2018年6月19日 (火曜日)

6月16日(土)・17日(日)・18日(月)

◆6月16日(土)

・文章教室でインタビュアーとなった一日。楽しかった。自分がインタビューを受ける、という状況が、終わった後でもどうもピンとこないのだが、楽しかったのは本当。教室の生徒さんたちが皆、素直で、何かを求め、探している気持ちが感じられて、性質はそれぞれなんだけど、なんとも可愛くてけなげで良い感じ。若いっていいなぁとホントに思う。そうそう、私は若い友達をつくらねば。校長、Wさんからは「よいインタビューだった」という感想をいただき、とりあえずホッとした。一度休憩を挟んで4時間くらいになっちゃって、テープ起こしをしてから、文章を書く皆さんには大きな負担になるなぁ。私、おしゃべりなのでね、すみません。

・打ち上げは、校正教室のO先生含め、生徒さん数人と一緒に駅近くの中華屋さんで。皆、また自由に楽しくおしゃべり。次回、私は今度、テープ起こしを仕事にしている立場で皆さんの起こしについてコメントする。後半は「私のインタビューをどう料理するか」という、書くことへのディスカッションになるので、私は中座する予定。

◆6月17日(日)

・鬼子母神通り みちくさ市に<とみきち屋>として出店。

・義弟夫妻から、義父の様子の報告あり。義父の不安がよく伝わる報告だった。4人で結束して対応し、なんとかこれ以上義父がつらくならないように手立てを講じたい。

(もろもろ書きかけ)

◆6月18日(月)

・7:58、大阪北部地震発生。鍼治療中。もうすぐ「半分、青い。」が始まるというときに。鍼を顔に刺されたまま、テレビを食い入るように見ていた。最大震度6弱に驚愕。しかも範囲がものすごく広い。その割には、広範囲の激しい被害状況は報道されず。被災された方々の大変さを思い、胸が痛む。

・そして、明日は我が身なのである。備えや知恵、知識が不足していることをいつも思うのに、何もしていない。

・帰宅後、昼寝。

・安否確認のLINEやメールなど。

・夫が仕事の前に義母訪問。

・夕方、フィットネスで、先月は体調不良でキャンセルした月例ボディチェック。ハイキング、フィットネスをいっときかなり続けていた効果と、更年期のおかしなリズムがおさまったおかげで、のぼり調子だった体重も体脂肪も減少した。やれやれ。骨量を落とさないように気をつけて、体幹、脚部の筋肉を少しずつでも増やしていきたい。

・夕方から雨。

・夜はあれこれ雑用。仕事は少し進んだけれど、いまひとつだったなぁ。土日の睡眠不足は今日の昼寝でほぼ解消。

(書きかけ)

| | コメント (0)

2018年6月16日 (土曜日)

6月14日(木)・15日(金)

◆6月14日(木)

・義父は、なんとか大過なく過ごしている様子。「来なくていい」とのことなので、金曜日に夫が顔を出すことに。

・私は、半日寝て、夕方から友と会食。しゃべって、飲んで、食べて、楽しかった。

・サッカーW杯開幕。下馬評さんざんの開催国ロシアがサウジアラビアを相手に5-0で圧勝。アジア地区、弱し……。

◆6月15日(金)

・いつもどおり3時間睡眠で鍼治療。

・図書館に本返却。

・昼寝4時間以上。

・義母施設で利用料支払い。それから16:30頃から面会。マンゴーとコーヒー、週刊誌。先日の新しい手提げはお気に召している様子。よかった。義父のことは知らせず。顔はさらに痩せてきた感じ。しかし、腹筋、体幹の力は健在。今日は週一回のリハビリだったと。関節の稼働域が狭くならないためのベッド上のリハビリ。Kさんは体への接し方がとてもマイルドで安心。最近お目にかかっていないなぁ。

・食料を買って帰宅。

・夫が義父に、何時頃行くと伝えるために電話したところ、なんとなんと、義父に一昨日受診した病院から電話があったと言う。要は、救急の医師から申し送りがあったのだと思うが、もう一度CT画像をよく見たところ、血の塊らしきものが認められるとのこと。再度通院してくださいということだった。なんと親切なこと。義父はその電話を自分で受けて、かけて来た方の名前もきちんとメモして、その電話の内容を夫に伝えたわけだ。来週、夫の都合のつく日に病院に連れていってもらいたい。父の日のプレゼントなどを届けるはずだったのだが、それはそのときでいい、ということだった。

・その話を聞いて、やはりと思った。母が何度か失神して倒れるようになったのは、脳が一時的に虚血状態になるからで、それが結果的には脳梗塞だったわけだけれど、義父も不注意で転ぶような人ではないのだ。一度だけ、団地の階段で人に気を取られて滑って転び、頭に裂傷を作ったことはあったが、自分のテリトリー内の行動で転ぶなんていうことは、しらふのときには一度もない。母も同様。そういう人が転んでしまうというのは、脳の問題にほかならないわけで、その後、回復したとしても、また確実に起きる。いつ起きるかわからないから防げないということ。転び方やタイミングが悪ければ、怪我もあるし、見つけてもらえない、助けが呼べない、ということから二次災害につながるおそれがある。

・4月の96歳の誕生祝いを外食で祝おうという話をして、結局それが実現していないのだが、あの時点で私は、そろそろ次の段階に入ってしまったかと思っていた。義弟夫妻にも「そんなに長く元気ではいられない。これからいろいろな大変なことが起きる覚悟をしておかないと」と言っていた。年齢を考えたら当然のことなのだが、日々のお世話で精一杯のときは、なんとなく現状維持ができるような気がしてしまうのだ。先回りをしておかないと、手遅れになるし、ケアする側もいろいろな無理をしなければならなくなる。我が家は少なくとも介護のさまざまなオプションを既に経験しているし、また、気持ちのうえでの覚悟もできている。義弟たちは、現実的な対応の覚悟も、心の準備もおそらくはできていないと思うので、少しでも心構えをしておいてもらおうと思っていた。これからは本当に結束して対処していかねば。できることなら、骨折や半身不随など、加齢以外のつらさが上乗せされないような状態を確保してあげたい。本人は嫌がるかもしれないが、検査の結果次第では、そこは頑張って説得しないと。間に合うといいが、何しろ認定調査からスタートだから、時間がかかる。その間、どこでどうやって過ごしてもらえばよいのか、頭が痛い。

| | コメント (0)

2018年6月14日 (木曜日)

6月11日(月)・12日(火)・13日(水)

◆6月11日(月)

・午後、去る方のご自宅にてオーラル・ヒストリー。チーム仕事で第2回目の今日、私が担当。インタビュアーは研究者お二人。荒天の予報だったので、ご自宅へ伺うのは申し訳ないと思っていたが、予想よりおとなしめな雨で助かった。延々4時間にも及ぼうかという長いオーラルになってしまって……。アルバムを見せてくださったり、昔の地図を見て記憶をたどったり、という大変起こしにくい状況が長く……。スマホでたくさん写真を撮らせていただいたので、それを入れ込んだ記録にするかどうか。考えなくては。

◆6月12日(火)

・朝は鍼。今度はマンゴーをいただいた。恐縮なり。

・米朝会談。シンガポール。どうなるだろう。

・帰宅後、洗濯。

・『モリのいる場所』を見に行く。予告を見てしまっていて、大事なシーンをあんなに予告に入れたら駄目じゃないの、と思った。いい映画だと思うが、意外性がなく、佳作かなぁ。もう少し期待していたのだけれど……。繰り返しと思われる日常を淡々と描くほうがよかったのに、と思った。

・昼寝を細切れにちょっとだけ。

・仕事。かなり進んだ。パソコンは疲れるなぁ。

◆6月13日(水)

・夫と二人で鍼。昨日の睡眠不足が応えているので、帰宅後、11時頃からうまく寝付いて爆睡。5時間近く寝てすっきり。

・夕方フィットネス。

・終えて、自転車で帰ろうとしてスマホを見たら、18:10頃、義妹から着信あり。LINEも来ていたので見ると、「おじいちゃんたおれた」とある。うわっ。携帯に電話したらちょうどつながった。義父は、昼間義妹がいつものように食料を届けてくれたら変わりはなかったという。夕方、近くのスーパーで買い物をした帰りにどこかで倒れて、それを見た方が救急車を呼んでくださったのだという。義父は常に家族の連絡先などをカバンに入れているので、それを見つけて電話をかけてくださったらしいけれど、夫も私もつながらず、結局つながったのが義妹だったとのこと。通院先があるかと聞かれて、脳梗塞のあとに定期的に診てもらっている病院名を告げたら、幸い、そこが受け入れてくれたのことで、義父はそこに運ばれたので、それはよかった。

・私が義妹に電話したのは19:00頃。義妹は病院に到着したばかりで、まだ義父に会っていないので詳細はわからないとのこと。私はいったん帰宅して、今度は車で19:15頃病院に。義父は検査が終わって処置室で寝ていた。声をかけると普通にしゃべれる。痛いところはないと。「なんで倒れたのかなあ」といろいろ説明を始める。「もうちょっとこのまま待ってね。私たちも一緒にいるから」。義妹と久しぶりに会って、あれこれ話す。義妹は見た感じ元気そうだし、義父にはいつも接しているから、義父と義妹の間に信頼感があるのが見える。子どもたちの様子なども簡単に知ることができた。

・脳のCT、心電図、血液検査などの結果が出て、当直のS先生(初対面)が説明してくださる。5月の受診時の脳の状態、あるいは数値と大きく異なるところがないということで、入院せずに帰宅することができた。義父は状況を少しずつ思い出してきたようで、それによれば、公園のベンチに座って買ったチョコレートなどを食べたあと立ち上がったときに、ふーっと意識が薄くなって、そこに横たわってしまったらしい。おかげで頭を打つこともなく、そのうちに意識が戻った。痛みも気持ち悪さもないというし、顔色も普通、熱もない。

・しかし、まあ、もう本当にぎりぎりの感じだ。足のむくみがましになったとはいえ、むくみがひどかった頃、そのせいで歩かなくなり、脚力が落ち、それ以来よちよち歩きになっている。それでも、杖は格好が悪いからと言って使わないし、とにかく典型的な独居老人の問題点をすべて抱えている状態。義妹は毎週水曜日は一人で、日曜日は義弟と一緒に訪問して食べ物を届け、足りないものを買ってきたりしてくれているが、身の回りのことをしてあげようとしても、本人が「そんなことまでしてもらわなくていい。自分でできる」と、これは遠慮ではなく本気で思って断るから、手の出しようがない。実際、片づけるといったって並大抵のことではないし。。。どこから手をつけてよいのか、という感じなのである。

・点滴が終わり、手続をしたあと、私の車に乗せて帰宅。義妹も一緒に部屋に上がる。そのあと、義父は椅子に腰掛けようとしてまたふらっとなって尻餅をつき、その拍子に後頭部を椅子の手すりにゴチッとぶつけてしまった。頭をぶつけたことがショックだったらしく、「頭の具合が悪い」と言う。冷やしながら、そのままおとなしく寝ることになった。ベッドのそばの電話がちゃんとつながっているか確認し、電気を消すと足元が危ないからと天井の電気を抑えめにつけたままにし、枕元に冷えたペットボトルを置く。使いたくないと言った杖を「これを使って、とにかく前に体重をかけて歩いて」と言う。後ろにぐらっとなったら、もう踏ん張ることなどできない状態だ。父も同じように転んでいたなぁ。ロコモティブシンドロームを防ぐための体操は、本当に理に適っていると思う。「なんで転ぶの?」と繰り返し質問する義父に、「そういうときもあるのよ。皆、自分は転ばないと思っていて転ぶの。だから、とにかく後ろに重心がかかったり、振り向いたりしたら必ず転ぶと思っていてね。私たちだって、下手をしたら転ぶのよ。腑に落ちないかもしれないけど、とにかく転ぶものだと思ってね」「後ろに倒れるのは怖いねえ」「そう、怖いのよ。ふらっとなったら、足の力がなくて防げないんだからね」。

・出張中の義弟と仕事中の夫にも伝わるようにLINEで報告。21:30に義妹と一緒に家を辞した。心配だけれど、付き添うことのできるスペースもないし。今回はとりあえずこの程度で済んだけれど、これからどうなるかは何ともいえない。怪我で入院となったら一気に衰えるだろうし、あの家に戻ってまた一人暮らしというのは無理だろう。本当にどんどん衰えてきてはいるが、義父の性格、性質などを考えたら、できれば最後まで頑張って一人暮らしをまっとうしてもらいたい。老衰で苦しまずに亡くなるのが、義父らしいと思う。しかし、心電図も問題ないと言われていた。いまだに喫煙しているのに。すごい体である。

・とはいえ、もう96歳。「今日は大丈夫か」と切実に思う日々がまた始まるんだなぁ。

| | コメント (0)

2018年6月11日 (月曜日)

6月9日(土)・10日(日)

雨ですね~。途端にフィットネスに行く気が失せてしまいます。アクセスは大事と再認識。

土日の記録もしておかねばと思うけど、今は月曜日のお昼前。これからオーラルに出かけるので、帰宅してから。

サッカーワールドカップ目前。日本代表については何かを言う気持ちになれず、残念。

大谷が肘の故障。手術の可能性もあるとか。やはり大リーグのボールは負担が大きいのかな。

米朝会談も間近。

昨夜、先日聞いたブロムシュテット指揮、マリア・ジョアン・ピレシュのピアノによるNHK交響楽団演奏会をテレビで。再び見て感動。ピレシュの若い人を対象にしたワークショップの様子も映され、また、1992年(だったかな)の若い若いピレシュと、ブロムシュテットによるN響演奏のお宝映像も。コンサートマスター徳永さんが映っていて、懐かしいこと! (知り合いということではないですが)

(書きかけ)

| | コメント (0)

2018年6月10日 (日曜日)

6月8日(金)

・3:30就寝、6:20起床。今日も今日とて鍼治療。洗髪、朝食。

・車で7:05に出て、いつものようにコンビニの駐車場で時間調整。ちょうどよい、というわけで、先日状況把握できた「ニンゲン御破算」のチケットの番号を機械に打ち込み、出てきたレシートを持ってレジに。レジでは、ベトナム人のバイトの男の子が真面目な顔をしてそのレシートをピッと読み取ると、ぺらぺらしたあまり有り難みのないチケットが出てきましたよ。へえ、こういう仕組みなのね~。不在だと再配達する仕組みのローソンチケットは何度も買ったことがあったけれど、これはコンビニ受取。便利だけど、ちょっと味気ないなぁ。

・鍼治療、7:55~8:50。R先生から、台湾のライチをいただいてしまった。毎年、マンゴーをいただいていたが、今年はライチ! ライチ、大好き! 帰宅後、お隣のMさんに「ライチをお裾分けしていただいたので、そのお裾分けを差し上げたいので」とメール。ちょうど赤ちゃんのM君がおねんねした頃だったようで、ほどなくピンポン。「少しだけどね~」と。9生まれのM君、昨日久しぶりに会ったら、もうすっかり幼児の顔になっていて、お兄ちゃん、お姉ちゃんに瓜二つ。もうつかまり立ちもし始めて、目が離せないと。男の子で、力も強いので、押さえつけたりするので腕が筋肉痛とお母さん、嬉しそう。3人の泣き声も含めて元気な声がいつも聞こえてきて、おかあさんの怒鳴り声に感心しつつ(笑)、こちらは何の責任もないからほのぼの。可愛いのなんの。昨日、共同玄関でご家族勢揃いのところにバッタリ出会ったので、しばし立ち話をしたのだが、その際にも2番目のHちゃんは私にまとわりつき、私がお母さんと話しながら、Hちゃんの両手をつかんであげると、Hちゃん、私の手につかまって勝手にぴょんぴょんジャンプを繰り返し。それを見たお兄ちゃんのR君も、「見て、Rもジャンプできるよ」と対抗してきて(笑)。

・今日、夫は仕事がお休み。午後美容院に出かけていったときには、私は昼寝の真っ最中。12:00~16:00まで寝たのだが、まだ眠い。しかし、今日はノートパソコンを買いに行くことになっているのだ。夫のノートが、たぶんこのたびのWindowsUpdateをきっかけに起動しなくなり、何日間にもわたってさまざまな方法で回復を試みたのだが、「自動修復できませんでした」という結果になって、お手上げということに。

・夕方、一昨日私がスマホを買ったばかりの家電量販店に出かけていって、夫の希望で今回はNECのノートパソコンを購入。今は本当にもろもろ簡略化されているのね~。そのあと、私はドコモショップに行き、スマホの充電器とフォーマのACアダプターを購入。フォーマのほうは目覚まし代わりに使っているので。長時間待たされると覚悟して行ったけれど、待ち時間はそれほどなくて、意外に早く目的達成。

・帰宅後、さてさて、新しいPCのセットアップ作業でございます。えーっと、どうやるんだっけ。以前はネットにつなげるのが面倒だった記憶があるが、今や我が家のWi-Fiに簡単に接続できたので、これまた予想よりもスムーズに進み、これならなんとかなるねと思ったら、Office2016の登録の時点で、また「くるくる、くるくる~」と進まなくなる現象が発生。ノートにプリインストールしてあるものを買ったので、プロダクトキーを入れて、登録するだけなのだが、そこで「くるくる、くるくる~」。夫は基本的にものすごいイラチの人で、20年以上前、パソコンを使い始めた頃、何度ぶち切れたかわからないのだが、この頃はさすがに、パソコンというのはイライラしたら駄目で、ちょっとしたことでわけもなくうまくいかないことがあるのだ、ということを学習して以来、「なんだよ、これ!」と声を上げることはなくなった。とはいえ、ここ数日間、何度も何度も手続通りに修復を試み、また駄目ということを繰り返してきているので、「新しいパソコンで、またくるくる~」っていうのもかわいそう。

・22:00頃、とりあえず夕飯にすることに。夫が自室にパソコンを持っていって、タスクマネージャーで、officeの登録のタスクを強制終了して、アウトルックの登録を再度してみたら、なんということか、今度は3秒ほどで、「Officeへようこそ」と元気よくメッセージが出てきたのだそうな。どういうこっちゃ。でも、まあ、よかった。くるくるしているあいだに情報を得ようとネットを調べてみたら、同じ現象が多数報告されていた。げー、既知の不具合かぁとげんなりしていたのだったが、理由はわからないながら結果オーライ。

・食事をして、夫は久しぶりに快適にサクサク動くPCを使ってご機嫌。

・私は仕事~。ちょっと忙しくなってきたのでございます。仕事は楽しい。明日は予定がないから、仕事をしよう。そしてできればフィットネス。

| | コメント (0)

«6月7日(木)