« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月30日 (金曜日)

8月28日、29日

インターネットが不通になり、パソコンで書いた記事が消えた。
テキストで打ってコピーする、なんてこと、ブログを書くのに一々やらないから、しばしばこういう目に遭う。

 

はあ~。

 

土曜日に書こう。
明日金曜は、終日外出。お天気、どうかな~。

 

| | コメント (0)

2019年8月28日 (水曜日)

8月27日(火)

昨日キャンセルしてしまった鍼治療、今朝は行かれました。2時間睡眠だけど、昨日昼寝したので。顔の治療プラス、1月に捻挫した右足首を、お墓参りのときにほんの少しひねったようで、痛み復活。「R先生、足首~」と言って治療をお願いした。新しく怪我をしたわけではないようで、3本の鍼。刺された痛みも覚悟していたほどではない。やはり「痛みが沈んでいる」状態なのだろう。

帰りの国道で、タクシーがごみ収集車に追突した事故の直後で、上り車線は長蛇の列。警察官がひとり、走っていた。タクシーのバンパーが、くの字に持ち上がっていた。おそらくけが人はいないのだろうけど。交通事故を見るたび、運転は怖いなぁと思う。

昨日、あれこれブラックな気持ちがにじみ出ているようなブログを書いたが、特定の人に向かっているというよりは、状況を打開できないこと、見解が違うとき、人を信頼して任せることができないメンタリティについて、突破口が見出せないつらさを書いているのだ、とあとから自分で思った。責任感が人一倍強く、ルールを守りたい人間なので、案件にかかわっているすべての人にきちんと説明できる手続きを選び、途中でイレギュラーなことが起きても、最後まで責任をもった対応をしたい。それには、責任のとれない部分で独断の判断をしない。それだけのことなのだが、そこをいくら説明してもわかってもらえないとなると、本当に困り果てるのである。「考え方が違う」というから、こちらの考え方の基準を説明しても、「違う考え方」の基準が示されないから、いつまでたっても着地点がない。不毛なやりとりになるのである。自分では、どんなことでも、避けるよりは前向きに対処しようというタイプの人間だと自己分析しているが、基準を示してくれない相手に「基準を示してください」と言っても示してもらえないから、一つひとつ質問を積み重ねていく。そうすると、結局追い詰めることになってしまう。途中でこちらの考え方に乗る、と言ってくれればそれで済むことだと思うのだが、そうならない理由が本当にわからない。いや、ちょっとわかっているのだけれど、そのことに触れずになんとか事態をおさめようと思って四苦八苦するのである。

この問題の諸悪の根源である(悪気はないが、連絡その他で大変にこちらが苦労する)クライアントから、私の報告に対する返信が来た。おう、久しぶりのメールである。問い合わせても、問い合わせても返信がないから、こちらで対応を考える際に意見が割れて、こんなに大変なことになっているというのに、ノー天気な返信であった。しかし、そのメールから察するに、やはり私の判断が正しかったのだということがわかる。というか、誰が考えてもそうなのだが、それがわからない、異なる考え方を示されるから、落としどころを求めて果てしない旅に出ることになるのだ。クライアント関係は問題ないことがわかったけれど、さて、これからどうなるか。頭が痛い。

昼寝は3時間ほど。午後はずっと仕事。ものすごく働いた。明日も同じような一日の予定。明日は腰の治療もお願いしよう。土曜日のテープ起こしワークショップでは、ござを敷いた和室で、ものすごく大きな座卓を囲んだのだが、その座卓の高さが微妙に高いため、厚手のクッションを二枚重ねにして座る。膝は楽でも、これが腰に悪いのだ。長時間座ったおかげで、右も左も坐骨神経痛の萌芽が。早めに対処するに限る。

さて、入浴せねば。また睡眠時間が2時間を切ってしまいそうだ。急げ~。

| | コメント (0)

2019年8月27日 (火曜日)

8月26日(月)

朝、1時間半睡眠で起きたら、さすがに疲労ピーク。鍼は電話してキャンセルさせてもらう。それから6時間ほど断続的に眠る。

夫の送り迎え以外、蟄居。洗濯、食事の支度、あとは仕事と様々な連絡。今、この夏ずっと解決していない案件があり、私が仕事をする上で唯一と言っていいほど大切にしている指針を守るため苦慮している。そのために、あえてつらいことをしなければならず、心が本当につらい。しかし、ここで諦めたり妥協したりするくらいなら、仕事を辞めたほうがよい、と心に決めて、ずっと同じことを言い続けている。きちんとした行動指針がないままこの私とうっかり対峙してしまったら、一歩一歩後退せざるを得ないだろう。途中で「なるほど、わかりました」と言えるチャンスを作るように努めているのだが、そこで拒否したら、陣地はさらに狭くなる一方だ。私だって人を追い詰めて嬉しいはずがない。早く意見を修正してほしいのだが、修正してくれないので、一歩一歩確認しながら進めていく。

考えの指針がないのに、なぜ自分の判断が違っていたと言えないのか。仕事の手続きの話だ。考え方の違いで済ませようとするような発言に、途方もなく脱力し、とてつもなく大きな失望を感じる。手続きなんて、言い張るようなことではない。自分の判断にブレがあったと自覚したら、その原因を考えるか、判断しないでよいポジションにいることにするか、どちらかがよいと思う。

明日こそ鍼に行かねば。仕事が思うように進まない。とみきち、ピンチか……。

| | コメント (0)

2019年8月26日 (月曜日)

8月25日(日)

元気に生きております。キャパ以上の状況のタスクがあるのに、タスクのみでパンクしてはならじと、睡眠、約束、サボり時間などをきっちり組み込んでいるため、何もかもが遅れ遅れ。そういうなかで、「何時就寝、何時起床。二度寝…」みたいなものを書く余裕はなく(笑)。

今日の夕方から、風の季節が夏から秋に変わった。日の入り時間の光の変化と雲の形は、今日より何日も前から、とうに秋の気配だった。

そういえば8月23日(金)の夕方、虹の右肩を見たのでした。

Img_20190823_175705

怒涛の一週間でした。今週、書ける限り書きます~。

夏が終わりますね。

 

| | コメント (0)

2019年8月20日 (火曜日)

8月19日(月)

・2時間睡眠で鍼治療に。

・帰宅後、昼寝4時間。

・キーボード届く。なんて快適なこと! ミスタッチやら、意味のない戻りやらが激減。ストレスフリーでさくさく仕事が進む。やはり道具はけちってはいけない。よい道具を使いましょう。

・食事の支度とトイレ掃除以外はほぼ仕事のみ。

・今週、3回のオーラル+土曜日のテープ起こしWSというサバイバルなスケジュールだったのだが、なんとなんと、金曜日のオーラルが、先方のご都合で一週間延期に! \(^o^)/ これで、だいぶ余裕をもって今週の予定が組める。

・明日、第5回のオーラルに備えて、最近第3回を納品したばかりだけれど、9日前に行われた回の記録も粗々起こすために、突貫工事。前回の話を前提に次の質問を組み立てるわけだから、前回の記録はどうしても欲しいのだ。が、日程的にもともと無理があるため、研究者同士の質問項目の相談自体も突貫工事。皆さん超優秀だから、膨大な膨大な新たに出てくる資料もひととおり目を通したりして、本当にすごいのだけれど、一回2時間という時間をいかに効率的に使うかとなると、やはり準備が大切。とりあえず、昨夜1時間分を、恥を忍んで打ちっぱなしでアップ。最後の部分だけでもアップしますね、と言っておいたのだが、今週の予定変更の助けもあり、すばらしいキーボードのおかげもあり、後半もサクサク進み、19:00頃には一応最後まで打ち終えることができた。よかった~。

・そういえば、今日は私の58歳の誕生日だったのである。きょうだいやら友人たちからメールやライン等々で「おめでとう」と言ってもらう。ありがとうございます。アラ還と言っていると、夫と同じくもう還暦になったかと勘違いしてしまいそうになるが(もう1歳や2歳、5歳や10歳、気分的には変わらないものねえ)、まだもう少し間があるのである。

・しばらくご無沙汰している友達も、誕生日には必ず連絡をくれるので、近況を聞こうかなと思いながらも、いや、ご家族で何かあったのかもしれないと、こちらからの連絡を控えているなんていうこともある。今日連絡をくれた、本当は「毎月会おうね。旅行も行こうね」と言っている幼な友達からのラインには、案の定というか、予想を超えた出来事が書かれていた。人生、何が起きるかわからないけれど、一日無事でいられることを感謝して過ごそうね、と言いつつ、サクサクっと会う予定が決まり、レストランの予約もできた。きっとまたご無沙汰中の近況報告で時間切れとなるのだろうなぁ。体調を整えて、飲んで食べて笑える態勢で臨まなきゃ(笑)。

・夕方から夜にかけて、予報どおり恐ろしい集中豪雨と雷雨が、東京の西のほうに。アメッシュを見ると、ものすごいことになっていて、最強紫色のエリアが相当の広がりになっていた。こちらに来るかと思ったが、雷鳴とある程度まとまった雨というくらいで済んだ。いやはや、激しい気候だなぁ。

・だいぶ遅くなってきた。これから食器を片付け、お風呂に入って就寝です。明日はお昼頃出かけて都内でオーラル。その前に書類の準備などがあるから、あまり寝坊はできません。頑張りまーす。

| | コメント (0)

2019年8月19日 (月曜日)

8月16日(金)・17日(土)・18日(日)

◆16日(金)は、昼間は駒込の整骨院で全身治療、夕方は地元の美容院でカット。電車と美容院待ち時間とで『哲学な日々』(野矢茂樹・講談社)読了。面白い!! テープ起こしワークショップでは、実技のほかに、課題図書として『言語学の教室』(西村義樹・野矢茂樹・中公新書)を皆で読んでいるのだが、いや、何から何まで面白いというか、着眼点が、「おおっ、まさに」みたいなことで、面白がるポイントがツボなのだ。論理学に手を伸ばしてみようかどうしようか……。

夫の従姉妹の手術は無事終了。お昼前に、従姉妹の娘である、連絡係のAちゃんからラインが入った。「よかったね~」ということで、夫、義弟夫妻にラインで知らせた。

◆17日(土)は、夫と、2か所のお墓参り。私の両親のお墓、そして、夫の祖母のお墓。「なかなか来られなくてごめんなさい。頑張っています~。見守っていてね~」と。

午前中、従姉妹の母親である、95歳になる叔母から電話。「Aから簡単なご連絡は差し上げたようですけれど、おかげさまで無事に終わりました。本当にいろいろありがとうございました」と。従姉妹入院中、叔母の夕飯や買いもの、洗濯など、従姉妹が担当していたところをどうカバーするかということで、一応介護認定は受けたのだが、頭は大丈夫、よろよろはするけれど、室内は普通に移動できる。朝食、昼食は二階の自室で済ませ、夕飯は一階に降りて、従姉妹夫婦とともにするけれど、自分のことは全部自分でできるのだ。結局要支援1だったということだし、とんとんと決まった手術日にショートステイなど入れるわけもなく。一時は、ショートステイという話まで出ていたのに、手術が近づいてきたら、叔母は手術の日は病院に付き添うと言い出した。孫であるAちゃんも、入院する当の従姉妹も、「そんなのは無理。家で待機していて、終わってから車でAちゃんの旦那がちゃんと連れていくから」と言っても、なかなか肯じなかったのである。それでも、渋々家で待機したのだったが、とにかくその不安たるやピークに達していたであろうことはよくわかる。無事に終わったという連絡があって、Aちゃん夫妻が叔母を連れて病院に行った。しかし、麻酔が覚めるまでまだまだ時間がかかり、結局病院に4時間くらいいたのだろうか。帰宅後、疲れ果てて、ありあわせのものを従姉妹の夫が用意してくれたものを食べたら、ベッドの上に着の身着のまま横たわり、朝の3時まで寝てしまったのだそうだ。それが普通。しかし、翌日は、疲れはあるものの回復した、というわけで、私にも、心配をかけたし、いろいろ話し相手になってもらったりしたことのお礼をしなければ、ということで電話をかけてくれたのである。

一方、その姿を見て、従姉妹の夫が娘のAちゃんに「ばーちゃんが、うずくまってずっと電話をかけているんだが、誰に欠けているのか。相手の方が迷惑だよなあ」と言っていたそうである。私からはAちゃんに「おばちゃんから電話が来て、こうこうだったよ」とラインで報告したところ、Aちゃんが「やっぱり相手はとみきちさんだったんですか。朝からすみません」というわけで、もちろん手術や入院はおおごとなのであるが、この怪物のようなエネルギーの叔母、「ほかならぬ一人娘の手術となれば、たとえ指の手術であっても付き添うのが親というものです!」という意気込みの、小さな小さな95歳の気持ちを損ねぬよう、疲れさせぬよう、転ばぬように気を付けるというシフトを組んで対応するのも、なかなか大変なことであったと思う。

とりあえずは皆の協力で手術の日は乗り越えたけれど、叔母はこれからもいろいろやってくれることだろう。Aちゃんは「介護は慣れません~。ある意味子どものほうが楽ですね。疲れないし、転んでも大丈夫だし」と。「とみきちさんから聞いたメソッドが、めちゃくちゃ役に立ちまくりです~。とみきちさん、絶対本を書くべき」とか言う。ほんと、お年寄り独特のむずかしさというのはあるけど、結局こちらに余裕があるかどうかで対応の良し悪しは決まると思う。つまり、ほとんどの場合、介護当事者である家族はそうそう上手に対応できるものではないのだ。

◆18日(日)

洗濯、食事の支度以外は、ほぼ仕事~。

キーボードの買い替えは、いろいろ調べてネット注文した。明日届く予定。東プレの「REALFORCE R2 日本語108配列 静電容量無接点方式 USBキーボード」というものにしてみた。打ちやすいと良いのだけど。

エアコンは控えめな温度設定にしており、窓も開けて外の空気が入るようにしているけれど、それでもずっと冷房部屋にいるわけで、かすかに頭痛。でも、ちょっと頑張らないと~。

日の入りがだいぶ早くなってきた。18:30を過ぎると、夕焼けの時間が短く、一気に夜になる感じ。

ベランダのアシナガバチの巣は完成してから動きなし。手は打っておりませぬ。生協で殺虫剤を注文したので、水曜日に届く予定。自力で巣ごと退治するかどうか。うーん、怖いなあ。かといって放置すると、幼虫が出てきたときが恐ろしいし。。。むむ。

| | コメント (0)

2019年8月18日 (日曜日)

8月16日(金)・17日(土)

スマホでかなり長く書いたのに、また手が疲れて滑って誤って消してしまった。

明日パソコンで書こう。あ~。

| | コメント (0)

2019年8月16日 (金曜日)

8月14日(水)・15日(木)

14日(水)は、ほぼ仕事の一日。お盆のお墓参り、と思っていたが、気圧のせいか仕事のし過ぎか、頭が重たく、外に出る元気なし。お天気が不安定というのを口実に延期。

15日(木)、終戦記念日。早朝は夫とともに鍼治療。昼寝。またしても黙とうしそびれる。ダメだ。。。

だるさは抜けないが、昨日よりはまし。頭痛あり。でも、元気ではあります。13日のインターネットの不調は、14日には同じ状態だったのに、15日になったら、その現象は出なくなった。ルーターを買い替えるにしても、現状把握が必要ということで、まずはNTTとの契約内容などのチェックから始めなければならない。むむむ。

今度は、PCそのものが不調に。シャットダウンができないし、起動しても、ディスプレイにあらわれるものが、入力パレットのみという状況。本体の電源を押してシャットダウンしてみても、状況変わらず。困っちゃうなぁ。PC本体からすべてのケーブルを抜き、USBでつないでいるものもすべて取って放電。周囲の埃を掃除してから一つひとつまたつないでいく。接触が悪かったのかなとも思われるので、しっかり差し込む。さて、起動しまーす。何の問題もなく立ち上がりました。どういうことなのか。データもきちんと保存できていた。

仕事。何度も読み直して、先ほど共有の場所にアップして納品。もう一つあるのだ。二日間で仕上げるのは無理かなぁ。

テープ起こしWSも近づいてきて、私のすべきことがたくさんあるし、生徒さんたちのネットでの議論が深まってきて、とても嬉しい。のだが、そちらに割く時間がちょっと足りない。来週はオーラルの録音が3件あり、そして土曜日がWSなのだ。きびちい。一つひとつ楽しんでやっていこうと思う。

明日は、夫の従姉妹の手術日。95歳の叔母、40歳の従姉妹の娘(はとこ)などと連絡をとりつつ、無事を祈る。

台風の影響で一日、風が強かった。時折激しい雨も。湿度が高く不快指数も高い。運動不足の極み。今日作ってみた鶏の塩味唐揚げは美味しかった。浅漬けの素で下味をつける、というレシピ。 何年ぶりに揚げたのか。10年ぶりくらい? 明日は、整骨院にて全身調整。

| | コメント (0)

2019年8月14日 (水曜日)

8月13日(火)

早朝は、夫と鍼治療。
帰宅後、寝つくのに苦労したが、何とか昼寝。お墓参りを今日にするか明日にするか迷ったが、明日にすることにして、仕事。
テープ起こし自体は良いペースで進んだが、またまた新たな問題発生。Wi-Fiは接続できているのに、インターネットもメールも万能が頗る鈍い。

いつもどおり、ルーターの電源やモジュラーを一切外してみたりしても、事態は改善されず。先延ばしにしてきた、このロートルのルーターとも、さすがにお別れしたほうが良さそう。これはNTTのレンタルだから、返却手続きなどが必要になる。

そんなわけで、このブログもスマホから投稿。
その際もWi-Fi経由なので、きっと時間がかかるでしょう。

ネットの反応速度は、ADSLになってかなり速くなったなあ、と感じていた頃より遅いくらいです。
お話になりません(>_<)。

これでは、高画質の写真のアップなど論外でしょう。不便です。

| | コメント (0)

2019年8月12日 (月曜日)

8月10日(土)・11日(日)

土曜日、テープ起こしWSの生徒さんたちの関係で、銀座の中銀カプセルビル。日曜日、英語勉強会の皆さんと一緒に浅草。どちらも不思議なくらい楽しい時間でした。猛暑、酷暑もなんのその。まずは写真をちょっとだけ。

Img_20190810_183619 Img_20190810_173312 Img_20190811_144103

 

| | コメント (0)

2019年8月10日 (土曜日)

8月7日(水)・8日(木)・9日(金)

猛暑、酷暑続く。私は、暑さにはやられず(そんなに暑いところにいないから)、エアコンにちょっとやられつつ、元気です。

水曜日は鍼と仕事、木曜日は一日仕事、金曜日は鍼と仕事、という毎日。大きな事件なく。

金曜日は、目覚めたら久しぶりにかなりの頭痛。前日のエアコンと根を詰めたPC作業のせいでありましょう。軽く体操をして、何とか運転できる状態に。鍼をしてもらえば治るから。案の定、顔の鍼は、頭痛のツボにもつながるので(「先生、頭痛が」と伝えたのはもちろんのこと)、鍼が入ってほどなく頭痛は90%消えた。終わったあと、「右の頭の横のほうに、かすかな痛みが」と言ったら、R先生、「右向いて。はい、今度は左向いて」。首のずれがあると確認。「はい、ベッドにあおむけ」。首のラインを指で触って、「ここは痛い? ここは痛いね?」「そこは痛くない。あ、そこは痛いです」と言い終わるか終わらないかの瞬間に、ゴギッ。今度は反対。構えてしまうから、なかなかゴギッと入らないのだが、何回目かに「バギッ」と鈍い音。いわゆるポキポキ整体とは違うらしく、「ここ」というところをきちんと指で押さえて、その部分だけをずらす、という技である。その後、頭痛は再発していない。ありがたや~。

・で、木曜日に新しく知人から頼まれた急ぎ仕事、というか、ちょっと聴取難な仕事と、仕上げたいオーラルとが重なって、かなり仕事人間になっていたのだが、金曜夕方にオーラルが完成し、レターパックで、本局から送付。車で出たので、ついでに食料、花などを買って帰宅。お花屋さんでは、「暑くてお花がもちませんね~。そんななか、ランはものすごく強くて本当に助かります」「はい、ランは強いです」。でも、ランばかりでもちょっと飽きてしまうので、今日は3種類のヒマワリと、ペパーミントグリーンの名前のわからない葉っぱを買った。「夏に旬のお花がいいですね。ヒマワリも強いです」とお花屋さん。菊ももちがいいほうだとは思うけれど、最後にかなり汚く、しかもにおうのがちょっと…。

・明日午後は、テープ起こしワークショップの次回WSの打ち合わせを、W校長と。その後、中銀カプセルタワー内の見学に行くのであーる。WSの生徒さんが、保存プロジェクトのマンスリーレンタルで現在借りているところ。「ご興味ある方、見学にいらしてください」と声をかけてくださり、先週は第一弾が、そして明日は第二弾が押し掛けるのである。やー、貴重な経験になりそう。中銀カプセルタワー保存プロジェクトについては、こちらをご覧ください。

・この3日間の日記は、できたら明日追記しまーす。

・立秋を過ぎたとは思えぬ暑さ。とはいえ、毎日、入道雲、イワシ雲など、雲の変化が美しく、日の入りも少し早くなってきている感じ。季節は確実に進んでいる。今日も、原爆慰霊の時間、黙とうできず。朝6:00から、ラジオ、テレビで長崎に思いをいたしていたのだけれど。

・あいちトリエンナーレ、韓国ホワイト国除外問題、アメリカの利下げ、何もかも、枠組みを変えたら真逆のことを言う可能性もあるのに、と思うことがいろいろある。でも、それぞれの人に組織に国に、それぞれの理由で譲れない、振り上げたこぶしを下せない理屈があるのだ。人として許せても立場上許せないこと、理屈や理性では許せても本能として許せないこと、いろいろある。「客観的な判断」というのは、立場をそっくり入れ替えても成り立つかどうか、というふうに考えてみると、その妥当性がわかるように思う。パワハラも、セクハラも、国家の争いも。自分勝手な理屈を相手に押し付けているときほど、あるいは、そういう人ほど、「客観的だ」と思いたがるのではないか。これは自戒もこめて。「客観的だ」とうそぶくのではなく、お互いに譲り合ったうえで、というスタンスで解決するほうが、物事はうまくいくように思う。ナイーブすぎるかもしれないけれど。

・原爆と原発の問題。当事者意識を持ちつつ国家の問題を考えることって、できないのだろうか。どうしても、どちらかの立場に立って、対立軸を明確にしたうえでないと、話は進まないのだろうか。「立場を交換しても成り立つ論理」という前提を考えること自体、間違っているのだろうか。日本の夏はこの問題とともにある。

| | コメント (0)

2019年8月 7日 (水曜日)

8月5日(月)・6日(火)

◆8月5日(月)

・2:25就寝、7:30起床。温泉ではやはり、自家製時差のおかげでなかなか寝付かず、4:00頃までばっちり頭も目もさえていた。日曜は炎天下を少し歩いたので、睡眠不足と適度な運動のおかげで、昨夜は私にしてはすごい早寝! 朝はゴミ出しのために起きた。

・温泉に入り過ぎたせいか、水の摂取が普段よりだいぶ少なかったせいか、今朝体重測定をしたら、体重が減っていたのは良いのだが、体水分率が大幅に下がっていて(普段は50.5~51%)、47.9%なぞとなっていた。まずい。でも、まあ、老廃物は出てデトックスになった感じはある。もう一つ、左足のむこうずねのやや外側が、なんとなく火照った感じなので見てみたら、たいしたことはないけれど静脈瘤発見! びっくり~。昔、母が運動をしていなかった頃、膝の裏にあって「気持ち悪い」とよく言っていたが、ウォーキングと登山を始めてからは消えたのだった。適度な運動、筋肉が必要なのだ。座りっぱなし生活の弊害はあちこちに。洗濯2回。

・10:00からオーラル・ヒストリー第4回に遠隔参加。いつもはインタビュイーの方が東京に来られるタイミングにあわせていたのだが、今回は札幌まで出かけていって、というパターン。現場では、インタビュイーご本人、メインインタビュアー、本オーラルヒストリーを企画しているNPOの理事長+スタッフの1+3名。遠隔では、インタビュアーの一人Wさんと、記録者の私がそれぞれの場所で、Zoom参加。さて、スタートしたら、Zoomで届く音声が、音は入るけれど、言葉が一つも聞き取れないレベル。早速WさんがSlackで「言葉がほとんど聞き取れません」。現場で、理事長が「了解しました。WiFiを変えてみます。少しお待ちを」。その間も、インタビュー自体は、メインインタビュアーによって進められており、録音はその場でICレコーダーでなされている。2時間半以内に2時間のインタビューを終わらせる必要があるため、遠隔会議の設定がうまくいかなくとも、インタビュー自体は進めねばならないのである。私は、本件にかかわるようになって初めてSlackとZoomに触れたので、言われたことはできるが、状況に応じて臨機応変により良いアイデアを出すことはできない。しかし、「聞こえないよ~」と思っているわけだ。結局、PC経由ではなく、Zoomを入れたスマホから、動画はなく音だけ飛ばしてもらうことになり、30分後くらいからはその場の話がちゃんと聞き取れるようになった。そして、インタビュー自体は「今日はここまでいかれたら」という目標地点にははるか及ばないうちに2時間経過。インタビュイーの記憶が鮮明になって、こちらの予想以上に具体的に話し始めたので、「はい、その話はそこまで」と途中でぶったぎるわけにもいかず。

・2時間経過後、この先の日程調整。今回が第4回。そして、5、6、7回の日程が決まった。これで終了しないと、その後の原稿チェック、冊子化、そして発表というスケジュールが成立しなくなる。そういうわけにはいかない、というのが、クライアントであるNPOの立場。そして、インタビュイーの方もそのことは重々承知。なんとかなるかな。それにしても、SlackやZoomを使いこなし、状況に応じて冷静に対処していくさまは素晴らしかった。勉強になります~。大きな組織に属していて、いろいろなものを用意されているなかで仕事をするより、能力があったら、こうして新しいデバイスその他を利用して、やりたいことを今すぐ「できること」に変えていくのはいいなぁと思った。彼らは皆、やりたいこと、ミッションを持っており、かつ、それをやりぬくための能力やスキルがある(もちろん努力して習得している)。世界に発信していくための語学力もあるし、現場の声をみずから拾ってくるためのプラン作りも、拾いに行くエネルギーもある。そして、なんといっても、ものすごく人間的な人たちである。こういう強さ、明るさはどこから来るのだろう。まだ現役ぎりぎりの年齢でこういう人たちと知り合うことができたのは、大きな財産になる。つまり、組織に属していないことの不利益は、今の世の中、かつてに比べて相当小さくなっていると実感することができたから。組織ありき、安定した給料ありき、の時代ではない。定年を過ぎて、自分がやりたいことがもしあるのであれば、面白いことができる世の中になった、と思う。「給料をもらう」という発想から脱却すればよいだけのことなんですけどね。

・12:00過ぎに終わって、それから仕事。今日もまた18:00過ぎ頃、酸素不足に。窓を開け、扇風機だけにして、畳に大の字になる。このまま蟄居はまずいでしょう。自分を鼓舞して、運動がてら徒歩にて駅付近まで買い物に。途中、月がきれいだったので写真を撮った。本当はちょっと太った三日月なのだが、うまくピンとが合わなかったなぁ。家を出るときには、西の空の右半分(つまり北側)が美しい夕焼けに染まっており、左半分は白い雲がもくもく、という情景で、夏の宵らしい明るさがあった。空が見えないところには暮らせないなぁ、とよく思う。

