2019年11月20日 (水曜日)

11月17日(日)・18日(月)・19日(火)

◆11月17日(日)

 

・4:00前就寝、7:30起床。晴天。本日は第48回「鬼子母神通り みちくさ市」。簡単朝食を済ませて、9:00には出発。夫はほとんど寝ていないので、私が運転手。10:00頃到着し、横の2軒の店主さんたちとご挨拶しながら店開きの準備。もう慣れたものである。時間前にいつもの方たちが見えて、ゆるゆるおしゃべりしながら11:00よりも少し早く開店。晴れているが、ちょうど風が抜ける場所なのでかなり冷える。それなりに温かい格好をしてきたのだが、もっと厚着をしてくればよかったと少々後悔。

・武藤良子さんが、金沢の犀星記念館での原画展&トークのチラシを持ってきてくださる。いい仕事だなぁ。『銭湯断片日記』の出版元、龜鳴屋さんのご紹介で、『をみなごのための室生家の料理集』と『犀星スタイル』 のイラストを描かれたとのことで、武藤さんと犀星ってバッチリ合うと思うとの龜鳴屋さんのお見立てはお見事。

https://mr1016.hateblo.jp/archive/2019/10/28

行きたいなぁ、と思いを馳せる。

・いつもはお隣に出店されることの多い「北方人」さんのご友人、かわじもとたかさんが今日もまたお昼の差し入れを持ってきてくださる。「あのおにぎり屋がつぶれちゃったんだよ」と。そして、モンガ堂で企画されている「個人名のついた研究会会誌の世界」展(12月2日~22日)のことを知らせてくださる。明日(11月18日)の朝刊に挟まってくる「定年時代」に宣伝記事が出るとのこと。かわじさんの、さまざまな収集は、もうなんというか、呆気にとられるほどの粘りから生まれる。世の中の中心にないものに関心を持ち、一つひとつ調べて当たって集めていく。今回は個人名を冠した研究会会誌。

・テープ起こしワークショップのslackで昨日、みちくさ市のことを書いたら、お昼頃、早速、唯一の男性生徒のSさんが足を運んでくれました。「あー、本当に来てくれたのー」(嬉)。夫にはWSの話をさんざんしているから、どんな方かもわかっている。夫が「うちではWSでの皆さんの話題でもちきりなんですよ」と。彼は教育系の出版社の編集をしていて、非常に博識、勉強家。途中、嫌気箱の塩山さんが遊びに来てくれたので、いきなりご紹介。谷根千住人として「わめぞ」文化に興味があるとも話していたし、武藤良子さんのチラシを見せたりなど、ちょうどあまりお客さんがいないところだったので、夫と一緒にゆっくり話せた。前後に用事があるなか、お仕事用のいでたちで寄ってくれたのでした。そしてお買い上げも~。どうもありがとう!

・寒いけれど、お天気は良いので、人出はまずまず。ドカンと売れるわけではないけれど、コンスタントにお客さんが来てくれて、一日退屈しなかった。

・夕方近くになったら、WSの別の生徒Mちゃんがご主人と一緒に寄ってくれた。彼女は24日の文学フリマに個人で出るのだが、そこで売る作品の表紙を今日入稿したとslackに書いていたので、ん? では本体はどうするのか? という状況ではあるけれど、仲良しのご主人と(風貌、雰囲気がご夫婦そっくり)一緒にしゃがんで箱を覗いている様子が可愛い。選んだ本がユニーク。夫から「これはうちのバイブルですがプレゼント」と、荒川洋治の『忘れられる過去』の文庫を。

・どうしようかと迷ったけれど、前日にslackにみちくさ市のことを書き込んでよかった。生徒さんたちはサブカルに詳しい人も多いし、上記Sさんは哲学・思想系も読むことはわかっていたので。その後、slackでは、校長Wさん含めて室生犀星のことやら、塩山さんのブログにコメントをよく寄せているいがらしみきおのことやらに話が広がったりして、それも楽しいことだった。

・こぢんまりとしたWSを自分で見つけて通ってくるだけあって、皆さん、ちょっとした情報に対する反応が速く、フットワークが軽い。見習うべきだなぁと思う。私はとにかくすべて受け身の箱入りおばさんなので。

・寒かったが、なんとか風邪を引くことなく、無事に終了。店主の方たちや、本当に長いこと足を運んでくださっている常連のお客様、そして、最近何度か続けて来てくださるようになったお客様などなど、多くの方たちとの楽しい会話があって楽しい一日でした。商店会会長、場所提供の大家さん、わめぞの皆さん、店主さん、お客さん、関わってくださったすべての方々に感謝申し上げます。

・帰りは一部渋滞。夫は後部座席で爆睡。

・帰宅後、お尻に火が付いているオーラルの仕上げを頑張るも、最後の最後力尽きて、頭が働かなくなり仕上げきれず。鍼治療で早起きせねばならないので、翌朝仕上げることにした。無理がきかないお年なのであーる。

追記

・みちくさ市で、かつて「はにかみ高校生」として名を馳せた宮本信さんの、とみきち屋からの本日のお買い上げは『いまひとたびの』高見順、河出文庫。「解説を読みたかったので」と。「解説は誰なの?」(←店主であるわたくしのこの質問…)「岡本敬三です。一冊だけ小説を書いている……」(←と聞こえたような気がするが、彼の声は静かなので聞き取りきれないことが多い)。さすがである。本当に本当によく本を読み、音楽を聴く青年である。いろいろな苦手なものがあり、すぐに心がうっとなってしまう人。わめぞの若手として、みちくさ市のお手伝いなどもよくしていたのだが、今は夜勤務する仕事についているので、昼間の助っ人としてはあまり登場できなくなっている。彼の日記(最近まったく読みに行っていないのだが)を読むと、本を読むこと、音楽を聴くことが、彼の心にとって不可欠というか、息をするのと同じようなことなのだろうなぁと思える。夫もそういう人種である。放っておくと、本を読み音楽を聴いて過ごすことしかしない。それがすなわち生きていること、なのである。本というものがある世の中に生きているのは幸せなことだ。私の生活にはもう長いこと本がないなぁ、などと思う。

・その岡本敬三とは、この岡部えつブログに書かれているのと同一人物だろうか。

 

 

 

◆11月18日(月)

・2:00に布団に入るもすぐには寝付かず(疲れているのに!!)、3:00入眠、5:20起床。厳しいっ。6:00に車で鍼に。7:30頃帰宅。その直後雨が本降りになり、気温も低い。帰宅後ただちに仕事の仕上げ。かなり集中できて、10:30に完成、メール納品!! はぁ~、よかった~。雨は上がって晴れてきた。

・納品後のあれやこれやをやり、英語の暗記(今度の日曜日なのに、まだほとんど手をつけていない)をちょっとやって、12:00から昼寝。断続的に4時間ほど寝て復活。

・仕事は、たまりにたまっていたものの処理が、請求関係含めてかなり整理できて、ただいま手元にあるのは、金曜日に録音してきたチーム案件が1件(3時間)のみ。ふぅ~、ようやく息継ぎができる感じだ。年賀状の手配やら、まだまだファミリーマターの後始末等々が残っているが、とにかくちょっと一息だ。12月はまた仕事の予定がいろいろ入っているので、油断はできませぬ。

・就寝前に、入念にストレッチ。曲げ伸ばしのたびに膝の中がミシミシいうのはもうお決まりなのだが、その音が大きくなっている。しっかり動かさないと。坐骨神経痛の元となる骨盤の脇(お尻の肉の奥のほう)もよくもみほぐしてみている。内ももにクッションを挟んで内転筋に力を入れる運動も、時々思い出して続けている。冷える季節だからこそ、少しずつでも使っていかねば。

◆11月19日(火)

・3:00過ぎ就寝。8:30起床。いいお天気。秋晴れ~、というか、冬晴れ~。気温も上がってきた。

・11:00に銀行でアポがあるので、10:30頃徒歩にて家を出て、まずは図書館に借りた本を返却。そのあと銀行に。今日は担当者Nちゃん+初めましての証券のSさん。二人とも感じのよい若者である。それでも、自分の子どもくらいの年齢だものね~。今や私は、幼い子若い子誰も皆可愛くて可愛くて、と感じる年齢である。

・12:00頃話が終わり、その足でフィットネスクラブに。休会のあと、今度は月払いにして(そのほうが割高だけど)、かつ、料金が値上がりしているなか、また単に寄付になってしまっている状況を改善すべく、退会するつもりなのだが、12月10日までに手続きをしても、12月いっぱいは会員でいられる。よって、年内通える日を見つけて少しは運動しましょう、と思った。会員証が変更になり、ただの紙から万歩計になったので、それを受け取って、「今日はそのためだけに来ました」と辞去。中心的な存在だったインストラクターの人たちは皆代わってしまって、新しくよその店から店長が配属されているのだが、雰囲気はどうかなあ。行けば気持ちがよいのですけれどね~。

・13:30頃帰宅。昼食。

・それから仕事。楽しく進む。

・夜はぐんと冷え込む。

・お誘いがあり、約束が増えてゆく。

 

 

| | コメント (0)

2019年11月19日 (火曜日)

11月11日(月)~16日(土)

◆11月11日(月)

 

・2:40就寝、5:20起床。出かける寸前までざんざん降り。6:00頃ほとんど上がりました。助かった。雨の中の運転は疲れるから。6:30~7:20頃まで鍼治療。

 

・帰宅後、洗濯もせず、昼寝。そして仕事。まだまだピンチ。なんとなく疲れている。寝不足でしょうね~。だらだらと夜中も仕事。厳しい……。

 

◆11月12日(火)

 

・3:45就寝、5:20起床。今日も鍼治療。夫と2人。晴れているので、8:00前から洗濯。珍しく左側頭部から後頭部にかけて、重たさを越えて頭痛になっている。ベランダからは、富士山と左右の山並みがくっきりと見える。秋晴れというよりは冬晴れの様相。

 

・頭がつらいので9:00過ぎから寝ることに。4時間近く寝たら、頭痛は軽快していたが、左の肩から首までがゴリゴリに凝っている。左耳(かつてヘルペスをわずらった側)も嫌な感じ。脳梗塞? とか思ってしまったが、いや、鍼治療を受けているから、そういった激しいものにはならないだろう。

 

・具合が悪いので再度2時間寝る。6時間寝たことになり、さすがに眠気はまったくなくなったが、まだ頭の左側がどよーんと重たい。水をたくさん飲み、血圧を測ってみる。異常に高いわけでもない。やはり気圧のせいかなぁ。運動もしていないし。眼科にも行っていないし。久しぶりの低調だ。

 

・夕方になっても、まだどんより。外の空気を吸おうと、試しに徒歩5分ほどのスーパーに。めまいがするわけでもなく、歩く分にはなんともない。ホットフラッシュもあり、耳まで熱くなる感じ。右膝はボワッと腫れており、水がたまっているのか、たまりそうなのか。動かしたりストレッチしたりして、循環を良くする努力を。

 

・普通に夕飯の支度。夕飯。そして仕事。おかしな感じはだいぶ減ったが、左の顔の耳から頬にかけて、結構広い範囲に発疹。うーん、発疹って滅多にないのだけど、何だろう。じんましんかアトピーか。(と思っていたら、翌日、あっ、ナッツの食べ過ぎと気づいた) 若い頃、ナッツをたくさん食べるとにきびができた、あの感じ。頭の不調と関係あるのかと思ったが、これは別口と思われる。

 

・仕事一件、ほぼ完成。と思ったら、オーラルグループの若手研究者(事務局担当)から別件(未着手分)の進捗を尋ねるメールが届いた。ひゃ~、まだ着手できていません~と正直に答える。デッドラインを確認し合って、こちらもそれならナントカ大丈夫。若手研究者にはなるべく迷惑をかけたくない。彼らには彼ら自身でどうにかする裁量が少ないのだから、日頃は常に余裕をもって事務処理をしてもらえるように納品や連絡をしているのだが、今回は難しい案件が横入りしてきたから仕方ない。

 

・顔の発疹その他、おかしなところがたくさんあるが、あまり気にしないことにして仕事に専念。入浴後、ストレッチをいつもより入念に。全身がうまく脱力できたので、凝りも解消。

 

◆11月13日(水)

 

・4:00前就寝、13:00頃まで断続的ではあるが、粘って寝る。頭の不調はなくなり回復~。顔のぶつぶつはまだあるが、アレグラを飲んでしばらく様子見。ナッツは当分控えましょう。耳の火照りもなくなった。やれやれ。

 

・19:00から、テープ起こしワークショップの打ち上げなのである。皆さん、飲むのが大好きなので、「楽しみ過ぎる」の声。個室貸切で、飲み放題3時間。割合最近代わったらしき店長さんが飲み物を大サービス。しかし……男性2人に女性6人で、どれだけ飲んだのか。店長さんが「この赤ワインのボトルを出したのはちょっと失敗でした」(笑)と言うほど、皆、淡々と飲み、食べ、しゃべった。テープ起こしの話などほとんどせず、ほぼ、単なる飲み会だったけど楽しかったな。店長さんも一緒に写真を撮って、「この写真を見せたら10%引き」という言質も取って(笑)。全生徒さんのうち2人は私とほぼ同じ年齢か少しお若いかという感じだが、あとの方たちは20代、30代。みんな、ほんとに可愛くて可愛くて。

 

・絶対に一軒で帰りたくない人がいるメンバーなので、遅くまでやっているカフェを調べておいたら、案の定。行ったのは4人。ここはここでまた、なんだか楽しかったのだ。

 

・満月だった。二次会の最中に写真がアップされて、先に帰った人や、ご家族の事情で参加できなかった方からも「羨ましい」とか「参加した気分」とか、slackで盛んなやりとりが。私は行きに写した満月の写真をアップした。私の気分はほぼほぼお母さん。とにかく皆がいろいろ悩んだり迷ったりしていると、「ふむふむ」と聞くし、何か言ってあげられることがあれば言ってみるし。「楽しんでいるかな?」と気を配りながら、満遍なく会話を交わし。このコミュニティ、私にとって最近の超ビッグなプレゼントだなぁと思う。

 

・二次会に行っても、我が家から近い場所だったので、12:00前には帰宅していた。しかし、もう働かずに寝ることに。金曜日はオーラル同席なので、明日頑張って働くよ~。

 

◆11月14日(木)

 

・3:00過ぎ就寝、8:00過ぎ頃から目が覚める。昨日の続きでslackが賑やか。リアルに会ったあとは、これが楽しいのだ。slack、とても良い。

 

・Wさんとは、文学フリマに出すチラシの相談なども同時に。

 

・そして、請求方法の確認と改善に関する相談を某大学の秘書さんと。メールが何往復したことだろう。なかなか話が着地せず、時間を食う。しかし、夕方までかかって、ついにこちらが必要としている情報が揃い、具体的な作業に移れることになった。やれやれ。

 

・英語勉強会のほうでも、12月の日程調整や忘年会(夜は日程が合わず昼間に)についての相談がLINEで。

 

・本当にネットのコミュニケーションの多い一日でありました。

 

・富士山がくっきり。夕焼けの富士山も非常に美しかった。

 

・右膝の内側に痛みあり。内側の痛みはちょっと厄介なのだ。気をつけねば。PCに向かいながら、太ももの間にクッションを挟んでギューッと力を入れるという運動などをやり、血流が良くなるよう、うっ血しないように努めてみている。効果はそれなりにあるみたい。

 

・やりとりがひととおり終わった夜になってから、集中して仕事。よく進んだ。しかし、疲れた。。。

 

◆11月15日(金)

 

・4:15就寝、9:30起床。晴れている。

 

・11:00過ぎに家を出て都内に。チーム案件のオーラル。今日は私が担当。依頼主の研究者と2人でインタビュイーのお宅にお邪魔して行なう。「お久しぶりでございます。今日はとみきちが担当させていただきます」とご挨拶。楽しい時間だ。回数を重ねてきた甲斐があったという特別な出来事があり、嬉しくなる。

 

・13:00~16:00過ぎ。次のお客様が見えたので辞去。研究者S先生が次の約束まで少し時間があるということなので、マックでコーヒーを飲みながら時間つぶしにおつき合い。長年お世話になっているので、あれやこれやと自由におしゃべり。

 

・食料品などを買って19:30頃帰宅。荷物が重いし、1万歩以上歩いたので、少々くたびれた。しかし、夕飯の支度をしてから、今日はひたすら納品準備。昨日長時間かけた相談の結果、請求に関する情報が整ったので、納品を待っていた案件2件、それから現物納品をサボっていた別のクライアントの2件の発送準備。数百枚の印刷と、それぞれの請求関係書類、それからCDへのデータコピー、そして送り状その他とやっていると、本当に時間がかかる。いっさい仕上がったのが4:30。ぐで~~~。

 

・明日は、進捗状況の照会の来た案件の仕上げを頑張らねば。

 

◆11月16日(土)

 

・6:00就寝。はぁぁぁ。14:00起床。寝不足+1万歩以上の歩行のおかげでしっかり疲れていたとみえて、深く眠れた。8時間睡眠。久々~~~。おかげで元気回復。

 

・ひたすら仕事をした。

 

・明日はみちくさ市。夫が一人で準備。私は、切ってあるスリップを本に挟み込むところを手伝った。そしてお釣りの準備。お天気は晴れることがわかっているので、その点は助かりまーす。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年11月18日 (月曜日)

11月5日(火)~11月10日(日)

さかのぼり日記。まずは6日間分。(さかのぼり日記をオン書きすると消えてくじけることが多いので、テキストエディタで書きました。進歩)
◆11月5日(火)
・24:00就寝(さすがにくたくたで……)、5:20起床。ハイキング当日である昨日から既に筋肉痛が微妙に発生。温泉で相当ほぐしたから(足にたまって疲労物質が全身に分散する結果になるのだそう)、どこかが極端に痛いということはなく、元気に起床。まずは例によって、6:00に車で家を出て鍼治療に。

・8:00前に帰宅。18:00からお通夜の予定なので、昼寝を少ししておいた。

・かなり冷え込む。斎場は我が家から北進した場所。バス便はあるのだが本数が少ないため、タクシーにて。3000円かからない距離だった。若い人を見送るのはつらい。お焼香のときなど、なるべく気持ちが入り過ぎないように気をつけるのだが、お花に囲まれた遺影を見るとどうしても、うっとなってしまう。友人が遺族代表。共通の友人たちが多数参列。30人くらいいただろうか。有志で近くの中華料理店にて軽く精進落とし。帰りはバスで。
・22:00頃帰宅。食べ足りないので、炒めご飯を作りつまみにして赤ワイン。23:00~3:00仕事。疲れた。。。夜中過ぎて、友人にメッセージを送ったらすぐに返信。「友人たちは本当にありがたい」と。人生には受け入れがたいことが起きる。でも、残された者は、その後も日を紡いでいく。食べて、寝て、働いて、怒って、笑って、泣いて。生きるというのは、その繰り返し。心の中に痛みが増えても。
◆11月6日(水)
・4:00前就寝、9:00前起床。秋晴れ。
・整骨院の予約が11:30。電車を乗り継いで。まず「どうですか?」と聞かれ、「無事です」と告げるところから治療スタート。そして、概略を話す。ハイキングに行ったこと。腰痛は大丈夫なこと、足首は角度によって痛むことなど。電気治療は腰とお尻。運動をすると上半身の凝りはない。仕事ばかりしていると上半身がバリバリに。顕著。
・その後、全身の施術。腰はまずまず。でも、左右を比べると、まだまだ左のお尻の奥、骨盤の端っこあたりが堅い。良くはなっているけれどね~。そして、足首自体に問題はないのにどこかおかしいのは、右膝が原因であることが判明。「とみきちさん、このままだと右膝に水がたまるよ。足首のテーピングをして動きやすくしようと思ったけど、足首は今や膝の被害者」ということで、膝のテーピングをしてもらった。そうなのです、ここのところ寒くなったせいもあり、運動不足のツケが太もも、膝周辺の血流の悪さになって現れているのであります~。
・買い物などをして15:00頃帰宅。
・夕飯は、ノドグロの煮付け。美味しくできたよ~。あとは焼きナス、青梗菜とキノコの中華風炒めほか、お肉がないとつまらないと言う夫のために、牛肉も少々登場。バランスよくお皿が並ぶと、ついつい食べ過ぎ飲み過ぎてしまう。
・難しい難しい研究会の記録作成の仕事。仲間に聞き直しと内容チェックをしてもらって、わからなかった部分がまた少し解明。テープ起こしワークショップで課題に出した、まったくわからない量子力学関連対談との格闘で、スキルというか粘る根性というか、そんなものが上がったかなぁ。本件は文系なので、言葉そのものはわかるのだけれど、やあ、本当に難しい。
◆11月7日(木)
・3:15就寝、5:20起床。またまた鍼。眠い。
・難しい難しい研究会の仕事で、意味的には法律用語が入るのではないかと思われる部分が、話し手の滑舌悪く(言い直したりしている)、どうしても適当な言葉が思いつかない。友人の司法関係者にメールで意見を聞いてみることにした。文脈から、どういう言葉が入る可能性があるだろうか、という質問の仕方。
・昼寝。結局、夕方から夜に頭が働き始めるリズム。
◆11月8日(金)
・3:15就寝、5:20起床。6:00少し前の東の空の朝焼けがとても美しかった。そのときは写真が撮れず、6:20にR先生宅横の駐車場に到着したときには、もう青空になっていた。(それでも十分に雲が美しくて写真をアップしたけれど)
・朝、司法関係の友人から返事。幾つかの可能性を示唆してもらう。それをもとに聞き直すが、どうしてもそうは聞こえない。「こういう発音で、こういう単語はどう?」と聞いてみると、「少なくとも法律的な議論ではそういう言葉は出てこないし、使わない」との返事。そうか~~。仕方なく、そこは片仮名書き・下線処理で出すことにした。
・昼寝。
・18:30に某駅で待ち合わせて、ワークショップの講師打ち上げ。Wさんと2人。打ち合わせのときはいつも、忘れないようにICレコーダで録音し、帰宅後ざっと聞きながら、打ち合わせメモを私が作り共有する。が、今日は打ち上げだから録音は要らないですね~ということで、WSをしみじみと振り返り、楽しく飲んだ。活気があって気取らないお店で、Wさんの学校にぴったりの雰囲気。長い時間をかけて準備したけれど、楽しいWSができたね、と互いに自画自賛。生徒さんたちの感想をアンケート方式にしたので、改善点なども具体的に出てきている。しかし、なんといっても、生徒さんたちが本当に仲が良く、楽しく集ってくれているのが何より。今もSlackは盛況であります。
・2時間強でサクッと解散。Wさんも私も、実は仕事で身動きとれないくらいなんですよね~。頑張りましょう。
・風が冷たく、人々は既に長いコートを着ていた。私は、家から割合近いところという油断もあり、私にしては薄着過ぎた。コート無し、ストールはシルクだし、上に羽織るものはアルパカのロングカーディガン。風邪を引いたら大変、と思ったけれど、大丈夫だったみたい。
◆11月9日(土)
・3:30就寝、12:00起床。何度か起きたけれど、たっぷり寝た。夫は仕事。とてもよいお天気なので、遅ればせながら洗濯たっぷり。
・今夜も飲み会。年内、どんどんお誘いやら集まりやらの予定が入ってくる。時々しか会っていない友達も何かと会う友達も含め夜の予定が増えてくる、仕事をいつするかという問題が発生する。(早起きして昼間すればよいのだが、そうはいかない)そして、運動をする機会などまったく作れなくなる。本も読めない。改善点だらけの私の生活でござる。鍼治療、整骨院治療が時間的には負担になっているが、これは、そういうものが必要になってしまった生活のツケなので、これ以上ひどくならないうちに頑張って治療せねばならない。眼科受診、歯科受診も必要なのだが。
・少し買い物をしてから、美味しい和食、というか魚料理だったなぁ。ワインと日本酒。濃い味付け、脂が多い洋風料理と違い、お料理の素材そのものが美味しい和食は、飲むのを忘れてしまうというか、飲むスピードがゆっくりになる。和食は体にやさしい、本当に。ビールが飲めなくなってから、食べるものの選択肢が減ったというか、ある種限定されているが、ワイン、紹興酒、日本酒が今のところ大丈夫なのだから、十分でございますね(笑)。
・日付が変わる頃帰宅。その後も、睡眠が足りているせいか、元気に仕事をしてしまって、また遅くなった。うーみゅ。
◆11月10日(日)
・4:00就寝、8:00過ぎ起床。今日は、友人が所属するアマチュアオケの演奏会。すみだトリフォニーホール。(スカイツリーの写真はアップ済み)
・なかなかの大曲2曲で大変だったことだろう。友は今ひとつ体調がすぐれないのだが、フルタイム勤務の中、練習にもしっかり出て、本番にも出られたのは何よりだった。声を掛けたのが遅くて、10数人いる友人のうち行かれたのは私ともう一人だけ。しかし、2人だとあれこれおしゃべりができる。ホールの席でもあれこれと近況報告。ゆっくりしゃべるのは、本当に久しぶり。数年前のグループの集まりで顔を合わせたけれど、大勢だとまずゆっくりしゃべれないし。
・終演後、入り口前で友が楽屋から出てくるのを待ち、友の妹さんに記念に写真を撮っていただいてから、友とは別れ、二人で軽く食べながらまたおしゃべり。楽しかったなぁ。彼女は、近くに住むお母様の介護が大変そう。お父様が亡くなられてから、お母様の認知が進んでいるようで。しかし、お身体は動くようだし、彼女はとても優しくお世話をするタイプだし。介護は、日々の大変さに加えて、変わっていく(良いほうに変わることは少なく、だいたいが衰えていく方向)状況に対応するという時間的、精神的な負担が大きい。そして、頭の半分くらい、常にそのことを考えているというのもストレスになる。その渦中にある気持ち、わかるのだ。しかし「いつか必ず終わる」のである。もちろん終わる前後はまたまた大変なのだけれど、自分の親の最後のケアをすることができる、というのは、いろいろな犠牲はあったにしても、やはり良いことだと考えるのがまず大事なのではないだろうか。もちろん施設に入ってもらうことも選択肢の一つで、何がいいとか悪いとか、そういう比較の問題ではない。そうではなくて、「親のお世話をすることができる」ということを肯定的に捉えることが大事なんじゃないかと、介護が終わった今思う。
・心身ともに相当な負担が来るから、本当に決定的に体を壊してしまわないように気をつける必要がある。しかし、介護の時間を通して得られるものは本当にたくさんある。本当に無理が高じていると感じたら、負担を減らす方法をただちに真剣に探ったほうがいいのだけれど。
・1万歩以上パンプスで歩いたせいか(先日のお通夜でもパンプスを履いてしまった)、膝のテーピングがあったにもかかわらず、相当足が疲れてしまった。低いヒールを履くべきだったかなぁ。
・帰宅は20:00頃だったか。夜は仕事をした。

| | コメント (0)

2019年11月11日 (月曜日)

11月10日(日)

10日(日)はすみだトリフォニーホールに。まずはスカイツリーの近景と文句ない青空。即位記念パレードは見られず。

Img_20191110_124708

毎日、いろいろなことがあってバタバタしているが、書いておきたい。できれば明日。

8日は立冬でしたね。冬なんですね~。今年もカウントダウン。やり残していることをピックアップし、リストにして貼っておかなくちゃ。

| | コメント (0)

2019年11月 9日 (土曜日)

11月8日(金)

午前6時半の空。30分前の朝焼けを写したかった~。闇の中だった5:30から30分経って、色づいていく雲の美しさ。空の狭いところには住めないなぁ。冠雪した富士山も見えた一日。

Img_20191108_062735 Img_20191108_062730 Img_20191108_062719

とりあえずは画像だけ~。

| | コメント (0)

«11月4日(月・祝)