著者(さ行)佐野洋子

2008年10月 5日 (日)

『役にたたない日々』 佐野洋子

エッセイ。売れています。どこの書店でも、目立つところに平積み。「小説トリッパー」2003年冬季号から2008年春季号まで(途中三回お休み)の連載を改稿して単行本にしたものだそうです。

乳がんにかかって手術して、翌日からタバコを吸いに家に帰るような洋子さん。その後、抗ガン剤で一年間、生きているとは思えないほどきつい一年だったので、寝たきりで、同じ方向を向いて韓流ドラマを見続けていたら、あごが外れたりしました。そして、骨に再発したことを知って、担当医にあと何年もつか聞いたら、ホスピスを入れて二年と言われます。死ぬまで幾らかかるか聞いたところ1000万と答えた担当医に、洋子さんは言いました。「抗ガン剤はやめて下さい。延命もやめて下さい。なるべく普通の生活が出来るようにして下さい」

それから一年はたった、と記されています。

続きを読む "『役にたたない日々』 佐野洋子"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

『シズコさん』 佐野洋子

新潮社の「波」、2006年1月号から2007年12月号に連載されたエッセイ。シズコさんとは、佐野洋子の母親である。本エッセイを書いている佐野洋子は、癌におかされている。確執の耐えなかった母親を見送り、今は自身が病におかされているこのときに、佐野洋子はひたすら佐野洋子のままであり続ける。裸の佐野洋子。その人間を見つめる目は、肉親であろうと、自分自身であろうと、何の曇りもなく、何の濁りもなく、余りにも真っ直ぐで、読んでいるこちらの心が痛くなる。

続きを読む "『シズコさん』 佐野洋子"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

『覚えていない』 佐野洋子

「私は本当のタヌキババアになれるだろうか」というタイトルのエッセイは秀逸である。「河合隼雄先生」について語らなければいけない状況に、佐野洋子は困って泣きそうだ、というところから始まる。そんなことを言いながらも、佐野洋子はいつもの調子で語るのである。

続きを読む "『覚えていない』 佐野洋子"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004年8月28日 (土)

『ねえとうさん』 佐野洋子

世田谷文学館で開催中の「佐野洋子展」に行ってきた。
京王線芦花公園駅を最寄り駅とする当館は、とても心安まる憩いの場所だった。

佐野洋子展は、佐野洋子の何作かの絵本の原画が展示され、原画の下に、絵本の該当ページもあわせて展示されていた。「100万回生きたねこ」「おじさんのかさ」「わたしのぼうし」「だってだってのおばあさん」などなど、原画がいっぱい。

ねえとうさん
佐野洋子作

出版社 小学館
発売日 2001.11
価格  ¥ 1,470(¥ 1,400)
ISBN  4097273248

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1

これは佐野洋子の絵本としては最新作のよう。原画を見る限り、とーーーっても楽しくて、あったかい、ちょっと泣きそうになるお話です。絵本のレイアウトが(絵の入れ方と活字の大きさなど)少しうるさいかなという感じになっているのが残念だけれど。

特別展は9月20日まで。
世田谷文学館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月 9日 (月)

『ふつうがえらい』 佐野洋子

またまた佐野洋子。佐野洋子が好きということもあるけれど、今、本を読む時間がなかなかなくて、ここ1カ月ぐらいずっとバッグの中に入れて持ち歩いており、ようやく読み終えたという久しぶりの読了本。

ただいま、世田谷文学館で「佐野洋子 世界の絵本展」開催中。(9月20日まで)
詳しくはこちらをご覧ください。(こちら
ここは、館長が佐伯彰一氏で、なかなか面白いイベントを企画しています。

続きを読む "『ふつうがえらい』 佐野洋子"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年5月22日 (土)

『おじさんのかさ』 佐野洋子

0237045100001.jpg 梅雨の季節にぴったりの本。はい、またまた佐野洋子でーす。

この絵本は、もう絵を見ているだけでも十分楽しい! 佐野洋子の絵の特徴は、「目」なんですけれど、このおじさんの「目」は格別すばらしい!! 目つき、顔の角度……。見ているだけで、性格や、考えが伝わってくるほどです。

「おじさん、あっちに いくんなら、いっしょに いれてってよ。」といいました。「おっほん。」と、おじさんは いって、すこしうえのほうをみて、きこえなかったことにしました。

子ども相手にこの態度! もう最高!!

そして、本書のハイライトシーンは18~19ページ!! 絵本ならではの醍醐味を味わえます。でも、ちゃんと最初から順番に読んでいかなければダメですよ~~。

さあ、雨が続いても、この絵本を思い出して楽しく過ごしましょう!

『おじさんのかさ』 佐野洋子 作・絵 講談社 1992年発行
  bk1へGO  アマゾンへGO

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2004年5月21日 (金)

『私はそうは思わない』 佐野洋子

0132584700001.jpg 佐野洋子ブーム、猛然と驀進中。共感してばかりで、人のふんどしで相撲をとっているようなもので、自分で物を考えないのはまずいなあと思うのだが……。佐野洋子に考えてもらって、「ほんとだ、ほんとだ、アハハ」って言ってるだけでは、人間、進歩は望めない。でも、今、ちょっと心がお休みしたいんだろうと思うことにして、このリハビリ読書を自分に許しているのである。(まだ読む本あるもんね)

続きを読む "『私はそうは思わない』 佐野洋子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月18日 (火)

『あれも嫌い これも好き』 佐野洋子

0229944000001.jpg またまた佐野洋子のエッセイです。読むと元気が出るんですよ。単行本は2000年刊行、文庫本は2003年。『神も仏も……』の少し前の時期なので、あそこまでの達観、パワーまでは至らず、その前段階の感じ。

続きを読む "『あれも嫌い これも好き』 佐野洋子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月16日 (日)

『友だちは無駄である』 佐野洋子

これは傑作である。反抗期のすべての少年少女にこの本をプレゼントしたい。自分が反抗期の時にこの本があったら、どんなに救われていただろうと思う。

本書は、佐野洋子の「友だち論」を明らかにするために、佐野洋子自身の文章と、佐野洋子と谷川俊太郎、佐野洋子と小形桜子の一問一答という形で成っている。どちらがどちらに質問するというのではないけれども、佐野洋子がどんな友だちと、どんなふうにつき合ってきたか、佐野洋子にとっての友だちとは何かが、それはそれは正直な言葉で語られていて、その時々の佐野洋子の心の様子が驚くほど鮮明に映し出される。

続きを読む "『友だちは無駄である』 佐野洋子"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004年5月14日 (金)

『100万回生きたねこ』 佐野洋子

0102136300001.jpg 久し振りにまた読んでみた。何度読んだか知れないのに、また「あっ」と心をつかまれる。こびない絵と文。すべての甘ったるい感傷を排除する意志の潔さ。

続きを読む "『100万回生きたねこ』 佐野洋子"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

3.11 ごあいさつ とみきち屋 や行:やなせたかし や行:吉増剛造 わめぞ エクスマ テーマ:「本の島」 テーマ:ドストエフスキイ テーマ:井上光晴 テーマ:古本 テーマ:吉行淳之介 テーマ:向田邦子 テーマ:国木田独歩 テーマ:夏目漱石 テーマ:外務省 テーマ:室生犀星 テーマ:尾崎放哉 テーマ:岡本太郎 テーマ:岸信介 テーマ:幸田文 テーマ:村上春樹 テーマ:村上正邦 テーマ:柳兼子 テーマ:検察 テーマ:水泳 テーマ:渡邉恒雄 テーマ:矢田津世子 テーマ:石川啄木 テーマ:種田山頭火 テーマ:翻訳 テーマ:芥川龍之介 テーマ:萩原朔太郎 テーマ:読書 テーマ:野中広務 テーマ:香月泰男 一箱古本市 作家 古典芸能 古本 実用書 展覧会 岩波書店編集部編 文化・芸術 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 洋画(ロードショー) 演劇 絵本 翻訳物 良かった本 著者名(た行): 都甲幸治 著者(あ行)あさのあつこ 著者(あ行)いしいしんじ 著者(あ行)上原隆 著者(あ行)上田紀行 著者(あ行)上野千鶴子 著者(あ行)乙一 著者(あ行)井上夢人 著者(あ行)井上荒野 著者(あ行)井上香織 著者(あ行)伊井直行 著者(あ行)内澤旬子 著者(あ行)内田樹 著者(あ行)大崎善生 著者(あ行)大森望 著者(あ行)大野純 著者(あ行)天木直人 著者(あ行)奥田英朗 著者(あ行)安藤哲也 著者(あ行)小川洋子 著者(あ行)小熊英二 著者(あ行)小田光雄 著者(あ行)岡崎京子 著者(あ行)岡崎武志 著者(あ行)岡本太郎 著者(あ行)岡田尊司 著者(あ行)岩川隆 著者(あ行)恩田陸 著者(あ行)明本歌子 著者(あ行)梅原猛 著者(あ行)梅津時比古 著者(あ行)江國香織 著者(あ行)江川卓 著者(あ行)江藤淳 著者(あ行)池上六朗 著者(あ行)浅田次郎 著者(あ行)石寒太 著者(あ行)磯田和一 著者(あ行)絲山秋子 著者(あ行)網野善彦 著者(あ行)芥川文 著者(あ行)荒川洋治 著者(あ行)赤坂憲雄 著者(あ行)青山光二 著者(あ行)魚住昭 著者(か行)ドナルド・キーン 著者(か行)久世光彦 著者(か行)倉橋由美子 著者(か行)加東大介 著者(か行)北村太郎 著者(か行)姜尚中 著者(か行)小島政二郎 著者(か行)小松美彦 著者(か行)小池静子 著者(か行)川上弘美 著者(か行)川端康成 著者(か行)春日武彦 著者(か行)木坂涼 著者(か行)桐野夏生 著者(か行)河合隼雄 著者(か行)狐 著者(か行)甲野善紀 著者(か行)神坂次郎 著者(か行)角田光代 著者(か行)許光俊 著者(か行)車谷長吉 著者(か行)近藤富枝 著者(か行)鎌田實 著者(か行)香月婦美子 著者(か行)黒岩比佐子 著者(さ行)佐多稲子 著者(さ行)佐江衆一 著者(さ行)佐野洋子 著者(さ行)佐野眞一 著者(さ行)島尾伸三 著者(さ行)島村利正 著者(さ行)柴崎友香 著者(さ行)柴田元幸 著者(さ行)清水良典 著者(さ行)瀬戸内寂聴 著者(さ行)重松清 著者(さ行)関川夏央 著者(さ行):ナンシー関 著者(さ行):佐藤優 著者(さ行):志村ふくみ 著者(た行)出久根達郎 著者(た行)多田富雄 著者(た行)平安寿子 著者(た行)月沢李歌子 著者(た行)東郷和彦 著者(た行)武田泰淳 著者(た行)田中栞 著者(た行)田中森一 著者(た行)田口ランディ 著者(た行)田辺徹 著者(た行)田辺聖子 著者(た行)種田山頭火 著者(た行)谷口ジロー 著者(た行)豊﨑由美 著者(た行)辻原登 著者(た行)高島俊男 著者(た行)高松宮妃喜久子 著者(た行)高橋源一郎 著者(た行)高橋秀実 著者(た行)高橋英夫 著者(た行)高見順 著者(た行)鶴見俊輔 著者(た行)鶴見和子 著者(な行)ねじめ正一 著者(な行)中原昌也 著者(な行)中山千夏 著者(な行)中沢新一 著者(な行)夏目伸六 著者(な行)夏目漱石 著者(な行)夏目鏡子 著者(な行)梨木香歩 著者(な行)永江朗 著者(な行)野村潤一郎 著者(は行)保坂和志 著者(は行)保科順子 著者(は行)原尞 著者(は行)堀江敏幸 著者(は行)姫野カオルコ 著者(は行)平出隆 著者(は行)平山郁夫 著者(は行)橋本治 著者(は行)淵邊善彦 著者(は行)細川貂々 著者(は行)萩原葉子 著者(は行)藤原伊織 著者(は行)藤原和博 著者(は行)藤村正宏 著者(は行)降矢なな 著者(は行)馳星周 著者(は行):備瀬哲弘 著者(ま行)パオロ・マッツァリーノ 著者(ま行)三島由紀夫 著者(ま行)三崎亜記 著者(ま行)室生朝子 著者(ま行)室生犀星 著者(ま行)宮崎学 著者(ま行)宮本輝 著者(ま行)村上春樹 著者(ま行)村上護 著者(ま行)村松友視 著者(ま行)松尾スズキ 著者(ま行)松岡正剛 著者(ま行)松岡譲 著者(ま行)松浦理英子 著者(ま行)枡野浩一 著者(ま行)森まゆみ 著者(ま行)森巣博 著者(ま行)武藤康史 著者(ま行)町田康 著者(ま行)茂木健一郎 著者(や行)よしもと(吉本)ばなな 著者(や行)吉屋信子 著者(や行)吉本隆明 著者(や行)吉村昭 著者(や行)吉田裕 著者(や行)山本容子 著者(や行)山本文緒 著者(や行)山田詠美 著者(や行)山田風太郎 著者(や行)柳澤桂子 著者(や行)柳田邦男 著者(や行)横山秀夫 著者(や行)矢作俊彦 著者(や行)養老猛司 著者(ら行):リリー・フランキー 著者(わ行)渡辺利夫 著者(わ行)鷲尾賢也 著者(海外)アゴタ・クリストフ 著者(海外)アレックス・シアラー 著者(海外)ジュンパ・ラヒリ 著者(海外)ドストエフスキー 著者(海外)フィリップ・ロス 著者(海外)レベッカ・ブラウン 著者(海外)レーモン・クノー 著者(海外)J.D.サリンジャー 著者(海外)J.M.クッツェー 講演会 講演会・座談会 音楽