« 10月21日(月) | トップページ | 10月23日(水)~29日(火) »

2019年11月 3日 (日曜日)

10月22日(火・祝)

・即位礼の日で休日に。天気悪し。

・台風で延期になったワークショップの最終日。課題が重たく大変だったなか、WSの場を楽しみにする気持ちが、ちょっとどよんと重たくなっている生徒さんもあり。それでも、こんなに温かい親しみを互いに感じ合える場が、これまでたった2回しか会っていないのにできるとは。終わったあとに、そのまま買い出しに行って飲み会になることも、別途打ち上げをすることもわかっているので、気分はゆったり。

・WSの内容は、ちょっと力わざではあったけれど、2種類の課題を通して感じてほしかったことにまとめていくことを考えながら、なるべく生徒さんたちの気づきや視点を披瀝してもらうように進行する。感想をキーワード的に板書しながら、順々に話していく。意見について、私はイエスもノーも言わず、Wさんが全体を進行しながら、私は時々合いの手を入れたり、少し反省し過ぎだったりする人には、「そんなことないと思う、そういう考え方もありじゃない?」みたいな感じで口を挟む程度。7人(1人欠席で6人)話し終えると、結構時間が経っているのだ。

・皆、感想で「時間が長いのではと思ったけれど、あっという間だった。話し足りないこともあった」ということだったみたい。教室といっても、先生に向かって生徒が並んで座るのではなく、ぐるりと座卓を囲んで、顔を見ながら話すので、「意見を述べる」ということでなく、おしゃべりする感じになるので、皆、訥々と話してもいいんだという感じになり、その結果、話す内容が通り一遍の言葉ではなく、今本当に感じていることがそのまま飾らない言葉で出てくる、という感じになる。

・都合2回のテープ起こしをしただけなのに、それまでには思いもしなかったところに関心が向いていると、本人も周囲も感じるようなことが出てくる。語られた言葉の何に注目し、どのようにアプローチするのか。「文字に起こすために聞く」という発想からまず自由になってもらうことを目指したが、それは成功したみたいだった。

・飲み会は、ヒートアップした場面もあったけれど、それも含めてなんだか合宿をしているような感じの盛り上がりだったなぁ。互いにグッと近づいても大丈夫な場所だ、という雰囲気があった。お疲れさまでした。私自身にとっては、準備の段階からずっと、仕事として自分のやっていること、感じていることを言語化し、伝える作業を続けてきたわけだが、一遍にいろんなことを言わなければ、と思わなくなったのが収穫かな。あとは、どこからアプローチしてもここに到達する、というような核となる場所を見つけて言語化できたらいいと思うのだが、はたしてそんなものはあるのだろうか。いざ未開の地へ~。

・あとで知ったのだが、即位の礼の際、強風、雨という天気だったのに、虹がかかったのだとか。まつりごとの日らしい演出になったのだなぁ。令和時代、まだピンとこないけれど。

|

« 10月21日(月) | トップページ | 10月23日(水)~29日(火) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月21日(月) | トップページ | 10月23日(水)~29日(火) »