« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月28日 (木曜日)

2月27日(水)

日記を書く前に、一つ、明日のイベントのお知らせです。

明日2月28日は、RDDです。
RDDとは何ぞや。
Rare Disease Day、「希少・難治性疾患の日」の略です。スウェーデン発。
毎年2月最後の日と決められていて、今年で10回目。
今年は丸ビル1階で、11:00~21:00までイベントが開かれます。

https://rddjapan.info/2019/officials/rare-disease-day-in-tokyo/https://rddjapan.info/2019/introduction/

なぜ私がこのイベントの宣伝をしているのか。活動そのものには関与していません。が、ステージ企画とオーラルヒストリープロジェクトで登壇される、「難病のこども支援全国ネットワーク」小林信秋さんのオーラルヒストリーの記録作成のお手伝いをしたからです。

テープ起こしの仕事は、企画段階にも、最終的なアウトプットの段階にも参画しません。仕事だけを切り取れば、話されたことを録音し、同席している場合には音にならない情報なども自分の中にインプットし、録音されたものをテキストに変換して提出して終わり、です。私自身の興味の有無とはある意味、無関係。それだからこそ、興味のある分野の仕事であれば楽しいし、興味を持ったことのない分野の仕事であれば、興味や知見が広がるチャンスになる。逆に、できればあまり関わりたくない分野の仕事であっても、さまざまな事情から引き受けざるを得ないこともある。

このRDDで発表されるオーラルヒストリーは、関わる方々も素敵だし、お仕事ぶりもとても勉強になりました。そして、何よりも対象者である小林さんが魅力的で、かつ、難病の方たちの現状についても思うところ、感じるところが多く、いつものようにテープ起こしテキストを納品したあとのフォローをしていったのも、個人的な気持ちからでした。

明日は、オーラルヒストリーセッションはもちろん聞かせてもらおうと思っていますが、イベント全体の雰囲気を味わってこようと思っています。お近くにお勤め、あるいはご用のある方は、予約も何も要りませんので、丸ビル1階を眺めていってくださいね~。

-----------------

| | コメント (0)

2019年2月26日 (火曜日)

2月25日(月)・26日(火)

◆2月25日(月)

・3:00就寝、8:10起床。ごみ出し。朝食。出かけるまで、メールの連絡等々、少しバタバタ。坐骨神経痛の元になりそうな、骨盤の外側あたりの違和感が大きくなっている。気をつけないと。痛みとは違うけれど、明らかにずれている感じがある。お腹・腰にホカロン。軽くストレッチなどしてみるけれど、あまり効果なし。

・11:00過ぎに徒歩にて家を出て、電車で都内に。今日はテーマオーラルの第1回。何回まで続くかわからないけれど、とりあえず第2回までは日にちが設定されている。ベテラン研究者2人が聞き手で、話し手もきちんとお話のできる現役の方。電車遅延の知らせが来ていたので、早めに動いたら、だいぶ早く到着。お茶を飲むには中途半端なので、周囲を少しうろうろ。予報よりだいぶ気温が上がって、コートが邪魔になるほど。

Doneimg_20190225_124919
Doneimg_20190225_125042
Doneimg_20190225_124954
・オーラルは、話し手のお立場上、優秀なスタッフが揃っているので、必要な情報がバッチリ用意されており、私の手元にも10種類以上のファイルが事前に届いている。オーラルの最中も会議室の壁際に控えていて、「そうだったね」と話し手が時々確認をすると、大量の資料を広げて、すぐにわかることは即答、わからないことは「確認します」と言って、まもなく回答、という対応ぶり。ということは、スタート時点でインプットされている情報がもっとも少ないのがやはり私、ということに。この状況って、いつもそうなんだけど、なかなか厳しいよな~。皆さんものすごく頭が良くて、その方面の専門家だったり実務家だったりするなか、いきなり「ポッと出の田舎娘」のように私が行って、録音してメモを取って、家に帰って必死に起こす、というわけだものね~。でも、信頼していただいているので、何食わぬ顔をして頑張るわけです(笑)。もちろん楽しいのだけれど。

・15:00過ぎに無事に終わり、帰途に。

・道中、スマホにはさまざまな連絡メールが。今日は連絡が多いなぁ。すぐに返信できるものは返信し、そうでないものは読むにとどめて。

・デパートに寄って、セールになっている冬物パンツを試着。いいなと思ったけど、レギンスはやわらかい生地でないと、座ったときに膝回りを締め付けることになって危険、ということで1着は諦め。もう1着は、部屋着のようなパジャマのような温かいパンツで、お安いし、スエットよりはずっとオシャレだから近所なら問題なく着て出られる、というすぐれ物。迷わず購入。

・お腹がすいたので、パスタを食べてから、大汗をかきながら電車に乗る。地元駅で食料を買い、かなり荷物が重たくて、腰が心配になってきた。帰宅後、すぐに腰痛体操。うーん、違和感の範囲が広がっている。明日は予約より30分早く行って、腰の治療もお願いしよう。

・録音してきたファイルのバックアップ。そして、先日、「驚きの同音異義語間違い」をやらかした件の第3回の聞き直し。

・すきま時間を使って、新聞記事の英文和訳課題にも挑戦中。

◆2月26日(火)

