« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月31日 (日曜日)

5月30日(土)

・3:30就寝、10:00起床。

・今日は、2月29日に予定されていて、新型コロナウイルスのために延期された、RDD東京(Rare Disease Day ato Tokyo)2020の開催日。延期されただけでなく、ミッドタウンでの開催予定だったものが、やむなくオンライン開催となったのだ。調整やら準備やら、どれだけ大変だったことでしょう。10:30~19:40までの長丁場だが、できる限り視聴するつもりで、10:00に起きた。オンラインとはいえ、司会者他、スタッフはスタジオでの録画なので、セッションごとに換気休憩がある。プログラムを見ながら、逃さず見たいときはPCで再生の前に陣取り、ずっとファイルダイエット作業を同時進行。

・私は、RDDの東京事務局を担っているNPO法人からの依頼で、難病患連の全国組織のトップを務めたお二人の方のオーラル・ヒストリーの記録作成を担当したことから、数名の方は直接存じ上げているし、また、組織名や歴史、法制化の流れなどについても部分的に知っていることもある。この仕事を通じて希少・難治性疾患に関わる知見を少しでも得られたことももちろん、私にとっては大きな財産なのだが、この問題に関わる方たちのミッションや仕事ぶり、人との関わり合い方など、どれをとっても本当に尊敬に値するすばらしい活動ぶりに、ほんの少しでも触れることができた、その体験自体が非常に大きなインパクトだった。

・ライブなので、いろいろなハプニングが起きる。音声が途切れたりして発表を途中からやり直したり。脊髄性筋萎縮症の患者さんがベッドの上で、専用のコントローラを使って、スタジオの司会者とぷにょぷにょのオンライン対戦をするのだが、まず、スタジオ側のPCで対戦の設定がなかなかできなかったり。ようやく対戦が始まったら、患者さんが笑えるほどの圧勝で、司会者が悔しがってハンデをつけてもらって再挑戦しても、またボコボコにやられてしまったり。

・スポンサーのセッションも、単なる薬のCMではなく、希少疾患、難治性疾患といかに真摯に向き合っているかということを、ヒューマンドラマ的な仕立てにして訴えていた。さまざまなステークホルダーのさまざまな活動が、動画や、自宅からのパワポ講演という形で紹介されるのも、手作り感満載で、かえって地に足が着いている等身大の様子が感じられて好感が持てた。

・ストーリーを作ろうとしていない、という一点において、このイベントの尊さは際立っていると思う。あるがまま。そして、きれいごとでなく、患者さんが尊ばれていることもひしひしと伝わってくる。

・人によって「希少・難治性疾患」に対して抱いているイメージや知識はまったく異なっているのは当然。この一日のイベントを通して、それぞれの人がそれぞれのレベルに応じて、いろいろな角度から、いろいろな立場から、この病のことを考えたり見たりすることができるだろう、と感じた。

・私自身は、上に記したとおり、少しだけかじった知識があるので、知っていること、知っている人もある。が、一日視聴していて、新たな印象、新たな知識が上書きされた印象だ。これまではどちらかというと、問題解決のために動く人たち、そして研究者サイドから見えていた景色に、具体的な色が加わった。介護を通して病院やリハビリ関連の方々とのお付き合いを長く経験したせいもあるかもしれないが、患者さんとPTさん、あるいは、ゲームのハード及びソフトの開発者の方たちとの間に、相互の信頼感が醸成されているのを感じ取ることができたのだ。そういう状況にある人は、自分の意見を自分の言葉で、誰かに気兼ねすることなく、ナチュラルに口にすることができると思う。患者さんが、自分の意見や希望を言えば、それをナチュラルに受け止めてもらえる状況にあると信じていられる、というのはすばらしいことだと思う。言ってもわかってもらえないとか、誰か、何かを非難している気持ちがある場合は、その気持ちは言外に伝わってくるものだ。体のつらさがある状態の人が、体のつらさがあってもなお、心の安定をいかに得ることができるか。それは、難病であっても、怪我、加齢であっても変わらないものだろう。特に、治癒が望めない状況の人に、いかに日々の心の安寧を届けることができるのか。「患者協働プロジェクトセッション~患者とわかちあう~」では、そのことを深く考えさせられた。

・患者さんは、同じ病気の患者さんであっても、症状は当然一人ひとり異なっている。また、年月とともに一人の患者さんの状態も変わっていく。特にこどもの難病は、成長するにつれて、体が大きくなるので介護、看護が大変になっていく。洋服やベッド、装具なども成長に応じて、あるいは病気の進行に応じて次々と変えていかねばならない。希少疾患の場合、まず病名が判明するまで20年かかることもあるという。同病の人と知り合うこともできないという例もある。だから、つながること、発信することが必要なんだ、ということは強く思う。上記ゲーム勝者の患者さんは、自分がもっと病気の人に向けて、「諦めないで」ということを発信したい、と語っているのが非常に強く印象に残った。彼のリハビリを担当しているPTさんは、「ゲームをしているのを見ている患者さんに、君もやらないの?と聞くと、だって、この手じゃできないよと答える。やりたいとは言わないんです。最初から諦めているんですね」と。しかし、自分には無理だろうと思っていたことが、道具の助けを借りたり、誰かの知恵を借りたりして、できるようになったら、その一つの経験が、これまでずっと諦めていたたくさんのことのうち、また何かをやってみたい、やってみようと思うことにつながるかもしれない。そういうことをそのPTさんは言っていて、深く納得した。

・「そんなの無理に決まっているでしょう」と言われないように、あるいは、何か無理な願いを言ったら、家族や周囲の人を悲しませることになるから、わがままを言わず、最初から物わかりよく諦める。それが身についてしまっているのだと言う。患者さん自身が「諦めないでという発信がまだまだ足りないので、これからももっと発信していきたい」と言っていた。自身がオンラインゲームを楽しむだけでなく、その発信によって人の役に立つことができるという事実は、彼に計り知れないほど大きな勇気となっていることだろう。物静かで落ち着いた語り口、素直な受け答え、その場にあわせる機転の利いた対応ぶり、どれをとっても、彼の感情が非常に安定していることを物語っていた。

・その他、コロナ禍との関連について、今回の専門家委員会の一員である武藤香織さんへのインタビューも非常に興味深い内容だった。コロナ対応に社会が必要以上に行き過ぎてしまうことによって、希少・難治性疾患の患者さんたちが受けられる医療その他も制限されることになる、というようなこともある。そして、コロナ罹患者への偏見は、希少・難治性疾患患者さんに対する偏見と同質のもの。また、PCR検査を受けさえすれば大丈夫という考え方も、行き過ぎると危険というようなことも、長年、この分野に携わっているからこその非常に常識的で納得できる見解だと感じた。

・ファイルダイエットは順調に進行中。古くて不要な書類が、まあ、出てくるわ、出てくるわ。どれだけ放置していたのか。生保関連が一番多いかなあ。ひたすらチョキチョキと切り刻んで。メタボファイル10冊が、例えばスリムファイル6冊になれば、棚にも余裕ができる。そこに同じ分類なのに並べられなかった別の場所にあったファイルを並べたり。まだまだなので、一日10分運動では済まないのですけれどね、歩みを止めないことが大事。あるとき投げやりになったら、またリバウンドしますからね。そんなことにならないように。

・夜はまたたくさん飲んで食べてしまいましたので(苦笑)、体のほうはメタボ化している感じがいたします。来週からヨガに通いますよ~。

| | コメント (0)

2020年5月30日 (土曜日)

5月28日(木)・29日(金)

◆5月28日(木)

・1:30就寝、5:25起床。爽やかな朝! 簡単朝食、ごみ出しのあと、6:00に車で夫とともに鍼に。夫の腰肩、私の腰もだいぶ軽快している。R先生「よかったね~」。これならヨガに行ってみても大丈夫かな。顔はイマイチなんだけど……。帰宅後、3時間寝た。本日、我がすみかは、屋根の雨漏りなどの点検を行なっているらしく、トントン叩く音、金属音、タイルかコンクリートを剥がしているような音とか、まあ、それはそれは賑やかなこと。建物の劣化を防ぐポイントは防水なのかな。3階建ての建物で、我が家は3階なので、屋根の作業の音が直接響いてくるようだ。午後はしばらく賑やかだったが、ある時間から一転静かになりました。ふぅ~~。 

・既に申請したフリーランスのための「持続化給付金」に必要な添付書類について、遅まきながら、代替書類として例に挙がっているものを用意できることを発見したので、これで大丈夫だろうと独自の判断で添付した書類と差し替えようと、マイページにアクセスしたところ、内容確認はできるものの差し替えはできないことが判明。なーんだ。でも、納税証明書に替わるものとして、「e-taxの受領確認」を指定されているところを、私は「国税還付金振込通知書」を添付したので、これも「納税」の証明になるはず。査定のうえで何か不備があったときはメールが来るのだそうで、不備がなければ連絡なしに振り込まれる。さてさて、どうなることやら。またご報告いたします~~。

・10万円の「特別定額給付金」の連絡は今のところまだ来ません~。

・夕方、局地的に大雨が降った模様。東京アメッシュを見たら、豪雨の色の地域が都内にも。我が家の周囲は、本降り!!という感じの雨が短時間降っただけで済みました。しかし、穏やかとは言えない気象の状態が増えたのは確かですね。

・体重は高値安定。しかし、水分摂取を心がけているせいか、体水分量が50%を切ることはなくなってきて、体重の割には体脂肪率はましな値になってきた。20%そこそこが普通で、少し絞ると20%をわずかに下回り、23%なんていったら、まあ、どうしましょ、という感じの体だったのだが、今は22%台で、あーよかった、みたいな(笑)。体重も50キロの大台に乗るなんて、生涯もうないだろうなんて思っていたのが、もう52キロを切るかどうかのラインで一喜一憂。リンパの流れが悪くて、腕の付け根などに老廃物がたまっている感じが実感できるんですよ。これは太ったというのとまたひと味違う感じ。少しずつ改善していかなくてはね~。

◆5月29日(金)

・2:00過ぎ就寝、お約束どおり5:00台に自然に目が覚める。鍼治療はないので再び眠る。9:00前に変な夢を見て目が覚める。コンビニの狭い駐車場で、切り返してバックで駐車しようとしていたら、乗客を乗せたままのバスの左の土手っ腹に、バックし過ぎた私の車がバンとぶつかった夢。切り返す前には影も形もなかったのよ、そのバス。それなのに、「何やってんのよ」的な見下ろす乗客の目線が、いかにもそこにずっと停まっていました、という感じなのが解せない。いや、あり得ないよ、ちゃんと後ろを見ておいて、「このスペースにきちんと停めよう」と思って、切り返したのだから、私は。という目覚めの悪い朝でありました。おそらく工事の「ドン」という音に驚いた瞬間に見た夢なんでしょうね。

・今日はベランダの外干しNGの日。タイル調査なんだそうだ。でも、午前中はずっと何事も起こらず。洗濯物干せたじゃーん。

・今日は読書の日。『アンダスン短編集』。やー、作品も翻訳も素晴らしい~。ストーリーだけを追うだけの作品ばかり読んでいると、物足りない、食い足りない、という飢餓感がどうしても生まれてくる。やはりもう少し「何か」がないと……。新潮文庫の紙は粗末で茶色く変色しており、活字は小さく、かつ、印字もあまり良くないのだけれど、そういうことが一向に気にならない。こんなに目が悪くなって、かすんだり歪んだりするのに、引き込まれて読んでしまうのは、作品と言葉の力があるからだ。ゆっくりゆっくり、いろいろメモを取りながら味わって読んでいる。

・ヨガの店舗が再開と決まったので、私もまた一から出直しだ~。自分の契約状況をもう忘れていたのだが、私は4月から休会の手続きをしており、復会するには手続きが必要だということが判明。サイトをあれこれチェックしても、どうやったら復会できるのかわからない。特に手続きをしなくても、1回ごとに料金を支払えば、休会中でもレッスンを受講することはできる、ということはわかったのだが、いえ、まず復会したいので……。

・13:30頃、我が家のベランダに忍者のように工事作業者が2名あらわれました! キーーーーッとか、カンカン、トントン、ガガガガッという音を立て作業をしている。ベランダは、建物の外側に付けている形ではなく、ベランダの外側の壁が建物の壁でタイル貼り、という造りになっているため、ベランダの手すり部分=建物の外壁なのである。それで、タイル点検=各戸のベランダの内側に入っての点検ということになるようだ。終わったあとにベランダに出て見てみたら、ベランダの手すり部分に赤と青でたくさんの落書き。ひび割れなどの深さや長さを記してあるようで、数字やら短い線、長い線が描かれていた。

・夕方、ヨガの店舗に出向いて、復会手続き。本来、6月から復帰したい場合は5月15日までの手続きが必要なのだが、今回は特殊な状況なので、6月分を前払いすることによって、6月からフルで復帰できることになった。しかし、アプリのシステム上で7月から復会という扱いとなっているのは変更できないため、ネット予約などに制限がかかるのだそうだ。なるほどね、何もかもイレギュラーですものね。様子を聞いたら、1レッスンの定員数をこれまでの半数に抑えているので込み込みになることはないとのこと。しかし、レッスン間のインターバルを30分から1時間にしたことなどから、一日に提供されるレッスン数が半分以下になっている。当然、バラエティもなくなっているから、姉妹店舗2つのうち、好きなレッスンを好きな時間に選べる、という状況ではなくなってしまった。それは仕方ないことだ。せいぜい、私のレベルで参加できるプログラムがあったら、極力受講するよう努めよう。早くからだの調子を整えたい。

・来週からヨガレッスンに復帰することにしたので、買い物をしていったん帰宅してから、久しぶりに土手ウォーキングに。いきなり無理をしないように、スピードはゆるゆる、時間も短めにした。

Img_20200529_180114 Img_20200529_173719

思ったよりも南風が強く、キャップを押さえながら歩いた。湿度が低くて快適な夕方。6800歩。まあ、ちょうどいいくらいでしょう。

Img_20200529_181107

我がマンションを西から見たところ。西日が当たってオレンジ色。こんな風に完全に囲われてしまいました~。手前は、水が入って蛙が早速鳴き始めている田んぼです。カモも一羽来ていました。

・昨夜、おでんをたっぷり作ったのだけれど、私は昔からおでんは、嫌いじゃないけど、全然嬉しくないので(笑)、自分用にジャガイモとマッシュルームのアヒージョを。飲み過ぎ注意だな~。明日は、残りのオイルでペペロンチーノを作る予定。太る~~。

・ウォーキングの翌日腰痛、という繰り返しになりませんように。。。

| | コメント (0)

2020年5月27日 (水曜日)

5月27日(水)

・2:00前就寝、10:00前起床。8時間すいみーん。とても蒸し暑い。足場はほぼ完成した模様。中から外を見るとそれほど暗くないのだが、外から見ると、足場の外側にかけられているネットが暗い色合いなので、建物全体が足を踏み入れることを拒んでいるように見える。すごいなあ、あっという間に、複雑な形状のところもすべてしっかり囲われている。終わったらこれをまた全部取り外し、かつ、またほかの現場で使うわけですものねえ。この仕組みを考え出した人、すごい。

・洗濯。

・そして、昨日の続きのファイルダイエット。だいぶ進んだのだが、かなりくたびれる作業ではある。続けて、家電その他の取説ファイルのダイエットも、と思ったが、今日は息切れ。また明日以降に。

・『アンダスン短編集』橋本福夫訳を読んでいると、面白い表現に時々行き当たる。今日は「憤ろしい」という形容詞。読み方がわからないので、ネットで調べたら、「いきどおろしい」。いや、「憤り」という名詞はもちろん知っており、「憤激」とか、「憤懣やるかたない」とか、「憤怒」とか、抑えられない行き場のない怒りのようなイメージはあったが、「いきどおろしい」という形容詞そのものを知らなかった。知っておくべき一般的な単語なのかもしれず、この表現を知らないのは恥ずかしいことなのかもしれないが。ちなみに、意味は2つあり、1つは、憤りを覚えるさま。腹立たしい、2つめには、心が晴れない、とある。2のほうは1に比べて随分と勢いがない感じ。ふーん。「多事多端」に続けて「憤ろしい」。恥を忍んで、いずれ「初めての言葉」にアップしよう。

・夕方、車で駅の近くまで買い物に。食料をあれやこれや購入して帰宅。30℃近い気温と高い湿度。マスクをしていると息苦しい。こんな状態で運動したりしたら熱中症にもなるわねえ。2歳以下の幼児にマスクは厳禁という見解も出されたし。

・チーム仕事をゆるゆると進めている。こんなにのんびり暮らしていては、コロナ前のようなペースに戻るのは大変そうだなぁ。

・しかし、そろそろ外食をしたいな~。おうちごはんは、レトルトや半調理品などに助けてもらってはいても、基本的に体にやさしいし、それが原因で当たったり不調になったりすることはないのだが。

・蛙が数日前から鳴き始めた。だいぶ減ったとはいえ、周囲にはまだ田んぼがあり、農水路もあるのだ。うちのベランダの前はビニールハウスか畑だったのだが、どうやらこの秋、建売住宅が10軒建つらしい。北側にもここ数カ月でバンバン建ち、あっという間に生活が始まっているのだが、南側でも始まるのね。それにしてもものすごい建設ラッシュだ。大規模マンションではないから、それほど大きな影響はないと思うが、下水道処理能力の問題など、懸念事項は若干。

| | コメント (0)

2020年5月26日 (火曜日)

5月25日(月)・26日(火)

◆5月25日(月)

・1:00前就寝、5:25起床。鍼の予約は、いつもより30分遅い7:00だということを忘れて、いつもどおりに起きてしまった。損した~。ごみを捨ててから一度戻って、6:30頃出発。そうしたら道路が混んでいて、到着が7:01分になってしまった。30分違うだけで、車両数がかなり違うんだなぁ。朝から20℃ある。暑い~。腰は、左の背筋のほうが痛くなってきました~と言うと、R先生は「それはもともとのほうだね」と。なかなか治らないなぁと思っておられる様子。今朝は予約が立て込んでいるので、腰だけで「ありがとうございました~」と辞去。

・帰宅後は、大物含めて洗濯。『アンダスン短編集』を読む。橋本福夫訳、とっても良い。ちょっと古くさいところも合っているし、突拍子もないことをしている主人公のことを、大真面目に解説するかのような語り手(書き手)の、どこかしら人を食ったようなところにも合っている。それにしても、「卵」はこういう話だったっけねえ。始まり方も、ハイライトシーンも、そしてエンディングも覚えていなかった。講義が楽しかったことも、テキストのつるつるとした白い表紙もよく覚えているのになぁ。改めてこの不思議な掌編を楽しめた。偉大なり、忘却の力。そういえば、「多事多端」という言葉を初めて知った。今、使う人、いるのかな。

・午後、フリーランス対象の持続化給付金をネット申請した。必要な書類を事前に確認して、ひととおりPDF化しておいたのだが、いざ手続きを始めてみると、必要書類をこのように用意せよという「このように」が私の事前準備と違っていたりして、途中で何度もPDF化作業をやり直す羽目になった。が、それほど複雑な作業は不要だった。途中、自分がどの申請の仕方にするのかを選択するところがあり、そこがちょっとわかりにくかったが、該当するところを見つけられてからはスムーズだった。給付金の額が幾らになるかシミュレーションができるようになっていた。エクセルに必要事項を入力していくと自動計算できるのだ。私はいろいろな条件に当てはまって、上限額で申請できた。書類に不備がなければ、2週間ほどで振り込まれるのだそうだ。運が良かったなあ。

・片づけも進める。以前、ちょっとしたチェスト代わりの家具を捨てたときに、行き場のなくなった、そこに入れていた雑多な物たちを少しずつ整理。「とりあえず入れる」ということをせずに、分類ができたものからしまう場所を決めていく、という方針で頑張っているので、そうスピーディーには進まない。が、一つひとつやっていかないと、とりあえずしまうということでもって片づけたとしてしまうと、あっという間に元の木阿弥になるから。

(書きかけ)

・寝不足なので、夜になると眠くなる。かたぎの生活っぽい(笑)。日付が変わるお風呂前にまたもや一度ダウン。

◆5月26日(火)

・1:30就寝、5:25起床。はい、今朝も鍼で~す。腰は、激しい痛みはないのに、なかなか治らないし、予断を許さないという雰囲気が漂っている。R先生にも「変な腰」とか言われちゃうし(笑)。昨日は昼寝無しで頑張ったので、今朝は眠いの眠くないのって、それはもう……。もちそうもないので、帰宅後さっさと寝ることに。8:30~11:30まで3時間、工事の音も気にならず、しっかり眠れました。

・新型コロナウイルス対応として出された緊急事態宣言は4月7日に発出され、5月25日に解除宣言が発出されたわけね。(内閣官房HPより) 朝の国道の車の量はかなり増えており、朝の情報番組の7時台の取材に対して「電車は込んでいて座れなかった」と答えている人が。日常の生活はゆっくり、ゆったりのペースを守っていかれたらいいのにね。人と人が会うこと、話すこと、一緒にスポーツや音楽を楽しんだり、食事をしたりすることの喜びを分かち合いたい。歴史に学べば、第二波第三波は必ず来るものらしいけれど、それまでにワクチン含め治療法ができているだろうか。手洗い、うがい、栄養、睡眠、エチケット。気を緩めずに、少しずつ活動の幅を広げよう。

・午後はずっとファイルダイエット作業。仕事のファイルではなく、クレジットカードとか、年金、生保、車関係などなど、契約をしてその後、さまざまな書類が送られてきたり、内容が変更になったり、という経緯をたどっているものたちのファイル。分類はしてあるのだけれど、関連書類をひたすら突っ込んであるだけになっているので、いずれのファイルもメタボもいいところ。本当に一つひとつ、「これは保存、これは廃棄」と分類していく。説明書類も多々あるから、それらは紙ごみとして紙袋に。そして当然のことながら個人情報満載なので、ちまちまとハサミで切り刻んでゆく。いや~、本当にたくさんあることあること。でも、どのファイルもすっきりとダイエットできると気持ちがいい。クレジットカードも、なんでこんなにたくさんあるのというほどあるし、お店のポイントカード、パスモ……。

・生命保険関係は、昨年見直しをして整理したので、契約が終わったものはすべて処分していいわけだが、これもとにかく個人情報満載。ひたすら切り刻む。銀行も、勤めていたときの給料口座、お付き合いで入ったり買ったりした証券、クレジットカードを作るために作った口座、その後、あれこれの職にアルバイト的に就いたときに作った口座などの整理は、昨年済んでいるので、こちらも残骸の処理のみ。年金は、年金定期便と年金手帳、年金基金の証書などをひとまとめに。クレジットカードも、現在生きているものは一つのファイルに。万が一紛失したときには、そのファイルを見れば連絡先やカード番号などがわかる、という状態にようやくなった。解約したいクレジットカードと、解約済みかどうか確認したいカードが幾つか残ったので、これは明日。

・夫の帰宅が22:30頃になり、それから食事なので、早寝は無理。明日は鍼がないからのんびりだ~。夜はゆるゆると読書と、英語の暗記を少し。

 

| | コメント (0)

2020年5月24日 (日曜日)

5月22日(金)・23日(土)・24日(日)

◆5月22日(金)

・お風呂がわくのを待っていたら、そのまま寝落ちすること約2時間。2:00に入浴して、へろへろになって2:30就寝。5:20起床。6:00に出発して鍼治療に。腰はだいぶ楽になって、よかったね~とR先生

・7:40頃帰宅。夫はまた燃やせないごみを大量に出した。どんどん物を捨てているから、前進してはいるが、まだまだ物が積み上がっているのだ~。掃除機をかけ、洗濯2回。11:00頃、ベランダの避難ばしこの定期点検の人が来る。

・読みさしの『ワインズバーグ・オハイオ』読了。や~、ずしりと手応えがある連作短編集だ。アメリカというのは、一つの国として捉えるには無理があるほど、地域によって価値観も歴史も多様だと思う。大き過ぎる国ってどうなんだろうか。国民国家という単位もどうなんだろうか。もう一回読もう。

・12:00過ぎに徒歩で家を出て、郵便局、銀行などの野暮用と買い物。8000歩。腰痛は発生しなかったが、背筋が弱っているなぁ。ねじれもあるみたいだ。ばてた。

・1階エレベーターホールのツバメの巣は、かなりの子だくさんですし詰めだったが、今日、2-3羽残して初飛行に成功。夕方、残った子たちは、落ちそうなくらい巣から乗り出して、ぶるぶると体を震わせるものの飛び立てず。夜になったら、初飛行した子たちも皆戻ってきて、またぎゅうぎゅう詰めになって寝ていた。鳥でさえ、初めて飛び立つときには勇気が必要なのね。

・夫は仕事に。

・本当に長いあいだ(師匠がチームを作った直後くらいからずっと)仕事チームに依頼をいただいている台湾関係のオーラル・ヒストリーのテープ起こしをゆるゆると。毎日毎日テープ起こし三昧だった頃を思うと、仕事量が減ったというか、5分の1くらい? という感じではあるが、一つひとつの仕事を大切にすることができている実感はある。大切にしていることと、収入とはまったく関係がないのだけれど、加齢とともに衰える部分があるなか、逆にクオリティが上がる可能性もある、と思える仕事をしているのは幸せだ。音楽、美術その他、美や真実に関わる仕事はそうだものね。私の仕事はもちろんクリエイティビティと直結しているわけではないけれど、経験や感性、何らかの蓄積に価値を感じてもらうことのできる仕事ではあるかなあと思う。効率やスピード、正確性のみが求められる事務職とは少し違う部分はあるかなと。文系の研究はロングスパンで見ることが大事。ある研究者から継続して依頼を受けているというのは、その研究者の研究にずっと伴走してきているということ。師匠が私たちに残してくれた遺産の大きさと有り難さをしみじみと感じる。

◆5月23日(土)

・へろへろになって2:30就寝。8:50起床。9:30に夫が仕事に出かける予定なので、念のため目覚まし時計をかけておいた。8:48に自然に目が覚めた。夫はまだ寝ておるではないか! 声を掛けて起こして、9:30前に車で駅まで送っていく。睡眠不足が高じている感じがあるが、もう眠れない。洗濯をして掃除機をかけ、メールやら何やらをしてから、『ワインズバーグ・オハイオ』を再読しようと思ったが、その前に、R先生に頼まれて購入した『感染症対人類の世界史』(池上彰・益田ユリヤ ポプラ新書)を読み始めたら、意外や意外、とても面白い。結局読了してしまった。R先生、お先に失礼しました~。

・夫は午後早めに帰宅。

・ツバメの巣は空っぽ。昨日勇気が出せなかった子も、頑張って飛び立ったのね。頑張ったね~。

・ロイド・ウェバーの「The Shows Must Go On!」、今週末は「The Sound of Music」というメールが来たので楽しみにしていたのだが、無料配信は終了していたのでした~。残念。「サウンド・オブ・ミュージック」は、高校時代だったかなあ、兄と2人で映画館で見て、それ以来兄が映画に開眼した、という作品。当時はジュリー・アンドリュースの前髪の短さに違和感があったのだが(それ以外は本当に素敵な人だとうっとりしていたのだが)、今となってみれば、オードリー・ヘップバーンもそうだし、あの短すぎる前髪は、繊細で知的でキュートな女性(欧米では珍しいタイプ)にしか似合わないのだな、ということがわかる。グラマラスな女性と対照的な一つのモデルだなぁ。そして、これも今にして思えばクリストファー・プラマーも非常に若々しいのだが、当時の私にはただのおじさんにしか見えなかったのである。まあ、私は基本的にいわゆるおじさんはすべて範疇外だった(日本の俳優は、高倉健を筆頭にすべからくおじさんにしか見えなかったし)のだが。それなのに、ロバート・レッドフォードとアル・パチーノは大好きで大好きでたまらなかった、というのも意味がわかりませんね。

◆5月24日(日)

・23:55就寝(快挙!)、10:00起床。早寝をしたというか、なんとなく体調が優れなかったのだと思う。昨日はどうにも熱っぽくて、一応検温したところ、37.9→37.8→37.7(書き間違えました。正しくは)36.9→36.8→36.7となったが、20代の頃から、体内で何かしらのちん入者と戦っているときはこのくらいの体温になり、自覚症状としては、だるい、なんとなくやる気が出ない、という感じだった。明確に発熱するのはインフルエンザか急性腸炎のときのみ。風邪で熱が出るということがないので、だるく感じても「気合いが足りない」と思ってジムに行って運動をしたりしてこじらせる、といった失敗談が多かった。今は、「ん?」と思うと一応検温。37.0を超えることなどないわけで、高くても36.8~36.9℃。単なる火照りのときなどは体温自体は36.4℃。それを確認すると、ああ、大丈夫ねと安心できる。そういう落とし所がわかるようになったのが30代後半かなあ。36℃台後半が続くというのは、体内で何かしら通常とは違う活動が続いているということだ。気をつけねば。

・というわけで、律儀にも5時台に目が覚め、また、8:00にも起きられる感じだったのだが、布団から出ずにいたら、またとろとろと眠れた。やはりどこか調子が悪いのだろう。10:00に起きて洗濯2回。今日は久しぶりにお天気が回復するということだったけれど、どうかな。夫は明け方寝たようなので起こさずに、私は『ワインズバーグ・オハイオ』を頭から再読。読み始めると読んだ覚えのないシーンや登場人物がいる。私はいったい何を読んでいたのでしょうか、と思うが、それでもやはり続けて二度読むとなると(通算では三度目)、「うん、これこれ」「この単語」「この表現」「この登場人物」といったところが増えてきて、この作品とだいぶ近づけている感じがある。4時間超で読了。読書日記を書きたいが、短編集を読んでからにしよう。
・洗濯2回。夫が12:00に起きてきたので、トーストのブランチ。先日多種の野菜を買ってきていたので、美味しいサラダができた。素晴らしい料理はできないし、レトルトやら何やらの力を借りたとしても、体調と気分に合った食卓を整えることができると幸せだ。食事は大切だな。年をとっても、「美味しいね」と食べられる毎日を送りたい。歯、腎臓なども含めた胃腸、味覚などの五感のメンテナンスを怠らないようにしよう。

・夕方、夫に手伝ってもらって、クリーニングから戻ってきた冬物を茶箱に入れる作業。衣替えは、今年は優秀で、あと一息。布団の入れ替えも。

・今日の運動は近所のスーパーに出向いただけ。2500歩。まあ、こんなものですね。読書三昧だったので充実~。夕飯に、ものすごく珍しいことだけれど、鶏の唐揚げを。結婚して30年超。自分で作ることも外で食べることもほとんどないメニュー。なんとなく食べたくなったのでした。私は相変わらず赤ワインを毎日1/2ボトル強飲んでおります。体が受け付けるならビールでいいんだけれどね~。今週は『アンダスン短編集』(新潮文庫)を読む予定。表紙のアンダスンの写真が峰岸徹に似ています。これは古い版なので、活字は小さいし、紙は茶色いし。訳者は橋本福夫さん。学生時代に読んだ『ワインズバーグ・オハイオ』も橋本さんだったと思う。印象はだいぶ違うのだろうなあ。楽しみ。

・読書日記はその後まとめて書くつもりだが、2018年新潮文庫の川本三郎による解説に重大な間違いがあり……。単なる勘違いなのか書き間違いなか、原因はわからないけれど、内容に関わることだからねえ。編集者はチェックしなかったのだろうか。平成30年7月1日発行なのでまだ版は重ねられていないかもしれないが、次の版では修正したほうが……。指摘した人は既にいるだろうから、私はno actionとしますが。

・夕方、夫に手伝ってもらって、クリーニング済みの冬物をどっさり茶箱にしまう。また、冬物の布団をクリーニングに出すことにして、夏掛けの布団を出した。私のTシャツ類を分類整理してしまった。少しずつ。

・近くのスーパーに2回買い物に行っただけなので、今日は2600歩。少ないなあ。座っていると、古傷とも言える左の背筋が痛む。今回の仙骨周りの腰痛は鍼でほぼ回復したのだが、動かなかったそのかんに今度はこっちがご機嫌斜めになっちゃったんですかい。不調のモグラ叩きなり~。

 

| | コメント (0)

2020年5月21日 (木曜日)

5月14日(木)~21日(木)

おお、一週間もブログを休んでしまいました。無事です。とても腰が痛く、とても忙しかったので、少しでも眠る時間を確保しよう、という生活でした。現在、腰もほぼ治り(R先生さまさま)、ベランダ片づけ問題は解決し、本日(21日)にオンライン講義も無事に終わったので、ほっと一息です~。そして、昨日今日と、とても寒い日が続いていて驚きます。

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が段階的に解除されつつある。東京はまだ具体的な見込みが見えない。黒川検事長が賭け麻雀で辞意表明。黒川さんはおそらく辞めたかったのだろうなぁ。政権に逆らったから切られたということではないかなあ。夫は、18日(月)から仕事に出かけている。仕事自体がイヤなわけじゃないけど、「家にいる人」であり続けたいみたいです。

一週間分の記憶はないし、忙しかったので、細かいことは覚えていないけれど、備忘メモなどから振り返り~。

◆5月14日(木)

・腰痛の範囲が広がっている。何故? 寝ていてもとても痛いという状況になっている。何故? 痛みがあると、変な夢を見るから、睡眠中も疲れてしまう。すごく損している感じ。トゥルースリーパーの下に敷いているマットの硬さが不足しているのか。健康なときは大丈夫でも、少し調子が悪くなった体には良くないのかもしれない。しかし、硬すぎると、今度は肩が痛くなるのよね~。1月に初めて激しい五十肩になって以来、膝、腰、足首に加えてまた新しいところ、という状況に、さすがにまずいとホットヨガに通い始めた。その効果たるやテキメンで大喜びだったのに、コロナ問題でヨガができなくなり、運動不足で体幹がまた弱って。そこへもってきて、突然たくさん歩いたりストレッチをし過ぎたりということで傷めたのかなぁ、と思うのだが、そんなことじゃ困るのよね~。

・来週仲間と3人でテープ起こしの講義をするカリキュラム(ワークショップ)で行われるインタビュー実習に、オブザーバー参加させてもらった。オンラインで行われるのは8年目にして初めてだけど、学生さんたちはしなやかに参加しているし、私たちもS先生には長くお世話になっているのでリラックス。教室よりむしろ一人ひとりの顔や発言が明確にわかって楽しい。インタビュー実習の内容も、発言の様子も、今年の皆さんはなかなかやる気もあるし、レベルも高い印象。パワポの内容を大きく変えようと思った。何バージョン目なのか、我ながら……。

・髪の毛が伸び放題なので、夫と美容室に。コロナで当然休業しているだろうと勝手に思っていたのだが、店長さんの話では、東京で自分が管理している3店舗のうち、私たちが行く2店舗はともに営業を続けていたのだそう。そうなのか~。またちょっと犬に近いほど短くなりました。

・夜は、英語仲間とグーグルのMEETというオンラインミーティングツールを試していたのだが、パソコン内の音声共有はできないことがわかった。やはり無料ツールの場合、Zoomの使い勝手の良さが頭一つ抜けているかなあ。一人、うまく入れなくて、Lineのグループビデオも同時に使ってやりとりをしていて、夜遅くに2種類のグループミーティングツールから声がダブルで聞こえるという、結構笑える状況になった。マイクロソフトのTEAMSも無料だといろいろ制限があり……。

◆5月15日(金)

・0:45就寝、5:20起床。昨夜は、マットレスをやめて、トゥルースリーパーの下にゴム製のヨガマットを敷いてみた。硬すぎる床にならないように、しかし、腰が沈まないようにということでお試し。起きた感じでは、悪化はしていなかったので、この方式でいってみよう。

・夫とともに6:00に家を出て鍼に向かう。R先生、「とみきちちゃん、何をやったの。こんなに悪くなるのはおかしいねえ。明日も同じ時間」「はい、よろしくお願いします」。症状が重いときは、鍼も痛い。イタタタの連発である。終わったあと、すぐにサッサとは動けない。しばらくしてサポーターをすれば、運転などには支障がないのだけれど。

・帰宅後、午前中は寝て体を休めた。強い鍼治療のあとは、体内で異物が入ってきた~と大騒ぎをしているので、ぐったり疲れるのである。

・午後はずっと講義のパワポ作り。結局ほぼイチから作り直している。バージョン5くらいかなあ。でも、学生さんのレベルが高いとこちらも楽しい。学ぶ気のある若い人たちと関わるのは本当に楽しい。言葉の寺子屋のほうのテープ起こしワークショップも、いつ開けるようになるかなあ。あの場こそまさに三密そのものだから。

・夜になって気温が下がってきた。腰は痛い痛い。お風呂のあとはほんの少しましになるのだが……。早寝早起きの生活~。

◆5月16日(土)

・0:30就寝、5:15起床。5時台に普通に目が覚める生活がこの私にできるなんて! 人間の適応力というのは捨てたものじゃありませんねえ。6:00に車で鍼に向かう。今日は夫は行かず、私一人。

・鍼は今日も強~い治療。容赦ないです。ビエン。今日は、足首も顔も治療してもらって、30本くらい刺されているのかなあ。土曜朝の常連の患者さんがお休みだということで、R先生、ほんの少し時間に余裕があって、コーヒーを入れてくださる。治療してもらって、コーヒーを出してもらうってちょっとあり得ないですよね~。昨日は治療のあともほとんど効果が感じられなかったけれど、今日は随分楽に。効き始めた、という感じ。

・8:00頃帰宅。講義用には、資料としてテープ起こしの起こし見本も作成するのだが、私はチェック担当。今日はそのチェックをしなければならない。ネット注文した無印のすきま家具が届く予定だから、部屋の整理もせねば。そして、昨夜3:00から48時間無料配信のロイド・ウェバーのミュージカルが『CATS』なので、これも見たい。や~、忙しい~。

・すきま家具は午前中届いた。お昼頃『CATS』を観てから昼食。そして、すきま家具を置いて(このあいだめっちゃ整理したところ)、それに入れるものはきちんと整理できた。パチパチ。そこは片付いても、その影響を受ける部分があるから、順繰りに整理が必要になっていくわけで、どこまでやるかが問題。あまりやり過ぎないよう、腰と相談しつつ。

・公開された『CATS』は撮影用の公演で、生の舞台ではなかった。しかし、まあダンスの見事さにびっくり! 群舞の迫力。衣装の素晴らしさ。歌は「Memory」を知っていたけど、ストーリーも設定も何にも知らなかった。英語字幕で観たのだけど、えっ、この歌詞、すごくない? めっちゃ韻を踏んでて文学的、すごい言葉のセンス!(知らない英単語オンパレードだけど)と思って、見終わってから、あれこれネットで検索したところ、ノンセンスヴァース(戯れ歌集)『The Old Possum’s Book of Practical Cats』を原作としているのだそうで。どうりで!! ナガさんという方のこちらのブログ(【ネタバレあり】『CATS キャッツ』感想・解説:T・S・エリオット原作の戯れ歌集を映画化する)がとても参考になりました~。お世話になりました~。

・あれこれのタスクを無事に終えて、夕飯も済ませて、21:00頃からベルリンフィル・デジタル・ホールのアーカイブをあれこれ視聴して楽しんだ。モーツァルトのクラリネット五重奏曲。この曲好きなんだけど、ベルリンフィルの室内楽(chamber music)っていいなぁ。パソコンで再生しているから、パソコンのスピーカーでは音が悪くて大変なんだけど、ヘッドホンで聴くとなかなか良い音なのであります。デジタルですからね。

・腰痛が、20:00頃からぐんぐん改善してくる感じになった。鍼が効くときって、こういう感じなのである。一定のペースで良くなるのではなく階段状。このまま回復しますように~~。忙しかったけれど、ミュージカルを観て、音楽も聴いて寛げた。

◆5月17日(日)

・1:45就寝、8:00頃起床。寝坊というものをしなくなって久しい。暑い。

・ひたすらテープ起こし見本のコメント作業。2種類の起こし方で起こし、両方のバージョンを作る。その違いなどを見てもらって、何をどう考えてどういう処理をするか、というところを「見える化」するのだが、普段私たちが仕事でやっているのと異なる起こしぶりのバージョンを作るのは、なかなか大変。

・気分転換に「CATS」をもう一度見た。よくまあ、これだけのエンターテインメントを作り上げるものだなぁとひたすら感心。そして、踊り歌うキャストの人たちの身体能力、体と動きの美しさなどにほれぼれ。歌は、そうねえ、「Memory」は確かに、その都度内容が違って感動するけれど、最初に「オペラ座の怪人」を観てしまったからねえ、どうしてもそれを基準にしてしまうので。ロイド・ウェバー的音階というものは、ここにも確かにあるのね。半音階の使い方、演歌調、民謡調で覚えやすい旋律。

・腰の痛みがだいぶ引いてきたので、16:00頃、少し涼しくなったので、足ならしに駅付近まで買い物に。歩く分には問題ない、というところまで回復していた。よかった~。しかし、ちょっと荷物が重たくなったので、帰りは少し疲れて、背中が少し突っ張る感じに。5500歩くらい。PC作業中も、お尻マッサージしたり、もも裏ストレッチなどをこまめにやって、血液循環を促すようにしている。しかし、暑い。ビールが飲みたい。ビールを受け付けない胃になっているのが本当に残念。

・次週の講義に使う、学生さんたちの提出物がこちらに共有されないので、催促はしたくないけど催促のメール。ただちに対応してくれたのだけども、その連絡やら送られてきたものの確認などにそれなりに時間がかかった。本来、今日からスタートしたかった作業が一日遅れて明日からだ。ちょっと厳しい。

◆5月18日(月)

・2:00前就寝、5:20起床。昨夜は久しぶりに寝るのが遅くなってしまった。しかし、5:20に起きて、鍼治療ですよ~。鍼はまだ痛いけど、刺された感じはだいぶ代わってきた。今日は腰と足首。顔の治療をしてもらう時間がなかった。顔の調子、とても悪い。オンラインミーティングで自分がしゃべっている動画を見るとひきつれているのがよくわかる。しつこいことだ。今朝もものすごい量の燃やせるごみを出しました~。国道を走る車両台数は、一時よりだいぶ増えてきた。ケヤキはもうわっさわっさ茂っている。マンション1階のエレベーターホールにあるツバメの巣では、ヒナたちの毛があっという間に抜け、黒に衣替えです。巣からはみ出してもうぎゅうぎゅう。6~7羽いそうな感じ。3階にもつがいがやってきました~。

・7:30頃帰宅。さすがに眠いので寝ることに。3時間で起きた。

・その後はべったり講義準備の仕事。余りにも根を詰めたので疲れ切ってしまった。夫は仕事に。今日は遅く出かけて、それほど遅くない時間に帰ってきた。それでも食事が、家にいる日よりはだいぶ遅くなるからね~。

◆5月19日(火)

・1:20就寝、5:20起床。雨。今日も今日とて鍼治療。明らかに回復基調。ふ~、あと少しだ~。

・8:00前に帰宅。働くよ~。

・ベランダ側で足場組み立てが始まった。ものすごい音!! 特に一番すごい音が、外壁にドリルで穴をあけるとき。もう家の中で工事をしているような感じ。その音は長く続かなくて、一回が例えば15秒とか20秒とか、それが10回程度で終わるという感じなのだけど、換気扇の中からも音が入ってきて、壁も振動するし、もちろん外の音もすごいし、どひゃ~。

・鉄パイプ同士が当たる音、トンカチか何かで叩く音ももちろんかなり響くし、工事の人夫さんたちが掛け合う声も大きい。でも、それは我慢できる。この轟音はいつ鳴るかわからないというのがねえ、オンライン講義のとき、どうしたらよいか、逃げ場がない。夕方、ベランダに出て様子をチェック。我が家は南向きの東から3軒目で、右隣にもう1軒並んでいる。そのほか、少し後退したところに2軒、さらに、東向きの部屋もある。南向き東端から我が家までの3軒分の前の足場を最初にでき上がったようだ。階段も下からついているし。なんて早いの! ベランダの外側に人が通り、大きな声で話している。あのグオーンの音は、足場の支柱を建物の外壁とつなぐための穴をあけるときに出る音のようだ。ということは、支柱はこれからもたてるわけで、うちの前の足場ができたからといって、その音が発生しないわけではないということね。むむむ。

・パワポの原稿を作っていく。骨組みとテーマは決まったのだが、話したいことがどんどん増えてボリュームアップしていく。私の持ち時間は30分以内。できれば25分くらいにしたいのに、1万字を超えてしまった。こりゃ多すぎる。削って削って9000字くらいに。学生さんたちの提出物を見てから、事例などをまたすっかり変えたので、手間がかかりました~。でも、流れが良くなった感じがするし、抽象論でなく、学生さんたちの気持ちに寄り添った内容になったかなという気が……。でき上がったなと思ったら、実際に読んでみて計測するのであります。まだ長いとなったら、少し削り、と繰り返していく。

・涼しい。

◆5月20日(水)

・1:20就寝、5:20起床。4時間睡眠。ちょっと厳しい。今日も鍼治療。涼しいこと~。窓を開けて寝たので、起きたとき、のどが少しイガイガ。気をつけないと。腰は回復を続けております。もうほとんど大丈夫という感じに。足首も、ギュッと曲げても痛みを感じなくなった。ありがたい~~。

・明日が講義本番。仲間と3人で連絡を取り合いながら、それぞれの担当分を仕上げていく。前日は本当にバタバタだ。夕方、S先生と、SA(student assistant)あてに、配布資料とプレゼンのファイルを送る予定なので、そこまでは気が抜けない。MLで、相談するテーマごとにスレッドを立ててやりとりするので、一日で30~40通になる。この案件だけで、それをここ一週間ぐらいやっているわけで。今はちょうどコロナのせいで、他の仕事の進行がストップしているし、趣味で出かけることも、つき合いもないし、当日出向かなくていいのでなんとかなっているけれど、インタビュー実習の翌週が講義というのは、学生さんにとってもそうなんだけれど、実はめちゃめちゃ大変なスケジュールだ。いつもはGWをはさむので2週間後なのだが、今年度は当初はオリンピック対応でGW中も講義を行うということで一週間のインターバルの予定だった。それがコロナで後ろにずれたのだが、それでもやはり一週間のインターバル。

・結局、18:00から3人でZoomで操作の確認を兼ねてミーティング。そして、各自担当分の最終版をアップしてまとめて私が送付したのが19:00頃。やれやれ。私はその後も、パワポの原稿に手を入れて、一度通して練習し、原稿の横にだいたいのタイムの目安を書いた。

・なんとかできたかな~。疲れた~~。

◆5月21日(木)

・1:30就寝、7:00起床。今朝は粗大ごみを出す日。洗濯機を回し始めてから、夫とともにベランダにある棚やら傘立て、ゴミ箱などなど7点に、前払シールを貼り、マンション敷地の道路際のところに並べる。霧雨。その後、ベランダの掃き掃除。もう諦めていたので久しぶりの掃除だ。まだきれいになるというところまではいかないが、とりあえず葉っぱやら泥やらといったものを一通り退治しました。もう少し残っているものはあるが、物がほとんどなくなり、すっきりだあああ。

・8:30過ぎから朝食。11:30から、今日参照する資料の印刷準備を開始する予定。足場組み立ては今日も継続。今日は、我が家の玄関側の外廊下側の作業のようだ。南側が最初だったのはラッキーだったのかも。と安心していたら、10:00頃、例の振動を伴うドリル音、ガーーーッと始まり、壁がガタガタいうほど。思わず玄関から飛び出したら、同時にお隣のご主人も。「すごい音ですね~」。見てみたら、お隣の玄関前の外廊下、2階の高さに工事の方がいて、3階の外廊下の下のあたりに穴をあけている様子。ひゃ~、こりゃダメだ~~。

・これはちょっとお願いしなくちゃと、下まで降りていった。パイプを積んだトラックのそばできょろきょろしていたら、庭のほうから作業の方が2人回ってきたので、「おはようございます。ちょっとお伺いしますが……」と話しかけたら、2人とも外国の方。1人は日本語が割合じょうずみたいで、「親方を呼びます」と言う。「あ、今大丈夫なんですか?」「はい、上のほうにいますから、呼んできます」「そうしたら、時間のことでちょっと相談があると言ってください。急がなくていいですよ」。外国の方は、フィリピンかなぁ、ベトナムかなぁ。東南アジア系。2人とも目が合うとにっこり笑う人なつこい感じ。

・待っていたら、反対隣の小学校2年生のR君がランドセルを背負って帰ってきた。「あれ? 今学校の帰り?」「うん」「早いのねえ」「うん」。2時間授業くらいなのかな。それでも登校しているのか、よかったねえ。ずっとお休みだったのだものね。それから2,3分待っていたら、「はいはい」と親方が、どこかの足場から降りて、庭から回ってきてくれた。「あ、おはようございます。お世話になっています。お忙しいところすみません。ちょっとお伺いしますが、先ほどのガーッという音が出る作業ありますよね、穴をあけているのかと思いますが」「はい」「あの音は、今日はまだ出ますか」「はい、まだ出ますね」「だいたい何時頃か、予定はわかりますか」「いや、それは、作業が進んでいく途中で必要になったら、そのタイミングでやるんで、時間はわからないです」「そうですよねえ、確かに。実は今日、オンラインミーティングをするんですが、あの音がしているとちょっと厳しいかなと思うので、その時間だけちょっと避けていただくことはできますか」「ああ、いいですよ、何時ですか」というわけで、軽ーくOKしてもらえました。や~、ありがたい~。これで安心して準備ができる。

・学生さんの提出物にもう一度目を通し、あとの2人の原稿も手元に置き、自分の原稿など必要なものを準備して、12:45に指定の場所に入ろうとしたら、あれ? 3人のうち私ともう一人がもたついて……。でも、なんとか13:00までに間に合って入ることができた。よかった~。焦った~。そのあとは、予定どおり3人がしゃべり、質疑応答まで無事に終わりました~。講義の間、学生さんはチャットに疑問点や感想、または大切だと思ったことなどを自由に書き込んでいく。そこにS先生も何かしらのアドバイスをしたりと時々反応をしていく。オンライン講義、なかなか良いなぁと思った。話している人の表情が見えるし、示したい資料も、教室で映写するパワポよりもよく見えるし。や~、お疲れさまでした~。

・無事に終わったので、近くのスーパーまで歩いていって、缶やペットボトルの飲み物を種類を取り混ぜて買ってきた。戻ってきたら、ちょうど親方がまた庭のほうから回ってきたので、「無事に終わりました。ご配慮いただいてありがとうございました。これ、皆さんで飲んでくださいね」とレジ袋ごと飲み物を渡したら、「ああ、どうもすみません」と軽ーく受け取ってくれた。親方といっても若そうだなぁ。30代か、せいぜい40代かなあ。外国人の若い人たちに対しても、やさしい兄貴分という感じの対応。なので、現場がとても和やか。荒っぽさがないのがありがたい。

・講義が終わって一安心。と思ったら、15:00頃から、またガーッが始まった。今度は、ベランダ側の西隣のほう。やはり近いので相当な音と振動だ。ちゃんと手順を考えてくれたんだな。その後15:30頃にもまたガーッと。

・懸案事項が一つずつ片付いていくのが嬉しい。明日は、ベランダの避難ばしご点検だ。ベランダはもう広々だけど、室内はまだぐじゃぐじゃだから、通り道を作っておかねば(笑)。やるべきことの山は高いので、だいぶ登ったけど、まだまだ頂上は見えません~~。

 

 

| | コメント (0)

2020年5月14日 (木曜日)

5月10日(日)・11日(月)・12日(火)・13日(水)

◆5月10日(日)

・23:30就寝(早っ!)、7:30起床。いつもの5:25にきっちり目が覚めるのがすごい。腰痛などはあるけれど、健康的な生活ではあるんだなぁ。8時間睡眠。しかもまともな時間帯に。こんなこともできるのですね~。(夫の仕事が再開したら、また夜型に戻っちゃうけど)

・起きた時点で大丈夫そうだったのに、PCに向かって仕事を始めると、やはりダメか。サポーター着用。しぶといなぁ。風が強い。この頃、風の強い日が多い。

・母の日なんだなぁ。母は2人ともいなくなっちゃったので、夫と一緒に、両母が一緒に写っている写真に向かってお線香を上げて、チーン。

・片づけの一日。

◆5月11日(月)

・0:40就寝、5:00起床。朝から21℃。ものすごい量の燃やせるごみを出す日。鍼治療は私一人なので、持てる範囲のごみを持って。まだまだ玄関前にどっさり残っているけれど、帰宅してからで間に合うから。

・気圧のせいか、頭痛。鍼治療は、腰と足首。どちらもとても痛い。まだまだダメだなぁ。帰宅したら、残りのごみは既に夫が全部出してあった。ごみ、ごみ、ごみであります~。天気が良いので洗濯。そして、パワポ改訂作業。頭が痛い……。

・午後は、仕事以外のファイル整理。通院記録や健康診断など、健康関連のファイルの中身を一通り整理。入院したり怪我をしたりしたとき、あるいは、懸案の眼科を受診したりするときに、既往歴がきちんとわかることは大事なので。目のトラブルがいつ起きて、その治療薬で全身蕁麻疹が起きたのはいつだったのか、何の薬に反応したのか。また、耳のヘルペスから顔面麻痺、味覚障害などが起きたのはいつだったのか、子宮癌検診を受けたのはいつか、など。打ち込んで書類にしておけばいいのだけど、とりあえずファイル整理ができたので、今はよし。年金関係もわかりやすいファイルにして背表紙もつけて。残っているのは、互助会(葬儀準備)、電気製品、パソコン製品などの保証書、マニュアルなどのファイルも整理が必要。私はもともとこういうことが好きだったのになぁ、などと思うのだが、人間、いったんサボり癖がつくとなかなかなおりませんね。

・暑さがおさまり、頭痛もかすかに残っている程度なので、運動不足解消に川の土手をゆっくりほんの30分ほど散歩。なんとか4,500歩。張り切って歩くと、また歪みを助長してしまう可能性があるから。汗もかかないくらいだけど、我慢~。

Img_20200511_182622

・夕飯を早くした。ちょっと疲れているかなぁ。夫は、整理に邁進している。頑張ってちょうだい~。

◆5月12日(火)

・23:30頃、お風呂がわくのを待っていたら寝落ちしてしまって、1:00に目が覚める。うわっ、大変。慌ててお風呂に入り、1:30就寝。5:00過ぎ起床。夫とともにごみを大量に出してから、6:00に車で鍼治療に。先週治りつつあると思っていた腰は、まだまだという感じになったので、治療継続。右足首も。効く~~~。

・連日鍼治療だと、睡眠不足がかさなる。眠れそうな感じだったから、帰宅後3時間寝て復活。まだ眠れそうだけど、我慢、我慢。

・ウイルスソフトの来月更新の通知が頻繁に来るので、マイアカウントを確認したら、2023年の商品を買った履歴もある。ダブって購入したことがあったから、現在の契約状況を確認してからにしようと思い、サポートに質問を送ったあと、チャットにつないだ。それほど待たずにサポート担当者が出てきて契約の状況をチェック、ダブっていないことが確認できたので安心。チャットを終えたあとすぐに、3年間の商品を継続購入。家にあるデバイスを無制限にカバーできるので、デスクトップにインストールしたあと、ノートパソコン、ダブレット、スマホにもインストールしてみた。スマホはしばらくこれで試そうと思うけど、ちょっと重たいなぁ。

・その後、自動車重量税を、銀行ではなくゆうちょダイレクトを利用してペイジーで支払おうとしたのだが、ゆうちょは久しぶりに使うので、パスワードをなかなか思い出せず苦戦。諦めかけたときになんとか思い出して、手続きが遂行できた。やれやれだ。今の段階でこうなんだから、年を重ねていくといろいろ問題が起きそう。先が思いやられます。いろいろなものをもっと整理しておかねば。

・パワポの改訂作業続行。くたびれた~。

◆5月13日(水)

・23:40就寝、5:00に目が覚める。今朝は鍼治療はないので、再度眠る。が、腰の痛みは広がり、かつ、強まっている。うーみゅ。寝ている姿勢が最も良くないみたいだ。先週、ちいさな違和感の段階でR先生の治療を受けて、もう少しで完治という感じだったのに、小さな違和感どころではなく完全に広い範囲の痛みになっている。寝ているあいだに、足もお尻もガチガチに固まっている感じ。ひょ~。

・5:00過ぎからうつらうつら。8:00前に布団から出る。ものすごくいいお天気。夏日なので洗濯、洗濯。起きてサポーターをしてしばらく動いているうちに、痛みがやや緩和して、なじんでくる感じ。しかし、明らかに悪化しているので要注意だ。

・半袖Tシャツでちょうどよい気候。足元は冷やさないようにレギンスを履いているが。

・アベノマスクが届いた。うーん。結局送っているのね。

・夫も私もとにかく断捨離の毎日。先日、ネット注文したカーテンが届いたので、私はベランダに面した部屋の「手つかずエリア」にチャレンジ。タンスと窓の間の隙間に突っ込んでおいた物たちをどかしてみたら、畳の一部がかびているし、結局捨てるものばかりだし……。畳を拭き、ガラスを拭き(こういう作業中は、痛みを感じずなんとかなるから助かる)、1部屋は、レースも、普通のカーテンも新調。はずしたものはそのまま廃棄。もう1部屋は、レースのカーテンのみ交換。はずしたものはクリーニングに。どけたもののうち大きなものは、夫に相談して粗大ゴミに。来週分はもう上限に到達しているとのことで追加できず、6月第1週を予約した。積んであったいろいろな物は、分類して、廃棄するものは廃棄して……。まだ道半ば。

・14:00から、明日と来週zoom参加する大学のワークショップの準備として、研究者のS先生と、私たち仕事仲間3人で接続確認。お久しぶりでございます。zoomで講義をしていいのは、今みたいな腰痛になったときはとても助かるなぁ。特に大きな問題はなく14:20頃終了。今年で8回目だ。だいたいできたと思ったパワポの解説部分に手を入れ始めると、またいろいろと変更の余地があって……。

・夕方までまた片づけ。いや~、本当に長いあいだ放置してきたのでね~。少しずつ改善しているので気持ちはいいのだが、まだまだ、まだまだ……。浴室の排水口の部分を少々丁寧に掃除。クリーニング店まで歩いていったら、一昨日は歩く分には問題なかったのに、ちょっとこわごわ、そろりそろりになっている。1700歩。掃除、片づけでは結構疲れるが、運動としては簡単な体操する程度。

・夫が在宅の期間は夕飯が早くて、とても健康的な毎日だ。遅くても20:00には食べている。早いときは18:30頃から。そういうわけで、腰も痛いので、本を読む気にもならず、24:00前に就寝。

| | コメント (0)

2020年5月10日 (日曜日)

5月6日(水・振替)・7日(木)・8日(金)・9日(土)

◆5月6日(水・振替休日)

・3:30就寝、5:25起床。断捨離の洋服や段ボール、紙類などをたくさん出してから、夫と2人で鍼治療のため6:00過ぎに車で出発。道路はガラガラ。腰の治療はまだまだ痛みます~。腰に鍼が刺さっている状態で、R先生に、「先生、右足首の痛みがまた出てきているので、今度お時間のあるときにお願いします」と言ったら、うつぶせのまま膝を直角に曲げた状態の足首に2本刺してくださった。あとで聞いたら、足首のところには2本太い鍵があり、そこの下側のところに刺したのだということだった。そして、本当は私が座って床に固定している状態の足のほうが、ツボに当たりやすいのだけど、と。お願いすると何でも対応してくださるので、ありがたいことこのうえない。足首の鍼は長く置かずにすぐに抜かれた。夫の左腰は少しましになったようで、もともとあった右側の坐骨神経痛だけに戻ったみたい。よかった。

・帰宅後、少々昼寝。お蕎麦を茹でて昼食。14:00から仕事開始。

・朝は蒸していたので半袖で過ごしていたが、だんだん涼しくなってきた。予報どおり夕方から各地で天気が荒れ始めた様子。我が家付近も雷も激しい雨もやってきたが、それほど長時間ではなかった。

・予定していたことがひととおりこなせたので、まあまあの一日。GWが終了。当初、夫は明日から仕事再開の予定だったが、延期になったので、我が家は明日もまた今日と同じような日になる予定。

◆5月7日(木)

・0:30就寝、5:25起床。昨日の嵐が去り、朝からとてもよいお天気! 今日は父の命日。4年も経ったのか~。時の流れが速くて速くて。今朝は、私一人で鍼治療に。GWが終わったので、国道の車の数が増えた。今日もまだ鍼は痛いが、昨日に比べるとグッと楽になった感じがある。慢性の痛みは別だが、急性の痛みは、続けて治療を受けていると、あるときグッと楽になる。緩やかなカーブを描いて回復するというのではなく、階段状なのだ。同じ状態が続き、あるときガッとよくなり、またしばらく同じ状態が続き、という感じ。そして時々逆戻りもある。

・8:00前に帰宅。夫は朝まで起きていたのだが、「今日は昼寝をしないで頑張ってベランダの片づけをする」とのこと。それならまずは腹ごしらえ、と朝食を一緒に。マンションの外壁修理工事の足場がかかり始めるのが18日(月)。18日以前の燃やせないごみの収集日は、隔週金曜日なので、明日8日しかないのである。ベランダを見渡せば、燃やせるごみに出せそうなもの、燃やせないごみ、さらには粗大ごみといろいろあるので、とにかく燃やせないごみに出すべきものをすべてピックアップする必要がある。

・夫がまず取りかかったのが、すのこの釘を抜いてバラバラにすること。何に使ったか忘れたが、長さ60cmほどのすのこが一つ。それから、ベランダでガーデニングをしていた頃、一部分に敷いていたウッドタイル。釘が錆びて曲がっていたりするのでなかなか苦労したようだけれど、12枚だか16枚だか全部抜いてくれた。すのこ本体の板は一辺が短いので燃やせるごみ。また、陶器、プラスチックとたくさんあるプランターはすべて燃やせないごみ。使い切っていないさまざまなスプレー缶は、明日「中身あり」と表示して有害ごみとして出す。プランターを乗せる台などは粗大ごみ。もうぼろぼろになった、私が実家で使っていたオープン棚も粗大ごみ。車のチェーンとか、念のためにとっておいた石油のポリタンクとか、まあ、本当に放ったらかしの物たちだらけ。

・夕方までかかって、一応先が見えるところまでできた。粗大ごみはネットで予約するシステム。この地域は毎週木曜日。14日は既に予約でいっぱいなので、21日に7点予約した。あとは事前にそれぞれの金額の粗大ごみ券を貼って、当日朝、出せば敷地の端によい。ふぅ~~。早くやればいいのに、追い詰められないとできない。。。でも、外圧だろうと何だろうと、進められたのは何よりだった。このため室内の断捨離、整理は後回しになったけど、それは自分たちが我慢すればよいことなので、よしとするしかない。

・昼寝をしなかったので、くたくたに。22:00には入浴。よれよれになった就寝~。

◆5月8日(金)

・22:50就寝、5:00に自然の目覚め。早寝は偉大だ。起きたときの感じでは、腰はかなり回復。今週でもう治療終了になるかなぁ。とてもよいお天気。燃やせないごみはLL袋で6つもあり、そのほかに有害ごみに出すスプレー缶などが山ほどある。私が一度に持てるのは、スプレー缶の袋と燃やせないごみ袋1つだけ。それを出してから、6:00に鍼治療に向けて車で出発。ツバメの巣の縁に、ひなの頭が並び始めた。まだ和毛におおわれて、頭のサイズに比して、白い一本線のくちばしがやたら大きく目立つ。この状況のひなたちって、まったく可愛くないところが可愛い。3羽くらいしか見えないが、もっとたくさんいるだろうと思う。

・鍼治療の痛みはだいぶ減じてきている。このまま順調に治りますように~。顔も治療してもらって、R先生と少しおしゃべりをしたので、いつもより遅く8:00前に帰宅したら、玄関前の外廊下に並べてあった燃やせないごみ袋たちがなくなっていた。夫も昨夜は早めに休んだので、早く目が覚めたから出してきたとのこと。少しずつでも片付くと嬉しい。まだまだだけどね~。

・帰宅後、洗濯。とてもいいお天気なのに、なんとなく調子が出ない。早寝早起きで良い感じと思っていたのに、なんだかなぁ。お昼前から3時間昼寝をした。まだまだ寝られそうだったけれど、寝付かなくなるとまずいので頑張って起きた。仕事や仕事の連絡など、結構バタバタと気ぜわしい。

・入浴後、こわごわストレッチしてみたら、まだ痛みが少しあるのがわかる。全然動かしていないからね~。なかなか快調ということにはなりません。

◆5月9日(土)

・0:00前就寝、5:00過ぎに起床。今朝もまた自然の目覚め。よく晴れている。が、予報ではだんだんと曇ると言っている。今朝も一人で鍼治療。先週30日に軽く腰痛が発症したかなと感じてから、5月1日、2日と連続治療。3日は日曜日で休診日。その後4~9日まで6日連続。合計8日間治療してもらったわけだ。今年のGWは、オンラインのつながり、お墓参り、腰痛治療、断捨離が主な出来事だった。はぁ~~。世の中が自粛の時期だし、まあ、こんなものでありましょう。

・昨日は帰宅後、調子が良くなかったが、今日は元気。眠くもならない。曇り空にならないうちにと洗濯をしてから、9:30から仕事スタート。テープ起こしワークショップの講義案のパワポ作りを。頭がクリアな感じもあって、自然にやる気が出てきたのだ。やはり体調管理は大事だなぁ。

・14:00からは、東大の哲学研究センター主催のZoomによるオープンセミナーに参加した。オープンとはいえ、一応登録制。登録した人数は170人くらいだったようだが、実際につながっていたのは130人強だった。いろいろな意味で勉強になった。3時間のプログラムで、私は前半だけ視聴して離脱したが、こういう大人数のzoomによるセミナーをリアルに体験するのは初めてだったので、いろいろ参考になった。皆さん、発表者の話を聞きながら、チャットを利用した、ちょっとしたコメントをアップしたり、大切なポイントをまとめてみたり、自分の問いや、参考になりそうな情報をアップしたり。マルチタスクに慣れているんだなぁと感心する。私は真剣に聞いている最中に、頭の中で文章を別途組み立てるのが苦手だ。文章を考えると音が聞こえなくなってしまうのだ。また、哲学対話方式というものも(体験はできなかったけれど)興味深いなと思った。野矢茂樹さんの著書で読んだときに関心を引かれたことを思い出した。セミナーの主催者は梶谷真司さんという方。初めて知ったけれど、とてもいい感じだった。こちらに哲学対話の紹介が載っている。哲学対話におけるこのルールは、さまざまなところで応用できそう。

・講義のパワポはたたき台ができた。まだまだざっくりした出来だけれど、私の担当はこんな感じということで仲間とのMLにアップした。これから精査して、時間を計って、という作業に進む。

・ああ、充実の一日だった。体を動かしていないことは問題だけど、とても満足。

| | コメント (0)

2020年5月 6日 (水曜日)

5月2日(土)・3日(日・憲)・4日(月・みどり)・5日(火・こども)・6日(水・振替)

◆5月2日(土)

・GWのスタート。我が家は何も変わらないけど。1:20就寝(早っ)、5:20起床。快適な目覚め。腰痛は範囲が広がっているが、布団から起きるときに、うーん……(汗)という感じはあるけれど、起きてしまうと、痛みを常に感じる部位ではないので、その点は助かる。しかし、そのほうが実は深刻……。いつもの小さな焼きおにぎりと、おかずの残りをちょびちょびと食べて、6:00過ぎに車で出発。道路はガラガラで20分かからずに到着。明日は休診だからということで、強めの治療。痛い~~~~。効く~~~~。顔も治療してもらい、7:15頃帰宅。

・暑くなるというので、せっせと洗濯。そして、メールその他で、仕事関連及び仕事以外でもいろいろな人といろいろな連絡。

・そして、10:00頃から断捨離作業スタート。書類整理は、時間と労力の割に大きな成果が見えないのだけれど、物を捨てるとなると、やった分だけ見た目もすっきりする。衣類、燃やせないごみ、燃やせるごみ、段ボール類、それぞれ大きな固まりができました。やり過ぎるといけないので、16:00過ぎに終了。腰は、動いているうちに鍼の痛みも徐々に消え、なじんだ感じに。サポーターをしていると、作業に影響はないので助かります~。でも疲れた。ベランダにある物たちの処分にはまだまだ到達できないし、計画も立てられない……。

・昨夜から48時間限定で公開されているロイド・ウェバーの『The Shows Must Go On!』は、残念ながらミュージカルではなく、ロイド・ウェバーの50歳誕生日記念コンサート。1998年のものかな? 一通り見ました。『エビータ』はそういえば映画で見たなぁ。ファントムの歌も、『エビータ』のアントニオ・バンデラスだったのはちょっと残念だった。30代のサラ・ブライトマンが前髪をおかっぱにしているせいか、幼く見える。顔がベッキーと似ている。1990年に離婚した元妻なのね~。『オペラ座の怪人』25周年記念公演のフィナーレにも登場したけど、あれが2011年かな。歌は皆さん上手。そして、これだけすぐに記憶に残るメロディーを作れる才能は本当にすごいと思う。でも、やはりミュージカルの歌だけでなく、クラシックが聴きたくなるなぁ。私にはおやつとおかずの関係、かな。

・夜は、ゆっくりのんびり過ごした。

◆5月3日(日・憲法記念日)

・2:00就寝、10:00起床。朝食後、またいろいろな連絡。

・断捨離の続きは少しだけ。書類整理も少々。

・5月5日が母、7日が父の命日なので、いつもお供えをお送りくださる父の教え子(正確にはちょっと違うのだけど)の方から、ご自分が撮影された写真数枚を添えて、今年もお供えが届いた。兄夫妻に連絡したところ、お礼は私から申し上げてほしいということだったので、午後電話した。持病が進行しておられるご様子で心配だ。

・18:00からオンライン飲み会。zoomは、無料だと40分で終わるので、それを4セッション。私は3セッションで離脱。楽しかった。一応テーマを用意してあったけれど、それ以外に意外な展開があり、皆が感動するという流れもあって。個性的、内省的なところもある、感性豊かなメンバー。

・それから夕飯のしたくをして、夫と22:00頃から食事。日頃つまみなく飲むことがないのに空きっ腹にワインを飲みながらのオンラインだったせいか、酔いが回って知らないうちに寝落ち。目が覚めたのは2:00。やばっ! 明日も鍼だよ~。実際はのそのそだけど、気持ちだけ跳ね起きて、食器の後片付けをして、お風呂に入り、3:00過ぎに就寝~。

◆5月4日(月・みどりの日)

・3:00過ぎ就寝、5:35起床。起きられた~~。やれやれ。二日酔いもなく、いつもどおり軽い朝食をお腹に入れて、ごみを山ほど出すのに時間がかかり、6:15に車で出発。鍼です~。1分遅刻した。腰はまだまだ。「とみきちちゃん、頑張って毎日来て、早く治して」とR先生に言われる。「はい、よろしくお願いします」。第五腰椎と仙骨のところが問題の箇所。背筋付近はその影響で少し痛みが発生しているが、そちらはたいしたことはない。

・7:30に帰宅。断捨離を継続。捨てると決めてしまえばスピードはアップする。しかし、まだまだ先は長いのです~。10:30頃いったん休憩。昼食と近所の買い出し以外はずっとお片づけタイム。くたびれます~。16:30から3時間弱のお昼寝。まったくもってめちゃめちゃなリズムだ。でも、なんとかなるさ~。

・96歳の叔母から電話。しばらくかけていなかったので、気になってこちらからかけようと思っていたところだった。「コロナにやられていませんか」と心配してかけてきてくれた。いつもは40分コースなのだが、叔母自身、手のしびれがひどくなって、かなりつらい状況の様子。珍しく10分程度の近況の確認で終わった。R先生の鍼治療が受けられたら少し楽になると思うのだけれど、通えないものねえ。

・ここのところ仕事も少しずつしている。新しいオーラル・ヒストリーのプロジェクトも、継続案件も、コロナ問題発生以来皆無。既に行なわれたオーラルで音源を預かっている件のテープ起こし。腰が疲れるので注意しつつ。仕事は楽しい。

・片づけで疲れたので、夕飯後、22:30頃から読書と音楽でのんびり。

◆5月5日(火・こどもの日)

・1:30就寝、5:25起床。4時間寝たのですっきり目覚めた。夫と一緒に鍼治療に。6:00出発。私は腰と顔、夫は腰と肩。お世話になります~。

・帰宅後、洗濯。夕方から雨の予報なので、昼頃、駅付近まで買いものに。両親に供えるお花とお供えを。お仏壇とお位牌は兄のところにあるので、我が家は写真にお供え。花は、母がピンクが好きなので、ピンク系統の洋花を。4800歩くらい歩いた。歩く分には痛み無し。でも、右の足首と膝の調子が悪い。動かないこと、ストレッチができないことの弊害がこうして出てきてしまうのよね~。好循環に戻れない。。。

・21:00からオンライン英語勉強会+飲み会なので、それまでに食事を終わらせるべく、早い時間からカレーを作る。作っていたら、お腹がすいてきたので、16:30頃から夫とカレーで夕飯。なんと早い! そして、18:30~20:00まで仮眠。21:15~22:30頃まで、zoomで2セッション。英語のリスニングはいまひとつうまく展開できなかったが、いろいろな情報交換ができて楽しかった。

・緊急事態宣言は5月31日まで延長されたが、今後の対応は自治体によってばらつきが出そう。私はもうしばらく、可能な限りは自粛を続けようと思う。まずは腰を治し、今月の大学でのリモート講義を無事に終えること。マンション外壁修理に向けた準備を進めること。あ、そうだ、昨日、カーテンをネットで注文したのだった。職人さんがベランダに現れることを前提に、ベランダに面した2室の、レースのカーテンは両室に、遮光カーテンを1室に新調。実際に見て選びたいけど、この状況だから仕方ない。うまく選べているといいのですが。

・このところ地震がちょくちょくあるのが気になる。。。どうぞ大きな地震が発生したりしませんように。

| | コメント (0)

2020年5月 2日 (土曜日)

4月30日(木)・5月1日(金)

◆4月30日(木)

・たっぷり歩いて、足だけでなくだいぶ疲れたので、入浴後しっかりストレッチをして1:50頃就寝。鍼治療じゃないのに、5:25といういつもの時刻に目が覚めてしまって、あら、びっくり。少し布団でごろごろしていたけど、頭が起きてしまったので、7:00には布団を出た。そうしたら……なんか覚えのある感覚が腰のあたりに。痛みではないのだけれど、背筋ではなく骨盤あたりに違和感。むむ、これは腰痛の前兆かも。また仙骨付近か。グギッとならないように注意して、そろりそろりと動き、夫に磁気テープを貼ってもらい、サポーターを。8:00頃から、あーあ、という気分になるのでありました。

・ただ、立っていても、歩いても痛みは出ないようなので、午前中のうちにと、9:30頃、徒歩にて家を出て、郵便局、銀行、買い出しなど。汗ばむ陽気。食料品売場だけオープンしているショッピングセンターでは、コーヒーやワインを売る狭い店が入場制限をしていた。魚とワイン、コーヒー豆、パンを買って11:00過ぎに帰宅。6000歩ほど歩きました。

・痛みが増幅することはないのだが、横になってある角度で力がかかると、「うっ」となるところがある。これは要治療だな~。明日、夫と一緒に予約しているので、R先生に相談してお願いできるようなら治療してもらおう。

◆5月1日(金)

・3:00過ぎ就寝、5:00過ぎ起床。起きてみたら、前日昼間よりおさまっている感じ。これなら治療は要らないかなとも。夫とともに6:00に車で鍼治療に。道路は割合車が多い。R先生に様子を話したら、「じゃあ、今日やりましょう」とお願いできることになりました。腰痛は久しぶり。鍼が入ると、「ああ、そこにやはり問題がありますね」というところがわかる。問題はやはり仙骨でした。腰のストレッチもしているんだけどね~。座ってPCを観ている時間が長すぎたのかもしれません~。鍼で痛みが掘り起こされた感じで、終わったあと、鍼自体の痛みもあって、痛みが表面に顔を出した感じ。それでも、これまでの腰痛経験の中では、ましなほうで、「いたた」と言わずにいられるし、普通に歩けるし。R先生に治療してもらえれば治る、と思えるのもありがたいこと。しかし、ポンコツ極まりないことであり、嘆息……。明日も治療してもらえることに。

・暑い。25℃にもなる予報。しかし、明日は28℃というから、熱中症警戒だ。明日予定していたお墓参りを今日に前倒しすることにした。帰宅後、しばらく横になって寝ようと思ったが、うとうとするくらいでしっかり眠れない。

・昼食後、15:00前に家を出て、お供えのお菓子とお花を買って、車でお墓に向かった。夫はまったく寝ていないので、私が運転。背筋痛のときは運転の姿勢はとてもつらいのだが、仙骨に問題があるときは長時間でなければ痛みも出ないのが助かるところ。道路がすいていたので、40分かからずに到着。簡単に掃除をしてお花とお供え、お線香をあげてお参り。他界がコロナ問題の前だったことが、今となってはよかったかなと思える。

・どこにも寄らずに17:00過ぎには帰宅。

・18:00からベルリンフィルのヨーロッパコンサートのライブが無料配信されていたので、それを観た。ペトレンコの指揮を初めて見た。表情、拍の取り方、動と静の対比など、いろいろと印象的。曲目はとても良かったなぁ。ソリストのレベルが高いから、どんな曲でもできてしまうのね~。リゲティの曲、初めて聞いたけど、また聞きたい。マーラー四番の室内楽版もよかった。

・我が家が大ピンチ! 居住しているマンションの外壁修理を半月後から始めるのだそうで、完成は9月頃。その間は足場がかかり、ベランダのものはすべて撤去、ベランダに出ることもできない生活になるという。ありがたいことなんだけど、今、我が家は、天井設置のエアコン(2基でセット×2)の1セットの交換をお願いするべく室内の整理でてんてこまいなのである。。。壊れている天井設置エアコンの2室+ベランダの室外機となれば、隠れる場所、物をどけておく場所がほとんどなくなるので、おいそれとお願いできない。それで今、夫がものすごい勢いで整理をしているのだが、ベランダのものも処分となったら、さらにタスクが増えるわけで……。しかも、足場が組まれる前に修理をお願いする必要があるのかどうか……。不動産屋さんに相談しなければならないが、今すぐ修理に来られても無理。そして、夫も私も腰痛発症。なんだか笑ってしまうような大ピンチである。のそのそやってないで、スピードアップしなさいということだとありがたく受け止めて頑張らないとね~。いや、だけど、部屋じゅうにあふれかえっている物を3割ぐらい捨てないといけないのではないでしょうか……。あるいは布団やクッション類、その他、使っていないものをドカーンと捨てて押し入れをあけるとか……。それも重労働ではある……。ひーー。考えただけでくたびれてしまった(笑)。

・寝不足が効いて、ブログを書く気力もなく、早寝~。

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »