« 7月24日(金・祝)・25日(土)・26日(日) | トップページ | 7月28日(火)・29日(水)・30日(木)・31日(金) »

2020年7月28日 (火曜日)

7月27日(月)

・3:00前就寝、5:45起床。今日の鍼は6:40予約。梅雨はまだ明ける気配がありませぬ。顔の鍼治療、左手親指のカイロ治療、そして左の肩の前側の鍼治療をしてもらった。肩は痛みというほどのものではないのだけれど、どうかするとピキッとなるので、R先生に「気になるならやっておいたほうがいい」と言われて、念のため。1本目、イタタ、2本目、あまり痛くない、3本目、わーー、イタタタ。と3本目が入った途端にすべての鍼がつながった感じに。やはり痛みの元は隠れていたわけだ。重症ではないので、1分もしたらすぐに抜いて、そのあと、R先生に指でその部分を押さえられた状態で腕を前から上に、横から上に上げてみる。意外なことに横の動きのほうが痛かった。自分ではわからないものである。親指は、先週調整してもらったのが、手首の内くるぶし(と言うのだろうか)の部分。今日は手の甲側の親指の付け根の部分。パキッと音が鳴ってずれが治った。R先生はポキポキ整体は基本的にやらないのだが、カイロプラクティックと鍼のツボ、そして西洋医学の人体の知識を組み合わせて、独自の診断で「これは鍼、これはカイロ」と判断する。もうこれだけ長く通っていると、すべてお任せ。症状や状態について正直に正確に伝えることは必要だけれど。

・7:50頃帰宅。今日のヨガは、受けたいクラスは午前中にしかなく、そのためには寝ずにいかねばならない。無理するのはやめて寝ることにした。それでよかったみたい。一度目が覚めてもまだ眠くて、結局6時間くらい寝たことに。

・夕方、買い物に出かけ、ついでに今日もTSUTAYAに。『宋家の三姉妹』を借りたいと思ったのだが、検索したところ、DVDは存在するもののレンタルしていないようだ。残念。かつて、岩波ホールで予告編を見て、ああ、これ、観に来ようと思ったのだが観そびれた。台湾の仕事をしていることもあって興味がある。フェリーニの作品はあまり揃えていないようなので、ちょっと趣向を変えて『カミーユ・クローデル』と『地獄に堕ちた勇者ども』を借りた。前者はやはり予告だけ見て実際には観そびれたもの。後者は映画館で観たものの(当時ヴィスコンティ作品をいろいろ見た)、始まりのところを観そびれてしまい、名画座だったからそのまま次の回の頭の部分を観ればいいやと思っていた。が、とても長い作品で、次の回を見る気力がなくなった。結局人間関係がいまひとつ把握できないままに終わったので、今回見直すことにした。

・今日は『カミーユ・クローデル』を観た。おお、イザベル・アジャーニははまり役。『アデルの恋の物語』を思い出す。カミーユ・クローデルは実在の人物。オーギュスト・ロダンの弟子で愛人。カミーユは天才でもあったみたいで、ロダンはそれを利用した、という面もあるようだ。知らなかった。家族や異性間の愛憎の激しさ、哀しさが描かれていて、これも見ごたえがあった。

・それにしても、俳優という仕事は大変だなぁと、映画を見るたびにつくづく思う。撮影は苦行に違いない。結果、すばらしい作品になれば報われるのだろうけれど、そこは監督次第なのだものねえ。映画は作品を批評するつもりで観ない。その世界に持っていってほしいのだ。が、そうなれない作品を観ると批評眼が目を覚ましてしまうことがある。その点、時代も舞台も現代と無関係なほうが、別世界の話として観られるというところがあるなあと思う。だからといって、宇宙もの、SF、ファンタジーなどは苦手。最近はアクション物も疲れるし、やくざ物も(昔は結構好きだったけど)厳しい。アニメも基本的に見ないしね~。ほんとに選択肢が狭まってきている。年を取ってきたということでしょう(笑)。

|

« 7月24日(金・祝)・25日(土)・26日(日) | トップページ | 7月28日(火)・29日(水)・30日(木)・31日(金) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月24日(金・祝)・25日(土)・26日(日) | トップページ | 7月28日(火)・29日(水)・30日(木)・31日(金) »