・2:45就寝、5:00起床。眠いよ~。軽い朝食。5:36に車で出発。気温が高めで10℃近い。体は楽だ。腰の違和感は夜よりはおさまっていてホッとした。朝、鏡を見ながら、違和感のある箇所にマーカーで印をつけた(笑)。集中的に治療してもらっているお尻よりも中心部に近い。骨の端っこのカーブのあたりかなぁと素人的には思料いたしております。

・6:00にピンポーン。R先生が顔を出される。「ちょっと待ってね」。今日は3部屋ともふさがっていて、真ん中の部屋で少し待つ。今朝は4時から治療スタートだったのですって。大変なことです。「腰に違和感があるのでお願いします。マークをつけてみました」「はいよ」。背筋とか、ぎっくり腰で痛むところとか、そのあたりは問題ない。やはり坐骨神経痛の元のところだ。生活の中で感じる痛みはそれほど強くないというのがね、危険なんですよね。

・くるぶしはまだ腫れている。「歩くと腫れるのは、痛みはない脛腱が実は影響しているような気がします。足首がもともと硬いので」と言って、向こうずね、三里あたりまで今日は治療してもらう。三里のあたりに鍼が入ると、足先までビビーンと電気が走り、くるぶしの脇に刺されると、今度はズズズンとかかと側まで電気が走り、痛いのです~。そして、同時に顔も。鍼って不思議なものですよね~。

・終わった頃にはいったん他の患者さんが治療を終えて帰られ、次の予約の方が見えるまで20分ほど空いたようで、R先生がコーヒーを入れてくださった。まあ、ありがたい。いただきます。少し雑談。明日は夫と2人で6:30。

・8:00頃帰宅。眠くて眠くてたまらないので、8:30頃布団に倒れ込み~。しばらく頭が起きていたが9:00には寝付いていたと思われる。11:30にアラームで目が覚め、そこからもう一度寝直し。結局断続的に14:00前まで寝たのでトータル5時間くらい。夜との合わせ技で7時間半は寝られたかな。

・焼きめしを作って食べ、そこからは英文和訳の課題の仕上げ。これは英語勉強会の教材の一つで、和訳、英訳の課題が隔週交互に出題される新聞のコピーを皆でシェアしているけれど、常にやってくるのは5人のうちの2人だけ。今回、私は初挑戦。新聞の応募締切は、メール納品なら今日の18:00ということなので、せっかくやるならと頑張って、なんとか応募した。二週間後に講評が載るのである。楽しみ。

・それから、昨日に引き続いて、第3回のオーラルの仕上げ。とにかく調べることの多いこと、多いこと。英語も多いし、専門用語、固有名詞、何から何まで知らないこと。そして、分野が理系の最先端。大変なことでございます。読解力や文章力がないと、力わざで、一件ちゃんとした文章に見えるけれど、意味を取り違えているという文章を作ってしまいがちなので、整えるときは慎重を期す。

・パソコンに向かう時間が長くなると、じわじわと腰の違和感が復活してくる。体操その他で相当気をつけているのだけれど、足首問題で運動ができていないから、動かさない体は悪くなりますわね~。早く動かしたいのだけど、R先生からは「運動はまだ」と厳命されておりまして。はぁ。

| | コメント (0)

2019年2月25日 (月曜日)

2月24日(日)

春めいてきました。今日もとりあえずは写真だけ。

近所の白梅。満開。

Doneimg_20190224_165921
22:00頃の東の空。ピントが合わないのでよくわかりませんが、東の空に上弦の月。煌々と明るいオレンジ色でした。

Img_20190224_231114

バスケットボール男子W杯アジア最終予選、対カタール戦に快勝で、W杯出場決定。良い試合でした! パチパチ。

| | コメント (0)

2019年2月24日 (日曜日)

2月21日(木)・22日(金)・23日(土)

お花屋さんの店頭がどんどん春らしくなってきて。チューリップとスイートピーを買いました。室温も高くなってきているので、あっという間に開いてしまいます。これからは花もちが短くなるかなぁ。

Doneimg_20190224_025917
風邪完治。足首は一進一退。坐骨神経痛軽快中であと少し。仕事楽しい。あれこれのおつき合いに顔を出せるようになってきて、それも楽しい。そして、家の中は変わらずぐじゃぐじゃ~。夫の風邪はいまだ治らず(ややましになっているけど)。夫の実家は業者さんが鋭意片づけ中。確定申告手つかず。読書進まず。運動できないので、体重高止まり、筋肉量下降気味。不規則生活ながら、睡眠不足はしっかりどこかで取り戻しています。

日記は後ほど~。


| | コメント (0)

2019年2月21日 (木曜日)

2月19日(火)・20日(水)

火曜日、オーラル第3回。
さすが、まったくわからないジャンル。難しいところは頑張っでいろいろ調べて、何とかついていかれたか、と思っていたが、第2回の記録で、あちゃ~、という同音異義語の間違いがあり、聞き手グループの一人から、「ちょっと気になったので…」と指摘を受ける。この段階で指摘してもらえて、本当に良かった。研究の根幹部分に関わる単語。他の言い方もあり、この日本語単独で出てきたため、違う文脈の抽象的な概念だろうけれど、私にはわからない括り方なのだろうと、頭から思い込んでいた。一度でもいいから、他の単語と結びついた複合語として登場していれば違ったと思うが、漢字二文字で単独で登場すると、アクセントも変わってくるので、英単語や複合語で何度も出てくる言葉群と同類のものと思えなかったのだ。いや~、テープ起こしは、本当にこういうところが難しい。「難しい話です、難しい用語です」という顔をして出てきてくれれば、調べようもあるのだけれど。こういう経験はとても大事で、やる気が出るのでありまーす。
坐骨神経痛はみるみるうちに悪化していく勢いなので、水曜朝、夫と一緒の予約の際に、急遽鍼治療をしていただく。お尻に刺した鍼の先がうまく当たると、瞬間、足の甲まで電気が走る。あるいは太もも裏から足の裏までビビーン。坐骨神経痛の痛みは、ぎっくり腰のような激しい痛みではないので、つい放置しがち。しかし、慢性になると完治に時間がかかると、R先生からよく伺っているので、早く続けて治療すぺし、なのであります。飛び込みで時間がないので、顔は省略。足首もなぜかまた腫れてしまって、がっくり。
腰は1回の治療効果が絶大。木曜日も予定外だけど予約をいれてもらえたので安心。
帰宅後、睡眠不足が高じていたので、大爆睡6時間。ようやく普通に頭が回るようになった。
その後は、チーム仕事の仕上げ作業ひたすら。内容は面白いが、日本語が母語でない高齢の方の聞き取りなので、結構難航。
夜中に2~3時間しなか眠らない日々が続く。でも、仕事は楽しいのだ~。
朝日新聞、「語る 人生の贈りもの」シリーズ、野見山暁治さんで連載中。続きが楽しみ。
https://www.asahi.com/articles/DA3S13897894.html (ネットでは有料記事ですが)
『四百字のデッサン』、とても好き。

| | コメント (0)

2019年2月18日 (月曜日)

2月18日(月)

・2:30就寝、5:20起床。風邪はだいぶ軽くなってきた。起きてからゲホゲホせず、普通の人。白湯を飲むといい感じ。今日は珍しく、ミニ焼きおにぎりではなく、昨日買ったポンパドウルのリンゴ入り蒸しパンと紅茶。

・6:00少し前に玄関を出たら、東の空の朝焼けが鮮やか! ぶら下げていたたくさんのゴミをいったん足元に置いて、パチリ。

Done_20190218_055916

・6:03頃、出発~。気温は低くて、2℃だそうです。6:30から鍼治療。Aちゃんは、膝がいきなり痛くて痛くて、という状態に逆戻りしていた。そのため、腰もまたちょっと不調になっており。私のくるぶしは、痛みは軽いけれど、治りにくいところという説明を、今日もR先生から。脛腱と距腱、だったかな。前者は、足の甲から向こうずねに向かっていく腱、後者はくるぶしの下部をかかとのほうにつながる腱。両方をひねっている、とのこと。若い頃からものすごく足首が硬くて、スキーは苦手だったし、膝を傷めたのもそのせいだと思うのだが、足首のみならず関節の可動域が狭いことのデメリットについては、スポーツを教える際に指導者たちがもっと明確に意識すべきことなんじゃないか、と思う。

・顔と足を治療してもらい、Aちゃんと「なんだか次々とあちこちポンコツで、まったく冴えないね~」と言いながら辞去。駅まで送ってから帰途に。8:00頃帰宅。余りにも良いお天気なので、それから洗濯を3回。布団カバーや厚手のバスタオル、ハイキングのウェア一式も含め、ベランダにいっぱい。

・メールやLINEの連絡などをしてから、11:00~14:00まで3時間眠った。咳も出ず、寝つきも悪くなく、ちゃんと眠れました~。

・お隣に、年末に生まれた赤ちゃんと若い奧さんが里帰りから戻ってきたみたい。ベランダに出たら、小さな赤ちゃんの泣き声が聞こえた。反対側のいつものパワフルチルドレンの泣き声は、泣き声なんていうものではなく、泣き叫び声なのだが、それに比べてなんとか細いことよ(笑)。いつ会えるかしらん。楽しみ。

・14:00に起きて、温かいお蕎麦を食べてから仕事。チーム仕事の仕上げ段階。依頼内容がちょっと変則だったので、その確認やら調整やらでとても手間がかかった。また、多くの資料を送っていただいていたので、それを仲間2人にコピーして送って、など、そういう手間もあった。内容はとても面白いのだけれど。でも、やはり仕事をチームでできるのは、いろいろな意味でとても良いことだし、そういう依頼をしてもらえるのも有り難いことだと思う。クオリティは上がるから、クライアントにとってもメリットは大きいし。ただ、現実は、仕事量が少ない割に手間が多いという面があるのは否めないし、私たちが手をかけ過ぎている面もあるかもしれない。今、過渡期である。

・じーっと頑張って仕事をしていたら、左のお尻の中というか、坐骨の脇のあたりの違和感が大きくなってきた。これは坐骨神経痛コースだな、とわかるところが我ながらもうなんとも言えない。足首の怪我で、足首も動かさない、股関節もヒップも十分にストレッチができないときに、パソコンに向かって長く座っていれば、仙骨のあたりにずれが出る、という感じかなぁ。今夜はしっかりストレッチをしましょう。