Img_20190805_192310

・仕事はよく進みました~。

・真夜中過ぎに、兄からメール。返信したあと、携帯で30分話した。相続後のことがメインの話題だったが、あとは、まあ、兄妹ならではのおしゃべり。子どもたちのことなども。4500歩。

◆8月6日(火)

・3:20就寝、5:20起床。簡単朝食、ゴミ捨てをしてから、6:00に車で出発。6:30から鍼治療。久しぶりにAちゃんも治療に来ていた。「会おうね」と言ってそのままになってしまっている、たくさんの友達の一人だ。会うとなったら、楽しく会いたい、美味しいもの、面白いものを共有したい、時間に追われず楽しく過ごしたいと思うと、なかなか「今だ」というタイミングが見つからないまま、また次の忙しさの波がやってくる。そんな感じでタイミングを逃すことがなんと多いことか。定期的に何らかのきっかけがあって会える友達や、二人だけで会うのではないという友達とは、結構頻繁に会って話すことができる。でも、今は、連絡手段が多様化して、何年も会っていなくても、ライン一つで、まるでブランクなどなかったかのようにおしゃべりできるようになる、ということもある。Aちゃんとは「いつでも会える感」が強いので、わざわざ連絡しないという感じが強いかな。

・静脈瘤をR先生に見せたら、「お風呂に入ったときによくマッサージして」と言われた。ひどい静脈瘤を鍼で治した腕を持つR先生も、その治療方法(こっちのツボを最初に、その次はこのツボ…という順番)をご自分で編み出したのだが、記録しておかなかったので忘れたとのこと。私も、この程度のことで治療してもらおうと思ってはいないが、まず診て判断してもらいたかったのだ。「大丈夫、たいしたことない」とのことだったので、「また時々様子を見ながらご相談しまーす」。

・今日はものすごく暑い。帰宅後、寝られそうな感じだったので、9:00に布団に入ってみたら、寝られました! 9:00~14:30まで5時間半。途中何度か起きたけれど、気持ちよーく眠れました。広島の原爆の日なのに、黙とうできずじまい。あちゃー。

・起きて、腹ごしらえをしてから洗濯2回。あっという間に乾くのが嬉しい。いくら暑くても、私は梅雨より真夏が好きだ~。特に晩夏から初秋が好き。

・夕方から仕事。睡眠が足りているのでよく進みます~。一つ、打ち終えました。滑舌がすこぶる悪く、話が飛び飛びになり、調べものが多い、なかなかの難物オーラルです。でも、わかったとき、話が通じたときは気持ちがいいのですよね。「うまくスムーズに話せなかったようですけど、あなたのお伝えになりたかったこと、ちゃーんとわかりましたよ。こういうことをおっしゃりたかったのではないですか」という気持ちになるのです。

・今日は全然歩かずじまいでした。790歩。

| | コメント (0)

2019年8月 5日 (月曜日)

8月3日(土)・4日(日)

土曜の夕方の特急かいじに乗り、大月のちょっと先に行ってきました。当初はハイキングの予定で1泊2日の日程だけキープ。梅雨がなかなか明けず、週間予報を見ても、荒れたお天気ばかりが続くなか、あまり本気で登るプランは無し。ダメでもなんとかなるように、ゆっくりできる温泉を予約。梅雨が明けた途端、猛暑、しかも時々荒れ天という気候が続き、完全に「登る気」が失せて、ただ温泉に行ってのんびりして帰ってくるのでもいいや、と相成りました。

観光はほとんどせず、標高は少し高いので、朝晩はそれなりに気温は下がるけれど、避暑には全然ならず。そうなると、富士山も天気が良くてもかすんでしまうということで、ほんのうっすらとしたシルエット(形は美しいけれど)を拝んだだけでした。

猿橋を見て(学生時代サイクリングでこの辺はちょくちょく行ったけれど、猿橋そのものを見たことがなかった)、昼間の「かいじ」に乗って夕方には帰宅しておりました~。温泉に何回入ったかな、6回くらいかな(笑)。脂っこいものも出てこないので、デトックスになったかなぁ。土曜日は4000歩、日曜日は12000歩強。

Dsc_0367 Img_20190804_111230 Img_20190804_115636

 

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »