あ行)岡崎京子 著者(あ行)岡崎武志 著者(あ行)岡本太郎 著者(あ行)岡田尊司 著者(あ行)岩川隆 著者(あ行)恩田陸 著者(あ行)明本歌子 著者(あ行)梅原猛 著者(あ行)梅津時比古 著者(あ行)江國香織 著者(あ行)江川卓 著者(あ行)江藤淳 著者(あ行)池上六朗 著者(あ行)浅田次郎 著者(あ行)石寒太 著者(あ行)磯田和一 著者(あ行)絲山秋子 著者(あ行)網野善彦 著者(あ行)芥川文 著者(あ行)荒川洋治 著者(あ行)赤坂憲雄 著者(あ行)青山光二 著者(あ行)魚住昭 著者(か行)ドナルド・キーン 著者(か行)久世光彦 著者(か行)倉橋由美子 著者(か行)加東大介 著者(か行)北村太郎 著者(か行)姜尚中 著者(か行)小島政二郎 著者(か行)小松美彦 著者(か行)小池静子 著者(か行)川上弘美 著者(か行)川端康成 著者(か行)春日武彦 著者(か行)木坂涼 著者(か行)桐野夏生 著者(か行)河合隼雄 著者(か行)狐 著者(か行)甲野善紀 著者(か行)神坂次郎 著者(か行)角田光代 著者(か行)許光俊 著者(か行)車谷長吉 著者(か行)近藤富枝 著者(か行)鎌田實 著者(か行)香月婦美子 著者(か行)黒岩比佐子 著者(さ行)佐多稲子 著者(さ行)佐江衆一 著者(さ行)佐野洋子 著者(さ行)佐野眞一 著者(さ行)島尾伸三 著者(さ行)島村利正 著者(さ行)柴崎友香 著者(さ行)柴田元幸 著者(さ行)清水良典 著者(さ行)瀬戸内寂聴 著者(さ行)重松清 著者(さ行)関川夏央 著者(さ行):ナンシー関 著者(さ行):佐藤優 著者(さ行):志村ふくみ 著者(た行)出久根達郎 著者(た行)多田富雄 著者(た行)平安寿子 著者(た行)月沢李歌子 著者(た行)東郷和彦 著者(た行)武田泰淳 著者(た行)田中栞 著者(た行)田中森一 著者(た行)田口ランディ 著者(た行)田辺徹 著者(た行)田辺聖子 著者(た行)種田山頭火 著者(た行)谷口ジロー 著者(た行)豊﨑由美 著者(た行)辻原登 著者(た行)高島俊男 著者(た行)高松宮妃喜久子 著者(た行)高橋源一郎 著者(た行)高橋秀実 著者(た行)高橋英夫 著者(た行)高見順 著者(た行)鶴見俊輔 著者(た行)鶴見和子 著者(な行)ねじめ正一 著者(な行)中原昌也 著者(な行)中山千夏 著者(な行)中沢新一 著者(な行)夏目伸六 著者(な行)夏目漱石 著者(な行)夏目鏡子 著者(な行)梨木香歩 著者(な行)永江朗 著者(な行)野村潤一郎 著者(は行)保坂和志 著者(は行)保科順子 著者(は行)原尞 著者(は行)堀江敏幸 著者(は行)姫野カオルコ 著者(は行)平出隆 著者(は行)平山郁夫 著者(は行)橋本治 著者(は行)淵邊善彦 著者(は行)細川貂々 著者(は行)萩原葉子 著者(は行)藤原伊織 著者(は行)藤原和博 著者(は行)藤村正宏 著者(は行)降矢なな 著者(は行)馳星周 著者(は行):備瀬哲弘 著者(ま行)パオロ・マッツァリーノ 著者(ま行)三島由紀夫 著者(ま行)三崎亜記 著者(ま行)室生朝子 著者(ま行)室生犀星 著者(ま行)宮崎学 著者(ま行)宮本輝 著者(ま行)村上春樹 著者(ま行)村上護 著者(ま行)村松友視 著者(ま行)松尾スズキ 著者(ま行)松岡正剛 著者(ま行)松岡譲 著者(ま行)松浦理英子 著者(ま行)枡野浩一 著者(ま行)森まゆみ 著者(ま行)森巣博 著者(ま行)武藤康史 著者(ま行)町田康 著者(ま行)茂木健一郎 著者(や行)よしもと(吉本)ばなな 著者(や行)吉屋信子 著者(や行)吉本隆明 著者(や行)吉村昭 著者(や行)吉田裕 著者(や行)山本容子 著者(や行)山本文緒 著者(や行)山田詠美 著者(や行)山田風太郎 著者(や行)柳澤桂子 著者(や行)柳田邦男 著者(や行)横山秀夫 著者(や行)矢作俊彦 著者(や行)養老猛司 著者(ら行):リリー・フランキー 著者(わ行)渡辺利夫 著者(わ行)鷲尾賢也 著者(海外)アゴタ・クリストフ 著者(海外)アレックス・シアラー 著者(海外)ジュンパ・ラヒリ 著者(海外)ドストエフスキー 著者(海外)フィリップ・ロス 著者(海外)レベッカ・ブラウン 著者(海外)レーモン・クノー 著者(海外)J.D.サリンジャー 著者(海外)J.M.クッツェー 講演会 講演会・座談会 音楽