・明日は、珍しく午前中からオーラル・ヒストリー同席。第3回で、ますます専門領域の話になるからドキドキです~。とてもエキサイティングなお話、なんですけれどね。

| | コメント (0)

2月17日(月)

・昨夜は、さすがに1:30には入眠していた模様。10:30起床予定だったが、11:30まで10時間の爆睡という結果に。昼寝をしないと一気に極端な睡眠不足になるし、運動したので良質の睡眠となりました。起きてからはゲホゲホ。軽くなってきてはいるけど、まだ風邪は体内にいますね。足首は、痛みの復活はないけれど、くるぶし近辺が少し腫れている。炎症はまだあるわけね。フィットネスが再開できるのはいつかなぁ。

夫と食事をしてから、洗濯、掃除。お天気がいいので助かります~。

・夫は今日も実家に行って片づけ作業の続き。

・私は、14:30頃家を出て、英語勉強会に。今日は5人全員出席。2時間、楽しかった。途中、エアコンでのどが乾燥して、ゲホゲホになり中座した。あと一息なんだけど、やはり。

・地元駅付近で食料を買って19:00頃帰宅。夕飯準備。夫は21:30頃帰宅との連絡があったので仕事。夫帰宅後22:00前から食事。食後、23:00頃から仕事。

・2月は逃月。あと11日ですねえ。相当忙しくなりそうなんだけど、なんとなく、焦っても仕方ないし、という気持ちが優勢。後悔先に立たず、とちょっと自分に言っておこう。

| | コメント (0)

2019年2月16日 (土曜日)

2月15日(金)・16日(土)

◆2月15日(金)

・寒い一日。都内では昼間、雪が舞ったと言う。横になると咳が出るし、昼間6時間も眠ってしまったせいもあり、布団に入っても4:15頃までうまく寝付けず。1時間睡眠で5:20起床。鍼治療に1人で。今日もAちゃんと一緒になる。R先生はやはり「膝は治りにくい」というご認識のようで、Aちゃんには「気をつけてよ。新しく作らないでよ」と念押し。私が「明日、軽く歩きに行って大丈夫でしょうか」と尋ねたら、「気をつけて歩けば大丈夫。風邪は、インフルエンザじゃないから全然大丈夫」と。友にLINE。「行かれると思うので、候補を絞りましょう」と。

・帰宅後、5時間寝た。

・その後、寒さが増すにつれ、のどの調子が悪化したりして、「やだなあ」と思ったが、熱が出る気配はまったくないので、ネックウォーマーでのどを冷やさないようにして仕事。近所に買い物に行ったくらいで、ほぼ蟄居。

・夜は早めに寝ましょう~と思ったが、仕事の連絡が夜中過ぎまであって、結局、布団には1時過ぎには入ったのに、スマホで返信したり、調整のメールを送ったりして、2:00を回ってしまった。

◆2月16日(土)

・6:30頃、自然に目が覚めて、ひとしきり恒例の朝のゲホゲホ。寝ている間に出せなかった痰や唾液が出終わると、咳もだいたいおさまる。7:00過ぎに起き出す。晴れていま~す。あれこれ迷った揚げ句、今日はハイキングと言えないくらいの里山歩きと相成りました。狭山丘陵の南側に位置する東京都立六道山公園内の整備された道を歩く、というもの。八高線の箱根ヶ崎駅から歩き始め、八雲神社、浅間神社から取り付き、お伊勢山遊歩道→三角点広場→六道山展望台(標高205m)。富士山が見えるスポットなのだが、山並みは見えたけれど、その向こうにそびえるはずの富士山は、空がもやっていて見えませんでした。残念。

・日向でのんびりお昼を食べた。周囲はよく手入れされている雑木林、そして公園。桜の木がそれはたくさん植わっていました。途中、インフォメーションセンターで、水槽に展示されている「トウキョウサンショウウオ」という絶滅危惧種を初めて見た。体長10cm弱。井伏鱒二の『山椒魚』のイメージが強くて、この小ささに拍子抜け。つまり、違う種なのですね。雰囲気はヤモリのような感じ。

・道がすべて整備されていて、地面に降ろした足が左右にグラリと傾くこともないので、足の痛みはまったくなく一日過ごせたのはよかった。やはり石ころゴロゴロだったり、急斜面だったり、靴を平らに置けないような道を歩くと、足の甲にも裏にもさまざまな角度から負荷がかかるので、今の私の足にはおそらくまだそれは無理だったろうから。

・温泉でのーんびり。炭酸泉、露天風呂、打たせ湯などひととおり堪能し、帰途についたのでした。食事をして帰宅して、20000歩とちょっとでした。荷物も軽かったし、軽く歩いたという感じで、どこも疲れなかった。風邪も今のところ悪化していません。

・夫は、義弟とともに、義父母宅の家具その他すべての処分をするため、今日は業者さん見積り。私の実家のときの経験があるので、大変なことはわかっていたが、うまく交渉できたみたい。お疲れさまでした。

Img_20190216_111247

Img_20190216_113611

富士山が見えるはずでしたが……

Img_20190216_120305Img_20190216_120151







| | コメント (0)

2019年2月15日 (金曜日)

2月14日(木)

・3:00頃床に入るも、昼間十二分に寝ているので、うつらうつらしているうちに5:00に。6:00に夫と一緒に粗大ごみと燃えるごみ、瓶をごみ収集場所に出してから、1人で鍼治療に。「風邪引きました~」と報告。よって、くるぶし周辺、顔、そして、両手の合谷にも鍼。動けませーん。「とみきちちゃんは鍼をやっているから、免疫力が上がっているし、治りが早いよ。38℃にならない熱ならたいしたことはない」とのことでございました。

・7:30には帰宅。さっさと寝る支度をして、9:00前にはすやすや~。お昼前くらいまでは時々目が覚めたけど、その後14:30頃まで見事なる爆睡。起きてからは、休むことなく洗濯と仕事。症状は普通の風邪。深い咳もなく、痰もほとんどなく、のどと鼻の炎症が残っているのと、なんとなくだるいくらい。ただ、時々咳き込んだりすると、そばに居る人には「えっ、風邪うつさないでよ」と思われる感じではある。もう発熱する感じはまったくない。明日も鍼なので、なんとかあと一日で治して、土曜日はかるーーいハイキング(丘歩き程度)と温泉、という予定はまっとうしたいなぁ。観梅の計画も考えたのだが、ロウバイの名所はちょうど梅祭りが終わっており、また、ちょっと遠い。高尾や青梅方面の観梅にはまだ早い。さらに、房総の水仙も魅力だけれど、この体調だから水仙だけ見るために、片道1時間半、往復5000円の高速バス代をかけて行くのもちょっともったいない。というわけで、近場のプランが今、首の皮一枚でつながっているところ。友には、明日の夕刻決定でお願いしている。ポンコツで、ほんと、ごめんね~。

・土曜日、夫は義弟と、義父母宅の片づけをお願いする業者さんの見積り立ち会い予定。まだ風邪の症状が抜けず、咳は私よりも深い。治りませんね~。私はなんとか今週末で完全復活といきたいものです。

・運転中は、必ず明後日の英文暗誦部分をかけているのだが、いつも同じところでついていかれなくなる。直前に集中レッスンせねば。

・今週は、生協の注文をしそびれてしまった。あーあ。やはりどこか抜けている。日常生活や運転中の不注意に気をつけよう。

・さて、入浴して、明日も5時過ぎに起きます~。

| | コメント (0)

2019年2月14日 (木曜日)

2月13日(水)

いきなり熱が上昇して、30分のうちに37.0→37.5→37.7℃となった昨日、日頃、熱が出にくい体質なのでインフルエンザかと思ったけれど、数時間後には36℃台に下がり、そのまま37.0℃前後で推移した。しかし、その体温にしては、余りにも具合が悪くて、どうなっているのかと思った。ひたすら、鼻や喉にひっかかる痰のようなつばのようなものをティッシュで除去し続け、本日12:00に目が覚めたときには、まだ体内では嵐が吹き荒れており、頭痛が続いているせいか、ふらふらしていたのだが、14:00になったら、それらの作業が「終了!」という感じになっていた。まるで「ノーサイド」の笛が鳴ったかのように、「普通の風邪のときの具合の悪さ」のフェイズになっていた。体内の台風一過の心境でありました。

これなら大丈夫。一般的な風邪のつらさはあるけれど、この約丸一日、特に前半のつらさはなかなかのもので、ピークがわかっていればもちろん心配がない程度なのだけれど、この体温でこの具合の悪さは変!という違和感があったので、ピューッと40℃くらいまで体温計が振り切れるところまで行くパターンではないか、という印象すらありました。

今思うと、週末、あるいは先週から潜伏していた何らかのウイルスに対して、二週間ぶりの早朝の鍼治療で活性化した体内の免疫たちが、一気に短期決戦で勝負を挑んだのかもしれない、という気がする。勝負の最中は体温が上がるのは致し方のないこと。しかし、短期決戦だったので、ピークは早く過ぎて、あとは残党刈りの時間、そして、短期決戦で消耗した体力の回復が必要だった、と。

いや、とにかく測定できる数値からしたら、全然たいしたことのない症状なのに、つらさがなかなかのものだった。おとなしく寝て正解だったと思う。今日は14:00から起きて、近所の買い物にも行ったし、16:00~22:00頃までずっと仕事をしていたのでありました。

のどの痛みも、チカチカ、イガイガの苦みを感じるタイプのものではなく、風邪の後遺症的なものに変わりつつあるし、鼻もつまり気味だけれど、まあ、この程度なら鼻炎と考えればいいし。頭痛も軽く残っているけれど、気になるほどではないし。体温も、安静にしているときは36.3℃くらいなのが、頑張って働くと36.8℃くらいになって、やや微熱気味になるけれど、たいしたことはない。激しい咳が出るわけでもなく、粘膜全体が炎症気味で、まだウイルスを除去しきれていない感じがあるけれど、これなら大丈夫でしょう。

いや~、24時間一本勝負、なかなか大変でした。まだ体力ありますね~。結局、昨夜は英語ヒアリングのためにネットで買ったDVDを2本見てしまいました。『プラダを着た悪魔』と『麗しのサブリナ』です~。メイキングもついていて面白かった。ヒアリングの練習にならないのに、禁を犯して日本語字幕を見ながら(笑)。でも、英語を聞き取ろうとして見ると、思ったよりは聞こえてくるものですね。明日は、5時過ぎに起きて、粗大ゴミと、燃えるごみ、びんを出し、6:30から鍼治療。帰宅してたっぷり寝てから、蟄居して仕事しまーす。インフルエンザでなくてホッとしました。自分は蟄居すれば済みますけど、いろいろと予定変更になって迷惑をかけてしまいますからね。なるべく休養をとって早く治るよう心がけます。皆様もどうぞどうぞお身体をお大切に♪

| | コメント (0)

2019年2月12日 (火曜日)

2月12日(火)


くしゃみと、のどの感じから、これはまずい、と昨夜は1:20頃には寝入っていた。5:20起床。感覚としては「あのー、また10分くらいしか眠っていませんが…」というくらい、深く眠っていて、まだまだこれから眠るのよ。という感じ。むむ、これは…。

のど風邪の感じ。ほんの少し痰がからむけど、それほど顕著な症状はない。このまま悪化させずうまく押さえ込めるか。

定番の焼きおにぎりとお味噌汁をお腹に入れ、念のため漢方の風邪薬を飲んで、二週間ぶりの鍼治療に夫と。朝焼けのオレンジ色が鮮やか! 私は、くるぶしの様子を診ていただき、まだ炎症が残っているから、症状が沈んでも治りきる前の段階でやめないこと、と予想通りの診断で、顔とくるぶしの周囲を治療していただく。くるぶし治療はまだ痛いよ~。

8:00過ぎには帰宅。9:00過ぎから13:30までこれまた爆睡。しかし、16:00頃、頭痛と、熱が上がってくる感じがあり検温したら、37.2、37.5、377と数分の間にくぐっと上昇。ああ、これはインフルエンザかもしれません。私は日頃ほとんど発熱しない。少し体調が悪く、体内で何かしらのウイルスと闘うときも、370℃前後をうろうろして終わり、というのが定番。ここのところ、ずっと風邪を引かずにいられたのは、鍼のおかげだったように思う。二週間空いたところを狙われたかしらん。

というわけで、また寝ることにします~。まずは体力温存して、ウイルスに負けないようにせねば。明日も熱がさがらないようなら病院受診です~。

すごくしんどいわけではなく、のどと口の中全体がチクチク、イガイガするのと、頭痛が主な自覚症状。そして、発熱。十分起きていられるけど、なるべく早く治したい。

今週の外出予定は鍼治療のみ。週末にハイキングと英語勉強会。もしインフルエンザ確定なら、この両者は自粛か~。昨日、神保町で三省堂に寄り、前回の英語勉強会で教えてもらった映画のスクリプトのテキストを買ってきて、その話をするのを楽しみにしているのだが。

ま、とにかく寝ます~。ただいま17:00過ぎ。皆々様もどうぞお気をつけて。

| | コメント (0)

2月11日(月・祝)

演奏会に夫と。大満足、Marvelousな演奏会でした。大興奮。ちょっと笑ってしまうぐらいすごい演奏で。えーと、何なのでしょう、音楽にかけるこの情熱。驚きました。感動しました。

えーと、情報は冷静に書かねば、ですね。

指揮      テオドール・クルレンツィス
管弦楽    ムジカエテルナ
ヴァイオリン パトリツィア・コパチンスカヤ

私はどちらの演奏も初耳。事前知識ゼロで聴いて、ぶっ飛びました!

曲目は、まず、チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲ニ長調。コパチンスカヤのかなでる音色、テンポ……美しく、荒々しく、技巧に富み、繊細で、しかもスケールが大きくて、何、これ! という驚きの連続。クルレンツィスの曲作りと合っているのだろうけれど、こんなに自由に、こんなにメランコリックに、力強くて、第1楽章を聴き終えた時点で、大曲の予感! チャイコフスキーも、ここまで楽譜の一音一音を丁寧に自由に読み込んで歌い上げている演奏を聴いたら、感動するのではないかしらん。

また、舞台上の動きがこれまたすごい。野生児? という感じである。カデンツァを弾き終えると、観客にお尻を向けて、オケのほうを向いたり、コンマスと掛け合う演奏のときは、コンマスに向かってにりじ寄っていくし。ロックバンドかいな(笑)。飛び上がらんばかりに体を使うので、足をドンドンと踏みならすこともある。そして、弱音がそれはそれは美しい。低い音程の部分は半音くらい下げたような倍音を響かせるのに、高音部に行くと、それがまた天に突き抜けるような鋭さになり。

オケがまたすごいのであります。クルレンツィスが自分で集めて作ったオケなのだそうで、その技術の高さ、一糸乱れぬアンサンブル、それぞれの楽器の音を聴き合って、ソロの楽器の音がまったく打ち消されることなく。フルート、クラリネット、オーボエ、ファゴットが、歌う、歌う。あんなに小さな音で、あんなにテンポを揺らして、しかもメランコリックに。ホルンも同じく。甘いメランコリーに落ちないメランコリー。どれだけ練習しているのでしょう、という感じ。

コパチンスカヤがやりたい放題やっていても、オケはまったく動揺せず、ばっちり合わせている。そして、彼女のカデンツァのときなど、後方の高い壇上にいるティンパニの人など、楽しそうに首を振って拍子をとっている。あんなにものすごい演奏なのに、とにかく皆が楽しそうなのだ。クルレンツィスは、タクトを持たず、大きな手を動かして指揮をするけれど、十分に練習が行き届いているようで、きっかけの拍を決めれば、それでもう何もしなくていい、というくらいにでき上がっている印象だった、特にコンツェルトのほうは。

拍手鳴り止まず、コパチンスカヤは何度もカーテンコール。そして、自分で段をのぼってクラリネット奏者の手を取って舞台前面まで降りてきて、2人でアンコール開始。まずは、ミョーによる「ヴァイオリン クラリネット ピアノのための組曲、作品1576第12曲」だったそう。続いて、2曲目はコンマスとともに、リゲティの「バラードとダンス(2つのヴァイオリン編)よりアンダンテ」。そして、3曲目、ホルヘ・サンチェス・キョンによる「クリン 1996 ――コパチンスカヤに捧げる」だそう。ちょっと検索したら、2014年のコパチンスカヤの演奏の印象を書いたブログ発見。そうそう、まさに「コパチンスカヤ劇場」でした。奇声を発しながら(でも、声が美しいのね~)、馬の鳴き声などを真似ながら弾きまくる、もうお座敷芸のような有様でした。靴は脱いじゃうしね(笑)。このアンコール曲は、調べたら前日のBunkamura オーチャードホールでの演奏と同じだったみたい。堪能いたしました。

そして、今度は、チャイコフスキーの交響曲4番です。これがね、また、壮観、圧巻。まず、ヴァイオリン、ビオラの奏者は全員立っているのです。すみだトリフォニーホールのステージは奥行きがあまりないようで、相当きつきつな感じ。後ろの奏者なんか、ステージからはみ出しそうな場所に立っていて、身長のあまりない人は指揮なんか見えないのではないかと思われる。私はチャイコフスキーの作品は、メロディーが少し甘過ぎて、特別に好きと思ったことはないのだが、今日はもう圧倒され、気持ちも持っていかれて、驚きながら、舞台上の皆さんがつくる音楽にすっかり酔わせていただきました~。

一度、生演奏をお聴きください。必ずや好きか、もしかしたら嫌いか、どちらかになると思います。退屈する人はいないでしょう。

演奏後、ホール全体大興奮、歓声が沸き、立ち上がる人多数。何度もカーテンコールをしたあと、アンコールがまた大サービスで、チャイコフスキーの幻想序曲「ロメオとジュリエット」でした。アンコールで演奏するような曲ではないですね(笑)。というのも、明後日、13日のサントリーホールの演目なのです。練習がてら、サービスしてくださったのでしょう。

いや、本当にもう大満足でした。

クルレンツィスの映像、演奏、ユーチューブに結構上がっていますよ~。

| | コメント (0)

2019年2月10日 (日曜日)

2月9日(土)

・天気予報では大雪の可能性もあり、と言われていた割には、積雪がなくて済み、ホッとした。東京都心部はそれなりに降った時間帯もあったようだが、私の家の周囲は降ったか降らないか、という程度。一歩も外に出なかったけれど。

・7:00頃まで寝付かなかったので、結局14:00頃まで寝ることになって、昼夜逆転がひどい。

・オーラル・ヒストリーを一件仕上げた。

・夫の風邪は、ゴホゴホ咳と鼻水。「ザ・風邪」という感じで、まだまだかなりひどい。発熱や神経痛がないからまだましかな。

・英語の予習開始。もたもた、もたもた。最近、暗誦が減っているので、口がよく回らなくなっている。

・右足くるぶしの痛みは、なかなか消えず。踏ん張って外側に負荷がかかるとダメ。例えば椅子の背につかまり、片方の足首を持って太もも前側をストレッチする際、片脚立ちになるわけだが、踏ん張る片脚が少し左右にぐらぐらすると、その瞬間に痛みが走る。だいぶ範囲が狭くなってきていて、くるぶしの前下側の4センチくらい。触るだけでも軽く痛むので、まだ炎症が消えていないのか。来週火曜から鍼治療再開。R先生のお見立てやいかに。

・いろいろ解決せねばならない問題があって、悩ましい。

少しずつ戻って数行日記を書こうかな。

2月の上旬部分、ほんの少しずつ追記を終えて、1月末の日記を10行前後ずつ書いていたら、ネットが不調になり、追記分全部消えた……。まったくもう~~~。今日はもう諦めて、また後日。追記だからオン書きしていたのだが、別にテキストアプリを開いて書いてコピペしたほうがよいですね。_l ̄l○ でござる。

| | コメント (0)

2019年2月 8日 (金曜日)

2月7日(木)・8日(金)

◆2月7日(木)

ブログを書く習慣が途切れてしまって、復活できず。

体重測定も少し間が空いてしまって、つい先頃復活。(大きな変化なし)

鍼治療がないので、早起きもできなくなり、ずるずると夜更かし生活続く。

片づけはできず、仕事ばかりしている。

という感じですが、足首(というか、実際はくるぶし周辺)の捻挫は、普通に歩く分には問題ないところまで回復。まだ回したり横荷重をかけたりすると痛いので、要経過観察。

夫の風邪はいったん軽快したかと見えたのに、またゲホゲホ復活。10年くらい前は私がいつもゲホゲホやっていたものだが、この頃ならなくなった。体質って変わるんですね。

明日こそ、少し振り返って記録を書く予定~~。

週末は、東京も積雪とか? できればご遠慮願いたい~。

◆2月8日(金)

・夫は、今日はもともと仕事が休みだったのは幸い。完全に寝込むわけではないけれど、横になると眠ってしまうところを見ると、発熱なく、咳・痰のみとはいえ、結構重症の様子。耳鼻咽喉科に行って吸引をして薬をもらえると少し治りが早いかと思うけれど、その気力もなさそう。

・昼夜逆転の生活。

・寒さが厳しい。自転車であれこれ野暮用。銀行、食料、花。花は、今日は、薄い黄色と濃い紫のスイートピーを各5本。お花屋さんの店頭が春めいてきている。チューリップも出てきましたね。先日、友人に教わった、我が家からそれほど遠くないところのパン屋さんに初めて行ってみた。ほー、よく繁盛していること。パティシエが菓子店以外に初めて出したパン屋さんとのこと。種類も豊富だし、全体に価格がお安め。試しにいろいろ買ってみたら、どれもとても美味しい。嬉しい。

・自転車に乗る分には、足首への荷重が前後のみなので、痛みなし。まあ、少しずつ回復してきているということは確か。はたして、来週末のハイキングが可能かどうか。

・オーラル・ヒストリーの仕上げの続きを。まったくわからない分野の研究者がインタビュイーなので、ドキドキである。今回2回目。でも、声も大きく、話は論理的、素人にわかるように話す、ということを心がけてくださっているので、ネットを駆使すればなんとかかんとかそれらしき情報にたどり着き、ものすごくおかしな理屈にはなっていないだろうと思えるところまでは整えられる。しかし、それでもその理屈そのものの意味がわからないのだから、やはり「ちゃんと理解して」文章を整えているわけではないので、心配は尽きない。しかし、お話全体はとても面白い。

・夜はおでん。

| | コメント (0)

2019年2月 4日 (月曜日)

2月2日(土)・3日(日)・4日(月)・5日(火)

◆2月1日(金)

・珍しく8:00過ぎに起床して、活動開始。

・お昼前に家を出て、オーラル・ヒストリーの同行録音。今日はチーム仕事で、今日が第3回。私は初めて担当。楽しみにしていた。研究者1人と私との2人で、個人のお宅に伺う。研究者の方が待ち合わせに遅れたり、インタビュイーの方の明日の予定変更のため、今日中に幾つか手続をする必要があったり、というアクシデントがあり、聞き取りはあまり進まず。次回の日程を決め、研究者と30分だけお茶をして帰途に。オーラル・ヒストリーはやはり楽しい。

◆2月2日(土)

・夜、サッカーアジア杯決勝、対カタール戦の情けなさにがっくり。その後、仕事など。

・午後、テープ起こしワークショップについて、Wさんと打ち合わせ。構想はいろいろあるのだが、言語化が難しい。Wさん、途中から体調下り坂になり、早めに解散。

・いろいろなことが少しずつうまくいかず、気分がスタックする感じ。自分の責任もあったり、そうでないものもあったり。

◆2月3日(日)

・明け方4:00過ぎ就寝、数時間に1回目が覚めるペース。

・いろいろあって、気持ちが忙しい。

・暖かい一日。でも、ほぼ蟄居。運動不足だなぁ~。

◆2月4日(月)

・立春。ぽかぽか陽気。あー、からだがほどける~。

・ずっとサボってしまっていますが、日々よく寝て、よく働いています。振り返って一行ずつぐらい書いておきたいと思います。先週買ってきた薔薇のブーケ。うまく撮れなかったけれど、とても可愛くて。

Done_20190203_034244_2
こちらは、2月1日、南麻布近辺で見上げて撮った青空。

Doneimg_20190201_140124
Doneimg_20190201_140133
◆2月5日(火)

・数日前には、火曜日が春のように暖かくなるという予報だったのだが、それは月曜日にずれてしまって、また寒さが逆戻り。

・仕事仲間と打ち合わせ。ランチをして、長い長いお茶をした。とても意味のある時間だった。それにしても、人間関係は難しい。

・足首、くるぶし周辺の捻挫以来、運動を控えているなか、また腰痛等が発生しないよう、2キロのダンベルを持って、体幹に軽い負荷を与える運動を続けている。これは効果があるみたい。特にものすごく硬くなってしまっている体側を、伸ばしたり縮めたりの動きがよい感じ。どれもこれも緩い運動だけど、ストレッチに加えてやることが増えて、最近はすっかり目の体操を怠っている。ほうれい線を伸ばす顔の運動もやっていないし。続きませんね~。続いているのはストレッチだけだ~。

・仕事は楽しい。

◆2月6日(水)

・ざんざん降り。久しぶりの本降り。

・昨日、のどがちょっとイガイガして、むむっと思ったが、大丈夫だった。

・蟄居して仕事や、仕事の連絡。いろいろ心配の種があって悩ましい。





| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »