« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月31日 (金曜日)

7月28日(火)・29日(水)・30日(木)・31日(金)

◆7月28日(火)

・3:50就寝、8:30起床。今日は、ヨガのレッスンを9:30からと11:00からの2本受講しようかと思っていたのだが、昨夜、予定外に就寝が遅くなったので断念。11:00からの1本に。こちらは骨盤筋肉を鍛えて、歪みや傾きなどを解消しましょうというレッスン。股関節の可動域がなかなか広がらず、いまだあぐらがろくにかけないのだが、歪みを矯正する運動をすることで悪化は防げていると思う。しかし、特に左足の股関節が硬くて左ひざが外に倒れない傾向は、思えば高校生の頃から顕著だった。私はバレーボール部で、部員の少ない弱小都立高校だったので、あらゆるポジションをユーティリティ的にやらされたが、特にサーブレシーブ、アタックレシーブを得意にしていたし、好きだった。が、左側の低い位置に来た強いボールを回転レシーブなどで拾うとき、左足の膝が外に倒れにくいので、左側の守備範囲がどうしても狭くなった。よって、サーブレシーブのときは前から来るボールなのでそれほどの対応は必要ないのだが、アタックレシーブの際には、左に寄って守っていた。左側の足元に強く低い球が来ても、体を低く床に這わせて拾える範囲が、右に比べて狭いのだ。左側の膝が外に倒れにくいと自覚していた高校1年の時点から40年以上経過している。そうそう簡単に膝が外に倒れるようになるとは思えない。原因が歪みなのか、関節だけの問題なのか、お尻の筋肉の凝り固まりなのか。この状況が少しずつでも改善することになったら嬉しいのだけれどね~。

・昨日借りてきた『地獄に堕ちた勇者ども』を観た。最初の部分で人間関係がすべて判明。そうか、この人はこういう立場だったのね。それにしても、皆さん、室内でもどこでも平気でたばこに火をつけて、ハグするときであろうと、何であろうと、おかまいなしに吸っている。これは、映画だけでなく、世の中皆そうだったの? ものすごい資産家で、かつ、上流階級と思しき人もたばこ、お酒、情人含めたセクシャリティなどについて、ノーガードというか、肯定的というか……。今が潔癖すぎるのかもしれないけれど。映画って時代が見えて面白い。建物の豪華さに比べて、食事の仕方の品のあるなしとか、所作のエレガントさと粗雑さとか。あるいは言葉遣いに感じられる教養の有無とか、会話をするときの表情の変化や声の大きさ、言葉遣いなど。100年も経っていないのに、こんなに印象が違うんだなぁと思うことがたくんある。いま常識と思っている価値観なんて、吹けば飛ぶようなものじゃないかと思うことがよくあるのだが、映画やドキュメンタリーなど画像や声を見たり聞いたりすることで、その意を強くする。

・映画自体は面白かった。見ごたえがある。こういう映画は好きだ。どこが好きなのかな。やはり人間が時代や生まれなどに翻弄され苦悩し、憎んだり求めたりしている様子を見るのが好きなのだ。人が描かれているもの。ストーリーよりも、そっちに重点があるものが好み、ということ。戦争その他、大きな困難のある台設定をしたほうが人は描きやすいだろう。結果的にそういうドラマを好むことになるが、何ごとも起こらない日常の中での人間の苦悩や小さな歓び、愛や憎しみなどに目を向けて生きていきたいと思うから、そのようなものが描かれた小説やドラマ、映画により心ひかれる。そういうものが見たいと思うのだが、なかなか出会えない。しかし、映画を見る楽しみを久々に思い出している。次は何を見ようかなぁ。

・テープ起こしワークショップの課題選びをしていて、遅くなった。

◆7月29日(水)

・2:20頃布団に入るも、最近では滅多にないことだが、まったく寝付かない。頭がカキーンと見事に冴えている。コーヒーを飲んだせいかな~。「夜カフェインを摂ると眠れない」という話を聞くと、なんとナイーブな!と驚いていたのだが、わたくしもその仲間入り? うつらうつらすれども眠れず、という状態が続き、3時、3時半、4時……と時計を確認し続ける。とはいえ、5:25にスマホのアラームが鳴ったときには眠っていたので、1時間くらいは眠ったのだろう。夫とともに鍼に。6:30~7:10頃まで滞在し、夫は変わらず坐骨神経痛+左の五十肩の治療。私は、肩はいったんおさまりましたと報告。指の付け根はちょっと触ってもらったけれど、しばらく様子を見ましょうということで、顔の治療のみ。

・涼しい。さすがに寝ないとまずいので、帰宅後、雑用を少し片づけてから昼寝。爆睡という感じではないけれど、午後まで4時間ほど眠った。今日は、特に受講したいレッスンがないので、体調とも相談してヨガはお休み。

・台湾関連のテープ起こし。今回が4回目の聞き取りになるかなりご高齢な台湾人の方。日本語にかなり癖があるけれど、チーム3人で取り組んできていること、これまで3回の蓄積があるので、それなりに聞こえてくる。いつの時代、どこの国に、誰の子どもとして生まれるかによって、人の一生は大きく左右されるのだなと、オーラルヒストリーに長くかかわっていると感じる。その環境、その時代に生まれたというのは、自分の手柄ではないわけで、そこからどれだけ自分が努力をしたり、どんなことを考えたり、周囲に貢献したりしてきたか、ということが大事なこと、と思う。所与の条件が大きくマイナスでないというだけで、感謝すべきことなんじゃないだろうか。

・明日はヨガに行こう。

◆7月30日(木)

・3:15就寝、7:30起床。ごみ出しをしてから朝食。8:50頃車で家を出て、いつもどおりスーパーの駐車場に入れ、9:30からのヨガのクラスに参加。基本の基本のクラス。いろいろなインストラクターさんが教えていて、私にとってはこれの教え方で自分との相性がわかる、というある種リトマス紙的なレッスン。今日は、とても好きなKoさんのレッスン。体験の男性が一人参加されていたせいか、間合いをゆっくり取り、説明も丁寧で、私には意義ある時間となった。が、なんだかあっという間に1時間が終わった印象も。どういうことかな~。いい意味でも悪い意味でも、私が慣れてしまったということなのか、エネルギーがあって燃焼しきれなかったということなのか。物足りないというのとは違うけれど、「えっ? もうクールダウン?」という印象を持った。股関節、膝、足首など硬いところばかりなので、きちんととれないポーズがたくさんあるのは相変わらずだけど、バランスなどは慣れてきて異常な神経を使うこともなくなったせいか、疲れが違う。積み重ね、積み重ね。そして、人の体は、ロングスパンで見てもショートスパンで見ても大きく変化するものだから、焦らずに、しかし、あなどることなく、積み重ねていこうと思う。

・終わったあと、またまたTSUTAYAに。今回は検索機械を使ってみました。ヴィスコンティの『家族の肖像』(未見)を、検索結果の示す棚を探すも見つからず。店員さんにお願いしたら、「か」のところではなく、「き」のところにありました、とのこと。その可能性を感じたから、「き」も見たつもりなのだけれどね。

・帰宅後、ウェアを洗濯し、小腹を満たしたあとに『家族の肖像』鑑賞。バート・ランカスター、こういう顔だったっけ。随分と抑えた演技だこと。もう少し賢しらな役目でなくて大丈夫だったのかしら。ヘルムート・バーガーのヌードはお約束。『地獄に堕ちた……』を見たときも思ったことだが、本当に人々はこんな風にタバコをひっきりなしに吸っていたのかしら。男爵夫人もお構いなしに人の家に入ってきてタバコを吸い、吸い殻を階段に捨てる。「お電話をお借りします」と言って、かける先は海外(ヘルムート・バーガー扮するコンラッド)、若い愛人をお金で囲う妻を責めない夫も不可解。若者たちは平気でルールを踏みにじり、気ままに行動するが、親しく交わった人についての対応を、人物評価の中心に据えている感じである。もちろん自分たちの無遠慮、非常識な態度ややり口は棚の上。上記サイトによれば……

1972年、前作『ルートヴィヒ』の完成間際に病いに倒れ、敬愛するドイツの文豪トーマス・マンが息を引き取ったというスイスの病院の同じ病室に身を置いていたルキーノ・ヴィスコンティ監督、その時65歳。ライフワークとしていた諸作品(「魔の山」、「失われた時を求めて」etc...)の映画化を健康上の理由から断念せざるを得なくなった彼が、共同脚本のエンリコ・メディオーリに口にした「単純で簡潔な、一室内で終始する物語。登場人物は二人」というアイデアから生まれたのが本作。美術のマリオ・ガルブリア指揮の下、制作されたスタジオのセット内ですべて撮影、車椅子を操りながら気迫と執念で撮り上げました。

・ヴィスコンティにしては(と言うべきなのかどうかわからないが)、人物造形が陳腐。バートランカスター演じる老教授に自分を投影させているらしき解説が多いが、はたして最も言いたいことは何だったのか。確かに失われゆくものはいろいろ描かれているが、それに取って代わる若い世代には何があるのか、という考察が浅いようにも思う。映画としては好きだけれど。

・その後、よせばいいのに、『ラ・ラ・ランド』も観てしまいました。多くの賞を受賞して話題になっていたので、どんなものかと観てみた、というのが正直なところ。もともとミュージカルは苦手な部類だし。なるほど、こういう映画ですか。現代映画にしてはあくどさもどぎつさもなく、ひたすらハリウッドだし、豪華絢爛でもなく、一般人を主人公にしていて好感度も高い。ラブストーリーの王道、「夢を諦めず励まし合ってきた二人」「進む道が分かれたとき、二人の恋の行方は?」の展開。踊りも歌もノスタルジック。観客のイライラを誘うこともなくお行儀が良い。今どき逆に新鮮かもしれない。しかし、映画作りがこんなに保守的で良いのか? と思ってしまった。もちろん嫌いではないし、楽しめたんですけれどね。この映画に多くの賞を出すアカデミー賞って、何のためにあるのかと感じたことは付け加えておきたい。

・明日が夫の祖母、つまり夫の父の母の祥月命日ということで、叔母(夫の父の妹、個人の長女)とその長女(夫の従姉妹)からお供えが届いたので、いつもは叔母に電話をするのだが、従姉妹に電話。お互いに近況報告など15分ほど。こちらからはお中元がちょうど明日着く予定ので、その連絡の際に叔母とは話を別途するからということで、よろしくお伝えくださいということで電話を切る。夫の祖母は92歳没、夫の父は96歳没。くだんの叔母は今年9月に97歳になるから、兄である夫の父を既に追い越す勢い。叔母の妹はやはり今年9月に95歳になる。なんと長命な家族であることよ。夫は父方の血を色濃く引いている感じがするので(言動や価値観や後天的な体質は義母の影響が強いが)、不摂生、不健康の極みなのだが、R先生に「憎らしいぐらい元気。間違いなくボケることなく長生きする」と太鼓判を押されている。R先生は鍼を入れたときの抵抗などから、その人の生命力を感じるのだ。「お姫もすごく元気だけど、風太郎はもうバカみたいに元気」とのお墨付き。だから、私は自分の生命保険などの充実をせっせと図っているのである。

・掃除も片づけもしないで、ヨガと映画。片づけや生活改善の気運がしぼんできて、超絶中だるみ状態。仕事のホームページ作成にもそろそろ本気で着手せねばならないのですが。

◆7月31日(金)

・2:45就寝、5:25起床。雨がぽつぽつ降っている。どんよりとした空。7月も末だというのに、本当に夏らしい日がほとんどない。猛暑はつらいけれど、ここまで日照時間が短いと作物は育たないし、人間のエネルギーのチャージも不足しがちになる。とはいえ、私はこの頃、体調は別として、気分が天候に左右されることが減ってきた。鈍感になったのか、楽な生活をしているから、どこかねじがゆるんでいるのか。いずれにしても、気持ちが苦しいということが少ない。嫌なことをしないでよい環境にあるおかげ、そしてヨガのおかげもあるように思う。

・不燃ごみとペットボトルと両方の収集がある特別の日なので、使用済み電池や、中身の入った瓶(中身ありと書いた紙を貼って、袋に入れずに出す)なども含めた種々のごみを出してから、鍼治療に。6:00過ぎに車で出発。31日、金曜日、雨と渋滞の条件がそろっていて、国道には車が多い。R先生は今朝は患者さんが立て込んで忙しそう。雑談をしていても、心ここにあらず、緊張した雰囲気なので、今日は、肩と手首のことは言わず、顔だけ治療してもらった。

・7:40頃帰宅。11:00からのヨガに参加するつもり。夫が車を使うので徒歩で出かけることになるから、10:15には出かけるつもりで、1時間だけ体を休めるつもりで横になった。この時間帯はなかなか寝付かないのが常なのだが、今日は珍しくうまく寝入ることができたので、目覚ましをかけ替えて、13:00からのクラスに行くことにして、続けて眠った。それでも12:15に家を出るのだから、3時間眠ったか眠らないか。お蕎麦をゆで、冷たい納豆蕎麦と昨日炊いた大根の煮物、ぬか漬けをササッと食べて、徒歩にて出発。幸い雨は上がっていて、空が明るくなってきていた。

・今日はまたまた美しいお尻を目指すクラス(笑)。11:00からのクラスの内容は太陽礼拝の初歩で、ややヨガっぽいクラスの中で気に入っているものの一つだから残念ではあったのだが、睡眠優先。8月のスケジュールを後刻確認したところ、明日の早朝から同じクラスがあるので、頑張って参加できるといいな。お尻のクラスはヨガっぽいクラスとは違う路線、体のパーツにアプローチする種類のもの。股関節とか、骨盤とか、腹筋とか、二の腕等々、いろいろなクラスがある。腹筋クラスは、中に私には無理なポーズがいくつかあって、参加しても得るものがちょっと少ないので2度ほど参加して以来、避けている。美しいお尻のクラスも、座りポーズにできないものがあるのだが、そのほかの動きに、他のレッスンにはなく、かつ、私には効果のあるものがいくつかあるので、気に入っている。1時間、まずまずほぐれたかな。

・すぐそばにある駅ビルの中で、美味しそうなパンの詰め合わせを買って、徒歩で帰宅。今日は久しぶりに5000歩以上歩いた。ここのところヨガにはよく通っているが、雨だし、荷物も思いし、ということで車利用が増えて、あまり歩いていない。もう少し有酸素運動をせねば。

・コロナの新規感染者数は、各地で軒並み一気に跳ね上がって、一日1500人超。東京都は、つい最近366人で驚いていたばかりなのに、463人。自粛だけでは駄目な段階に突入していると思われる。

・マンションの外装工事は、各戸に影響がある作業はおそらくそろそろ終盤。今日は各戸のドア枠のシーリングと塗装工事。外廊下側の窓の面格子も取り付けられた(室内立ち入りをお断りしてごめんなさい)。ベランダの雨どいの部品も交換され、しっかり塗装済み。ベランダの各戸間仕切りも、傷んだ部分は交換され、その他は洗浄、塗装し直して、新しい黄色が鮮やかな注意書きシールが張り直され。ガスメーター設置場所の扉などもすべて塗装し直され。屋上工事は、実際に何をしているのかは不明だったが、相当な日数をかけて工事をしており、連日大きな音がしていたが、それも終わった模様。当初、秋近くまでかかるようなことだったが、あと何が残っているのかな。一段落したら、今度はひびの入ったガラスの修理(お隣もひびが入っていることが先日わかった)と、エアコンの交換を不動産屋さんにお願いしないと。

・夕方、テープ起こしワークショップのオンライン開催について、校長のWさんとオンラインミーティング。前回のミーティングでは、おおまかなカリキュラムを決めた。このかん、生徒さんたちに課す課題の選択をして、本日のミーティング。何回目の講義では、どういう狙いでどの課題を出すか、といった具体的な展開方法について相談。そして、開催日も決めた。次のミーティングまでに、課題候補の動画のうち、実際に何分から何分までを課題とするか、といったことをそれぞれに考えておき、教材を決めることに。

・明日は朝一番の8:30のクラス、無理だったら11:30のクラスを受講したいなあ。それにしても信じられない。明日から8月が始まるなんて!

| | コメント (0)

2020年7月28日 (火曜日)

7月27日(月)

・3:00前就寝、5:45起床。今日の鍼は6:40予約。梅雨はまだ明ける気配がありませぬ。顔の鍼治療、左手親指のカイロ治療、そして左の肩の前側の鍼治療をしてもらった。肩は痛みというほどのものではないのだけれど、どうかするとピキッとなるので、R先生に「気になるならやっておいたほうがいい」と言われて、念のため。1本目、イタタ、2本目、あまり痛くない、3本目、わーー、イタタタ。と3本目が入った途端にすべての鍼がつながった感じに。やはり痛みの元は隠れていたわけだ。重症ではないので、1分もしたらすぐに抜いて、そのあと、R先生に指でその部分を押さえられた状態で腕を前から上に、横から上に上げてみる。意外なことに横の動きのほうが痛かった。自分ではわからないものである。親指は、先週調整してもらったのが、手首の内くるぶし(と言うのだろうか)の部分。今日は手の甲側の親指の付け根の部分。パキッと音が鳴ってずれが治った。R先生はポキポキ整体は基本的にやらないのだが、カイロプラクティックと鍼のツボ、そして西洋医学の人体の知識を組み合わせて、独自の診断で「これは鍼、これはカイロ」と判断する。もうこれだけ長く通っていると、すべてお任せ。症状や状態について正直に正確に伝えることは必要だけれど。

・7:50頃帰宅。今日のヨガは、受けたいクラスは午前中にしかなく、そのためには寝ずにいかねばならない。無理するのはやめて寝ることにした。それでよかったみたい。一度目が覚めてもまだ眠くて、結局6時間くらい寝たことに。

・夕方、買い物に出かけ、ついでに今日もTSUTAYAに。『宋家の三姉妹』を借りたいと思ったのだが、検索したところ、DVDは存在するもののレンタルしていないようだ。残念。かつて、岩波ホールで予告編を見て、ああ、これ、観に来ようと思ったのだが観そびれた。台湾の仕事をしていることもあって興味がある。フェリーニの作品はあまり揃えていないようなので、ちょっと趣向を変えて『カミーユ・クローデル』と『地獄に堕ちた勇者ども』を借りた。前者はやはり予告だけ見て実際には観そびれたもの。後者は映画館で観たものの(当時ヴィスコンティ作品をいろいろ見た)、始まりのところを観そびれてしまい、名画座だったからそのまま次の回の頭の部分を観ればいいやと思っていた。が、とても長い作品で、次の回を見る気力がなくなった。結局人間関係がいまひとつ把握できないままに終わったので、今回見直すことにした。

・今日は『カミーユ・クローデル』を観た。おお、イザベル・アジャーニははまり役。『アデルの恋の物語』を思い出す。カミーユ・クローデルは実在の人物。オーギュスト・ロダンの弟子で愛人。カミーユは天才でもあったみたいで、ロダンはそれを利用した、という面もあるようだ。知らなかった。家族や異性間の愛憎の激しさ、哀しさが描かれていて、これも見ごたえがあった。

・それにしても、俳優という仕事は大変だなぁと、映画を見るたびにつくづく思う。撮影は苦行に違いない。結果、すばらしい作品になれば報われるのだろうけれど、そこは監督次第なのだものねえ。映画は作品を批評するつもりで観ない。その世界に持っていってほしいのだ。が、そうなれない作品を観ると批評眼が目を覚ましてしまうことがある。その点、時代も舞台も現代と無関係なほうが、別世界の話として観られるというところがあるなあと思う。だからといって、宇宙もの、SF、ファンタジーなどは苦手。最近はアクション物も疲れるし、やくざ物も(昔は結構好きだったけど)厳しい。アニメも基本的に見ないしね~。ほんとに選択肢が狭まってきている。年を取ってきたということでしょう(笑)。

| | コメント (0)

2020年7月27日 (月曜日)

7月24日(金・祝)・25日(土)・26日(日)

◆7月24日(金・海の日)

・3:00過ぎ就寝、5:25起床。夫と2人で鍼に。7:40頃帰宅。ガステーブルが届くのは9:00以降なので、予定より早く来ることもあり得るから熟睡するわけにいかないが、ほんの少しでも休むことに。結局到着したのは10:00頃。古く汚いガステーブルは透明ビニール袋に入れたうえ、ちょうどよいサイズの巨大レジ袋があったのでそれに入れておいて、持ち帰ってもらえた。引き取ってもらえると知らずに粗大ごみ収集の予約をしようと確認したところ、大変混んでいて、予約が取れたのが8月20日。長く置いておかずに済んで助かった~。

・さて、設置ですよ。一番大事なのはホース。1mのものを買ったが、つけてみたら少し長いので一度外して20cmくらい切って再度。組み立てなどはほとんどない。使い始めの注意をよく読み、最初にすべきこと(グリルの受け皿の空焼き)を確認。また、ピーという音がどんなときにどのように鳴るのかとか、自動消火機能その他、取説をひととおり読んだ。

・これで安心して眠れる~。今日もヨガはお休み。しかし、本日はまた大変大きな工事の音。外壁のタイルを削っているのか。ベランダの床の防水工事は終わっているけれど、各戸の間の仕切板の塗装はまだみたい。その準備のために、気づくとベランダに人がいる、みたいなこともあり、やはり落ち着かない。それでも3時間弱は眠れた。

・新型コロナウイルスの新規感染者数は、東京のみならず軒並み増えている。先はまだまだ見えないが、自分にできることを粛々とやっていくしかないのだろう。

・先週延期した明日の友との約束は、再延期。

◆7月25日(土)

・2:30就寝、9:30頃起床。ヨガは2日間休んだので是非行こうと思っていたのだが、どのレッスンにするか迷った末、11:30の少しヨガっぽいクラスに参加した。1時間とても楽しく動けた。音楽に合わせてさまざまなポーズをとっていくもの。初歩的な動きが多いのと、2日間休んだのもよかったのか、久しぶりに深い呼吸ができた。別の店舗を、新型コロナ陽性の会員さんが発症がわかる前に利用していたことがわかったとのことで、その店舗は一日臨時休業したとのこと。一週間以上あとに保健所から連絡が来る、ということになるわけで。今は、インストラクターさんはレッスン中もマスクをするようになった。まあ、大きな声を出してガイドするわけだから、やはり飛沫感染を考えるとマスクは必要なのでしょうけれど、息苦しそうで気の毒。マスク着用の会員さんも時々見かける。

・おかしなお天気が続く。工事も続く。

・夜、花火があった。

・英語スピーチは3分の2まで覚えたところで足踏み状態。8月初めの勉強会ではここまででよしとして、その次に全文暗記できているようにしよう。

・夫は昨日も今日も仕事だった。帰りは遅くなかったので、夕飯を早く終え、私は特に何のきっかけもないのだが突如として観たいと思い、フェリーニの『』を観た。昔観たときは、暗く不鮮明だった画像が、驚くほど見やすくなっていた。数々のシーンを覚えていたつもりだったが、ザンパノとジェルソミーナに継ぐ重要な登場人物イル・マットとジェルソミーナが最初に出会うシーンを、覚えていなかった。というか、あのシーンのあの人がイル・マットだったのか、ということが今回観て初めてわかった。ジュリエッタ・マシーナの目の表情、走り方。ほんとにすごい演技。そしてその哀しみが心に刺さる。何から何まで好きだ。観終わった途端、もう一度観たくなるような映画。フェリーニとか、トリュフォーとか、20代の頃に見た映画、また見たいなぁ。TSUTAYAの会員になろうかしらん。

・夜も雨。

◆7月26日(日)

・2:40就寝、10:00起床。朝方、雨が激しく降っていたみたい。ほとんど知らない登場人物ばかりが出てくる、長くて意味のわからない夢を見ていた。目が覚めたら首を寝違えそうになっていた。

・夫がもしかしたら午後、運転免許証の更新に行くかもしれないと言うので、私は徒歩でヨガに。今日は13:00からの美しいヒップラインを作りましょうというレッスン。私は、美しさなどおこがましくも求めているわけではなく、ひたすら股関節回りの筋肉をほぐし、骨盤の歪みを治したいがために、このレッスンを受けている。今日は参加者が割合少なくて(午前中は混んでいたみたい)、伸び伸びできた。

・終わったあと、駐車場代を気にしなくてよいのでTSUTAYAに。私は、大きな音でBGMが流れているところ、店内がごちゃごちゃしているところ(例えばゲームセンターとかドンドンキホーテのようなところ)がとても苦手。初めて入った駅近くのTSUTAYAは(夫はよく利用している)、ぎりぎりなんとか大丈夫という感じ。それでもいろいろな情報を一度にキャッチしなければいけないことに、すぐに疲れてしまう。でも、まずは新規入会をせねばなりません。店員さんに尋ねたら、個人情報を入力する機械のところに案内され、「この画面から続きを入力してください。レシートが出てきますからそれを持ってカウンターに来てください」。はい、わかりました。タッチパネルの入力はとにかく苦手。でも、なんとかかんとかできてレシートを持っていく。若い女の子が対応してくれる。「カードは二種類あるが、どちらにするか?」と聞かれる。面倒だけど、どこが違うのか一応質問。ポイントの付き方と、一年ごとのカード更新手続きの要不要が違うと。それならクレカっぽいほうにしましょうか。でも、すぐには発行されず送られてくるのだそうで、とりあえずはこのカードを使ってください、と普通のカードを渡された。その場で裏に名前を書く。新しいカードが来て、このカードを店舗に持ってきたら、DVD1枚無料になる、と言っていたような。あまりちゃんと聞いていなかったけど。

・そのあと、棚を眺めた。ふーん、いろいろあるんだなぁ。重たいリュックを背負い、ヨガマットと傘を持っているので、とりあえず練習ということで1本だけ借りた。『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』。この作品を選んだのは、店内を隈無く見て回る元気がなく、検索の機械を探すのも場所を聞くのも面倒で目についたから。主演の俳優がチャーチルにものすごく似ている(特殊メイクや体格、口ぶり等々)ということで話題になったのは知っている。その特殊メイクの責任者は日本人だというのもラジオで聞いた。アカデミー賞について、ジョン・カビラのJK Radio ~Tokyo Unitedで聞いたような記憶が。

(書きかけ)

・観ました。そうだ、チャーチルに扮したゲーリー・オールドマンがアカデミー主演男優賞を受賞したのでしたね。そして、メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した、オールドマンの特殊メイクを担当したメイクアップアーティストに、辻一弘が含まれていると。チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの一日一日を追いかけていくドラマで、とても見ごたえがあった。脚本が良い、セットもリアル、チャーチルは、おそらく驚くほどイギリス人が持っているイメージを再現していたのだろうなぁと想像される。録音が残っている演説をオールドマンは自分の物にした、と監督のジョー・ライトは語っている。歩き方もおそらくこんな感じだったのだろうなと。巨体なのに、せかせかと速足で歩くのがとても特徴的。タイピスト役の女優さんがとても良い。続編が作られるかもしれないとのこと。観たい。

・何を意味しているのか理解できなかったシーンがある。ネタバレになるから詳しく書けないのだが、最後の最後のところでチャーチル夫人が、鏡に向かってつぶやく。鏡の横には軍服(と思われる)がかけてある。次のシーンは、その軍服を着ているポートレート撮影をしている。その軍服の左肩に「St. John」という縫い取りが見える。これは「聖ヨハネ」の意味だと思うが、「聖ヨハネ」と縫い取りのある軍服で正装して写真を撮る行為と、その直前の彼女の台詞が示唆するものは? 歴史についても、軍服の持つ意味についても、知識がないので、長さにしたら1分に満たないであろうこの2つのカットは、チャーチル夫人としては最後のカット。

・その後、今度は、チーム仲間から貸してもらった台湾のドキュメンタリー『湾生回家』を見た。「戦前の台湾で生まれ育った日本人を指す「湾生」たちが、故郷である台湾に里帰りし、懐かしい人びとを訪ねるドキュメンタリー」と上記サイトにあるとおり、何人かの湾生の方たちが登場して、それぞれの心の台湾について語っている。日本統治下の台湾で生まれているので、植民地という意識はなく、台湾は日本だと思っていた、という方が多かった。日本統治下の台湾で生まれ育った台湾人、日本人の方の聞き取りのテープ起こしを十年以上やってきているので、話に加えて当時の写真なども見ることができて非常に興味深かった。

・普段はほとんどテレビを見ない生活なのに、4時間もビデオを観てしまい、頭痛発生。慣れないことをするものではありません。

| | コメント (0)

2020年7月24日 (金曜日)

7月21日(火)・22日(水)・23日(木・祝)

◆7月21日(火)

・2:00過ぎ就寝、7:30過ぎ起床。9:30からのヨガに行くために、鍼がない割には早起き~。8:00までに朝食を済ませ、9:00前に車で家を出る。9:30から1時間、レッスン名のとおり全身スッキリしました~。帰宅後、ウェアなどを洗濯してから90分昼寝。その後また買い物に出て夕方帰宅したら、ベランダの床が水色から薄いグレーに変わっていました~。上塗りした模様。しかし、明日もまだ外干し禁止か~。残念。外壁のレンガを削る音があちこちで。

・ネットで新型コロナウイルス関係の動画その他をいろいろ見ていると、やはり相当な警戒が必要なのだと感じる。インフルエンザは上気道で増える、SARSは肺に達して増える。新型コロナは消化管でも増えるため便や嘔吐物などからも感染するということ。また人工呼吸器を外せない状態になった重症者からはものすごく多くのウイルスが出るため、院内で医療従事者に感染する可能性が高い。とにかく現在の欧米等に比較して「重症者が少ない」「死者が少ない」という状況を最低でも維持しないといけない。エピセンターができてしまうと、感染のスピードも速いし、ウイルス自身の変化のスピードも速いので、手がつけられなくなる可能性もある、といったようなこと。さらに、中途半端な抗体があると、感染したときに逆にそれが命取りになるケースがあり、それが欧米での感染拡大の原因になっている可能性もあるとの話だった。ある一つのウイルスをたたくためのワクチンを作っても、変異したウイルスが入ってきたときにそれが誤作動を起こす、という話。日本人にはその誤作動を起こす免疫がないため、発症・重症化率が低いのかもしれない、という仮説は説得力がある。

・最近忘れていたので、ふと思いついて血圧を測ってみたら、やはり高め。一時期120台を推移していたので安心していたのだが、最近なんとなく高いような気がしていた。せっせとヨガに通っていて体調は良いのだが、塩分は摂り過ぎだと思う。主な原因は、ぬか漬けとそばつゆかな~。

◆7月22日(水)

・2:30就寝、5:25起床。鍼治療に一人で。大粒の雨がぽつりぽつりと落ちてくるような天気。道路がすいていて早めに到着。NHK-FMのバロック音楽を聴きながら時間調整。治療は顔のみ。顔も、5月頃からずっと、目を開けているだけで頬の周辺がひきつる感じがあり、大変調子が悪かったのだが、ここのところずいぶん落ち着いてきた。このまま回復していくといいなぁ。

・8:00前に帰宅。今日は11:00からのヨガのクラスに。10:00前の電車に乗る夫が駅のロータリーで降りたあと、9:50頃駐車場に入れ、10:00少し過ぎに「おはようございます~」とヨガの受付をしようとしたら、「あれ?何時のレッスンですか?」と聞かれた。なんとなく10:30スタートだと思い込んでいたけれど、11:00スタートだったのだ。「間違えました~。30分つぶしてきますね」と退散。駅ビルの書店に行き、久しぶりにいろいろな棚を眺める。あ、そうだ、と思い出し、『日本近現代史講義-成功と失敗の歴史に学ぶ (中公新書) 』山内昌之、細谷雄一 (著・編集)を購入。評判が良いので、読みたいと思っていたのだった。

・10:30に再び。今度は無事に受付ができて、11:00から1時間、太陽礼拝の基礎の基礎を学ぶレッスンを。このレッスンも最近のお気に入り。しかし、寝不足なので、随所で体が思うように動かないところも。片足立ちがいきなりぐらりとするとか(おそらくは軽いめまいのせい)、呼吸が全体に深まらないとか。それでもやはり1時間しっかり集中して汗をかき、体をほぐすのは気持ちが良い。

・スーパーで買い物をしてから13:00頃帰宅。ベランダの防水工事が終わったらしく、いったんどけられていたサンダルや脚立などが、ベランダに戻してあった。明日から外干しできるのね。わーい。お隣との仕切り板の交換と塗装はまだこれからのようだけれど。とても暑い。

・軽く昼食を済ませてから、寝る間もなく、15:00から仕事のチームミーティングを3人で。今回はZoomではなくLineでやってみましょうということに。Zoomは40分で切れてしまうので。一人、外付けカメラが見つからないからということでスマホで入ったのだが、動画は固まるし、音は飛ぶしということで、やはりPCで(外付けのカメラが見当たらなくなったとのことで音声のみ)。ちょうど1時間、それぞれの近況報告と、チームが受注した新しい依頼(量が少ないので、担当は2人で十分)の分担の相談など。私からは、ホームページについて考えていることを報告したところ、2人とも賛同してくれた。亡くなった師匠の名前も出すことにしたいので、師匠の奥様には先週Lineでこのアイデアについて報告し、ご意向を伺ったところ快諾いただいていた。これで前に進めることができる。

・夫の帰宅は22:00過ぎの予定なので、夕方頃から冷凍してあった牛肉を解答しておき、21:00頃から野菜をゆでるなど下ごしらえを始めようとしたら、なんと、コンロが点火しない。電池交換をしてもダメ。わ、ついに寿命ですね。夫にLineで事情を伝え、外で食べるか、電子レンジのみの調理で食べられるもので我慢するかの選択をしてもらうべく、22:00以降も営業しているファミレスを伝えた。夫の返事は外で食べようということだったので、22:30頃、少し離れたところにある和食のファミレスで食事。満腹で帰宅。

・眠くてたまらないので、お風呂がわくのを待つあいだ、布団に寝転がって英語の暗誦と、買ってきた新書をパラパラ眺めるなどしていたら、だんだんと気持ちが悪いような気がしてきた。あー、胃もたれだ~。そういえば、帰宅後ワインを飲みたいと思わなかったものね~。それは食べ過ぎたからだと思っていたけど、そうではなかったみたいだ。失敗した~。1時間ほど横になって様子を見ていたが、具合は悪いがなんとか大丈夫そうなので入浴。夫が「とみきちは繊細だからね~」と同情してくれたが、いや、これは自業自得。寝不足で疲れていたのだから余計にちゃんと食べるものを選ぶべきだったし、量が多かったら残せばよかったのだ。後悔しながらも、布団に入ったらすぐに寝付いた。ふぅ。

(上の二日間は、24日に書きます~)→書きました。

◆7月23日(木・海の日)

・昨夜は、久しぶりの胃もたれがなかなかつらかったが、なんとか入浴して2:30頃就寝。3時間強睡眠だったこともあり、気持ち悪さより眠さがまさったようで爆睡。7:00頃目が覚めたときには胃の調子は回復していた。助かった~。夫がごごみ捨てをしておいてくれたのを確認し、それならのんびり寝ましょうと寝直す。夜中過ぎの猛烈な雨は去っていたものの、雨模様が続いているので(今年は梅雨明けが遅いこと)予定の工事もなさそうだし。隣のお宅のかしまし三人きょうだいの声が聞こえてきたりするなか、寝ても寝ても寝られるということで、起き出したのは14:30頃。よく寝た~。昨日と合計して15時間だから、それほどでもないか。

・今日は、今年だけ特別に7月23日に決められた海の日。第3月曜日と定められている海の日を、笹川陽平さんが、海の記念日である7月20日に「固定すべき」と主張されていたことは知っていたが、今年は、オリンピック開会式のこの時期を連休にするために法律改正をして、オリンピックとの関係で、海の日を7月23日にして、24日をスポーツの日にしていたということは、つい最近までまったく知らなかった。天皇即位のための特別の休日なども友人に指摘されるまで知らないということもあった。世の中に疎いせいなのか、休日か平日かをまったく意識せずに暮らしているからなのか。

・そして、今日は休日にもかかわらず、夫は夕方から仕事である。ガスコンロが使えないなか、食事をどうするか。「電子レンジによるチン」「お湯を入れるだけで食べられるもの」の二択かと思ったのだが、あっ、トーストはできる、と気づいたので、コーヒー、ハムトースト、野菜&残ったおかずの温め直しで、まずまずの食卓が用意できた。

・夫を駅まで送ったあと、そのまま駅そばの家電量販店に。今まで使っていたガステーブルは平成7年10月に日立の特約店から購入し、取り付けてもらったもの。25年近く使ったことになる。よく働いてくれたこと。量販店の製品ではないので、性能がよかったこともあるのだと思うが、寿命をとっくに過ぎていた。7~8年前にガスの点検に来た東京ガスの方から、寿命を過ぎている証拠を幾つも指摘され、「是非今すぐ買い替えてください」と言われていたのだった。今日見てみたら、候補の商品は5種類くらい展示されていて、平成7年当時の購入価格と同等のものと、1万円以上高額なものと、2つの価格帯というラインナップ。性能を見比べてもほとんど同じ。店員さんに、「この1万円の違いはなーに?」と聞いたが、専門ではないみたいで明確にはこたえられない。それでもとても熱心にあれこれ調べてくれて、「トップの材質の違いのように思います」と。とても迷ったけれど、10年は使うだろうからと、1万円高いほうのものに決めた。そして在庫を調べてもらったら、「一番速くて29日の配送になります」。えっ、そういう感じなのか……。それじゃ、第2候補のほうは? これなら店舗にはないけれど倉庫にあるので、取付無しなら明日配送可能とのこと。未練は残るが、一週間もコンロ無しでは暮らせないから、第2候補のお安いほうに決定。ホースと一緒に。ついでに、夫の部屋のファンヒーターの交換用フィルターの注文をしようとしたら、メーカーに問い合わせる必要があり、メーカーの業務時間が終わってしまっているとのこと。そちらは問い合わせて連絡してもらうことにした。

・今日持ち帰るつもりでいたのだが、明日配送となると、今夜も煮炊きができないわけだ。すぐ近くのデパ地下もどきのところに行って、お鮨、餃子、そしてパンとワインを購入。

・帰宅後、早速古いガステーブル撤去に取りかかる。まず、ゴムホースを元栓から外そうとするが、まったく抜けない。力任せにやってもまずいだろうと、先日整理しておいた(やっておいてよかった!)ガス・水道・電気関係のファイルを確認したところ、東京ガスによる平成5年の「ガスのご使用の手引」を発見。その中に「ホースの交換」があった。なんとなんと、ホースを挟みで切る、とある! そのあと、元栓にかぶさっている部分をカッターなどで切り裂いて抜くのだと。つまりそのままで引き抜くことは不可能だったのだ。何でも確認すべしですね~。そこには当然、新しいホースのはめ方も記載されていた。明日も、これに従ってやりましょう。

・ガステーブルは明日無償で引き取ってもらえるとのことなので、持ち帰ってもらえるようにきれいにしようと思ったが、掃除ができない箇所の油汚れがひどくて、これはもうこのまま包装したほうがいいかと。巨大な透明ビニール袋に入れ、それをさらに大きな大きなレジ袋のようなものに入れた。これで持ち帰る方の手や衣服が汚れずに済む。

・そして、ガステーブルをどけて初めて掃除のできる場所の掃除は、もちろん我が愛しのセスキ炭酸と重曹である。まずはゴミを拾い、表面の汚れを拭き取る。そしてこびりついた脂が焦げ付いて固まったところなどは、セスキ炭酸の出番です。常に用意してある新聞紙一面の四分の一サイズの紙を当てて、セスキ炭酸水をスプレーでシュッシュとたっぷり噴霧。そのまま放置。タイルはセスキに頼るまでもなく、重曹シートで拭き取ればよし。ギトギトしている元栓周辺は、重曹シートだけでは細かいところの油が取り切れないので、やはりセスキを噴霧した後に拭き取ればピッカピカ。こうして、ほとんどはセスキと重曹の働きだけで掃除が終わったのでした。

・さて、新型コロナである。本当に皮肉なことに、GO TO トラベルキャンペーンをまさに狙っているかのように急増する新規患者数。東京は366名。全国の患者数も最多。確実に急増である。しかも無症状の20~30代が70%とか? これはCPR検査を受けて陽性が判明した人の数。要するに感染者数ではないのだ。CPR検査で陽性=感染者、陰性=非感染者とは言い切れない、というところも注意である。

・私が最近、この情報は知っておいたほうがいいのではないかと思ったのは2つ。ワクチンとは何かということと、欧米人の発症率と日本人の発症率の違いの原因である。それは、以下の動画を見て思ったこと。まだまだ未知なところが多い感染症ではあるが、専門家は出てきたデータを元に、それぞれの専門性に基づいて検証を続けている。一般論を当てはめたり、1カ月前に言われていたことを信用したりしていると、間違うこともあると思う。専門家というのは、わかったことだけを言う人たちである。それに対して、政治家はわかっていなくても、「こうあったらいい」ということを言う人たちである。政治的判断を下す責任は逃れておいて、自分にとって都合のよい断言だけはする、ということになってしまっている。

https://youtu.be/y6W83Y85zJs

https://www.youtube.com/watch?v=BIinba7Rd58

・これまでよりも厳しい自粛が必要になったりしないことを願いたいが、どうなるだろうか。

・腰痛、膝、足首などの回復が著しくて、喜ばしい。他方、左手の親指の付け根外側から手首の関節につながる腱のずれが、少し顕著になってきた。明日、R先生にお願いして調整してもらおう。コロナのことを考えるとヨガはちょっと心配だが、やはり全身の調子を整えるうえでヨガの効能は明らかなので、なるべくいろいろなことに注意しながら通いたいと思う。

 

| | コメント (0)

2020年7月20日 (月曜日)

7月19日(日)・20日(月)

◆7月19日(日)

・2:20に布団に入るも寝付かず。眠くないなぁとごろごろしていたら、3:00過ぎに寝入った模様。体のリズムを自分の都合に合わせてヒョイヒョイ変えようとしても、そう思いどおりにはならず、という感じ。義母や夫にしばしば言っていたとおり。「普段からケアしないでおいて、いざというときにからだが言うことを聞かないと言って怒るのはお門違い。からだの身になってごらんなさい。かわいそうですよ。まずは、わがままな持ち主によく付き合ってくれるね。いつもありがとうとお礼を言ってしかるべきでしょう」なんてね(笑)。

・地元の映画館で『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』を一人で鑑賞。外は暑そうなので車で。シネコンが入っている建物の駐車場に入れる。スクリーンは小さめで82席。座席の予約は一つ置き。入っていたのは30人弱かなぁ。もっとガラガラかと思ったけれど。

・『若草物語』は、もちろんオルコット原作の4姉妹の話。映画を見たあとwikiなどを見て、原作は四部作と初めて知った。私はどうやら『続・若草物語』まで読んであったようだ。それにしても、若い頃、というか子どもの頃に読んだ本の印象はどうしてこうも鮮明なのだろう。メグ、ジョー、ベス、エイミー、それぞれの性格もエピソードも本当によく覚えている。これまでに何度も映画化されてきており、キャサリン・ヘプバーンやら、エリザベス・テイラーやらが出ているようだけれど、私はいずれも未見。映画としては今回見るのが初めて。自分なりに抱いていたイメージと重なるところもあり、違うところもあり。まず主人公のジョーは、もっと破天荒で一本気、硬い印象があった。本作のジョー(シアーシャ・ローナンの演技力はすばらしい)は、それよりももう少し線が細く、ややマイルドだったかな。ベスはイメージが違っていた。エイミー(フローレンス・ピュー)も、もっと賢さと、背伸びしているわがままな末娘という印象があってもいいと思った。野太い声、ふてぶてしさ、目つき、体格などが、相手の言いたいことを先回りして自分が傷つかないようにするという役回りと、ちょっと乖離している印象が。演技は上手だったけれど。

・姉妹以外に重要な役割を担う隣家のローリー(ティモシー・シャラメ)は、憂いを讃えた瞳が印象的。本を読んだとき、おてんばなジョーに振り回されるあまり運動ができない線の細い、いまひとつ立ち回りのうまくない少年という印象だったので、それに比べると、ただの「いい人」で終わるタイプには見えない、とても魅力的な役作りになっていた。妖精のようで、竹宮恵子の漫画に出てきそうな印象。そのほか、資産家のマーチ大叔母さん(メリル・ストリープ)や、四姉妹の母親のマーチ夫人(ローラ・ダーン)の存在感が効いていた。メグ(エマ・ワトソン)は長女らしさがちょっと足りなかったかな。とてもきれいだったけれど。

・さて、興味深かったのは時代背景。南北戦争中のアメリカである。四姉妹の父はピューリタンの牧師。黒人解放の理念を持ち、北軍の従軍牧師として戦地に赴いている。そうか、この時代か~。そして、家族の精神文化の中心にピューリタンの教えがある。そのバイブル的な書物が『天路歴程』なのだそうだ(wikiより)。おお、出ました、ジョン・バニヤン。高校で読んでおいてよかったなあと思う。最近読み返していたシャーウッド・アンダスンの小説の時代背景は南北戦争直後。マーチ家ではメグが「貧乏ってイヤね」と言ったり、「そんな高価なものは買えない」といった会話が出てくるが、実際は中流階級と思われる。アンダスンの描く世界は、もう少し文化の伝播が遅い小さな町。人々の心のよりどころにキリスト教はあるのだが、もう少し粗野だったり、言葉、表現力を持たなかったり、話し合いができなかったりする人たちが主人公。女性にとって結婚の持つ意味、女性の職業がほとんどないという現実など、19世紀のこの時代のアメリカの状況を踏まえて、主人公たちの葛藤や悩み、人生の選択の持つ意味を理解する必要がある。映画として見たことで、それが明確になった。またアンダスンを読み返そう。

・もう一つ興味深かったのは、演劇、芝居が日常にあること。クリスマスの日、ジョーの書いた脚本に基づき、姉妹は仮装をして家でお芝居を上演し、近所の子どもたちが来て鑑賞するシーンがある。私もキリスト教の幼稚園に通ったので、クリスマスにはイエスキリスト降誕のお芝居をやった記憶がある。芝居を通して三賢人というものが何であるのかおぼろげにわかったし、「かいばおけのなかにても~」と賛美歌を歌ったことも、きちんとした理解につながったと思う。こういう教育を積み重ねていくうえで、芝居の重要性は大きいと感じた。先般読んだブレイディみかこの『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』の中の、イギリスの学校教育における演劇教育に関する考察が強く印象に残っていることもあり、余計にそう感じたのかもしれない。

 わたしは保育士として働いていた人間だが、この英国教育における演劇重視のスタンスは、保育施設における幼児教育にも反映されていた。英国政府が定めた幼児教育プログラムEYFSも「コミュニケーション&ランゲージ」という指導要領項目の中で、4歳の就学時までに到達すべき発育目標の一つに「言葉を使って役柄や経験を再現できるようになる」というゴールを掲げていた。
 だから、英国の幼児教育施設は演劇的な指導を日々の保育に取り入れている。笑っている顔は、嬉しいとき、楽しいときにする表情であり、怒っている顔は怒りを感じているときにする表情なのだということを幼児に教え込むのだ。
  (中略)
 わたしが勤めていた託児所は失業率と貧困率が非常に高い地域の慈善施設の中にあり、DV、依存症などの問題を抱えた家庭の子どもが多く通っていた。彼らは表情に乏しかったり、うまく感情を伝えられないことが多かった。他人に自分の感情を伝えられない子どもは、他人の感情を読み取ることもできない。他者がつらそうな顔をしていたり、嫌がって泣き始めても、それが彼らに痛みを与えている自分に対する「ストップ」のサインなのだとわからない。問題行動が見られる子どもはこうしたコミュニケーション面での発育が不十分な場合が多い。だからこそ、わたしが「底辺託児所」と呼んでいた託児所では演劇的な要素を取り入れたゲームや遊びに力を入れていた。

 

・映画館で映画を楽しんだのは久しぶり。古典は安心して見られるな~。監督・脚本のグレタ・ガーウィグは普遍的、社会的なテーマを込める表現者だということなので、そいうメッセージ性は高いと思う。しかし、それも元のこの四姉妹のキャラクターづくりが秀逸だからこそ、という気がする。こういう映画ならいつでも見たい。

・コーヒーを飲んで一息入れてから帰ろうと思ったが、あいにくカフェは満席。すごすごとそのまま車を出して帰宅。

・あ、そうそう、昨日の筋肉痛はそこかしこにあるものの、激しく痛むところはなかったので一安心。昨日テニスボールでよーくほぐしておいたのがよかったのだと思う。嬉しいのは、膝や足首、腰が炎症を起こすことがなかったこと。だいぶ筋力がついた証拠ではないだろうか。このまましっかりと体を立て直していけたらいいなぁ。夜、またテニスボールでぐりぐり、ストレッチもたっぷり。英語の暗記。

・土曜の丑の日は21日だけれど、一足早く、夕餉はウナギをいただきました~。

◆7月20日(月)

・2:00過ぎ就寝、5:45起床。鍼の予約が7:00なので、ごみ出しをしてから6:25に車で家を出る。国道はかなり混んでいて、時速60キロ出すことができない。信号6~7個ノンストップで行かれるところ、3回、4回と赤信号に引っかかる。いつもは10分以上余裕をもって着くのに、今日は5分早く出たのに駐車場に着いたのが7:00。月曜日、20日という条件が重なったせいでしょう。治療は顔のみ。買ってきてと頼まれていた山椒の瓶を2つ、忘れずに渡す。

・帰りもなんとなく流れが悪く、8:15頃帰宅。朝から気温が高く26℃。とりあえず雨は降りそうもないので洗濯をしたいところだが、今日は雨でずっと延びていた工事が進められることでしょう。外干しができないので洗濯はせず。昨日ある程度まとめてしておいてよかった。90分仮眠をとって、ヨガに。12:40スタートのレッスン。暑いから車で12:00に家を出る。外気温は36℃という表示。うわ~、それは大げさだけど、蒸し蒸しして、なかなかしんどい。

・ヨガの受付で、体調チェック票に記入。額にピッと赤外線体温計を向けられた。「あれ? こういうことになったんですか」「そうなんです。35.9℃ですね」「あれ? そんなに低いですか。今朝は36.4℃でしたが」「髪の毛があったからでしょうか」「それじゃ、前髪をどけて」 ピッ。「36.6℃です」「えっ、そんなに違う? 髪の毛の働きってすごいんですねえ」「アハハ、ほんと、すごいですね」。

・今日は、何度も受けているKoさんの骨盤筋を整えるクラス。これ、とてもいのです。強度は3とあるけど、それほどでもない。私の苦手なものがそれほど多くないと言ったほうが正確かな。ダウンドッグとか、うつ伏せになっての背筋強化の運動とかもあるから、筋力を使う動きもそれなりにあるので。終わったあと、参加自由の10分ヨガがあり、小胸筋をほぐすというテーマだった。うつ伏せになって、片方の手を手のひらを下向きにして真横に伸ばし、手をそのままにして体全体を手を後ろに置いていく方向に胸を開いていく。胸が柔らかく開く人は、その姿勢で小胸筋の下にテニスボールを入れる。私は右はまだましだったが、五十肩をやった左の開きが悪くて、右をやったあと左をやってみたら、「あ、こっちは全然ダメ」と独り言。Koさん、終わったあと、「左が開きませんでしたか」「はい、こっちは五十肩をやったので、ずっとかばっていたのかもしれません」「少しずつほぐしていくようにすると、だんだん開く時間が長くなりますよ」「そうですね。それでも肩甲骨が少し寄せられるようになってきたので」「いいですね。そうなるとだんだん開いていくと思います」「昨日、テニスボールでお尻をずっとほぐしていたら、股関節の可動域が少し広がりました」「そうですか。ほぐすと違いますよね」「でも、すぐに戻ります」「ハハハ、体の状態は常に変化しているので。確かに元に戻っちゃうんですけど、根気よく繰り返しているうちに、だんだんと体がその状態を覚えていきますから」「はい、続けたいと思います~。変わってくると嬉しいです」「ホントですね」「だけど覚えることが多すぎて」「確かに覚えること多いですよね」「時々、忘れられた部分の子が、最近ケアしてくれないって文句言ってたりします」「そうそう、あたしのことも……って言いますよね」みたいな会話を。Koさんは、体との対話という概念を実感として持っている感じがする。習ったことをそのまま伝えるのではなく、自分の体を通した言葉になっている感じ。こういう会話をしていても、そういう感じが伝わってくる。楽しい。

・シャワーを浴びてスッキリ。受付で今度はKiさんと少しおしゃべり。土曜日にエクササイズを初めて体験したと言ったら、「どうでしたか? 楽しめましたか?」 ブログに書いたような報告をしたら、「じゃあOKですね。楽しいですよね。また参加してください。私もその理シーズのビューティというのを今度担当するので、よかったら参加してください」。これは強度は土曜日と同じ程度。バレエやピラティスの要素なども入っていて、どちらかというと引き締めにフォーカスしたトレーニング系だそうだ。「バレエだったら柔軟性が必要なんじゃないですか?」「いえいえ、大丈夫ですよ」とのこと。「それじゃあ、参加する勇気が出たらいつか受けてみますね」。

・汗をかいたあとは、外の暑さがまったく気にならない。むしろ涼しく感じるほど。不思議だなぁ。そのうちにまた暑さを感じるのだけれど。スーパーで少しだけ買い物をして、14:45頃帰宅。工事は進行中。壁に響くビーンという音、外壁のレンガを削っているのか、かなり大きな音がいろいろなところから断続的に聞こえてくる。そして明日も同じ工事が続くそうで、まだ外干し禁止だ。ウェアとラグ、タオルを洗濯。

・ちょっと疲れているけれど、ここで昼寝をすると夜寝られなくなるので我慢。

・いろいろな連絡をして、英語をちょっとやって、ブログを書いていたらあっという間に夜である。この生活に仕事が入る余地はないわねえ。近々やらねばならないことは、ワークショップの課題探し、自動車運転免許更新、誕生日健診の予約、お中元の手配。そして、常にございます課題はお片付け。はぁ、進んでおりません~。

・左手親指の付け根の骨だか関節だか、今朝は大丈夫だと思ってR先生に言わなかったけれど、今キーボードを打っていると、時々ガクッと引っかかる。痛みまではいかないのだけれど。

| | コメント (0)

2020年7月18日 (土曜日)

7月16日(木)・17日(金)・18日(土)

◆7月16日(木)

・2:45就寝、7:30起床。夫が8:00頃ごみ捨てをしてくれたので、二度寝をすることに。でも、今日は12:30からのヨガの予約がある。10:00過ぎには食事を終えていたい。10:00前起床、簡単朝食。12:00前に車で家を出てヨガに。今日は、最近気に入っているヨガっぽいクラス。太陽礼拝を三分割して各パートを丁寧に確認しながら学んでいくクラス。初めて受講したとき、きちんと段階を踏んで学習できるクラスだと感じたのだった。基礎を教わりつつ、ヨガらしさが味わえる。まだ「体操の世界」にいる、私は「ヨガの世界」に少しずつ足を踏み入れていきたい。楽しかった~という気持ちで辞去。

・ヨガから帰宅してベランダを見たら、床のコンクリートがプールの底のような水色に塗られてピカピカ光っている。おお、これが防水工事なんですね。8:30頃、ベランダに人が現れていたので、あのあとこの作業を進めたということか。ちょうど不在でよかったかも。この色のままになるのか、このあとコンクリートを流すのか。屋根工事も同時進行しており、久しぶりに天井や壁に直接激しく共鳴する「ビーン」という電動工具の音と振動。あちこちからトンカチの音が聞こえるのは相変わらず。

・新型コロナ感染者増加中。おさまりませんね。200人台を推移しているなかでのGo To キャンペーン。もはや意味不明。もちろん経済を回すことは本当に大事なことだけれど、このキャンペーンは違うのではないでしょうか。。。

(書きかけ)

・夫は、光り物の魚が苦手。私は子どもの頃はあまり好きではなかったけれど、お寿司の光り物はもともと好きだし、この頃はむしろ好きになってきており、新鮮なサバやイワシ、サンマなどを見ると買いたくなってしまう。夫は、サンマの塩焼きは何とかいただけるのだが、イワシ、サバなど断じておことわりである。イワシを家で食べるとすると、梅煮にして一人で何回かに分けて食べるか、開きをムニエルにするか。サバは、昆布じめにすればいいのだろうけれど、なかなかそこまでいかない(一人で大量に食べられないし)。みそ煮はいまひとつ好きではない。でも、ピカピカのサバを売っていたので、竜田揚げにすることに。一人で食べるにはやはりかなりの量になったけれど、美味しくできて満足~。(太る~)

◆7月17日(金)

・2:40就寝、5:25起床。うー、寝不足。雨。気温は18℃。涼しいというか、肌寒いくらい。鍼治療のため6:00に車で出発。今日も顔のみ。R先生に、昨日買った野菜を少しお裾分け。7:30過ぎ起床。雨だけれど洗濯。少しずつ洗っておかないと、どんどんたまる一方なので。すぐには眠れないので英語暗記。144センテンス(短いものは2~3文で1センテンスとカウントしているが)のうち半分を超えた。スピーチは3つのテーマで成り立っていて、その第2のテーマの前半まで。8月頭のZoom勉強会までに第2テーマの終わりまで暗記できていることが目標。毎日繰り返しているのでたぶん間に合うでしょう。夫は既に耳にタコで気の毒(笑)。

・9:30頃から寝ようと試みるがうまく寝付かない。眠いのだが。10:30頃寝付いたようだが、11:30にドアチャイムで起こされた。宅配便だったのでそのまま居留守。宅配ボックスに入れていってもらえた。また眠る。お昼を回った頃から眠りが深くなり、合計3時間強眠れた模様。コロナ新規感染者またまた増加。検査数が増えているとはいえ、感染者の属性がいろいろだし、若い人に多いということは、やはり市中に広がっているということ。このあと爆発的に増えるということになれば、また医療が逼迫するし、高齢者や持病のある方たちに広がることにもなりかねない。心配だ。

・この状況を踏まえ、明日、土曜日にはひっさびさに友と渋谷で映画を見てからランチ(夜飲みではなく)と計画していたのだが、ちょっと様子を見たほうがいいね、ということに。それならばということで、明日のヨガのスケジュールをチェックしたところ、K先輩から最近「楽しいよ~。柔軟性は必要なくて、体力のある私たちにピッタリ」とLineで誘われたエクササイズ系のレッスンがあった。強度が、先日K先輩が「スッキリした」と言っていたレッスンよりは0.5低い。K先輩に「明日の午後のこのクラスに参加してみようかと思っていますが、参加されたことありますか?」とLine。返信を見てから、このクラスにするか、経験済みのヨガのクラスにするか、決めようかと。

・早起きしなくてよいとなると、一気に気が緩み、遅くなった~。

◆7月18日(土)

・4:15就寝、9:00前起床。雨~。今日もベランダの防水工事の続きは無し、かな。夫は朝から研修なので、9:00過ぎに駅まで車で送る。

・9:00過ぎにK先輩より返信。エクササイズの構成や、インストラクターさんのことなども、やはりよくご存じだった。しかも、今日、その前のヨガのクラスと続けてそのエクササイズも受講予定とのこと。初めてで勝手がわからないから一緒に受けられるなら、と私も予約。ただし、エクササイズのみ。2本なんてとてもとても。ヨガのクラスと違って、マット不要。筋トレのパートでは寝転がるから、ラグはあったほうがいいとのことだった。

・15:00からのエクササイズ、受講してきました~。ヨガのスタイルを取り入れたエアロビパート、筋トレパート、ボクササイズパートの3部構成。先輩が「初めてならイントラさんがよく見えるところがいいと思って、真ん中に場所取りしておいたから」と。ありがとうございます~。イントラさんの斜め前の場所。先輩はイントラさんの隣、私は右斜め前にイントラさん、左斜め前に先輩が見える位置。しかし、十数年ぶりのエアロビクスだ~。素足なので、きちんと着地したり床を踏んだりしないとならないし、靴を履いているエアロビよりきついかも。100%の力を出すと怪我をしそうだし、体力がもたないだろうからと、足を上げるのも、踏み込むのも、手加減して恐る恐る。特にジャンプなんて一切していないのだものねえ。大丈夫かしらん。楽しいけれど少々心配。足首はちょっと痛むときもあり、テーピングをしてくるべきだったと思ったが、1時間通してどこかがグギッと痛むようなこともなかった。ヨガを続けているおかげだなあ。

・ボクササイズは初めてだったので、最初に簡単に動きの説明があって、一つひとつ練習したときはなんとかできたけど、それがコンビネーションになり、音楽がかなりのボリュームでかかり、そこでイントラさんが次の動作を大きな声で叫んでくれても、反響して聞こえず。動きを見ながら後追いで真似。かつ、ボクシング的な腕の動かし方も初めてなので、とりあえず動き続けることはできても、手と足両方ちゃんと追いついたときには次の動きになり、という感じ。キック一つとっても、イントラさんのキックは、速くて鋭くて高さもあるわけだが、そんなことをしていたら、転ぶし、筋肉痛になるし、たぶん怪我するし、ということで、適当なところを蹴ったり、ステップだけにして蹴らなかったりでお茶を濁す。パンチもしかり。これ、一回一回の動きを本気でやったら相当な運動だなぁ~。イントラさんも若いのに、大声を出していることもあって相当息が上がっていた。

・先輩によれば、よくあるエアロビと同じく、これまでは皆で声を出していたそうだ。コロナのあとはさすがにそれはなくなったというけど、イントラさんは大声を出しているし、数歩とはいえステップが前後にあるし、汗は飛び散るし、呼吸は荒いし。空気感染があるとなると、このレッスンは微妙だな~。ちなみに参加者は、両手を広げて動くので、ヨガのときの1.5倍は間隔をとっていて、横8人、前後2列でところどころ空きがあって、15人弱だったかなぁ。横に細長いスタジオなので、皆が立ち上がって左右に動くと、ちょっと狭い感じが否めない。できれば10人以下でやりたいところ。

・先輩はもう経験が長いから、動きもスムーズだし、きちんと力を入れて動けている。よって、私よりもかなり汗をかいていた。2本受けて疲れないのだから、相当タフである。たいがい私のほうがシャワーにかかる時間が短く、帰りには会えないことが多いので、シャワーの前にご挨拶して別れた。帰宅後、お礼と感想のLineを送ったところ、先輩からは「鏡越しに見たら、初めてとは思えない動き。さすが運動神経が良くてびっくり」と書いてくれていたけど、そんなことは全然なくて、実情は上に書いたとおりだった。しかし、「ああいう運動を一緒にするのは何十年ぶり? 楽しかったわ~」と書いてもらえたので、私のちんたら運動でも、参加感は出していたみたい。私は、具合が悪くなるほどきつい運動のとき以外は、体を動かしていると楽しいのでなんとなく顔が笑っていて、イントラさんによく「笑顔でありがとうございます」と言われる。ヨガでにやにやしているのは実はどうかと思うのだが(もっと集中すべきなのだろうと思うが、わからないことが多いのでイントラさんを見ている時間が長いのだと思う)、動きのあるエアロビなどは、口角を上げて楽しい表情でやるのが基本。動きは適当でも、そういう感じが出ていたのかもしれないなと思った。

・で、終わった段階で既に筋肉痛発生(笑)。でも、怪我が悪化したりグギッとなったりする徴候はないのでよかった。特に心配していた腰と膝が大丈夫だったのは、ちょっと自信になった感じ。「既に筋肉痛なので、ヨガマットの上でテニスボールを使って筋肉をほぐしていま~す。よって明日はオフにしま~す」とも。また機会があったら週末に一緒に参加できたら楽しいな。

・一昨日からちょっと気になる左手親指の付け根と手首のところが、やはり少しずれている感じがある。指の向きいかんで、腱がグリッと音を立てる。またR先生にチェックしてもらおう。

・筋肉痛は至るところに少しずつ、細かく分散している。腹筋の上部、腕の付け根やら途中やら、左のふくらはぎ、膝の後ろ、土踏まず、肩甲骨などなど。帰宅後は主にお尻の筋肉ともも裏、ふくらはぎ、前ももをほぐした。大きな筋肉をほぐしておけばなんとかなるかなと。

・明日は映画を見に行くことにして、チケットを予約しました~。

| | コメント (0)

2020年7月16日 (木曜日)

7月13日(月)・14日(火)・15日(水)

◆7月13日(月)

・2:00に布団に入るも、寝すぎのせいか寝付くのに苦戦。3:00頃から断続的に眠り、6:45起床。熟睡した気がしない。が、まあ、トータルの睡眠は足りているので。寝だめはできないと言われるが、前日分の睡眠くらいは活用できるでしょう。鍼の予約は30分遅い7:00。6:25頃、車で出発。とても涼しい朝。なんでしょうね、この温度差は。鍼は顔のみ。今、こんな気候ということもあり、R先生は患者さんが多くてお疲れ。私のように通年で通っている人には大きな変化は出ない、というか、症状が小さいうちに芽を摘んでもらうことができるので大ごとになりにくいが、既に卒業された方々が「症状がまた出た」と駆け込んでくるケースが多いみたい。「これがね、とみきちちゃん、梅雨明けから一週間も経つと、みんないなくなって、昼間コーヒーを飲みに行けるかと思うくらいになるよ」と。実際にはR先生はそんなことはしない。電話がかかってくるかもしれないからと、必要な買い物以外には出かけないのだが。

・8:00過ぎに帰宅。今日もまた外干しができない。洗濯はしたのだけれど。ヨガは18:00のクラスを予約したし、寝足りないので昼寝。3時間半ぐらい横になっていて、半分くらいは眠ったかな。結局、今日は我が家のベランダには人の姿はあらわれなかった。が、屋根工事は続いているし(何をしているのかは不明)、東向きのお宅のベランダを先にやっているのかもしれない。工事をしているのであろういろいろな音が響いている。

・18:00スタートのヨガに。今日はヨガの基本のキのポーズが30入っているクラス。ポーズをフローにせず、一つひとつキープする感じで、床の踏み方、体の伸びる部位、呼吸などを確認していくもので、立ちポーズが多く、下半身の土台に重点がある。土台が安定すると、上半身の力が抜けて、スーッと伸びる、と言われる。土台に必要なのは、関節の柔軟性+筋力。後者はだいぶ復活してきた感じがあるが、なんといっても体中の関節の硬さにおいては人後に落ちない自信のあるわたくし、土台安定自体が難しいポーズも結構ある。

・久しぶりに、高校バレー部のK先輩と一緒だった。私のほうが先にスタジオに入っていた。K先輩はいつも、最後列(3列目)に陣取るので、いつもどおり。終わってスタジオを出る際に、インストラクターのNaさんに、「高校のときの先輩なんですよ~」と言ったら、K先輩が「そんなこと言わないで、恥ずかしい」と結構真面目に恥ずかしがるので、ウケた。「一歳だけってちゃんと言いましたよ」「いや、それはいいんだけど、この年で”先輩”っていう呼び方が恥ずかしいじゃない?」と。へえ、そういう感覚なんだ。なるほど。私は、もし後輩に会って昔どおりに「とみきち先輩(←本当は本名の下の名前)」と呼ばれたとしても、まったく恥ずかしいと思わないけど、K先輩がイヤだと言うなら変えましょう。「でもさあ、〇〇先輩で一括りで、もう自然に出てきちゃうんですよね。そしたら何て呼べばいいですか? 〇〇さん?」。バレー部は試合中に呼び合うことが大事なので、短くて呼びやすい名前をつけて、コートの中でも外でも、皆そのニックネームで呼ぶ。もちろん先輩には、そのニックネームに「先輩」とつけるのだ。幸い、K先輩のKは、三文字の下のお名前の上二文字だったので、「〇〇さん」とするのにそれほど抵抗はない。「今はどう呼ばれるのが多いですか?」「そうね、〇〇は少なくて、〇〇〇までつくほうが多いわね」ということなので、これからはお名前三文字にさんをつけることになった。そして、K先輩が私を呼ぶときは、私も、何のひねりもなく、下の名前「〇〇」の呼び捨てだったので(後輩が呼ぶときは〇〇先輩)、「〇〇ちゃん」と呼んでもらうことになった。格上げ(笑)。

・K先輩は2本受けるので、更衣室でさようなら~。帰宅後、「〇〇〇さん(練習)」としてLine。ヨガ教室全体のホームページとは別に、沿線の幾つかの店舗のインストラクターさんたちが曜日がわりに動画を配信していることを、K先輩は知らなかったようなので、その情報を送った。

・帰宅後、洗濯をして、夕飯を作り、仕事もないので、英語の暗記など。コロナの新規感染者数の増加傾向はおさまらない。

・寝る前にたっぷりストレッチ。今度ギムニクボールを買おう。お尻の筋肉をほぐしたいのだ~。大臀筋、中臀筋、小臀筋。

◆7月14日(火)

・3:00就寝、お昼まで寝てしまった。うーん。やはりリズムができない。変なお天気である。今日も予定ではベランダの防水工事となっていたが、この雨模様ではやらない様子。ベランダを気にせずに済む。平和だ~。

・今ちょっと考えていることがあり(Facebook云々のこと)、何人かの友人にアドバイスを求めたくて軽く相談という感じで連絡したところ、どうもその手の話に関心を持ってくれるような状況にはないことがありありとわかる(笑)返信だったので、近況をちょっと話して、世間話でおしまいに。真剣に相談という感じで問いかけることをせず、どう思う? みたいにジャブを出してみたのだが、それでよかった感じ。

・今日は、ヨガ2店舗のうち1店舗が定休日。出たいクラスも都合のいい時間になかったので、オフにすることにした。週に5回程度でも、少しずつ筋肉痛になるし、筋肉にうまく血が巡らない感じがすることもあるし。筋トレというほどのトレーニングではないけれど、やはり一週間のうちにオフは必要みたいだ。

・18:00から電話ミーティング。コロナがなければ6月から始める予定だったテープ起こしワークショップのオンライン開催についての相談。日程、方法、人数、課題など、概略についていろいろ。とりあえず方向性と時期だけ仮決めできた。適当な課題が見つかるかどうか、そして、どんな生徒さんが参加してくれるか。ワークショップが楽しく有意義なものになるかどうかは、この2点にかかっているからね~。課題1つは、とても気に入ったものが見つかっているのだが、あと2つ。テーマ、方向性は決まったので、月末くらいまでに見つける作業をしなくては。

・そんなこともあって、YouTubeをいろいろ見ていたら、今年2月だったかな、セスナ機墜落事故で亡くなったコービー・ブライアントの追悼式でマイケル・ジョーダンが行なったスピーチの動画を発見。マイケルはスピーチがうまかったからね~。マイケルのプレーも、試合後のインタビューも大好きだったなぁ。泣きながらのスピーチだった。コービーが19歳で鳴り物入りでNBAに入って活躍していた頃、よく見ていた。あの頃はNHKでもよく中継していたから。山ほどビデオを録ったし、本も写真集も買った。(ただいま全部貸し倉庫の中) マイケル引退後はバスケットボールの試合を見なくなってしまった。

・課題は、これといったもの、見つからず。英語の暗記を少々。

◆7月15日(水)

・2:00就寝、5:25起床。眠い。夫と一緒に鍼治療。6:00に車で出発。霧雨が降っている。私は顔だけ、夫は坐骨神経痛と左の五十肩。全体のトレンドとしては回復傾向だが、時によって痛みがランダムに顔を出すようだ。

・7:40頃帰宅。ただちにパジャマに着替えて布団に。眠れないのだが、体と目を休めたいのだ。寝付かないのでごろんごろんと寝返りをうちつつ、時々時刻を確認。

・11:00からのヨガに行くので、10:00前に起きて支度。10:20頃、雨なので車で家を出る。今日は、リラックス系だけれど、音楽に合わせてヨガのポーズを続けていく(フロー)というクラス。しんどくなくて、全体にゆったりしている。でも、ひねるポーズ、体側を伸ばすポーズが多く、体が温まり汗をたくさんかける。頑張らなくていいクラスでないと、鍼の日の午前中はちょっと厳しい。人数は多めだったけれど、皆のフローの一体感がある感じだった。

・相談してみたら声をかけた友人たちが揃ってあまり親身になってくれそうもなかった案件(笑)は、ちょっと方向転換することにした(Facebook云々のこと)。その準備を早速始めている。まだアイデア段階で、実際にやるにしても、幾つか仁義を切ったり、きちんと調べたりという準備が必要なほか、今のうちにできる準備もあるので、まずそれに着手。新しいことを始めるのは楽しい。尻切れトンボにならないようにしたい。

・運転免許更新の通知が来た~。誕生日健診も予約しなくちゃ。

(書きかけ)

・ヨガから帰宅してベランダを見たら、床のコンクリートがプールの底のような水色に塗られていて、ピカピカ光っている。おお、これが防水工事なんですね。この色のままになるのか、このあとコンクリートを流すのか。屋根工事も同時進行しており、久しぶりに天井や壁に直接共鳴する「ビーン」という電動工具の音と振動。あちこちからトンカチの音が聞こえるのは相変わらず。

・新型コロナ感染者増加中。おさまりませんね。200人台を推移しているなかでのGo To キャンペーン。もはや意味不明。もちろん経済を回すことは本当に大事なことだけれど、このキャンペーンは違うのではないでしょうか。。。

| | コメント (0)

2020年7月12日 (日曜日)

7月10日(金)・11日(土)・12日(日)

◆7月10日(金)

・1:50就寝、5:25起床。ヨガの筋肉痛が微妙に……。6:00に車で、夫と一緒に鍼に向かう。治療は顔のみ。足首の痛みは軽減しており、肩も一カ所、敏妙にピキッとなると言ったら、R先生がアメリカ仕込みのカイロプラクテッィクの要領で調整してくださる。「腕を前に上げてみて。横に上げてみて」。ピキッがなくなっていた。ありがとうございます~。鍼をするまでには至らないツッパリ感ということね。

・7:40頃帰宅。11:00のヨガに行くまで仮眠。10:20頃、車でヨガに。今日のクラスは、何度も参加したことのあるもので、ゆったりとした呼吸でホルモンバランスを整えることを目指して、流れのあるポーズをとっていくという内容。強度はそれほどでもないけれど、自分の体の中に意識を向けてリラックスした時間を作ることができれば満足感が得られる。自分の体調や心の状態、クラス全体の雰囲気などによって、毎回満足感が得られるとは限らないかもしれないが、リラックスしようと意識せずにリラックスすることのできるクラスだと思う。実際には、お腹を引き上げた状態で深い呼吸をして体を動かすことの難しさに、毎回「ああ、難しいことだなあ」と思って1時間が終わるのだが。ヨガは呼吸がすべてと言ってもいいと思うほどだ。呼吸を自在にコントロールできれば、何もかも解決しそうな気さえする。1時間のなかで、呼吸と動きが一体化していると自分で感じられる時間は、ほんのわずかだ。吸って、吐いて、と言われて、ゆったりとポーズをとっているときは、それはもちろん気持ちよく呼吸ができるけれど、言われていない時間のほうが長いわけで。レッスンに通うなかで、少しずつ自分のリズムや、自分の体との応答を覚えていくのだろう。

・全国展開しているこのヨガスクールは、コロナ対策としておうちヨガのための動画配信をいろいろしているのだけれど、レッスン最後に、インストラクターのKoさんから、それとは別に、当該店舗がある私鉄沿線の店舗だけでグループを作り、インスタグラムで動画配信をしていること、今日、金曜日はこの店舗が担当で、私も初めて動画配信に参加するので、よかったら見てください、というお知らせがあった。インスタグラムはやっていないけれど、それなら見てみましょうということで、帰宅後、早速インスタグラムのアプリをダウンロード。帰り際にわたされたお知らせチラシを見ながら、アカウントのフォローのリクエスト。リクエストOKの返事が来た。16:00過ぎから視聴しました。Koさん、Naさん、Kaさん3人が、まあ、それはそれは楽しそうにいろいろなヨガ的な体のメンテナンス法を教えてくれる。声がうまくマイクに入らなかったり、うまく映らなかったり、原因が照明なのかパソコンの具合なのかわからないけれど、始終チカチカと光りが点滅していたりで、素人っぽさマックスだけれど、それもまたご愛敬。中身は盛りだくさん、3人とも体のことが好きなのねということと、3人仲良しなのね、ということが伝わってくる、とても明るく楽しい1時間だった。インストラクターさんたちが楽しんでいて、ヨガが大好き、というのが伝わってくるのが何よりだなぁと改めて思った。

・コロナ、東京都の新規感染者数は多い。油断できず。

・仕事がないので、いろいろなことを考える。Facebookを始めて、それと連動してツイッターも始め、本名でこれまでの仕事を紹介しつつ、仕事の受注の可能性を見据えながら、これまでに関わり、お世話になった関係者や仕事について、過去&リアルタイムで宣伝できるようにする、というようなこと。とみきちはあくまでもとみきちなので、これとは別個に、ということを考えようかと思う。

・夜は、英語仲間と一緒に進めている英文スピーチの暗記に関わる諸々を。

◆7月11日(土)

・2:50就寝、9:30、目が覚める。おお、晴れている。というわけで、昨日雨で延期になったベランダの一斉防水工事の作業が既に始まっている。ガラスの向こうに声がして、我が家のベランダにも人が降り立つ。ひ~~。カーテンが開けられないよ~。夕方見てみたら、エアコン室外機2台とも、もともとあった下敷きのゴムの代わりに、下駄を履かせるための金属台の上に乗せられ、位置もかなりずらされていた。また、排水口にかぶさっていた金属は取り去られ、掃除もしてあるように見えた。下準備ですね。防水工事はどうやら同じ向きの家全部、一斉に行うらしい。正味4日間なのだそうだ。雨が降ればその分長引く。天気予報では常に傘マークがある今の季節。いつ終わるのかなぁ。

・きになりながらも、うつらうつら粘って布団の中。11:00頃、ようやく活動開始。あー、よく寝た。今日のヨガは13:00と14:30の2本受講です。久しぶりに歩いていこうと、12:00過ぎに家を出る。敷地内の駐車場で、親しくしているMさんご一家に遭遇。ご主人と、二女Maちゃんご夫妻と、一粒種、生後3カ月のM君。「こんにちは~」。Mさんからはお孫ちゃん(この子は4人目)のお名前をひととおり伺っていたので、呼びかけることができる。二女Maちゃんともご主人ともお話しするのは初めてなのに、赤ちゃんを囲むと皆がこんなに優しく親しく話せるのね~。数分立ち話をして、「それでは」とご挨拶すると、Maちゃんのご主人に「行ってらっしゃいませ」と言われる。そのかん、Mさんのご主人、一言も発せず(笑)。今どきの若者と私たちの世代、かなり違います。

・さて、ヨガです。「昨日、動画を見ましたよ~。みなさん、楽しそうで、とても可愛かったですよ。ティーンエージャーのようでしたよ~」などと、年寄りらしいご挨拶をして。最初のクラスは、ギムニクボールというとげとげのある柔らかいボールを使って、筋膜リリースをするクラス。1時間通して体をほぐし続けるなんて滅多にないことで、前回久しぶりに参加したらとてもよかったので、今日はこれもお久しぶりのKiさんのクラスで受講。体の後ろ側、外側がほぐれる感じが嬉しい。柔軟性もアップするし、全身のこわばりがなくなる感じも、体の硬い私は特に顕著に感じられる。30分のインターバルのあとは、リラックス系だけれどヨガっぽいポーズをゆったり続けていくクラス。前回初めて参加して、よかったので今日も。2本とも強度はまったく低いのだけれど、2時間、真剣に体と向き合って過ごすというのはなかなかないことなので、体力的には問題ないけれど、心地良く疲れた。往復徒歩で5000歩歩いたし。

・夫が頑張って、自室の窓の内側の掃除に挑戦。先日、網戸と窓の外側を一緒に掃除して、驚くほどきれいになったので、やる気が生まれたのだろう。数日前にカーテンを外しておいたので、窓に向けて置いてあるデスクの上に積まれている諸々をどけて、いざ。私は掃除自体は手伝わず、必要な用具の準備を手伝っただけ。もちろん主役はセスキ炭酸ソーダですよ! スポンジ、捨てても良いタオルたくさん、キッチンペーパーなどなど。室内に水が流れ落ちると困るので、網戸を掃除したときのようにはいかず、セスキの威力をあのときほど生かすことができない。掃除はやはり、まとめて大掃除にならないようにこまめに丁寧にすべし、ですねえ。こう書きながら、私は今、脱衣場のことを思っているのである、ふぅ。

・英文暗記、頑張っているけれど、歩みがスロー。スピーチは145センテンスあって、私はようやく44センテンス覚えたか覚えないかというところ。長い文章や、同じような表現が続き、微妙に違っているところなど、すぐにごっちゃになってしまう。言葉というのはやはり、赤ちゃんが言葉を覚えるのと同じで、耳から聞いて音の固まりとして覚えるのがいいんだな~。

◆7月12日(日)

・3:20就寝(何故、こんなに遅くなったのか……)、何度も目が覚めつつ、粘って粘って13:00に布団から出ました~。なぜこのようなことになるのか、自分でも意味不明~。昨夜、寝る前に英文暗記を一生懸命やり過ぎて、頭の芯が起きてしまったのかもしれない。ネットもスマホも夜はあまりいじっていないのにね~。

・雨が降っていないではないか。洗濯! そして夫とともにブランチ。久しぶりにトーストにしたら、なんだか新鮮~。

・車でヨガに。16:00から。ヨガの基礎クラス。男性参加者が多くて、6名ほど。女性は10名強。このくらいがちょうどいいなぁ。両隣も前後もまったく気にしないで動くことができる。60分、ゆっくり集中したけれど、今日はなぜか水がうまく飲み込めず、時々誤嚥しそうな感じに。そういえば、昨夜体重を測ったら、体水分量がずっと51%近くになっていて体脂肪率も下がっていたのに、昨日はなぜか突然体水分量が50%を下回っていたのだった。強度が低いとはいえ、2本受講したのに、いつもと同じ程度しか水を飲まなかったのがまずかったかな。水分摂取についてはもっと意識せねば。

・今週も、ベランダ防水工事継続予定。外干しNGである。東京都の新規コロナ感染者は相変わらず200人を超えている。九州の被災地にはまた大雨が降る予報。厳しい。。。

| | コメント (0)

2020年7月 9日 (木曜日)

7月7日(火)・8日(水)・9日(木)

◆7月7日(火)

・2:45就寝、9:30起床。鍼がないのでのんびり気分でよく寝ました。でも、蒸し暑くて閉口。今日のヨガは欲張らず、ソフトボール大の、ぼつぼつの出ているギムニクボールで体をほぐす、というクラスにお昼から。なんとなく疲れていたので、1時間ほぐし続けるクラスがほんと、ちょうどよかった。特に体の裏側全体が上から下までほぐせた感じ。受付では、毎回体調チェックシートに記入する。体温と、yes/noの質問に〇をつけて答えるもの。日付を書き込みながら、「七夕ですね~。いつも雨が降りますね~」と言ったら、受付にいたKiさんが「切ないですね」と。そう、本当に七夕の夜、晴れたことがない。幼い頃は晴れて、天の川を見上げた記憶があるように思うのだけれど。

・スーパーで買い物をしてから帰宅。そして仕事の仕上げ~。からだがほぐれたおかげか、とても集中できて18:00に仕上がりました。コロナで最終回までのインターバルが長かったけれど、緊急事態宣言が解除になると、80代後半のI先生から「そろそろ最終回をいたしましょう。日程調整してください」と言われて予定調整。一週間リスケジュールになったけれど、先月実施されたのだった。だから本件はこれで完全に終わり! 本にするということなので、文字数などをカウントしてI先生にお伝えした。いつ頃書籍になるかなぁ、楽しみ。ブツは明日発送しようということで、印刷したり、請求書や送り状を作ったり。

・これで手持ち仕事がなくなったので、スピードダウンしている部屋の片づけを再開しよう。そして、少し読んだり書いたりの時間を意識して取るようにしたいと思う。どこか場所を決めて、一日2時間なら2時間、そこで集中して読むか書くかする、というのはどうかな。どこならそういう風に過ごせるか、場所を見つけるのが先決だけど。

・九州の大雨、大変だ。地震、大雨、災難続き。

・東京都のコロナ新規患者数、相変わらず三桁。症状が重い人は少ないようだから、掘り起こしているということなんだとは思うが、無症状の人が世の中に普通にいる、というのは事実。どうやって気をつけたらいいのか、まだ科学的な知見は確立していない。飛沫感染だけでなく、空気感染の可能性を精査し始めたという。空気感染は以前から言われていたが(エアコンの吹き出し口の下にいたら、同じレストランにいた感染者からうつったなど)、科学的に証明されていなかった。もし空気感染ということになったら、ソーシャルディスタンスでは防げないということになる。ヨガも厳しい。

・日本人の死亡率の低さ(アジアの国は総じて)の考えられる理由が幾つか挙げられている。国民皆保険、清潔好きな習慣、BCG接種、遺伝的要素。この遺伝的要素について研究が進むといいと思う。

◆7月8日(水)

・1:15就寝、5:25起床。4時間寝てあると、起きてからエンジンがかかるまでの時間が短い。鍼に。6:00に車で家を出る。梅雨だなぁ。ものすごい湿度だ。治療は顔だけ。肩のほんの一筋、どうかするとピキッと感じるところがあるが、痛みというほどではない。様子を見て、危ないようならまたお願いしよう。

・7:30過ぎに帰宅。洗濯。今日はヨガの予約はしていない。毎日だと、鍼の睡眠不足と重なるから疲れの回復のタイミングがなくなる。集中できないようなら一日お休みして、その次の日にしっかりじっくり動いたほうがよい。

・8:00を過ぎてから、近くのヤマト運輸営業所から、手持ち最後の仕事を2カ所に送付~。送付の連絡メールは既に送ってあるので、これで完結。だいぶ気分が楽になった。仕事の今後の見通しがまったく立っていない問題はあるけれど、やるべきことが片付くとすっきりする。

・本日の工事は、共用廊下の天井や壁の塗装。昨日やり始めていた養生(床のブルーシート、天井と壁の間の部分など)に加えて、玄関ドア、壁、何から何までポリエチレンの養生におおわれる。玄関を出たところはこんな感じ~。すごい~。自転車のマッドカバーに白いペンキがついていた。まあ、仕方ない。

Img_20200708_180217 Img_20200708_180227

・風が吹くと、外部足場の外側のシートがサラサラと音を立てるのだが、それに加えて共用廊下もシャラシャラ、シャラシャラ。生協の配達品もシャラシャラの陰に置かれていた。

・今日の新規感染者、東京都は75人。さて、このまま減少していくのでしょうか。

・先日ネット注文した間仕切りカーテンが、夫の部屋のカーテン(レースも)とともに届いた。間仕切りカーテンは、お試しということで、長さ調節はハサミでカットすればよしというお手軽もの。普通のカーテンフックもついており、そこに輪っかのフックを組み合わせることで突っ張り棒にも通せるようになっている。玄関の上がりかまちの少し奥の廊下に吊ってみた。一日中家にいることが多いので、その間、ずっとエアコン漬けでいたら具合が悪くなる。エアコンは、料理中とかお風呂の前後などを中心に適宜使うけれど、それほど気温が高くない日は窓を開けたい。しかし、我が家の窓は、南のベランダ側の2部屋、北の夫の部屋にあるだけなので、南北に風の道を作らないと風が抜けない。北側を開けるとなれば、玄関か夫の部屋の窓(腰窓)。しかし夫は喫煙者。我が家に清い(笑)風が通るためには、玄関を開けるしかない。問題は、我が家の位置。エレベーターホールから二手に分かれるのだが、向こうに歩いていくのは2軒、あとのお宅はまず我が家に向かって歩いてきて、共用廊下を左右に分かれる。また、向こうの2軒の方もエレベーターホールに向かってくるときは、我が家の方を向いている。ドアチェーンをして、ドアの下部にドアストッパーを挟む程度しか開けないから、のぞき込まなければそれほど丸見えになるわけではないが、今はそれに加えて工事の方たちがしょっちゅう出入りしている。目隠しが欲しい。というわけで間仕切りカーテンを買ってみたのだった。

・アコーディオンカーテンのように、ジャバラ形状になっている。布は薄くペラペラ。丈の調整ははさみで切ればよいだけ。もともとあったカフェカーテン用の突っ張り棒を利用して吊ってみたら、ちょうどいい。風になびくけれど、細い幅のものを2枚かけているので、大きく膨らんでしまうこともないし、重たさもないし、見た目暑苦しくもない。ちょっと安心~。また少しずつ部屋の片づけを進めないと。

・夜は、鮭の粕汁を。なんだかとても美味しくできた。気持ちにも体力にも余裕があるということなのかなぁ。本当はいろいろなことをたくさん我慢しているのだけれど、ヨガで体のメンテができていることで邪がほとんど落ちている感じ。ありがたいことだ~。

◆7月9日(木)

・3:05就寝、6:00過ぎ、ドンという地震で目が覚める。わー、コロナ、大雨、地震……。今つらい人たちがこれ以上つらいことになりませんように。あまり眠れないけれど、その後も何度も寝直す。雨模様。今日から4日間ベランダの防水工事の予定で、外干し×がついているが、雨だから延期かな。どちらにしても洗濯物は外に干せないけど。

・12:30からのヨガに、車で。今日はたぶん初めてか、もしかしたら2回目かもしれないレッスン内容。太陽礼拝を中心にして、しかし、全部の流れを三分割にして、それぞれについて繰り返し学んでいくというもので、なかなかヨガっぽい。強度は普通。ゆるゆるリラックス系よりは高い。こういうレッスンには常連さんが多く参加している。その前のクラスと2本続けての方も多く、ロッカールームに人が多い。スタジオも、満遍なくマットが敷かれ、ところどころ余裕があるエリアがある、という感じ。20人くらいかなあ。私は常連さんに囲まれた場所。知っている流れも一部初めてのポーズもあったけれど、インストラクターさんの最初の説明と途中のガイドが上手なことと、常連さんたちが迷いなく丁寧に動いているのが見えるおかげで、キョロキョロしながらも完全に置いていかれるというようなことはなく、しっかり汗をかきました。でも、自分で思うけど、動きがまだ全然ヨガっぽくなってない。ところどころ、自分なりの動きというかリズムというかそういうものができるかなぁと感じるところもあるけれど、まだまだプロセスが雑にならないように気をつけつつ、それよりも何よりも動きを間違えないようにすることに注力してしまう。呼吸も途中で止まったり浅くなったりするし。でも、今日はこのクラスでよかったな。昨日休んだので体の疲れも取れていたし。

・終えて、スーパーでちょっと買い物をして駐車場料金を浮かせ、帰宅。雨はポツポツ。傘はささずに済んだ。

・昨日、今日と、幾つか仕事の連絡。今後のこと(だいぶ先のこと)との相談と、私の手を離れた案件の後始末に関することなど。

・東京都のコロナ新規感染者はこれまでで最多の224人だそうだ。内訳や事情はわからないけれど、油断できない。

・九州のみならず、長野や岐阜、静岡、京都などでも大雨による大きな被害が出ている模様。雨雲が停滞して長時間降り続けるのだから、対処のしようがない。救援活動をする方々も命がけ。雨は降らなければ困るけれど、降り方と降る場所が問題で……。2年前の大雨からなんとか立ち直ったところなのにという方も。3.11のときもそうだった。ようやく片づけたら、1カ月後にまた大きな揺れが来て……という話をたくさん聞いた。なんとか前を向いて頑張ろうというときの追い打ちは、つらいことだろうと思う。自然災害は防ぐことはできないもので、運なのだけれど……。

| | コメント (0)

2020年7月 7日 (火曜日)

7月5日(日)・6日(月)

◆7月5日(日)

・2:30就寝、10:30頃起床。

・本日の小さな不幸。13:00からのヨガに行こうと思ったら本降りになってきたので、下駄箱からレインブーツを出した。と、下駄箱からゴキブリが慌てふためいて出てきた。下駄箱の中にゴキブリキャップを置いているので、それにやってきたのであろう。既にちょっと動きが鈍い。慌てて殺虫剤を取りに行っている間に、どこかの陰に隠れてしまった。ああ。。。家にゴキブリがいることがわかっている状態で出かけるのは、イヤだなぁ。寝ている夫に声を掛けたけれど、何の反応も無し。ああ。。。

・ヨガに。今日は初めて参加するクラス。リラックス系なので、強度も低め。しかし、久しぶりにスタジオぎっしり。やだな~、こんなに多いと。定員はコロナ前よりは減らしているので、マット自体がきつきつというところまではいかないけれど、互い違いにしようと思っても相当近いですよ。レッスン内容は、ねじりや体側を伸ばす動きが多いため、ゆったりの割には汗が出る。また、あちこちが硬くて、どうかすると痛みを伴う硬さがある私でも、無理なくできる内容だったので◎。

・昨日のウェア、早速デビューでした~。ブラトップとレギンスのウエストの間、若干肌が露出している状態で、少々不細工だけど、まあ、誰も私のことなど見ていないからまあいいかと。お腹周りがもたつかないので動きやすかった。レギンスは、一部メッシュになっていて涼しいとMちゃんのオススメだった。逆に、私はこれまで膝下にスリットの入っているパンツを履いているので、足首まであるレギンスを履くのは初めて。これで涼しいということは、足首まであるレギンスは結構温かいのかな。

・今日も体を動かせて、すっきり~。

・帰宅後、洗濯。仕事少々。夕方、夫と近くの小学校体育館で、都知事と都議会補欠議員の投票に。

・熊本の大雨。また多くの死者が出て。本当に災害が多くて、胸がつまる。

・夜中、トイレに行こうと、玄関の電気をつけ、トイレの電気をつけたら、いました、ゴキブリ。やはり弱っているから、隠れ続けていられず、出てきていた模様。隠れたつもりで、トイレの便器の白い土台にセミのように張り付いてくれたので、今度は殺虫剤で、奥の壁の手前でしとめました。でも、始末ができないので(以前はなんとか処理できたのに、今や本当にまったく駄目になってしまった)、夫に始末をお願いした。ああ、これで安心して眠れる。

◆7月6日(月)

・九州の大雨は予断を許さない。死者の数が増えているし。

・2:30就寝、5:45起床。鍼は、いつもより30分遅い7:00の予約。雨です。月曜日、雨、いつもより遅い時間ということで、国道は車が多い。渋滞はしないけど、ダンプカーの水しぶきなどもちょっとストレス。でも、通勤がないのだから、有り難いと思わねば。R先生から、今日は台湾の立派な立派なマンゴーを頂戴する。毎年いただく。R先生が「この人にあげる」と決めた人だけに分けてくださる高級マンゴー。私を紹介してくれたAちゃんも、今は治療に通っていないけれどR先生から電話連絡。Aちゃんはライチもマンゴーも自転車で取りに来た模様。

・8:00過ぎに帰宅。巣立ったはずのツバメたちが、足場の上で雨宿りをしている。こうしてお腹側から見ると、ペンギンのひなのようにも見える。そばまで行ってカメラを構えてもまったく無視。

Img_20200706_081638 Img_20200706_081608

・90分弱の仮眠を取る。すっきり起きて、ヨガに。今日は11:00からの骨盤周りの筋肉にアプローチをするクラス。これは私にはとても良くて、気に入っている。少々きつい筋トレ風の部分もあるけれど。気持ちよーく汗をかいて、体の内側からほぐれる感じ。今日も雨なので車で。スーパーの駐車場に入れ、ヨガのあとスーパーで買い物をして2時間分は無料に。超過分はたいがい200円で済む。時々、レジが異様に混雑していたり、買い忘れたものを買い足したりして400円になることもあるけれど。

・帰宅後、洗濯。仕事少々。いまひとつ集中できず、また90分の昼寝。今日は睡眠三分割。それでも6時間ちょっと。これでは寝不足だ~。

・九州の大雨。本当に最近は気象観測史上初、というような事態がしょっちゅう起きる。自分がそういう状況に遭ったらどうだろう、と想像してみるが、どうなってしまうかわからないなというのが正直なところ。うまく想像ができない。地震からは完全に逃れることはできないけれど、昨年のような川の氾濫がありそうな場合は、具体的にどう行動するのかきちんと考えておく必要があるねと夫と話した。

・昨夜は巣に戻ったツバメはいなかったけれど、今夜は3~4羽また出戻ってきています。雨がイヤなんでしょうね。でも、そんなことで大丈夫なのかしらん。

・たまたま見たネットのニュース。ラグビー、スコットランドのグレイグ・レイドローが日本でプレーすることになるとのこと。本当ですか! レイドロー、好きだな。ドラマ『24』のジャック・バウアーを演じたキーファ・サザーランドに似ている、かな。

・夜、仕事。ようやく集中できたのだが、時間切れで仕上がらず。うーみゅ、ちょっとだれているなぁ。明日は鍼がないから少しゆっくり寝よう。

| | コメント (0)

2020年7月 5日 (日曜日)

7月2日(木)・3日(金)・4日(土)

◆7月2日(木)

・2:30就寝、8:00前に起床。全身に疲れがあったので、ヨガに行ってもあまりちゃんと動けない気がして、キャンセルした。とても良いお天気なので大洗濯をしながら、明日がチーム仕事の納品日なので仕上げ作業。仲間2人の分との内容や書式その他の兼ね合いもあるので、納品直前の連絡はいつもよりも密になる。その意味からもヨガはキャンセルして正解だったかな。

・ツバメの巣は朝は空っぽ。ついに巣立ちですね~。でも昼間、三羽が休憩しに戻っていました。よく見ると、頭と尾が互い違い(笑)。

Img_20200702_132840

・工事の方がピンポン♪と玄関に。ベランダの雨樋からの水漏れと、それによるお隣との仕切板の腐食については、樋と仕切板の部品交換をすることになった。ついては、仕切板をほんの少し切り取ってよいか?というお尋ね。厚みや材質を確認するのだそうです。「はい、どうぞ、お願いします」。すぐにお隣のYさん(1歳の男の子のママ)にLineで報告。Yさんも「ツバメが巣立ちすると寂しくなりますね~。H(息子ちゃん)が楽しみに見ていたので、ちょっと残念です」と。まだ1階のヒナたちはしばらくいますけどね。

・東京都のコロナ感染者数増加傾向。でも、本当の増加なのかどうかはわからない。夜の街、夜の街と言うけど、それよりも昼の街のほうが多いじゃないかという指摘に、そのとおり、と思う。そういう事態になっていても職場環境、生活環境が改善されない状況の方たちが気の毒だ。排除ではなく、社会問題として考える、というのは本当に難しいなあと感じる。

・夕方、車で買い物に。今日は夫の誕生日。プレゼントは、CDコンポ(と言うのかしら、今も。名称わからず)をとっくにあげており、今夜も帰宅は遅いので食事にも行かれない。ということで、お鮨とケーキを買ってくることにしたのだ。ついでに、整理用の引き出しストッカーを追加で2つ購入。ついでに小物も少々。大きな大きなレジ袋を持っていって、それに入れてもらう。食べ物その他、効率的に買い物ができて、なかなか満足。ほんと、長いあいだ店舗での買い物も食料以外はほとんどしていなかったものね~。先日久しぶりに買い物らしいことをして、やっぱり楽しかったのだ。

・夫が22:00過ぎに帰宅。それから食事。そしてケーキ。夜中にね~。それからまた納品準備の仕事。ヨガを休んでゆっくり体を休めたのは正解だった。夜中、ツバメの巣を見に行ったら、やはり3羽が戻っており、もう1羽(たぶんこのあいだ床にいた子。何らかの理由で仲間はずれになっているのかなあ)は別の場所で寝ていました。夕方には、玄関を出たところの外廊下の、天井のたいして高くないところを、ピーピー大騒ぎしながら、スピードを誇るツバメとは思えぬ飛び方で(笑)、飛ぶ練習を。人が出てくると慌てふためいて、やっと泳げるようになったくらいの子どもがプールで慌てて壁につかまろうとするような感じで、手すりに着地、みたいな(笑)。丸々大きく育った割には運動神経ちょいと鈍いような……。まあ、工事のネットがあったり、塗装のにおいに攻撃されたりしている不利があるのかな。

◆7月3日(金)

・2:50就寝、5:25起床。2時間半睡眠、眠いな~。朝6:00、巣は空っぽでした~。近くに姿がないので、少し遠出したかな。よしよし。鍼に。今日は念のため左肩の治療もお願いした。顔と肩。肩は今日も4本。三角筋の長い腱と短い腱(たぶん)のツボに。1本目、痛みなし、2本目、軽く痛み。3本目、ウッ、来たかな。4本目、いたーーーい。という具合。刺したR先生は、ドーンと当たったことが手ざわりでわかるので、嬉しそうに「ごめんね、我慢我慢」と頭をひとなで。

・蒸し蒸しして息苦しい感じ。寝不足のせいもあるけれどね。7:30前に帰宅。一休みしてヨガに。今日はリンパマッサージのクラスなので、早い時間だけれどあえて予約した。帰宅後、チーム仕事の納品作業に専念しようという算段。このレッスンは何度も受講しているが、Kaさんで受けるのは初めて。Kaさんは割合強度の高いレッスンを受け持っているので。どうかなぁと思ったら、いつも受けるNaさんと内容的にはほぼ同じだった。あとは雰囲気が違うかな。気持ちよく体をほぐせて、血流、リンパの流れもよくなってすっきり。運動としては物足りないくらいなのだが、今日の私にはちょうどいい。スーパーで買い物をして、11:30頃帰宅。

・洗濯機にウェアを放り込んで洗い、仕事です~~。最後の仕上げ、いろいろと入念に。14:00にひととおり終了。ホッ。

・2時間弱、お昼寝。布団は敷かず、レッスンには持っていっていない厚手のヨガマットにゴロン。

・ツバメは終日不在。しかし、夕方また3羽戻っていました。なかなか実家を出ていかない子どもたちですね~。ちょっと出かけて戻ったところで、お隣のお父さんと3人の子どもたちが学童と保育園から帰ってきたところに遭遇。ツバメの巣を見上げて一緒にツバメ談義。「飛べない子が1羽いましたね」とお父さん。「Hちゃん(自分のことを、5歳女子はこう呼ぶ)のおうちに鳥が巣を作ろうとしていたの」「あ、そうそう、ずっととまっていることがあったわよね。見た見た」。ポストに入っていた、工事のお知らせ(外干しの〇×の表その他)を持って、Hちゃんが「何、これ?」。もう1枚のお知らせを持って、3歳男子Mちゃんが、「何、これ?」。そして小学2年生のR君がまた何か話す。「3人同時に話したら聞こえないよ」とお父さん。お母さんからめっちゃ怒鳴られたり、声を限りに泣き叫んだり、大声で自分の主張を繰り返したりする、なかなかにぎやかなファミリーだけれど、子どもたち、本当に可愛い。

・疲れた~。

◆7月4日(土)

・1:30就寝、9:00頃まで布団でぐずぐず。今日は、私をヨガに誘ってくれたお友達Mちゃんのお膝元のヨガスタジオに私が出向き、一緒にヨガのレッスンを受けて、それからお茶、そしてアウトレットでヨガウェア購入に付き合ってもらう、というお楽しみプランを、今日にするか来週にするか、お昼頃までに決めましょう、ということになっていた。夜中から朝にかけて大雨が降る予報だったし、Mちゃんはずっと病気の治療を継続しながらフルタイムで働き、ヨガも十数年続けて今や講師の資格も持ち、同じ病気の患者さん向けの瞑想ヨガクラスの講師を定期的に務め、読書、映画鑑賞の数たるやもう驚くしかないほどで、また旅行が好きでまめに国内海外とも出かけているし、という、私の何倍もの行動力をもった人である。が、ここのところ気候のせいもあって、痛みその他、日頃からある症状に加えてつらい症状が続いている様子。どんなときでも予定をきっちりこなすMちゃんが、「明日はどうかな~」と言うというのは、相当のこと。どうかなぁと思っていたら、お昼前にLineが届き、「こんなお天気だし、一歩も出ないでダラダラしそうなので、予定どおりで」とのこと。

・それでは、というわけで、電車に乗って出かけました~。スタジオの入ったビルの1階で待ち合わせて、スタジオに。私の会員資格は全国どこの店舗でも無料でレッスンを受けられるものなので、いつもと同じ手続きで受付を済ませ、着替えてスタジオに。Mちゃんから折に触れ聞いている話もあるし、自分で通っている店舗で自分なりに得ている知識や感覚もある。興味深くキョロキョロと(あまりじろじろ見ては失礼だが)見ながら、スタジオの感じとか、マットの並び具合とか、受講者の方たちの様子とか(男性の比率が高い)。Mちゃんはスタジオの前方右隅、私はそこから左斜めうしろの位置にマットを広げ、思い思いに体をほぐす。自分がヨガのレッスンを受ける日が来るとは昨年まで思ってもみなかったし(いつかはヨガをやってみたいと思ってはいたが)、Mちゃんと一緒にレッスンを受けるなんて、それこそまったく驚きの展開である。なにしろ高校卒業以来、Mちゃんと会ったのは、卒業20周年の学年同窓会が初めて。そして2人で会ったのは、昨年の12月が初めて。いや、高校在学中も2人で行動するという関係ではなかったし。

・レッスン内容は、私が入会して2回目に一度だけ受けたことがあるものだったので、ほぼ初めて。結構できないポーズがあったし、右膝の調子があまり良くなくて、右足に体重をかけてしゃがむポーズはお休みした。インストラクターさんは経験の浅い方だったらしく一生懸命でした。1時間終えてシャワーを浴び、荷物を持って、まずはお茶を。Mちゃんのお膝元なので、何も考えずについていけばよい。なにしろMちゃんは、上背があってかつ姿勢が良く、歩く速さがとても印象的で、体に大きなつらさがあることなど微塵も感じられない、テキパキぶりで、同級生なのだけれど、お姉さんなのである。「お疲れさま~」とカフェに向き合って座り、プリンパフェをいただきながらおしゃべり。あれやこれやと話がはずむ。お互いにブログを読んでいるし、Lineでのやりとりも割合頻繁にしているので、そもそもの説明が不要なのが楽ちん。同時に共有できているヨガの話は、やはり具体的に「そうそう!」ということになって楽しい。なにしろ私は、入会前後からMちゃんの十数年の知見を過不足なく与えてもらっている。そして実際にレッスンが始まってからは、このレッスンはこうだとか、このポーズがこうだとか、そんなことも聞けば何でも教えてもらえる。さらに今日はアウトレットでヨガウェアの買い物の指南もしてもらえる。一人でヨガのスクールを選び、レッスンを選び、どんなものかという相場観を得るまでの時間をショートカットさせてもらっているわけで、本当にありがたいし安心である。

・話は、まあ人生全般に及び、それぞれの人の「生きる力」とか価値観みたいなことも。放っておいてくれるお店で、気兼ねのないおしゃべりは尽きず、根っこが生えそうな感じもあったけれど、夕方が近づいてきたので、いざアウトレット。なにしろMちゃんのお庭なので、前回は突然思いついて「黒い歩きやすいパンプスを買いたい」と言って、数軒案内してもらい、しっかり購入できたのだった。今回の目的はヨガウェア。「スポーツ用品ブランドのお店がこことここと……あって、場所はこうだから、それじゃまずこっちから行ってみましょう」とMちゃん颯爽と歩き始め、お店の入り口でササッと手指の消毒をする。のそのそとついていって、「ブラトップはこのあたり、レギンスはこのあたりね」と案内され、ふむふむ。色としてはできれば紺とかがいいかなぁ、などと言いつつ、シンプルなものを見てみるとちょうどいいサイズがない、という様子がわかる。「別のお店も見てみる?」「うん」 一軒は入場制限中。Lineで、提示されているQRコードを読みお友達になると、入店の順番が来たらスマホに「どうぞ」という連絡が来る、という仕組み。それも、私は老眼鏡をかけないと細かい字が見えない、とかもたもたしていたら、Mちゃんがササッと手続きしてくれて、1つの登録で4人まで入れるということなので、私は出しかけたスマホをしまう。

・次のお店は、自分一人だったら絶対に入らないであろうお店。そこで初めて試着なるものをしてみた。レギンス。デザインは、「いや、これはないよな」という感じではあったけれど、昔だったらきっとサーファーかガングロかと思うような、長身の女性店員さんが試着しやすい雰囲気の接客をしてくれたので、「お試しに」。ふーん、履けたけど、デザインとしてどうかなぁ~。本当は無地がいいんだけど、海外サイズのXSしかない。いや、私の下半身でXSは無理、と思ったけど、ついでに履いてみることに。店員さんもMちゃんも「これ、相当伸びるから」。相当伸びるのは知ってるけど、相当伸びても入らないってこともあるよ、と思いつつ履いてみたら、なんだかんだで履けたので、「それじゃ、これ、いただきます」。最初に試着したほうはお返しすることに。レジに持っていったら、レジのお兄さんが、「これ、違いますね」「何が?」「30%引きのシールの上にあったのがはがれている」。そして調べて「これは60%引きです」。へっ? そうなの? まあ、なんてこと、と喜んでいる間に、Mちゃんのスマホがブルブル。「ご案内が来ましたよ」。30分かかると言われたけれど、15分ほどで。

・バタバタと目指すお店に。私は、自分の体型や現在のヘアスタイルから、ヨガっぽいものよりスポーツ系、ランニング系のもののほうが似合うだろうと思っていたので、「わーい、これ、試着していい?」とブラトップの色違い、サイズ違いを幾つか持って試着室に。そうしたら……大きいほうの試着をしたところ、ぬ、ぬ、脱げない。生地がとても硬くてしっかりしているのはいいのだけれど、肌に食い込むし、にっちもさっちもいかない状況に……。落ち着きましょう、ふー。無理に引っ張り上げようとすると、肌がこすれて赤くなり、下手に力を入れるとほとんど治った五十肩が再び痛みそうだし……。困ったなぁ。いったん下げて、もう一度、などと悪戦苦闘。恥を忍んで、ランプを押して店員さんに手伝ってもらったほうがいいか、などとも思ったが、どうにかこうにか脱げました。これ、皆さん、どうやって脱ぎ着をしているのでしょう。肩がやわらかく、肩幅が狭く、肩の骨も小さく、腕が細い人、あるいはヒップがバストよりも細い人しか着れないのでは? やー、どうなることかと思った。胴体を締めている部分がきついので、ヒップを通すことはもちろん無理。あーあ、格好良いのになぁ。Mちゃんが「どう?」と声をかけてくれたときには、ちょうど苦闘が終わり、自分の下着、そしてゆるゆるで、どこも締まらない麻のチュニックをかぶって生き返ったところだった。「駄目だ~、これ、きつくてどうなるかと思った~」と報告。「これ、着ている人、尊敬するわ~」。

・そしてさらにもう一軒。またMちゃん、スタスタと入っていく。下着のブランドである。へえ、こんなところにレギンスあるの?という感じ。ここも私一人では絶対に入らない。奥のほうの壁に「ここにあるの」と示してもらっても、私にはパジャマ、寝間着、部屋着にしか見えない。へえ、これがそうなの? Mちゃん、「私、ここのを何着か買って持ってるの」。触ってみたら、さっきの硬いブラトップ、それから前の前の店で購入したレギンスに比べて、ずいぶんと優しい柔らかさ。ふむふむ。「これ、持ってる」と言われたレギンスが、切り替えがいい感じに入っていてシンプルながら、よさげである。「私も履いてみていい?」「もちろん」。ブラトップを1つ、レギンスを1着もって、またまた試着室に。女性専用の下着店なので、先ほどのスポーツウェアのお店より試着がちょっと気楽。ブラトップ、やはり最初はちょっと硬い感じがあるが、あ、これなら大丈夫そう。レギンスもぴったりし過ぎかなぁと思いつつ、すぐに伸びるから大丈夫かなと、即決。

・Mちゃんが、「私も試着していい?」「どうぞ、どうぞ」。結局Mちゃんのものも含めて3点になったので、割引率アップ、さらに、Mちゃんが「これは使えますか?」「これは意味がありますか?」と聞くたびに割引率が加算されていって、Mちゃん、そのたびに、こちらに向けてVサイン(笑)。あとで精算したところ、「へえ? この2点でこのお値段でいいんですか?」という驚きのお安さになり、ありがたや、ありがたや。まだのぞいていないお店も何軒かあるということだったけれど、とりあえず今日はこれで満足です~。

・大きなリュックとヨガマット、そして、あいにくお茶のあとのほんの数メートルだけ傘を差すことになったため雨傘を入れた手提げも持っているため、荷物整理をしようとすると何かを落とす……というドタバタ。リュックを前に背負い直しファスナーを開け、両足にヨガマットを挟んだりしていたら、Mちゃんに「とみきちちゃん、高校生のときみたいよ」と笑われ。

・本日のヨガデートは、心配されたMちゃんの痛みが強く出ることもまぬかれて、ヨガ、お茶、おしゃべり、お買い物と、予定どおりにこなせて、大満足でありました。ぎりぎりまでキャンセルにせず、かつ、Mちゃんが思い切って出かけると勇気をもって決断したのが、結果的には大正解。晴れ女のMちゃんなので、雨雲も予報よりもずっとおとなしくしてくれていたし。

・改札で見送ってもらって別れ、すいている電車に座って帰宅。仕事だった夫とだいたい同じタイミングになったので、連絡を取り合って一緒に帰宅した。明日は早速このウェアを着ようかなぁ。

 

| | コメント (0)

2020年7月 2日 (木曜日)

6月29日(月)・30日(火)・7月1日(水)

◆6月29日(月)

・1:30就寝、5:40起床。今朝の鍼はいつもより30分遅い7:00の予約。昨夜から枕にアイスノン登場。ひんやりとして気持ちがよい。ツバメが巣立っているかと思ったが、まだいました。でも、全員はいないみたい。それぞれ勝手な動きをしています。

Img_20200630_125027

・肩に小さな痛みがあるので、R先生に診ていただく。「こっちは? こっちは?」と触診。「あ、そこ、痛い」ということで、とりあえず場所は特定された。しかし、その場所には長い腱と短い腱があり、触診だけでは特定できないので、両方のツボにということで4本。最初の1本は何の痛みもなし、2本目、奥のほうでズズーンと当たった。あ、やはり問題ありますね、と思っていたら、3本目もかなり痛み、4本目、イタタタ。それまでの3本のうちのどれと連動したのかわからないけれど、痛みが突然増幅して広い範囲に電気が走る感じに。それでも、1月のあの、肩をまるごとすっぽり抜いてR先生のところに置いておきたい、と思うような痛みと比べれば、普通の痛みである。しかし、じーっとしていても、ズズズン、ズズズンと痛むのが肩の治療。あー、しんど。

・台湾からのライチをまたいただいた。続けて送られてきたそうで、前回は収穫が雨の中だったので甘みが足りないが、今回は美味しいよ、ということ。ありがたくいただく。

・帰宅後、梅雨の晴れ間、ラッキーにも外干しOKが出たので、大洗濯。シーツ、バスタオル、厚手のものを中心に洗う、洗う、干す、干す。

・昼寝はせず、仕事。捗る、捗る。18:30のヨガのクラスに。今月は二十数回通ったことになるかな。週5日ペース(笑)。どれだけ暇なのか。

・食後は佐藤錦とブルーチーズ、ライチと赤ワイン~。睡眠不足のなか目一杯活動したので、ぐったり疲れた。肩の治療は効いたけど、どうかするとビビッと軽く電気が走ることが。ご用心ご用心。

・工事はどんどん進んでいる。今日は知らないうちに玄関のドアの外枠や共用廊下の換気口の周囲、自動ドアの周囲など、至るところにテープが貼られていた。明日からそれらの箇所のシーリングをしていくらしい。既に(手を触れないでください)の貼り紙も。幸い、うちのベランダは先行してひととおりの工事が終わったようで、今はベランダに人の姿が現れることもない。(1階、2階は今まさに) ベランダ天井や角にできていたアシナガバチの巣はなくなっていた。物干し竿をひっかける金属の、少しビスが緩んでできた隙間に上手に作った大きな巣は、最近、巣の増築が進んでいるのが確認できたのだが、天井の塗装工事の前の高圧洗浄で、形は残っているもののもしかしたら壊滅したのかもしれない。それなら有り難いのだけれど。

・ツバメの巣、ヒナが育ち過ぎて、巣に入り切れず、一羽の親は糞受けの箱の上で、もう一羽の親は別のところで寝ています。

Img_20200629_205926

Img_20200629_205933

・昼間、市街地の道の信号機に、マルチリンガル対応のQRコードのようなものを発見! オリンピック対応でしょうか。いつの間にかこんなことまでしていたのですね。。。多言語音声案内らしい。ZHO/FRE/GER/SPA/ITA/POR/RUS/TAI/VIE/IND/ARA。本当にこんなものがこんなところに必要なのかなあ。

Img_20200630_102456

◆6月30日(火)

・1:30就寝、8:30起床。昨日寝不足だったので昨夜は早めに就寝。7時間爆睡~。ヨガは9:30から。8:45頃徒歩にて。今年も今日で半分終わりか~。いろいろなことがあったなあ。お正月には人生初の超絶激しい五十肩になり治療。これではまずいと、1月末にヨガ入会。せっせと通ってかなり調子が取り戻せたのだけれど、今度はコロナ禍がやってきた。当初はここまで大変なことになるとは思わず、ハイキングもお友達との約束もとりあえず延期ね~、みたいな感じだった。しかし、仕事は全面ストップ、電車にも乗らない日々が続く。同時に、住んでいるマンションが大規模改修とのことで、夫も自宅にいる日が多いのは幸いだったが、我が家は俄然大騒動(笑)。鍼治療だけは通常どおり通い続け、あとはほとんどのものがいったん休止に。夫とともに断捨離、掃除の日々。運動不足がたたり腰痛発生。6月になりヨガが再開。仕事はほとんどないので、もっぱらヨガ通い。腰痛も回復してきた、と思ったら、今また肩と腰に不調の芽が……。やれやれである。

・香港は大変なことだし、アメリカの大統領選挙に向けたトランプのなりふりかまわぬ言動も、どうにもこうにも。もちろん我が日本も同様。

・夕方、美容院に。午後になって、強風と突然の雨など荒れた天気のせいか、お店はガラガラ。のんびりおしゃべりしながらカットしてもらっても、30分かからずに終了。すっきり~。

・気温が低めで体が楽。エアコンなしで過ごせる。コロナ新規感染者数が毎日50名を超えている。これはホストクラブなどが、念のためと一斉検査を受けて、多くが陽性と判明というかたちの無症状の人の掘り起こしによる人数も含まれている。しかし、逆にいうと、そういう検査をしていなかったときは、掘り起こせなかった無症状感染者数はもっと多かったということで、用心するに越したことはないということ。

・ヨガのおかげで、体脂肪率は抑えめ(それでも自分基準では少し高い)だけど、体重がどうしてこんなに増えるのかというほど、どんどん増えて。いつからの増加を見るかにもよるが、自分としては5キロ増加したという認識。実際はずっと高値が続いていたので2~3キロなんだけれど、お米5キロの袋を持つと、「これだけ増えているのか!」と愕然とする。大変なことである。これがもしも全部脂肪だとしたら、体積はもっと多くなるわけで。。。くわばらくわばら。そう言いながら、ブルーチーズとワインだ何だと、ちっとも抑制できないのですからね、本物の危機感を持っていないということなのである。

◆7月1日(水)

・2:20就寝、5:25起床。夫と2人で鍼治療。6:00に車で出発。月曜日に治療してもらえた左肩は、いったん痛みがおさまっている様子でもあり、また、鍼の痛みが残っている感じもあるので、今日は顔だけ。夫は相変わらず坐骨神経痛の一連の治療と左肩。毎日ヨガに行ってはいるものの、仕事の納品2件が近づいてきていることもあり、この湿度もあって、実は腰もなんとなくあやしい。やはり私は関節全般が弱いなぁ。

・7:30過ぎに帰宅。眠らないけれど、少しだけ布団に横になり、再び車で8:45頃家を出る。今度はヨガです。9:30スタートの全身スッキリのクラス。両腕を肩の高さ、左右に開いたり、耳につけるように上に伸ばすときなど、やはり左肩の前側にチリチリとした痛み。やはり金曜日に治療をお願いしたほうがよいなぁ。肩の問題以外は気持ちよく体がほぐれた。大荷物を抱えたままスーパーで食料品をいろいろ買い込み(半夏生なのでタコとか、夫は嫌いだから食べないけど、旬のイワシとか)、11:30頃帰宅。

・3階の丸々と太ったツバメたちのこと。昨夜の大風で、不動産屋さんが巣の下の糞受けとして丁寧にセットしてくださっていた箱が落ちてしまっていた。まあ、巣立ちも間近だろうし、と思っていたら、昼前に帰宅したとき、一羽だけ、その箱の上にとまってじっとしている。転落したのかなあ。気になりつつ、ウェアの洗濯などをしていた。12:45頃、エレベーターホールでガタガタと音がして(最初は生協の配達かなと思っていた)、ツバメたちの鳴き声も盛んに聞こえる。むむっと見に行ったら、なんと、エレベーターホールの北側に向かう廊下の手前のお宅に、今日引っ越してこられる方があって、引っ越し業者さんが荷物を運び込んでいる。うわっ、床にいたツバメはどうなった? と思ったら、その落ちた糞箱(エレベーターの前に落ちていた)は、壁際によけられており、見上げると巣には一羽も姿が見えない。おっ、巣立ちしたのね。と思ったら、皆さん、音に驚いて巣は出たものの、ホールのすぐ先の階段の踊り場の外部の足場に並んでとまっている。しかも、内向きに。というのも、足場の外にはネットが張られているので、建物から出ようと思えば、ネットのなくなる屋上近くまで飛ぶ必要があるのだ。

Img_20200701_123837 Img_20200701_123856 

・そんなわけで、皆さん、いやいや巣を出たものの……という感じ。この5羽のほかに、もう少し高いところに2羽とまっていた。しかし、飛び立ちません。

・1時間後くらいに見てみたら、もう少し上の段に移っていました。数が減っているから、何羽か飛び立ったのかも。それに、一応、内向きでなく、外向きにとまっていますし(笑)。

Img_20200701_135443Img_20200701_135151

・洗濯を数回終えて(外干しOKだけど、荒れたお天気なので室内で我慢)、14:30~17:00まで2時間半のお昼寝。17:00過ぎに巣を見たら、既に皆さんご帰還。ふくらんだ胸を思い切り前にせり出して、エサが運ばれてくるのを今か今かと待っているようでした。巣に戻ることはできるのだから、とりあえず「飛んで目的地に到着する」ということはできるわけですね。風に乗って外を自由に飛ぶ、というところまでいかないということか。まあ、雨が降っていたしね。

・仕事を真面目に。腰に違和感あり、左肩の前側にチリチリとした違和感あり。まあ、鍼とヨガの同時並行で何とかなるでしょう。

・夫を迎えに行くときは、巣はまた大混雑で、一羽はいつもどおり別のところに寝ていたけれど(たぶん父親)、夫とともに22:30前に帰宅したとき、なんと、エレベーターホールの床にまた一羽。あれれ? たぶん今朝の子ですね。もしかしたら箱が壁際によけられたとき、箱ごと移動しており、飛行練習の仲間には入れなかったのかも? どこか怪我をしたか、何らかの理由で巣から追い出されたか……。不憫です。近づいて、上から撮っているのですが、まったく逃げようとしません。お腹がすいていて、エサが欲しいのかな。どうしたらいいのかわからず。23:00頃気になって見に行ったら、壁際の箱の陰にとまって眠っていました。飛べないのであれば、生き延びることはできないでしょうね。

Img_20200701_221530 

・夜、イワシの梅煮を作り、梅雨イサキを焼き、昨日の残りのおかずもあって、タコまではいかなかった。明日いただきましょう。

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »