著者(か行)久世光彦

2006年11月 1日 (水)

『蕭々館日録』 久世光彦

大正時代の文士たちを配役に仕立てた、久世ワールド。著者の大正時代へのオマージュでもあり、芥川龍之介に対する愛の発露でもある。ときは大正時代の終わり、場所は本郷弥生町の坂の途中にある蕭々館、すなわち作家小島政二郎(小説内では児島蕭々)の自宅である。屋号を「蕭々館」と命名したその家には、夕刻近くになると、芥川龍之介(九鬼)、菊池寛(蒲池)をはじめ、美大の〈美学〉の講座を持つ迷々さん(『猫』の迷亭がモデル)、精神科医の並川さん、寄席通の金貸しの中馬(ちゅうま)さん、中央公論の駆け出し編集者の雪平さんなど、くせ者が集まっては、文学談義その他の四方山話を繰り広げる。

久世の美意識は、常に過剰なもの、奇矯なもの、尋常ならざるものに惹かれるきらいがあると思う。この物語の語り手は、児島蕭々の娘、麗子、5歳である。ふるっていることに、岸田劉生の描いた麗子像そっくりの風体をさせられたこの娘は、母親の代わりにお酌をし、父親たちの議論を聞きながら、驚くほど的確な論評を加えて、読者に向けて語るのである。その役回りはさしずめ、『吾輩は猫である』の猫である。

近所に住む比呂志くん(芥川の息子の本名と同じにしているのは意図的であろう)は、知能が発達しすぎている6歳の男の子で、頭を使わないと脳の重みで頭ががくんと垂れてしまう。そして、大人と一緒に議論をしたり、難しい問題を解決しようとして頭を使うと、脳が軽くなってシャキッと真っ直ぐになる。こうした人物設定は、過剰や奇形に色気を感じる久世のお得意とするところ。

あたしは父さまと母さまに一人だけ可愛がられて、身勝手で自分のことしか考えない、驕慢な女になっていくのだ。でなければ、女に生まれた甲斐がない。――口に出さないだけで、世の女の子はみんなそう思っている。

だからあたしは、茶の間の炬燵の転寝(うたたね)に、思い切り驕慢な夢を見た。――あたしの足元に、痩せた鬼みたいな九鬼さんが、裸で這いつくばっている。ゼイゼイ咽喉を鳴らして喘ぐ度に、九鬼さんの肋骨が浮いたり沈んだりしているが、あたしは少しも可哀相だと思っていないらしい。九鬼さんはあたしに、燐寸を下さい、燐寸を下さいと哀願しているのだが、あたしは九鬼さんの燐寸がたくさん入ったカステラの箱を、頭の上に捧げ持って、燐寸を上げない。

「あなたの傷んだ体は、もう煙草を受け付けないはずです。それなのに、どうして燐寸が欲しいのですか?」

「火を点けたいのです」

「何に?」

「――世界に」

続きを読む "『蕭々館日録』 久世光彦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

『美の死』 久世光彦

美の死
美の死
posted with 簡単リンクくん at 2006. 9.11
久世 光彦著
筑摩書房 (2006.3)
通常2-3日以内に発送します。

久世光彦の本はこれまでいろいろ読んできたのだが、このブログを始めてからは一冊も読んでいなかったとは驚き。数年前だったか、森繁久彌について、声をかけると何でも喜んで「やる、やる」と言うから困る。自分が演出する仕事でモリシゲの面倒を見るのはもう勘弁してくれ、なんていう話をどこかでしていたが、そのときに既に体調が芳しくないと言っていた。結局、モリシゲよりも先に亡くなってしまった。

続きを読む "『美の死』 久世光彦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

3.11 ごあいさつ とみきち屋 や行:やなせたかし や行:吉増剛造 わめぞ エクスマ テーマ:「本の島」 テーマ:ドストエフスキイ テーマ:井上光晴 テーマ:古本 テーマ:吉行淳之介 テーマ:向田邦子 テーマ:国木田独歩 テーマ:夏目漱石 テーマ:外務省 テーマ:室生犀星 テーマ:尾崎放哉 テーマ:岡本太郎 テーマ:岸信介 テーマ:幸田文 テーマ:村上春樹 テーマ:村上正邦 テーマ:柳兼子 テーマ:検察 テーマ:水泳 テーマ:渡邉恒雄 テーマ:矢田津世子 テーマ:石川啄木 テーマ:種田山頭火 テーマ:翻訳 テーマ:芥川龍之介 テーマ:萩原朔太郎 テーマ:読書 テーマ:野中広務 テーマ:香月泰男 一箱古本市 作家 古典芸能 古本 実用書 展覧会 岩波書店編集部編 文化・芸術 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 洋画(ロードショー) 演劇 絵本 翻訳物 良かった本 著者名(た行): 都甲幸治 著者(あ行)あさのあつこ 著者(あ行)いしいしんじ 著者(あ行)上原隆 著者(あ行)上田紀行 著者(あ行)上野千鶴子 著者(あ行)乙一 著者(あ行)井上夢人 著者(あ行)井上荒野 著者(あ行)井上香織 著者(あ行)伊井直行 著者(あ行)内澤旬子 著者(あ行)内田樹 著者(あ行)大崎善生 著者(あ行)大森望 著者(あ行)大野純 著者(あ行)天木直人 著者(あ行)奥田英朗 著者(あ行)安藤哲也 著者(あ行)小川洋子 著者(あ行)小熊英二 著者(あ行)小田光雄 著者(あ行)岡崎京子 著者(あ行)岡崎武志 著者(あ行)岡本太郎 著者(あ行)岡田尊司 著者(あ行)岩川隆 著者(あ行)恩田陸 著者(あ行)明本歌子 著者(あ行)梅原猛 著者(あ行)梅津時比古 著者(あ行)江國香織 著者(あ行)江川卓 著者(あ行)江藤淳 著者(あ行)池上六朗 著者(あ行)浅田次郎 著者(あ行)石寒太 著者(あ行)磯田和一 著者(あ行)絲山秋子 著者(あ行)網野善彦 著者(あ行)芥川文 著者(あ行)荒川洋治 著者(あ行)赤坂憲雄 著者(あ行)青山光二 著者(あ行)魚住昭 著者(か行)ドナルド・キーン 著者(か行)久世光彦 著者(か行)倉橋由美子 著者(か行)加東大介 著者(か行)北村太郎 著者(か行)姜尚中 著者(か行)小島政二郎 著者(か行)小松美彦 著者(か行)小池静子 著者(か行)川上弘美 著者(か行)川端康成 著者(か行)春日武彦 著者(か行)木坂涼 著者(か行)桐野夏生 著者(か行)河合隼雄 著者(か行)狐 著者(か行)甲野善紀 著者(か行)神坂次郎 著者(か行)角田光代 著者(か行)許光俊 著者(か行)車谷長吉 著者(か行)近藤富枝 著者(か行)鎌田實 著者(か行)香月婦美子 著者(か行)黒岩比佐子 著者(さ行)佐多稲子 著者(さ行)佐江衆一 著者(さ行)佐野洋子 著者(さ行)佐野眞一 著者(さ行)島尾伸三 著者(さ行)島村利正 著者(さ行)柴崎友香 著者(さ行)柴田元幸 著者(さ行)清水良典 著者(さ行)瀬戸内寂聴 著者(さ行)重松清 著者(さ行)関川夏央 著者(さ行):ナンシー関 著者(さ行):佐藤優 著者(さ行):志村ふくみ 著者(た行)出久根達郎 著者(た行)多田富雄 著者(た行)平安寿子 著者(た行)月沢李歌子 著者(た行)東郷和彦 著者(た行)武田泰淳 著者(た行)田中栞 著者(た行)田中森一 著者(た行)田口ランディ 著者(た行)田辺徹 著者(た行)田辺聖子 著者(た行)種田山頭火 著者(た行)谷口ジロー 著者(た行)豊﨑由美 著者(た行)辻原登 著者(た行)高島俊男 著者(た行)高松宮妃喜久子 著者(た行)高橋源一郎 著者(た行)高橋秀実 著者(た行)高橋英夫 著者(た行)高見順 著者(た行)鶴見俊輔 著者(た行)鶴見和子 著者(な行)ねじめ正一 著者(な行)中原昌也 著者(な行)中山千夏 著者(な行)中沢新一 著者(な行)夏目伸六 著者(な行)夏目漱石 著者(な行)夏目鏡子 著者(な行)梨木香歩 著者(な行)永江朗 著者(な行)野村潤一郎 著者(は行)保坂和志 著者(は行)保科順子 著者(は行)原尞 著者(は行)堀江敏幸 著者(は行)姫野カオルコ 著者(は行)平出隆 著者(は行)平山郁夫 著者(は行)橋本治 著者(は行)淵邊善彦 著者(は行)細川貂々 著者(は行)萩原葉子 著者(は行)藤原伊織 著者(は行)藤原和博 著者(は行)藤村正宏 著者(は行)降矢なな 著者(は行)馳星周 著者(は行):備瀬哲弘 著者(ま行)パオロ・マッツァリーノ 著者(ま行)三島由紀夫 著者(ま行)三崎亜記 著者(ま行)室生朝子 著者(ま行)室生犀星 著者(ま行)宮崎学 著者(ま行)宮本輝 著者(ま行)村上春樹 著者(ま行)村上護 著者(ま行)村松友視 著者(ま行)松尾スズキ 著者(ま行)松岡正剛 著者(ま行)松岡譲 著者(ま行)松浦理英子 著者(ま行)枡野浩一 著者(ま行)森まゆみ 著者(ま行)森巣博 著者(ま行)武藤康史 著者(ま行)町田康 著者(ま行)茂木健一郎 著者(や行)よしもと(吉本)ばなな 著者(や行)吉屋信子 著者(や行)吉本隆明 著者(や行)吉村昭 著者(や行)吉田裕 著者(や行)山本容子 著者(や行)山本文緒 著者(や行)山田詠美 著者(や行)山田風太郎 著者(や行)柳澤桂子 著者(や行)柳田邦男 著者(や行)横山秀夫 著者(や行)矢作俊彦 著者(や行)養老猛司 著者(ら行):リリー・フランキー 著者(わ行)渡辺利夫 著者(わ行)鷲尾賢也 著者(海外)アゴタ・クリストフ 著者(海外)アレックス・シアラー 著者(海外)ジュンパ・ラヒリ 著者(海外)ドストエフスキー 著者(海外)フィリップ・ロス 著者(海外)レベッカ・ブラウン 著者(海外)レーモン・クノー 著者(海外)J.D.サリンジャー 著者(海外)J.M.クッツェー 講演会 講演会・座談会 音楽