« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月21日 (月曜日)

10月21日(月)

サボり続けてしまっている。が、大きな変わりなく暮らしております。相変わらず昼夜逆転、鍼・整骨院通いを続け、運動はゼロ、室内ぐしゃぐしゃ、仕事たんまり。

トピックとして書いておきたいことは…

・台風19号の被害の大きさに心が痛む。そして同時に都心の遊水池整備のすばらしさに感心する。インフラが整備されていることは当たり前ではないのだ。地震への対策はまた異なるものだと思うから、地下をそれほど掘って大丈夫なのかと、深い地下鉄に乗るたびに思うけれど…。科学(国土保全、情報通信などなど)のさまざまな知見が総合的に連携することが大事なのだろう。東電の原発問題は、その「連携」部分に欠陥があり、いまだにそれが改善していないように見えることが信頼回復を阻む要因。そして関西電力の問題が出てきてしまい、いずこも原子力そのものの問題ではなく、その周囲にいる人間のありようの問題なのだということが、解決への道を閉ざしていると思う。そういう状況にあるのに、「原発の安全性」「日本経済の発展との関係」などを言い立てても何もならない。

・10月19日(土)、義父母の一周忌と納骨を無事に終えることができた。雨の予報だったが、幸いにも一度も降られることがなかった。義母が同居中、夫と私が参加する古本市の天気予報が微妙だったとき、義母が「テルテル坊主を作ってあげる」と言い出した。最初は、布と糸でと言っていたのだが、とても器用で何でも作れる義母ではあったが、それまでできていたことが少しずつできなくなってきて、何段階かの手順が必要な作業、あるいは同時に複数のことをこなすようなことが苦手になっていた。布を裁ち、針でちくちくという作業にマンツーマンでゆっくり付き合う時間がなかったので、「おかあさん、ティッシュで作りましょう」と、ティッシュを丸めて、それをまたティッシュでくるみ、首のところを、お菓子の包装に使われているリボンで結び、顔をマジックで描く、という簡易なものにした。骨折をして我が家に戻れなくなり、最後にお世話になった療養型病院のベッドで作ってくれたものもあわせると8体くらいになっている。そのテルテル坊主はなかなか威力があったので、今回の納骨に際しても、古本市出店名「とみきち屋」の名前を借りている、猫の「とみきち」に1体を抱っこさせ、4体ほどをお骨の前に置いて、お線香を炊いて「よろしくね」と拝み、当日も1体お墓に持っていった。やあ、霊験あらかたですよ~、ほんと。青空も見られるくらいでしたから。

・ラグビー日本、南アフリカ戦、切なかった~。南アの選手たち、あり得ないミスを結構連発していた。日本に対する警戒心、前回大会の雪辱の思いが強すぎたのか、メンタルでは日本がまさっていたと思う。しかし、完全にフィジカルで凌駕している彼らが、迷いなくプレーをし始めたら、自力の違いは明らかだった。しかも、日本の戦術を完全に研究して、良さを出させてくれなかった。姫野がマークされ、田村が怪我をしてしまい、ディフェンスのものすごい瞬発力に圧倒されて、こちらは後ろで球を回すだけ。相当な圧力だったのだろう。それでも日本は試合を投げることもなく、絶望的な表情を見せることもなく、仲間を信じて最後までタックルを繰り返していた。とはいえ、力の差のあるチームによるラグビーの試合というのは、見ていてつらい。モールでどんどん後退してしまう。タックルを受けて倒れた選手がこれから展開しようとすると、上から襲い掛かってきてあっという間にターンオーバー。スクラムで踏ん張れたのは前半だけだった。

・しかし、自信を持ち、誇りを持っているチームというのは美しい。チーム内の選手同士が感情をぶつけ合う姿を見たことがない。練習の間に徹底的にぶつかり、意見を出し合い、弱みも強みもわかり合ったうえで一緒に戦っているのだろう。チームゲームが好きだ。

・仕事が増えている。充実感あり。

・明日がついにテープ起こしワークショップの最終日。台風19号の直撃が予想された12日に予定していたので、延期した。そのおかげで追加の準備ができた。たった3回のワークショップでテープ起こしについて何を伝えられただろう。試行錯誤ではあったけれど、Wさんとのディスカッション、そして生徒さんたちの熱心な取り組みもあって、私にとってはなんともいえず楽しさがあふれる場になった。課題が難しすぎるという声もあったけれど(笑)、明日の最終回で皆それぞれに何かを持ち帰ってもらえるのではないかと思う。このWSは、テープ起こしの技術習得が目的ではなく、言葉の学校の目的に合致した目的を掲げていた。テープ起こしを実際に体験することにより、人の語り、そこから出てきた文章、言語そのもの、コミュニケーション、などなど、新しい角度からアプローチすることができたのであれば嬉しい限り。それを、自分の興味を持つ分野で(例えば編集、読書、ライティング、校正、翻訳など)生かしてもらえたら、と思う。

・テープ起こしの作業では、普段使わない感覚を使って言葉に接することになる。極端に違う2種類の起こし方で起こすというワークから「聞いて起こす」方向で言葉に接してもらった。他方、『言語学の教室』を皆で読んでいくことによって、「言葉そのもの」の持つ面白さに触れていった。生徒さんからの感想が楽しみだ。言葉についても、テープ起こしについても、そしてワークショップそのものについても、彼らはきっと、感じたことを存分に語ってくれるだろう。

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月曜日)

10月11日(金)、12日(土)、13日(日)

現在は10月14日の午前2時半。

昨夜は台風19号による被害を受けずに助かったと安心して寝たのだが、今朝、ネットで千曲川決壊その他、その爪痕大きさに驚いた。

今回感じたのは、天災を防ぐことはできないが、せめて自分が被災者にならないように最低限できることはやらなくては、ということ。地震や土砂崩れでひとたまりもないような危険な場所に住まない。被災することが予測できたら早めに避難する。避難のために必要な最低限のものを用意しておく。危ない場所には近づかないようにする。本当にそのくらいしかできないけど、心がけたい。

具体的にできることとしては、持ち出す荷物をもう少し整理しておくこと。停電に備えてカセットコンロを買うこと。明かりについては結構準備がある。首から下げるLEDペンダントライト、登山用のヘッドライト(赤外線ライト付き)もあるし、簡単に持ち運べる小さなLEDライトはいくつもある。しかし、カセットコンロは大昔のものしかなくて、今は使っていないのですぐに出せず、煮炊きができない。新調したほうがよい。携帯トイレは50個買ってあり、水も2リットル×6~10本は常備している。防災用のリュック2個あるが小さくて全く役に立たない。登山用リュックを使えばよい。電池も仕事柄、常にかなりの数のストックがある。携帯の充電器はあるが電池式ではないので、電池式充電器が必要。貴重品についても、何を持ち出すのか決めておかないと、いざ避難となったら、きっと慌ててしまうだろう。

被災した方々の気持ちはいかばかりだろう。日常への復帰はそう簡単ではないことと思う。お見舞い申し上げます。

◆10月11日(金)

・3:30就寝、9:30起床。台風19号が関東直撃するらしいとのことで、土曜日に予定されていたWSを延期することをWさんと相談して9日に決定してあった。その代替日の相談などをする。

・11:00頃から仕事。量子力学の世界にどっぷり。もちろん計算式などがわかるわけではないのだが、「こういう考え方があり、こういう歴史があり、この説ではこの現象が説明できず、この説では……」ということを一つずつ確認しながら、話された内容を理解していくのだ。「わかった」と思っても、調べてみると、私の「わかった」はまだ一般人の世界の認識内の「わかった」であることがわかってしまって、またまた調べるのである。古典力学の「振動」とか「電磁波」からして、へーーー、そういうことという世界から始めるのだから、長い道のり。でも、面白い~。

・一歩も歩いていないぞという一日になりそうなので、夕方スーパーに。やや、なんだかずいぶん品薄ですね。皆さん、台風に備えて買い込んでいるのかな。

・その後も仕事。

◆10月12日(土)

・4:30就寝。夕方から夜に上陸という予報なのに、明け方からものすごい雨が。5:30、7:00と目が覚める。もう眠れないやと8:30頃からもそもそと起き出す。今からこんなに降って大丈夫なのだろうか。そして、まだ遠くにあるのに、千葉では竜巻が起きて、既に人が亡くなったりしている。どれだけすごい台風なのか。相当な警告が気象庁から出続けている。緊張してしまう。

・うちは川が近いので、スマホにしょっちゅう「エリアメール」の警告が来る。そのたびにどっきり。14:00頃には既に氾濫危険水域を越えて、警戒レベル3が4になり、16:00には避難勧告地域になってしまった。うーん。夫と相談。避難するとしたら、近所の学校ではまったく意味がなく(地盤がうちより低いし、うちは3階だから)、川から離れ、かつ、海抜がもう少し高いところにある学校に行くことになるが、いや、それはねえ、と。国土交通省のサイトで川のライブカメラをネットで見ていたら、河川敷がもうすっかり川になり、橋げた近くまで水面が上がっている。数十年前に堤防が決壊した川で、改修工事をしてスーパー堤防もできているから、決壊の心配はないが、氾濫はありえる。それでも、我が家が水没することはない。下水の逆流は頭に入れておかなくてはと思うが、暴風で物が飛んできてガラスが割れること、停電、下水の逆流が心配事のトップ。近くにガケなどはないので、土砂災害もないし。

・そういう緊張状態で過ごしたが、21:30頃にはピークが過ぎた。

・仕事はしていたが、緊張してあまり仕事にならないので、ラグビーの試合を見た。アイルランドvsサモア。アイルランド、強いじゃないの。日本、よく勝ったなぁ。疲れ果てた。

◆10月13日(日)

・2:45就寝、5:00に自然に目が覚める。今日は寝るのだ~。10:30起床。台風一過の青空。風は強い。ネットで確認すると、電車も少しずつ動きだしているようだ。しかし、長野、群馬などの被害の大きさに衝撃を受ける。そのあと寝たり起きたり。

・でも、洗濯しなくちゃとお昼過ぎに本格的に起きる。仕事をしながら洗濯。

・今日はオーラルの仕上げ。聞き取れない言葉を仲間や夫に聞いてもらったのだが、まだ聞こえない。その他の部分の仕上げをする。

・19:45からラグビーを夫とテレビ観戦。日本vsスコットランド。日本の戦いぶりは素晴らしいの一言だった。しかし、スコットランドのあの倒れこませない力はすごい。ボールを持った人を止めて、しかも体を上から持ち上げるようにしておいて、「立っている間はボールに触ってよい」というルールを活用して、ものすごい力で奪い取る。試合中、何度も奪い取られた。あれへの対策は必要だなあ。しかし、今の日本代表はスクラムで負けないところがすごい。ナイスゲームでした。

・ああ、明日もお休みなんだぁ。明日は別件に着手しよう。あとは、WSの準備も前倒しで。

 

 

| | コメント (0)

2019年10月10日 (木曜日)

10月10日(木)

昨10月9日は、義父の命日からちょうど一年。一年しか経っていないのが信じられない。義父母の大きな額入り遺影とお骨がドンと並ぶなかでの暮らしが普通になっている。人生をどう終えるのかというのは、どう生きるのかより難しいことだと思う。

12日土曜日のワークショップ最終日を控えて、仕事が重なる中、かなりのひっ迫スケジュールだったが、またまた猛烈な台風直撃の予報を受けて、校長のWさんと相談し、昨夜の時点で延期を決めて、生徒さんたちにお知らせした。おかげで、息を詰めて仕事を進めていたのだが、呼吸をしながら進めることができるようになった(笑)。

今週は、鍼のR先生が帰国中で、5時台起床の日がないので、逆に油断して、というか調子に乗って、毎日朝まで仕事をしている。6時までとか、そんな感じ。そして、数時間で目が覚めて、9時前後まで頭がはっきりしてしまうのだが、お昼前後が強烈に深い眠りの時間帯がやってきて、何の音も聞こえない状態になる。そんな具合で、仕事は着々と進めている。出かける予定(交際も仕事も)もそれなりにある。というわけで、運動ゼロ、美容院にも行かれず、ということになっているが、もうひと頑張りしようと思う。

量子力学の初歩の初歩をネットと書籍で確認しながら、テープ起こしの見本を作るわけだが、なかなか面白くなってきた。読んでいる本は『量子力学の哲学 非実在性・非局所性・粒子と波の二重性』(森田邦久、講談社現代新書2122)である。「物事をどのように捉えるのか」「世の中の事象をどのように捉えるのか」というときに、哲学的なアプローチが心地よく感じられる。認知言語学も結局は野矢茂樹氏の哲学的なアプローチが加わるから魅力的になり、かつ、自分がそこに含まれるという感覚になる。我がことながら、ちょっと新しい発見。そして、この発見はうれしい。野矢さんの「物語の相貌」というキーワードもこれから考えてみたい表現だ。

 

さて、現実。健康診断結果が送られてきたのであります! 年齢的にメタボ予防がメイン目的の診断。区切りの年齢にはガン検診も受けられる。昨年までの私の課題は、高めの血圧と、驚くほど高くなった中性脂肪の2点だった。

今年の結果は、医師からの総合判定は以下のとおり。

「血圧が高めです。自己測定は正常とのことですので、経過観察してください。動脈硬化を悪化させるLDL-コレステロールが高めです。動物性脂肪を控え、繊維質を多く摂り、適度の運動を心がけて、1年後に再検査をし、経過観察してください。」

というわけでですね、中性脂肪は驚くべき結果でありました。

   47(2016)→ 85(2017) → 277(2018) → 45(2019)

2017年と18年の異常値が、異常過ぎて驚くわけですが、今年は無事に元通りに戻ったということで、やれやれです。原因は複合的だと思うけれど、2016年父死去、17年母死去、18年義父母死去。そして、18年の測定はまさに義父を見送って10日もたたないうちだったことが一つ。そして、更年期の症状がまだ落ち着かない最中だったことが一つ。体は正直です。

また、今年は1月に足首を捻挫して以来、定期的な運動がまったくできなくなり、たまにハイキングに行く程度。しかし、毎晩の酒量はまったく減らず、家にいる時間も長いので、よく食べている。しかも、忙しいときはインスタント食品に頼る部分も大きい。ずっとHDLコレステロールが多く、LDLコレステロールが少ないのが自慢だったのだが、ついに逆転してしまった。運動すればすぐに下がるさ、と思っているが、わたくし、すぐに運動をしそうにないので、それが問題である。動脈硬化には気をつけなければ。塩分も最近また結構気にせずとっているからね~。

今日は、オーラルでどうしても聞き取れない表現があり、チーム仲間に「お耳拝借」をお願いした。滑舌が良くない方で、しかも時々、ちょっと言い間違えても気にせずそのまま弾丸のように話し続けることもある方ではあるのだが、その言葉を私が知らないから聞き取れないだけということもままあるのだ。このあいだは“社会の木鐸”が聞き取れなかった。「ぼくたく」とはまったくおっしゃっていないのだけれど、テープ起こしの仕事をしている以上、「ぼ」と聞こえた瞬間に文脈から思い浮かばなければ駄目なのである。力不足が瞬時に露呈する瞬間ではあるが、次に出てきたときには「ぼ」だけですぐにわかるはず。

さて~、これから量子力学の世界に参ります~。

台風が心配だ。先日被災した千葉県の日常がまだまだ復旧していないところに、またしてもやってくる可能性があるわけで。自然の猛威をしずめることはできずとも、人災を防ぐための力を日々蓄えておかなければならないのだろうけれど、便利な生活を前提に生きている私たちは、生き物としてはものすごく退化している。友人の参加した世界スカウトジャンボリーの写真を一部見せてもらったけれど、サバイバルで、いや、私はへたれだから、ちょっと無理~と思ってしまった。でも、自分のことを自分で守る力を養う(大草原の小さな家を思い出す)ことは不可欠なんですよね。。。

| | コメント (0)

2019年10月 3日 (木曜日)

10月2日(水)

吾亦紅と丸い黄菊の束を2つ買ってきて、ガラスの花瓶に投げ入れた。吾亦紅は特別に好きな花の一つ。バラ科なのですか~。

今日も忙しい一日だった。前回寝坊で予約をすっぽかしてしまった整骨院の予約が12:00。8:30頃から緊張して起きたから、寝不足。4時間睡眠、しかも途中で目が覚めている。。。無事に治療を受けることができてよかった。左臀部、つまり骨盤の外側あたりのゆがみ、違和感はだいぶ軽減されてきているが、やはり右に比べるとまだ引っかかりがある。「だいぶ良くなったけど、まだあるね~」。右足首は、筋がおかしいわけではないが、固まっているので動かすと痛みあり。「登山の前などには、怪我再発予防のためにテーピングをしたほうがいいと思うけど、慢性的にテーピングをすると、体がそれに慣れちゃうので」と。はい、今はなくて大丈夫です~。仕事が立て込んでいることもあり、今日は腰よりも背中の凝り、張りがあった模様。体は正直ですね~。

一つ前の記事、元気ですと書いたけど、そういえば、のど風邪が2日間居座っていて、なかなかしんどかったのだった。市販されている漢方の総合感冒薬を飲み、ネックウォーマーで首を温め、頻繁に水を飲み、いつもよりは早寝(12:30くらいだったかな)したら治ったのでした。際限なく空咳が出て、その都度、鼻水のような、透明の痰をティッシュで引き、たちまちゴミ箱がいっぱいになる、というような状況だったけれど、のどから肺のほうまでやられてしまうことなく、なんとか持ち直して、約束のキャンセルをすることもなく持ちこたえたのでした。とにかくのどと鼻の粘膜が弱いので、乾燥、冷え、エアコン等々に弱いのであります。マスク、ホカロン、ネックウォーマーは必需品。季節を問わず、です。

仕事、進めております。美容院に行きたいけど……。

いろいろな連絡があって、Line、Slack、メール、SMSを駆使する一日でした~。

日が短くて、夕方は心細い。

| | コメント (0)

2019年10月 2日 (水曜日)

無事なり。

あれこれと小さなつまずき、ちょんぼなどありつつも、私基準では元気かつ無事に生息中。
仕事、交際が忙しく、家の中は依然おもちゃ箱ひっくり返した状態のまま。
夫も完全に夜は寝ない人になっており、堅気の家ではございませぬ。
落ち着いて書きたいのですが、とりあえず、無事を書いておきまする。

右足首の痛み軽快中。フィットネスはおそらく退会するつもり。仕事はto do list増えたり少し盛り返したり。まだひと踏ん張り。高校バレー部のOBOG総会に参加。今週は、大学を出て就職した法律事務所のプチ同窓会が予定されており。リユニオンの年齢なり。

夫の従姉妹の手術後、予測されていた抗がん剤治療無しとの知らせが先週届き、あちらの一家がいい意味で拍子抜け。従姉妹の娘からライン、従姉妹本人とはメール、その母である96歳の叔母からは電話で喜び合う。終わりよければすべてよし。とにかくエネルギー量が異常に旺盛な一族なので、それぞれに大変だった様子。こちらは「よかったですね~。本当に大変でしたね~」と、全部受け身で。

朝晩だいぶ涼しくなったけれど、今日も30℃前後まで気温が上がり、9月上旬の気候とか。課題だったアシナガバチの巣その他、何一つ対策できないまま季節は進んでいくのであります。部屋も片付かない。カーテンを買い替えたいし、洗濯したい。書類の断捨離は急務であります。新しく発生した不要の書類はその場で処分するようにしているが、たまりにたまったものたちが……。

消費税が増税となり、大昔にテープ起こしで理解できなかった、七か国だけの国名が軽減税率を導入していない国だった、という話も今や昔。その当時、普通の会話に「軽減税率」と言ってわかる人はそう多くはなかったなぁと思う昨今。

あと1か月もすれば年賀状の準備もある。今月はついに義父母の納骨を予定している。菩提寺は関西で、祖母が亡くなった際にそちらに埋葬したけれど、その後、多磨霊園に分骨をしたので、義父母も多磨霊園に。菩提寺の僧侶をお願いせずに、石屋さんの紹介のお坊さんにお願いする簡略式で。お位牌やらお仏壇やらの相談もまだ進んでいない。生き死には面倒なことであります。あとの人の負担にならないようにと考えるのか、あとの人が自分のルーツを感じられるようにきちんと歴史やら生き方やらを伝えるのがよいと考えるのか。それぞれだとは思うけれど。うちは子どもがいないので、義務をきちんと果たせばよいかなと思うのだけど、夫のほうは、義弟の子どもたちが名前を継いでいくことになるわけで。義弟はどんな気持ちなのかなぁ。

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »